Sponsored Link

CLも自分の夢、さらにW杯は…夢舞台に燃える堂安律「家族、友達、日本国民を背負っている」

1
日本代表MF堂安律(PSV)が19日、東京都内で行われたイベント終了後に報道陣のオンライン取材に応じ、11月開幕のカタールW杯に向けて「本当に初戦が全て。初戦でドイツを叩ければ間違いなく歴史を変えられる。初戦に全てをかけてもいいくらいの気持ちで、5か月準備していきたい」と決意を語った。

W杯本大会出場をかけた今年3月のアジア最終予選では代表から落選。一時はW杯出場の夢が遠のきかけたが、6月シリーズのパフォーマンスによって再びサバイバルレースに返り咲いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8735afe87ce370615059264cb5f32376d90a4a5b
このエントリーをはてなブックマークに追加

堂安、久保とのコンビプレー「ワクワクした」と絶賛 ガーナ戦で“再共闘”「凄くやりやすい」

1
日本代表は6月10日に行われたキリンチャレンジカップで、FIFAランク60位のガーナ代表に4-1と快勝した。6日のブラジル戦(0-1)から、先発メンバー9人を入れ替えて臨んだ一戦では、MF久保建英とFW前田大然が代表初ゴールを記録するなど、これまで出場機会の少なかった選手たちが結果を出した。

この日の攻撃陣は、昨年の東京五輪を戦ったU-23日本代表選手たちがほとんどだったが、右サイドに入ったFW堂安律と久保は、相変わらずの連係の良さを見せた。その象徴的な場面が、DF山根視来の先制点のシーンだ。

前半29分、インサイドハーフの久保が右サイドに開いてパスを受け、中央にパス。これを受けた堂安が縦パスを通すと、インナーラップを仕掛けて最終ラインの裏を巧みにとった山根が左足でゴールに流し込んだ。スタートポジションは右が堂安、中央が久保だが、2人のレフティーは状況に応じて細かくポジションを入れ替えながら、攻撃の組み立てに参加していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/78ff667fb5f0712e72a9f80609ff2ca7326d2fd9
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF堂安律、マインツ移籍は一旦保留に…去就はファン・ニステルローイ次第か

1
マインツ移籍が取り沙汰されているPSVの日本代表MF堂安律(23)だが、現状で交渉は保留となっているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1ce0eac22ffdd707219b2a6de288a294a44695b
このエントリーをはてなブックマークに追加

今では感謝している」堂安律、代表メンバー落ちさえもポジティブに。夢のW杯出場へ「特にサバイバルの意識はない」

1
日本代表MF堂安律が5月31日、オンライン会見に出席。ブラジル戦など4試合に向けた意気込みを語った。

23歳のレフティは森保ジャパン発足以降、継続的に代表入りしていたが、3月シリーズではメンバー落ちを経験した。それでも「逆境大好き人間頑張りまーす!」と、ツイッターで逆襲を宣言していたなか、リーグ制覇したアヤックスとは勝点2差の2位に入ったPSVで、最終的に公式戦39試合・11ゴールをマーク。確かな結果を残し、すぐさま復帰を果たしてみせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e3b1e79d55aad621644cd26d2e3750f3ef0980f
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ヤバいね」「何度見ても最高」堂安律の“ゴラッソ連発”今季全ゴール集が反響! 日本代表MFは「パンチ力どうやったらつくの」

1
PSVに所属する堂安律が5月25日、インスタグラムを更新。今シーズンに自身が挙げた全ゴールをまとめた動画を公開した。

今シーズンにビーレフェルトからレンタル復帰したレフティは、徐々にロジャー・シュミット監督の信頼を掴み、公式戦39試合に出場し、キャリアハイの11ゴールを挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d596c252cd35d80a071a48cf91c2488f3b8c373c
このエントリーをはてなブックマークに追加

堂安律、代表復帰に「頭をリセット」兄憂さん、弟と森保監督の不仲一蹴「あほなことしません」

2
日本代表MF堂安律(23=PSV)が22日、故郷の兵庫・尼崎市で小学生ら約130人とのイベントで汗を流した。

日本代表の活動は、3月のワールドカップ(W杯)アジア最終予選では落選したものの、20日に発表された代表で復帰した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/483b97656f93119de5acd0012f448247b6a3a749
このエントリーをはてなブックマークに追加

カタールまでに見つけたい“伊東依存の解決策” 今季11ゴールを挙げたレフティは2番手からの脱出なるか

1
海外を拠点に活躍するプレイヤーは年々増えており、日本代表も選手層の厚いチームになった。特に右ウイングには逸材が集まっている。伊東純也、久保建英と素晴らしいレフティがおり、今回の招集ではここに堂安律も加わっている。

2021年の夏に行われた東京五輪では久保と共に攻撃をけん引した堂安。クラブでは保有元であるPSVに戻り、今季はマリオ・ゲッツェやノニ・マドゥエケ、コーディ・ガクポらとポジション争いを繰り広げている。右サイドハーフとして地位を確立する時期もあり、今季は39試合で11ゴール3アシストを記録している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/22e1306dde2e830ef2e88dc1f2657b50ebe0a9fa
このエントリーをはてなブックマークに追加

PSV堂安律の今季に蘭メディアが高評価「好調なシーズンを受けて…」

1
PSVの日本代表MF堂安律の今季について現地メディア『FC Update』が高評価を与えている。

2019年からエールディヴィジの名門PSVに所属する堂安。昨シーズンはアルミニア・ビーレフェルトに期限付きで加入し、オランダに復帰した今シーズンは公式戦39試合で11ゴール3アシストという成績を残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d27aa393cd979b7598094dd38598b5ec9420d9c2
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハマると思う」ボランチで強烈ミドル弾の堂安律に、森保Jで“中盤起用”を望む声!「体の強さやシュート力を考えるとインサイドハーフの方が生きる」

1
現地時間5月11日に開催されたエールディビジの第33節で、堂安律が所属するPSVがNECと対戦。ホーム最終戦を3-2の勝利で締めくくっている。

この試合で、強烈なミドルシュートを叩き込んだのが、ダブルボランチの一角で先発した堂安だった。スコアレスで迎えた26分、中央でボールを受けると、ワンステップで左足を一閃。ゴールまで約20メートルの位置から鋭いシュートを突き刺してみせた。

これで今季11ゴール目と結果を残している23歳は、しかし日本代表の3月シリーズに招集されなかった。主戦場の右サイドのアタッカーは、伊東純也が不動のレギュラーに定着。さらに同じレフティの久保建英がいて、トップが本職の前田大然や浅野拓磨もサイドでプレーできるため、競争は熾烈だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/865db2b983001583615a9f0f9f34bb8fc1f50f3a
このエントリーをはてなブックマークに追加

PSV堂安律がボランチで公式戦11発目! 逆転Vならずも勝利に貢献

1
PSVの堂安律が今季の公式戦11ゴール目をマークした。

残り2試合のエールディビジで首位のアヤックスを4ポイント差で追いかけ、2位につけるPSV。11日の第33節で9位のNECをホームに迎え撃った。

PSV 3-2 NEC
【PSV】
堂安律(前26)
グティエレス(前36)
ザハビ(後16)
【NEC】
ドゥエルン(後21)
オキタ(後27)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b1432d39472aeeab6d700f18166f275aaf3a01f
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ