Sponsored Link

Jクラブから3クラブが選出…英誌「歴代ユニフォーム・ベスト50」を紹介

no title
シーズンごとに新しいデザインが登場するサッカークラブのユニフォームだが、サッカーファンの方々にはそれぞれお気に入りのデザインがあるはずだ。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」では「お気に入りのフットボールシャツ」と題して、歴代のユニフォームベスト50を紹介。地域、年代を問わず世界各国のクラブが対象となっており、日本のJリーグからも3クラブが選出されている。

ランキングはユニフォームの目利きとしてして知られるニール・ヘラルド氏の選出を元に作られているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00010020-soccermzw-soccc
全画像とランキングはこちら:https://www.fourfourtwo.com

“お手製ユニ”のサポーターに“まさかの本物”贈呈…ブラジル戦2得点の豪州女子代表FWサム・カー

1
オーストラリア女子代表FWサム・カーは19日に行われたブラジル女子代表との親善試合で、自身が試合で着用したユニフォームをサポーターに贈った。そんな“まさかの出来事”のきっかけとなったのは、彼女がツイッターで見かけた「お手製ユニフォーム」だった。

今月、ブラジル女子代表と2試合を戦ったオーストラリア代表だが、この出来事の発端となったのは16日に行われた1試合目(○2-1)のこと。観戦に来たサポーターからサム・カーの公式ツイッターに向けて、1枚の写真が贈られた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-01644247-gekisaka-socc

PSG、エッフェル塔をデザインした2017-18新サードユニフォームを発表

1
今夏、ネイマールとキリアン・エンバッペを相次いで獲得したパリ・サンジェルマン。巨額の移籍金がファイナンシャル・フェアプレー制度に反する可能性を指摘されているが、真相はともかく、チャンピオンズリーグを戦う上では大きな戦力を手にしたといえる。

1994-95シーズンのベスト4がCLにおける過去最高の成績であり、近年はベスト8の壁を越えられないシーズンが続くが、今季の陣容には大いに期待を持てそうだ。

チャンピオンズリーグ開幕も迫ってきた1日、クラブは新たにサードキットを発表。ブラックのユニフォームは2015-16シーズン以来となる。

http://news.livedoor.com/article/detail/13561576/

ドルトムント、2017-18シーズンのCLユニフォームを発表

1
先週開幕した2017-18シーズンのブンデスリーガ。敵地に乗り込んだドルトムントはヴォルフスブルクに3-0で快勝し、好スタートを切った。

今シーズンのチャンピオンズリーグに出場するドルトムントは、23日にカップ戦用のインターナショナルキットを発表した。このユニフォームはチャンピオンズリーグから使い始めるが、大会の結果次第ではヨーロッパリーグでも使うこととなる。

チャンピオンズリーグなど国際大会のみで使用予定のカップ戦モデル。肩から袖にかけてのブラックは、1997年のCL優勝ユニフォームを想起させる。

http://news.livedoor.com/article/detail/13511782/

ディバラがユヴェントスの新10番に…21番からエースナンバーへ

1
ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、新シーズンから背番号10を着用することとなった。

キャリアで9番や21番を身につけてきたディバラにとって初めてのエースナンバー。また、ユヴェントスにとっても一昨シーズンにポール・ポグバが着けて以来となる、「10番」誕生だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000000-goal-socc

「海外版ウイイレ」が背中スポンサーに!コナミがフラムと契約

1
コナミのサッカーゲーム最新タイトル『ウイニングイレブン2018』は、9月中旬に発売される予定だ。ウイイレの海外版である『Pro Evolution Soccer 2018』も同時期にリリースされる。

そんななか、英2部のフラムはコナミとグローバル・パートナーシップを締結したと発表した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13447869/

マンチェスター・C、2017-18アウェイユニフォームはFAカップ優勝カラー

1
7月のインターナショナル・チャンピオンズカップ2017では、新加入選手のほかフィル・フォデン、ブラヒム・ディアスといった17歳の選手が躍動し、大きな話題になったマンチェスター・シティ。

2017-18シーズン用の新アウェイユニフォームは、7月26日に行われたレアル・マドリー戦で初披露され、試合は4-1でシティが快勝した。

プレシーズンマッチとはいえ強豪を倒したことで、このユニフォームにとっても幸先の良いスタートが切れたようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13435831/

PSGのメガストアに長蛇の列…ネイマールユニを求めて日本人ファンの姿も

1
ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が決まった。すでにPSGの公式メガストアではネイマールのユニフォームが販売され、長蛇の列ができている。

歴代最高金額となる2億2200万ユーロ(約290億円)でPSGへ移籍してきたネイマール。バルセロナはもちろん、“花の都”パリでの人気も特筆するべきものがある。ネイマール移籍のニュースが流れた日から、PSGのファンはこの瞬間を待ち望んでいただろう。PSGの公式メガストアでネイマールのユニフォーム販売が開始されたのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13431911/

アーセナル、2017-18新アウェイユニフォームはドットグラフィック

1
プレミアリーグ開幕を1週間後に控えた6日に、恒例のコミュニティ・シールドでチェルシーと対戦するアーセナル。

欧州クラブとのプレシーズンマッチは結果が芳しくなく、不安を抱きながら今季初の公式戦を迎えることになりそうだ。

7月27日に発表した2017-18シーズンのアウェイユニフォームは、29日に行われたベンフィカとのプレシーズンマッチで初使用された。なおこの試合は、スコア5-2でアーセナルの快勝に終わっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13427116/

ミラン、2017-18新サードユニフォームを発表!胸のグラフィックが鮮やか

1
リカルド・ロドリゲス、ファビオ・ボリーニなど新シーズンに向けて着々と戦力補強を進めるミラン。プレシーズンマッチと並行して、すでに公式戦(UEFAヨーロッパリーグ)も始まっている。

7月21日に発表した2017-18シーズン用のサードユニフォームは、“adidas Football Creator Studio”の一環としてデザインの一般公募を実施。その結果、今までのミランには見られなかった新しいユニフォームが誕生した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13404946/
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ