Sponsored Link

アーセナル冨安は「最大のサプライズ」 英メディア総括、安定プレー絶賛「彼はヒットだった」

1
プレミアリーグは2021-22シーズンを終了し、マンチェスター・シティがリバプールに競り勝ち、2連覇を成し遂げた。英メディア「The Athletic」は、最終節で惜しくも来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したアーセナルのシーズンを振り返り、最大のサプライズについて、日本代表DF冨安健洋の存在を挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad9e4699b621393ff04f8d7f991bc8ddd1c050cc
このエントリーをはてなブックマークに追加

「昨夏のベスト補強」英メディアが冨安健洋のアーセナル1年目を採点! 「チームの弱点を強みに変えた」と激賞

1
プレミアリーグ最終節で、逆転でのチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権(4位以内)獲得を目指してエバートン戦に臨んだアーセナルは、5-1の大勝を収めたものの、ライバルのトッテナムも5-0で勝点3を積み重ねたことで、わずか勝点2差で5位フィニッシュとなった。

6シーズンぶりのCL出場が成らなかった一戦、冨安健洋は前節ニューカッスル戦の前半に負った右足ハムストリングスの怪我によって欠場を強いられ、新天地ではリーグ戦で21試合出場・1アシスト(公式戦22試合・1アシスト)を記録して1年目を終了している。

シーズンを通して苦しめられたふくらはぎの負傷では、14試合での欠場を余儀なくされたが、ピッチ上では圧倒的な存在感を発揮。右SBとして空中戦、デュエルで相手選手を圧倒し、効果的なオーバーラップやパスで攻撃面でも貢献した彼は、現地メディアから「今季のアーセナルで最も有効な補強」とまで評価され、その後はチームの緊急事態に対応して左SBやCBでも安定したプレーを披露した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba7fbaca7b598f7c50590d75be020c0520c3de00
このエントリーをはてなブックマークに追加

「23歳なのが驚き」 “Mr.堅実”アーセナル冨安に世界衝撃、今季厳選プレー集に称賛「最高傑作」「ベテランの風格」

1
イングランド1部の名門アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋は、昨夏の加入から着実に評価を高め、今季のプレミアリーグにおいて“掘り出し物”の1人と言っても過言ではないだろう。そんな冨安の「21-22シーズン厳選プレー集」が公開され、「23歳なのが驚き。ベテランの風格」「最高傑作」と称賛されている。

現在23歳の冨安はアビスパ福岡の下部組織出身で、トップチーム昇格後はシント=トロイデン(ベルギー)、ボローニャ(イタリア)を経て、2021年夏にアーセナルへ移籍。同年9月11日の第4節ノリッジ・シティ戦でプレミアデビューを飾ると、冬に負傷離脱するまで15試合連続スタメンを飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c5d4d9d02c18e99bb1d2d5486f91317eab4b479
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルは5位で欧州CL出場権逃す 欠場の冨安は「満足できない。まだまだ求めていくところがある」

1
サッカーのイングランド・プレミアリーグは22日に最終節が行われ、DF冨安健洋(23)が欠場した5位アーセナルはホームでエバートンを5―1で破ったものの、4位までに与えられる来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。出場圏の4位トットナムと勝ち点2差で迎え、エバートンを下せば逆転で出場権獲得の可能性があったが、トットナムは既に降格が決まっているノリッジに5―0で快勝した。

前節16日のニューカッスル戦で右足を気にする様子を見せて前半39分に交代し、ホームでの最終戦を欠場した冨安だが、試合後は取材に対応。加入1年目のシーズンを振り返り「本当に満足できないシーズンでした。来季に向けて、しっかりまた準備していく必要があるなと思っています」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/245997c64d3581365cfcacc4ae72bed0e42713a3
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナル冨安を「誰もサポートしない」 クラブ英雄が懸念、若き“ガナーズ”の課題とは?

1
日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナルは今季トップ4入りが難しい状況に追い込まれている。クラブのレジェンドとしても知られる元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は大きな若返りを果たしたアーセナルが抱える問題点を指摘している。英ラジオ局「talk SPORTS」が報じている。

今シーズン、開幕3連敗という悪夢のようなスタートを切ったミケル・アルテタ監督率いるアーセナルだが、その後はなんとか持ち直し、4位までに与えられるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて上位争いを続けていた。

しかし、前節のニューカッスル戦で0-2と敗北。この最終盤に痛恨の連敗で、最終節を前に5位に転落した。4位トッテナムとの勝ち点差は「2」となり、トップ4入りへ厳しい状況に追い込まれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c87e3dffcf9559e67af49cecfc719e352e1b5e43
このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナル冨安健洋はプレミア最終節欠場へ。現地メディアの報道にサポーターも嘆き節「ため息が出る」

1
現地時間5月22日に行なわれるプレミアリーグの最終節を控え、アーセナルのミケル・アルテタ監督が20日の記者会見に出席。日本代表DF冨安健洋について名指しはしていないが、負傷者による欠場があることを認めたという。現地メディア『football.london』が報じている。

冨安は負傷から復帰し、直近4試合連続で先発出場。しかし、前節のニューカッスル戦で39分にピッチに座り込み、足の痛みを訴えて交代した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96349dedb59f181d337e1f0d730704cf8932e6e1
このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安健洋は練習を欠席。プレミア最終節を前に“決着済み”と見る現地メディアがアーセナル「失敗」の原因を検証

1
プレミアリーグ第37節でニューカッスルに0-2の敗北を喫したアーセナルは、チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権争いのライバルであるトッテナムに4位の座を奪われてしまった。

最終節のカードは、アーセナルが16位エバートンとホームゲーム、対して勝点2上回るトッテナムはすでに降格が決まっている最下位ノリッジとのアウェーゲームということで、争いは決着したと見る向きが多い。ちなみに水曜日の練習で、アーセナルは冨安健洋、エミール・スミス・ロウ、ガブリエウ・マガリャンイス、ベン・ホワイトの主力4人が欠席していたという(スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』より)。

サッカー専門メディア『Football365』は、37節で首位のマンチェスター・シティがウェストハムと引き分け、2位リバプールが勝点1差に再び肉迫したことを引き合いに出し、「リバプールの奇跡が、CL出場を狙うアーセナルに“愚かな警告”を無視できること示した」と報じ、最終節の逆転はあり得ると指摘したが、やはりこれは少数意見と言えよう。

『Sky Sports』は、「数字的にはまだ可能性はあるものの、月曜日の夜(ニューカッスル戦)に彼らが見せた反応が全てを物語っている」として、すでに「アーセナルのCLへの望みは消え去った」と見ており、早くも「ミケル・アルテタ監督のチームはどこで間違いを犯したか?」という検証まで行なっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb7ce99662fc832bd85b135ea532df87790b9420
このエントリーをはてなブックマークに追加

「めったにミスを犯さない」冨安健洋、“プレミアの隠れベスト11”に海外選出!「10年不安定だったアーセナルの守備で堅実」

1
冨安健洋が再び負傷で交代を余儀なくされ、アーセナルとそのサポーターは心配している。それは、存在感の大きさの裏返しとも言えるだろう。

昨夏、移籍市場最終日にボローニャから加入した冨安は、デビュー戦からアーセナルの守備再建と復調に貢献。シーズン前半戦でプレミアリーグを代表する注目の新顔として評価を高めたが、昨年末から負傷に悩まされ、1月下旬から3か月にわたって戦列を離脱した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cdee8a6decb0b296b3f87347b77877192c11416
このエントリーをはてなブックマークに追加

CL出場へ痛恨のアーセナル、負傷交代の冨安健洋にアルテタ監督「筋肉の問題」

1
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋の状態に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

アーセナルは16日、プレミアリーグ第37節でニューカッスルと対戦した。

前節、トッテナムとのノースロンドン・ダービーで完敗を喫してしまったアーセナル。トップ4フィニッシュを目指す中で手痛い敗戦となった中、今節は先に試合を行ったトッテナムがバーンリーに1-0で勝利し、4位に浮上していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c0e8927d3e0b3a8129523785b260831300906af
このエントリーをはてなブックマークに追加

「冨安健洋はアーセナル今季最高の契約」対戦を前にニューカッスル地元メディアが日本代表DFを特集

1
次戦アーセナルとの対戦を前に、ニューカッスル地元メディア『Chronicle Live』が日本代表DF冨安健洋について特集している。

今季は開幕から苦しい時期が続いたニューカッスル。しかし10月の新オーナー決定とエディ・ハウ監督の就任、さらに1月の積極的な補強で生まれ変わることに成功。ハウ監督体制下ではプレミアリーグ11勝4分け9敗、2試合を残して勝ち点43を稼いでおり、残留を決定している。

ハウ監督がプレミアリーグの最優秀監督賞にノミネートされるなど、後半戦は目覚ましい戦いを続けるニューカッスル。そして16日のホーム最終戦では、トップ4争い真っ只中のアーセナルを迎えることになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2d5fd2baa33de854921f5e7dbe2720bc374c37d
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ