Sponsored Link

英ウィリアム王子、アストン・ビラ昇格に狂喜乱舞の“レア姿”に英注目

1
英2部相当チャンピオンシップのアストン・ビラは現地時間27日、昇格プレーオフ決勝ダービー・カウンティ戦で2-1と勝利をし、来季のプレミアリーグ昇格を勝ち獲った。4シーズンぶりのプレミア復帰となったなか、アストン・ビラのファンとして知られる英国王室のケンブリッジ公ウィリアム王子が大喜びする様子が注目を集めている。

アストン・ビラは聖地ウェンブリーでダービーとの昇格プレーオフ決勝で前半44分に元オランダ代表FWアンワル・エル・ガジのゴールで先制。後半14分にもスコットランド代表MFジョン・マッギンが追加点を奪うと、ダービーの反撃を1点に抑えて2-1で勝利し、念願のプレミアリーグ復帰を果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00191979-soccermzw-socc

ニューカッスルが約490億円で”身売り”? マンCオーナーの従兄弟に売却か。ファンは大型補強に期待

1
プレミアリーグのニューカッスルが“身売り”すると、英紙『The Sun』が報じている。その売却先は、ドバイの富豪シェイク・ハレド・ビン・ザイード・アル・ネヒヤーン氏だという。

同紙によれば、「売却の調印はすでに交わされ、その書類はプレミアリーグに提出済」とのこと。現時点でニューカッスルのオーナーであるマイク・アシュリー氏のコメントは発表されていないが、「アシュリーは同クラブのオーナーとしての12年間に終止符を打ち、3億5000万ポンド(約490億円)で売却することに同意した」と報じられている。

アシュリー氏は以前からクラブの売却に動いていることを認めており、今年1月には、売却が成立するとも発言していた。時期はずれ込んだものの、その言葉通りに成立した形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190527-00059197-sdigestw-socc

最後の1枠はトッテナム!プレミア来季CL出場4クラブが決定…アーセナル最後の望みはEL制覇

1
プレミアリーグは12日に各地で最終節が行われた。

昨年8月の開幕から10カ月、ついにイングランド最高峰のリーグは第38節を迎えた。最後まで白熱したチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いは、前節までにマンチェスター・シティ、リヴァプール、チェルシーがトップ4以上を確定させており、残りは1枠。4位トッテナム(勝ち点70、得失点差+28)と5位アーセナル(勝ち点67、得失点差+20)が最終節で争うこととなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00010001-goal-socc

岡崎慎司、レスターでのラストマッチに66分から途中出場。サポーターは拍手で迎える

1
現地5月12日、プレミアリーグの最終節が行なわれた。ホームにチェルシーを迎えたレスターは、0-0のスコアレスドローに終わっている。

今季を最後にレスターを退団する意向を明らかにしている岡崎慎司はベンチ入り。勝てば3位が確定するチェルシーは、つい先日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2レグでPK戦の末にフランクフルトを下したメンバーを中心としたメンバーで臨んだ。エデン・アザール、オリビエ・ジルーらはベンチスタートとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00058503-sdigestw-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00321238-footballc-socc

今季わずか1敗のリヴァプール、悲願のプレミアリーグ優勝に一歩及ばず…準優勝クラブとして史上最高勝ち点

1
プレミアリーグ最終節が12日に開催された。

リーグ8連勝中で2位のリヴァプールは最終節、ホームにウォルヴァーハンプトンを迎えた。試合前、首位につけるマンチェスター・シティとの勝ち点差は1ポイント。リヴァプールは勝利したうえで、ライバルの躓きを待ちたい状況だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00010002-goal-socc

マンCがプレミア2連覇達成! リヴァプールの追走振り切り4度目の優勝

1
プレミアリーグ第38節が12日に行われ、ブライトンとマンチェスター・Cが対戦。マンチェスター・Cがアウェイでブライトンに勝利を収めて、プレミアリーグ2連覇を達成した。

マンチェスター・Cが勝利すればプレミアリーグ移行後、4回目の優勝が決定するこの一戦。前節のレスター戦からフィル・フォーデンを代えてリヤド・マフレズを起用している。マンチェスター・Cはここまで14連勝を飾り、勝ち点「95」で勢いに乗る。一方のブライトンは勝ち点「36」で17位に位置し、プレミアリーグ残留が確定している。

【スコア】
ブライトン 1-4 マンチェスター・C
【得点者】
27分 グレン・マレー(ブライトン)
28分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
38分 アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・C)
63分 リヤド・マフレズ(マンチェスター・C)
72分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00936389-soccerk-socc

PL年間MVP候補の7選手が発表…マンチェスター・C&リヴァプールから3名ずつが選出

1
2018-19シーズンのプレミアリーグ年間最優秀選手賞の候補者7選手が発表された。

近年稀に見る大激戦を繰り広げるの今シーズンのプレミアリーグ。マンチェスター・シティとリヴァプールの優勝争いと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるトップ4争いは、12日に行われる最終節にまでもつれ込んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00010007-goal-socc

マンC、レスター下し首位再浮上。最終節で勝利すればプレミア2連覇達成

1
【マンチェスター・シティ 1-0 レスター・シティ プレミアリーグ第37節】

プレミアリーグ第37節、マンチェスター・シティ対レスター・シティが現地時間6日に行われた。試合は1-0でホームのシティが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外だった。

【得点者】
70分 1-0 コンパニ(シティ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00320373-footballc-socc

アーセナル、3季連続でトップ4落ちが決定的…エメリは「目標に届かなかった」と落胆

1
アーセナルのウナイ・エメリ監督は、チームが望んでいた結果を手にできなかったと認めた。

5日に行われたプレミアリーグ第37節でアーセナルはホームでブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。開始早々にピエール=エメリク・オーバメヤンがPKから先制に成功するも、61分にPKから失点して試合は振り出しに。その後は両チームともに得点が生まれず1-1のドローで終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010012-goal-socc

チェルシー、難敵ワトフォード撃破で単独3位へ!CL出場権争いでリード

1
プレミアリーグ第37節が5日に行われ、チェルシーとワトフォードが対戦した。

公式戦3試合勝利なしのチェルシーはエデン・アザール、ペドロ・ロドリゲスがスタメン。そして最前線にはオリヴィエ・ジルーではなく、ゴンサロ・イグアインが入った。また、来季の新たなユニフォームも今節からお披露目となっている。

■試合結果
チェルシー 3-0 ワトフォード
■得点者
チェルシー:ロフタス=チーク(48分)、ダビド・ルイス(51分)、イグアイン(75分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00010038-goal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ