Sponsored Link

香川真司の背番号は「10」に決定! シント=トロイデンが加入を正式発表、労働許可書発行後に合流

1
シント=トロイデンは26日、今冬獲得した元日本代表MF香川真司(32)の正式加入を発表した。

香川はセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせ、2010年夏のドルトムント移籍を機に欧州挑戦。ユルゲン・クロップ現リバプール監督の下でブンデスリーガ2連覇に貢献すると、2012年夏にサー・アレックス・ファーガソン元監督に才能を見込まれ、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

2014年夏からドルトムントに復帰後、ベシクタシュ(トルコ)、レアル・サラゴサ(スペイン)を渡り歩き、2021年1月からPAOKテッサロニキ(ギリシャ)に活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、2021年12月に契約を解消していた。

11日、シント=トロイデンは香川の入団会見を実施。日本に滞在していた香川は、13日にも渡欧すると発表されていたが、査証申請に必要な書類関連の都合で渡欧が延期に。そこからおよそ10日間が経過した23日に、香川は現地へと到着した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5015acf93dedeaae6239e8782057b8bd4928573e
このエントリーをはてなブックマークに追加

「週末にはベンチにいるかも」ベルギー入りした香川真司に期待高まる! 現地紙がデビュー戦を心待ちに

1
ベルギー1部シント=トロイデン(STVV)に加入が決まった元日本代表MF香川真司が、現地時間1月23日についに現地入りした。現地紙『Het Belang van Limburg』などが伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5022b39545a30b9d664bfdb79545aaf868d5398
このエントリーをはてなブックマークに追加

STVV加入の香川真司へ期待される影響力 日本人選手を代表する存在となれるか

1
日本代表で10番を背負った香川真司がシント・トロイデンへと移籍を決めた。ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドでの活躍後、欧州でのプレイを続けるも全盛期のような輝きを見せることができていない男は、ベルギーの地でどのような結果を残すだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aee85a4d00d282e7e31980b1c4b2cf1f2c7df538
このエントリーをはてなブックマークに追加

STVV会長が新戦力の香川真司に期待「トップフィットしていれば何かをもたらすはず」

1
シント=トロイデンのダビド・メーケルス会長は新加入のMF香川真司に多くを期待しているようだ。ベルギー『TVL Sportcafe』が伝えた。

先月にギリシャ1部PAOKとの契約を双方合意で解除した香川。10日にSTVV加入合意が発表されており、渡欧後のメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ce4e451e50e63a34bba99c719826fdb8951f76d
このエントリーをはてなブックマークに追加

STVV加入の香川真司、かつてピッチ上で立ち向かった元ボルシアMG主将が語る印象は?

1
ベルギー1部シント=トロイデンVV(STVV)は10日、元日本代表MF香川真司との契約が合意したことを発表。地元紙『Het Belang van Limburg』が特集を組み、その中でボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)でプレーした元ベルギー代表DFが香川のプレーを振り返った。

香川は2010年夏に当時J2のセレッソ大阪からドルトムントに加入。同クラブでの1回目の在籍期間では現リヴァプール指揮官ユルゲン・クロップ監督の下ですぐさま定位置を獲得すると、公式戦合計76試合に出場し29ゴール17アシストを記録。2年間でクラブを2度のリーグ優勝とDFBポカール制覇に導く中心的な存在となり、マンチェスター・ユナイテッドへと渡った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fbc01b4b26d79e01886daceb8146096e69fe745
このエントリーをはてなブックマークに追加

香川獲得のシントトロイデン立石敬之CEO「彼のストーリーに投資しようと思う」

1
サッカーのベルギー1部リーグ、シントトロイデンの立石敬之CEO(52)が11日までに本紙の単独取材に応じ、元日本代表MF香川真司(32)を獲得した経緯やV字復活の青写真について語った。「香川再生」への期待、キーポイントとは―。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c4529eadd176960aafcd4a0e40befbb6c8fbb68
このエントリーをはてなブックマークに追加

シント=トロイデン香川真司、欧州移籍への経緯告白 J復帰も「考えるところあった」

1
元日本代表MF香川真司は、ベルギー1部シント=トロイデンへの加入が基本合意に至った。1月11日、加入内定記者会見が行われ、移籍経緯を明かしている。

現在32歳の香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。ユルゲン・クロップ監督の下、加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験した。

12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、PAOKを渡り歩き、無所属となっていたなか、10日にシント=トロイデンへの加入が基本合意したと発表された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4fe49c1ae0889086cab5a350fcd7a8a1b45e505
このエントリーをはてなブックマークに追加

香川真司がベルギー1部STVV加入で基本合意!GKシュミットら日本人6選手とチームメイトに

1
ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)が現地時間1月10日、MF香川真司と選手契約が基本合意に達したと発表した。今後のメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定となっている。

現在32歳の香川は、セレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせ、2010年夏にドルトムントへ移籍すると、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の信頼を掴み、主軸としてブンデスリーガ2連覇に大きく貢献。2012年夏からは名将アレックス・ファーガソンが率いるマンチェスター・ユナイテッドへ活躍の場を移し、プレミアリーグではアジア人選手初となるハットトリックも達成した。

その後はドルトムントへの復帰を挟み、ベシクタシュ(トルコ)、サラゴサ(スペイン)、PAOK(ギリシャ)と欧州各地を転戦し、先月18日に双方合意の上でPAOKとの契約を解除してからはフリーとなっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d69012adc21e47c861c80cc90922d1202d8dd03
このエントリーをはてなブックマークに追加

シント=トロイデン行き浮上の香川真司は期待薄?ナスリらスターが失敗する中、唯一の好例はグジョンセン

1
ベルギー『Sport/Foot Magazine』は、シント=トロイデン移籍が噂される香川真司について特集を組んだ。

12月にギリシャのPAOKテッサロニキとの契約解除が発表された香川。3月に33歳の誕生日を迎える同選手は冬の移籍市場を前に無所属になることが決まり、トルコのアンタルヤスポルやベルギーのシント=トロイデン行きが報じられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ed73677228be15747faa11f927c4fe5ee18de6c
このエントリーをはてなブックマークに追加

「得点源として期待」香川真司のSTVV入りは歓迎すべき? ベルギーメディアが見解

1
2021年12月18日に、双方合意のうえでギリシャのPAOKとの契約を解除した香川真司は、新天地が注目されている。

そんななか、ベルギーメディア『VOETBAL Belgie』は現地時間1月4日付けで、「フリーの状態で獲得することが可能な元ドルトムント&マンチェスター・ユナイテッドの日本人MFは、ベルギーのシント=トロイデン(STVV)と、トルコ1部アンタルヤスポルがその扉を叩いている」と伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7134d0a1fd5d2131ef5f29edfd5a85f4bb78506c
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ