Sponsored Link

伊メディアがコパを採点…森保ジャパンに及第点「日本の才能は移籍市場でも足跡残した」

1
コパ・アメリカ2019は開催国ブラジルの12年ぶりの優勝で幕を閉じたが、『ユーロスポーツ』イタリア版が8日、特集を組み、大会を総括して採点をつけた。

7日に行われた決勝では、チッチ監督率いる開催国のブラジルがダークホースのペルーと対戦。3-1の勝利を収め、2012年大会の優勝以来12年ぶりのコパ制覇を飾った。特集では、「ブラジルは大会前の予想通りだったが、ペルーや(指揮官のリカルド)ガレカも高得点だ」などと綴り、評価を下している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00010022-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

G・ジェズス、退場時の振る舞いについて謝罪「子どもたちに謝りたい」

1
マンチェスター・Cのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが、自身の行動を謝罪した。ブラジルメディア『globo』が伝えている。

ブラジル代表は7日に行われたコパ・アメリカ2019・決勝でペルー代表と対戦し、3-1で勝利。4大会ぶり9度目の優勝を成し遂げた。G・ジェズスは先発出場を果たし、1ゴール1アシストを記録。ブラジル代表の優勝に大きく貢献した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00955803-soccerk-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

メッシ、審判批判で最大2年間出場停止も? W杯予選や次回コパ欠場の危機に

1
アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシは、コパ・アメリカ2019(南米選手権)での審判批判により最大2年間の出場停止処分を受ける可能性もあるかもしれない。スペイン紙『アス』アルゼンチン版などが伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00329905-footballc-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジル、12年ぶり通算9度目のコパ制覇!ジェズス退場のアクシデントも指揮官の采配光る

1
コパ・アメリカ決勝が7日に行われ、ブラジルとペルーが対戦した。

ブラジルは前線ではロベルト・フィルミーノが先発し、フィリペ・コウチーニョ、エヴェルトン、ガブリエウ・ジェズスの2列目に。ディフェンスラインにはチアゴ・シウバ、マルキーニョス、ダニエウ・アウベスのおなじみの面々に、アレックス・サンドロが入った。ペルーはパオロ・ゲレーロ、エディソン・フローレス、アンドレ・カリージョといった選手たちが先発した。

■試合結果
ブラジル 3-1 ペルー
■得点者
ブラジル:エヴェルトン(15分)、ジェズス(48分)、リシャルリソン(90分)
ペルー:ゲレーロ(44分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00010006-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

退場に不満爆発で表彰式出席拒否…メッシ「僕らは汚職の一部である必要はない」

1
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、再び判定や南米サッカー連盟(CONMEBOL)に不満を爆発させた。

コパ・アメリカ2019・3位決定戦で、チリと対戦したアルゼンチン。前半にアグエロとディバラのゴールで先制したアルゼンチンだったが、メッシは37分に相手主将メデルと小競り合いになり、ビデオ判定の結果一発退場となっている。試合はその後チリが1点を返したが、リードを守りきったアルゼンチンが2-1で勝利を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00010006-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

コパ・アメリカの得点王レースは13人がトップで並ぶ異例の展開に

1
6月14日にブラジルで開幕したコパ・アメリカもファイナリストが出揃い、3位決定戦と決勝を残すのみとなった。

南米10か国に加え、カタールと日本がゲストとして参戦した今大会において、密かな話題を呼んでいるのが、得点王レースの行方だ。

なんと、準決勝を消化した時点で、13人の選手が2ゴールでトップタイとなっているのだ。しかも、そのなかには、グループステージのウルグアイ戦で2点を決めた日本代表MF三好康児も含まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00061042-sdigestw-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルー、チリ破り44年ぶり2度目のコパ決勝進出!GSでは大敗のブラジルと再戦へ

1
コパ・アメリカ準決勝が3日に行われ、チリとペルーが対戦した。

準々決勝ではPK戦の末に勝利し、勝ち上がってきた両チーム。そこからメンバーを変えることなく、同じ11人を送り出してきた。チリはアレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダル、チャルレス・アランギスなどが先発。ペルーはエースのパオロ・ゲレーロが最前線に君臨している。

■試合結果
チリ 0-3 ペルー
■得点者
ペルー:フローレス(21分)、ヨトゥン(38分)、ゲレーロ(90+1分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00010010-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

「くだらないファウルばかり取ってきたのに…」「腹が立つ」メッシ、ブラジル戦でVARを使わなかったジャッジに怒り

1
アルゼンチンのエース、リオネル・メッシが珍しく吠えた。

現地時間7月2日に行なわれたコパ・アメリカ準決勝で、ブラジルと対戦したアルゼンチンは0-2で敗戦した。

19分にガブリエウ・ジェズスに先制点を奪われながら、局面で肉弾戦を演じたアルゼンチンは幾度も相手ゴールを脅かすチャンスを創出するも、71分にカウンターからロベルト・フィルミーノに決定的な2点目を決められて万事休した。

“宿敵”に敗れ、1993年のコパ・アメリカ以来となるメジャータイトル獲得を逃したアルゼンチン。その敗戦後、公衆の面前で声を荒げたのは、大黒柱のメッシだった。母国紙『Ole』などが伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00060928-sdigestw-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルが4大会ぶり優勝へ王手!宿敵アルゼンチン撃破、未だ無失点継続/コパ・アメリカ

1
コパ・アメリカ2019は2日に準決勝が行われ、ブラジルとアルゼンチンが対戦した。

母国開催で4大会ぶりの優勝を目指すブラジル。ここまで失点は「0」、被枠内シュートは5本と鉄壁の守備を武器に準決勝に駒を進めてきた。ライバルとの激突では、F・ルイスが間に合わなかったものの、準々決勝では出場停止だったカゼミロが復帰するなど、ベストメンバーを揃えている。

一方のアルゼンチンは、なかなか形が見つけられなかったものの、準々決勝では攻守に連動を見せてベネズエラに2-0で勝利。直近の公式戦では14年間勝利のない最大のライバルとの一戦では、ベネズエラ戦と同じメンバーで臨んでいる。

■試合結果
ブラジル 2-0 アルゼンチン
■試合結果
ブラジル:ジェズス(19分)、フィルミーノ(71分)
アルゼンチン:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010013-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジル代表キャプテン!D・アウヴェス、子供にやさしすぎだった

1
日本代表も招待国として参加したコパ・アメリカ。開催国ブラジルの代表キャプテンを託されているは、ダニ・アウヴェスだ。

36歳になった右サイドバックは今季限りでPSGを退団することなる。新天地が注目を集めるなか、こんないい人ぶりが話題に。

https://news.livedoor.com/article/detail/16700547/
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ