Sponsored Link

デポルティボ柴崎、信頼関係を築くバスケス監督に言及 「哲学的で一人の先生のよう」

1
スペイン2部デポルティボは現在、リーグ戦8試合負けなし(7勝1分)と調子を上げている。6試合連続でスタメン出場を果たしている日本代表MF柴崎岳は、現地時間23日のリーグ第29節サラゴサ戦に向けた記者会見に登壇。フェルナンド・バスケス新監督について「哲学者で先生のよう」と語った。地元紙「ラボス・デ・ガリシア」が伝えている。

2019年7月にスペイン1部ヘタフェから同2部デポルティボへ移籍した柴崎。2ボランチの一角と起用されてきたが、チームは開幕戦のレアル・オビエド戦(3-1)に勝利後、19戦未勝利(9分10敗)と苦戦を強いられていた。昨年10月以降は柴崎がベンチスタートで出番を得られない試合も増え、同12月中旬には練習中に左足を負傷するなど、実戦から遠ざかっていた。

そのなかで、1月16日に行われたリーグ第23節ラシン・サンタンデール(2-1)で約1カ月半ぶりに実戦復帰。中2日で迎えた19日のカディス戦にも2試合連続でスタメン起用されると、移籍後初アシストで決勝点をお膳立てした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00247744-soccermzw-socc

デポルティボは8連勝ならず…フル出場続く柴崎は次節日本人対決へ

1
[2.14 スペイン2部 デポルティボ2-2ジローナ]

スペイン2部リーグは14日、第28節を各地で行い、MF柴崎岳所属のデポルティボがジローナと2-2で引き分けた。後半の2ゴールで追い付かれ、連勝は7でストップ。それでも柴崎はボランチの一角で6試合連続のフル出場を果たし、安定したゲームメークを披露した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-43478187-gekisaka-socc

柴崎岳、デポルの7連勝に貢献!「機転が利いた」FKから劇的決勝弾を導く

1
9日のリーガ・エスパニョーラ第27節、デポルティボは敵地サント・ドミンゴでのアルコルコン戦を1-0で制した。5試合連続でフル出場を果たしたMF柴崎岳は、決勝点の起点となっている。

フェルナンド・バスケス監督が就任してから、破竹の勢いを見せるデポルティボ。同指揮官から絶大な信頼を寄せられる柴崎が、さらなる勝利を導いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010027-goal-socc

「完璧な試合を演じた」「素晴らしいプレー」柴崎岳を地元メディア絶賛!デポル破竹の6連勝をけん引

1
デポルティボMF柴崎岳は、現地メディアから再び高い評価を受けている。

1日に行われたリーガ2部第26節で、ラス・パルマスと対戦したデポルティボ。前半早い時間にリードを奪うと、後半同点に追いつかれるも、74分にボベダが決勝点。2-1で勝利を飾った。

これでリーグ戦6連勝と、破竹の勢いを見せるデポルティボ。柴崎は中盤底の位置で4試合連続のフル出場を果たし、攻撃のタクトを振るった。その活躍に、地元メディアは高い評価を与えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010013-goal-socc

柴崎岳を目覚めさせた名将の手腕。 変貌したデポル、降格圏を脱出

1
スペイン北西にあるガリシア地方、港町ラ・コルーニャを本拠とするデポルティーボ・ラ・コルーニャは、2000年代前半、欧州サッカー界で旋風を巻き起こしている。

名将ハビエル・イルレタ監督に率いられたデポルは、フラン、マウロ・シルバ、ロイ・マカーイ、フアン・カルロス・バレロンらが勇躍。チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、ユベントスというビッグクラブを、次々に叩きのめした。2003-04シーズンのCL準々決勝で、当時、覇権を握っていたイタリアのミランに、アウェーでの1-4の敗戦から、ホームで4-0と逆転勝利したゲームは歴史に残る。

"スーペル・デポル"はひとつの時代を作った。

ところが、2000年後半から彼らは下降線の一途をたどっている。2010年代になると1部と2部を行き来する"エレベータークラブ"と揶揄される始末。負の連鎖で、借金は一時200億円超にも膨れ上がった。

そして2部で迎えた今シーズンは、開幕から末期的な低迷を見せていた。ここまで2人の監督のクビが飛んだ。最下位まで落ち込み、2部B(実質3部)への降格も現実的になっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00884790-sportiva-socc

柴崎岳、PK献上も守備での奮闘には一定の評価。攻撃面では輝けず

1
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第24節のアルバセテ対デポルティボ戦が現地時間26日に行われ、アウェイのデポルティボが1-0で勝利を収めた。デポルティボのMF柴崎岳は先発でフル出場している。

負傷からの復帰後、公式戦4試合連続となるスタメンに入った柴崎はボランチでプレー。前半を1-0でリードで折り返したあと、後半には柴崎がエリア内で犯したハンドによりPKを与えてしまう場面もあったが、GKダニ・ヒメネスのファインセーブに救われる形となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00359648-footballc-socc

デポルティーボ柴崎岳の復活に、西メディア「ゼロからチームのすべてに」と題して特集

1
復調を見せるデポルティーボ・ラ・コルーニャの柴崎岳の活躍にスペイン『アス』がスポットを当てた。

昨夏にヘタフェからスペイン2部のデポルティーボに加入した柴崎。しかし、開幕戦の白星以降、リーグ戦19試合にわたり未勝利が続き、一時最下位に沈んだチームとともに同選手は調子を落とし、出場機会が激減する。さらに、12月にはハムストリングスを痛めて約1カ月にわたり離脱するなど難しい状況が続いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00010012-goal-socc

「才能がある選手には、どうしたって才能がある」1アシストの柴崎岳をデポルティボ監督が大絶賛!

1
デポルティーボ・ラ・コルーニャのフェルナンド・バスケス監督が、日本代表MF柴崎岳を絶賛した。スペイン『ラ・ボス・デ・ガリシア』が伝えている。

19日に行われたリーガ2部第24節で、首位カディスとの一戦に臨んだデポルティーボ。そんな大一番で2試合連続のスタメン入りを果たした柴崎は65分、アタッキングサードで前を向くと右足で絶妙なパスでサビン・メリノのシュートをアシスト。チームはこの1点を守り切り、首位チームを破っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010006-goal-socc

柴崎岳「なんでこんなに小さくまとまっているんだろう」2020年は「魅力ある選手に」

1
◆スペイン2部第23節 デポルティボ2―1ラシン・サンタンデール (16日・ラコルーニャ)

日本代表MF柴崎岳は、本拠のラシン・サンタンデール戦にフル出場。退場者を出す展開となったが、柴崎は左サイドMF、ボランチ、インサイドハーフの3ポジションをこなして勝利に貢献した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170093-sph-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170092-sph-socc

柴崎岳11試合ぶり先発復帰! 逆転弾MFが“喜びすぎて退場”も、3連勝デポルティボが最下位脱出

no title
スペイン2部リーグは16日、第23節を各地で行い、MF柴崎岳所属のデポルティボがラシンを2-1で破った。柴崎はリーグ戦11試合ぶりの先発復帰でフル出場。新戦力2人のゴールで今季初の3連勝を達成したチームは、ついに最下位を脱出した。

昨年12月中旬以降、左足の負傷の影響でメンバー外が続いていた柴崎は今月12日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のウニオシタス戦で実戦復帰。チームはPK戦の末に敗れ、柴崎も2人目のキッカーで失敗したものの、中2日で迎えた一戦のスターティングメンバーに抜擢された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-43477320-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ