Sponsored Link

横浜ゴムと契約のチェルシー、来季の新ユニフォームが流出?


1

2015-16シーズンのチェルシーのユニフォームとみられる画像が出回っている。

チェルシーは先週、日本タイヤメーカーの横浜ゴムと年間約4000万ポンド(約73億8000万円)の5年契約を結んだ。サッカー界では世界2位となる規模のスポンサー契約だ。

『footyheadlines.com』は、その横浜ゴムのスポンサー名が入ったユニフォームが手に入ったとして伝えている。おそらくは新スポンサーの影響で、ホームのユニフォームは縁に赤が使用されている。1994-95シーズンに廃止して以来だ。また、襟はボタンつきのグランダッドカラーとなっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150302-00010030-footballc-socc

本田とユニ交換したパレスチナFWダダ「交換したユニフォームはずっと取っておくよ」


1

[1.12 アジア杯D組 日本4-0パレスチナ ニューカッスル]

アジア杯初出場のパレスチナにとって、ディフェンディングチャンピオンである日本との初戦は厳しい結果に終わった。スコアは0-4。シュート数は日本の18本に対して5本。ボール保持率は36%と、一方的な内容での敗戦だった。

しかし、歴史的第1戦を終えた選手たちの顔には、ある種の満足感が浮かんでいた。スタジアムには多くのパレスチナ人が詰めかけ、チームを応援してくれたからだ。イスラエルとの民族的対立があり、政治的には非常に困難な状況であるパレスチナ。多くの難民が世界各地で不自由な生活を強いられており、サッカーの代表チームづくりにも多くの制限がある状況でのアジア杯参加であるだけに、うれしさを実感する光景だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00295495-gekisaka-socc

FC東京がアンブロとユニフォームサプライヤー契約を発表


1

FC東京は11日、2015年オフィシャルサプライヤーとして「アンブロ」ブランドを展開する株式会社デサントと契約を締結したと発表した。

東京都内で行われた会見にはFC東京の阿久根謙司代表取締役社長、株式会社デサントの石本雅敏代表取締役社長が出席。来季の新ユニフォームのお披露目にはDF森重真人、MF高橋秀人、DF太田宏介、MF米本拓司、FW武藤嘉紀、GK権田修一が登場した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00258006-soccerk-socc

代表ユニ、プーマ、ナイキともにアディダスを上回る提示だったが、2022年までアディダスに


2

日本サッカー協会が、スポーツ用品大手・アディダス社とユニホームなどのオフィシャルサプライヤー契約の更新で合意したことが8日、分かった。来年4月1日から2022年末までの再契約で、金額は現契約と同水準の160億円とみられる。競合他社は200億円前後を提示したが、理想の強化策の実行や信頼関係を重視。18年ロシアW杯へ、アギーレ・ジャパンへの支援体制が整った。 (金額は推定)

4年後の飛躍へ、日本代表へのバックアップ体制が整った。日本協会がアディダス社との契約更新で合意。協会幹部によると、来年3月末までの現契約とほぼ同額の、約8年間で160億円という大型契約とみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000019-sanspo-socc

1966年の世界一を想起させるレッド…ナイキがイングランド代表の新アウェーユニ発表


1

ナイキがイングランド代表の新ホームキットとともにアウェーキットを発表した。

ウェアはイングランド代表が世界一に輝いた1966年時に着用していたレッドをベースに、前面にはグラフィックでデザインしたセントジョージの十字架を組み込んでいる。この十字架は近くでは見づらいが、遠くから焦点を合わせると見ることができるという。

「チームの歴史を称え、革新的な新しいファッションで最も刺激的な国であることを象徴」したというイングランド代表のアウェーキットはNike.com、店頭にて4月4日に発売される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00179422-soccerk-socc

マンU、ナイキと破格の契約更新へ 総額6億ポンド(約1039億円)超え


1

1: ジェリー大尉φ ★ 2014/03/09(日) 21:52:52.55 ID:???0
日本代表MF香川真司(24)の所属するマンチェスターUが、ナイキ社と破格の金額でユニホーム契約を更新すると、英ミラー紙(電子版)が8日、報じた。同紙によると契約金は総額6億ポンド(約1039億円)を超え、現在の契約の3倍近くになるという。

その内訳は1年6000万ポンド×10年程度。年間では現在世界最高といわれる、Rマドリードとアディダス社がかわした3100万ポンドのほぼ倍になる。

マンUは現在、ナイキ社と1年2300万ポンドの契約を結んでいるが、来年で契約が終了する。そのためナイキ社以外にもプーマ社、アディダス社、ウォリアー社が新たなパートナーシップを結ぼうと狙っていた。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140309-1268090.html

ユニホームまくり上げメッセージ禁止 国際サッカー評議会が決定


1

1: THE FURYφ ★ 2014/03/04(火) 19:06:33.58 ID:???0
サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)が、ユニホームをまくり上げてアンダーシャツに書かれたメッセージを示す行為を全面的に禁止する決定を、このほど開いた年次総会で下した。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕する6月から適用する。時に話題を呼ぶゴール後のパフォーマンスが見られなくなりそうだ。

これまでも政治的、宗教的な主張や宣伝、広告を示すことは禁じられたが、今回は感謝の気持ちや追悼の意を表すことも含めて、出場停止などの処分の対象となった。「ママ、誕生日おめでとう」といった私的なメッセージや写真、絵柄も一律に禁止となる。

ユニホームのまくり上げではなかったが、ロンドン五輪の男子3位決定戦で日本との試合後に竹島(韓国名・独島)の領有を主張する紙を掲げた韓国選手が処分された。サッカー界では競技場で物議を醸すメッセージを示す選手への対策に頭を痛めており、今回の決定には線引きの難しいグレーゾーンを排除する狙いがある。

ロイター通信によると、評議会委員を務めるウェールズ協会のフォード専務理事は「異なる国や文化において何が正しくて何が間違っているかを判断するのは難しい」と説明した。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/03/04/kiji/K20140304007709560.html

日本代表、ブラジルW杯に向けた黄色のアウェイユニフォームが登場


1

1: 五十京φ ★ 2014/02/21(金) 15:48:52.07 ID:???0
いよいよ今年、ブラジルの地でアルベルト・ザッケローニ監督とともに5回目のW杯に臨む日本代表。その新しいアウェイユニフォームが一足早く海外で登場した。

初めてネオンカラー(蛍光色)をベースにした日本代表の2014-15アウェイモデル。

エンブレムを中心に伸びる11本のラインや、背面上部の「結束の一本線」など、『円陣』をコンセプトにデザインされたホームと同じテンプレートを使用。パンツやソックスもシャツと同じ蛍光イエローのようだ。

色の由来など詳細については改めてお届けしたい。

http://www.qoly.jp/index.php/goods/21427-20140217-japan-2014-15-adidas-away

ドイツ代表、W杯に向けたアウェイユニフォームを発表


1

1: ジェリー大尉φ ★ 2014/02/15(土) 10:39:34.98 ID:???0
ドイツ代表、ブラジルW杯に向けたボーダー柄のアウェイユニフォームを発表

W杯でここ3大会、準優勝1回、3位2回という成績を残している世界屈指の強豪、ドイツがブラジルW杯に向けた新しいアウェイユニフォームを発表した。

地元のadidasによるドイツの2014-15アウェイ。前の2012-13モデルでは緑のユニフォームが復活したが、今回は2000年代に入ってからアウェイカラーとして定着した黒と赤のボーダー柄を採用。ボタンを取り入れるなどV字モチーフを採用したホームと同様、“ 新時代のドイツ”をイメージさせる今風のデザインとなっている。

国旗カラーの一本線の上にはホームと同じく“Die Nationalmannschaft”。ドイツ代表の愛称で「ナショナルチーム」を意味する。パンツ、ソックスは黒となっている。

http://www.qoly.jp/index.php/goods/21396-20140214-germany-2014-15-adidas-away

横浜の新ユニホームが初日で約3000着も売れる。そのうち半分1500着が、中村俊輔「10」


1

1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2014/01/21(火) 08:44:25.74 ID:???i
横浜の今季の新ユニホームが、発売初日の19日だけで約3000着も売れたことが20日、分かった。そのうち半分の約1500着が、MF中村俊輔(35)がクラブで12年ぶりに背負うことになった背番号10のユニホーム。すでに昨年売り上げた合計1250着を、はるかに上回っている。

昨年までのレプリカの販売を中止し、素材やデザインが選手と同じオーセンティック型(1万500円~)のみを販売。中村が「マリノスの歴史を受け継いで上位に食い込みたい」と語った栄光の背番号を、ファンも買い求めた形だ。ウェブ受け付けの他に店頭でも売られ、19日に新体制会見で中村の背番号が発表された直後、みなとみらいのグッズショップには長蛇の列ができた。2月22日の富士ゼロックススーパー杯・広島戦(国立)で、スタンドが「10」に染まりそうな勢いだ。

http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp1-20140121-1246742_m.html?mode=all

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ