Sponsored Link

ベルギー2部の斉藤光毅が先発デビュー! センターFWとして同点弾の起点に

1
[2.21 ベルギー・リーグ2部第20節 ロンメル2-1リールセ]

ベルギー・リーグ2部第20節が21日に行われ、FW斉藤光毅の所属するロンメルはホームでリールセに2-1で勝利した。斉藤は加入後初の先発出場。同点ゴールの起点になる活躍を見せ、後半24分までプレーした。

斉藤は今冬に横浜FCから完全移籍し、1月29日の第17節ダインゼ戦(○4-2)のラスト4分から投入されて新天地デビュー。その後、前節までリーグ戦2試合、カップ戦1試合に途中出場していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46e0a86a88ff1c34187c2a5398b58548b2efd559
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーヴェ、C・ロナウド2発でクロトーネを撃破…公式戦の連敗をストップ

1
セリエA第23節が行われ、ユヴェントスがクロトーネと対戦した。

前節ナポリに敗れ、チャンピオンズリーグでもポルトに先勝を許したユヴェントス。GKにはベテランのジャンルイジ・ブッフォンが入った。一方のクロトーネはリーグ最下位。ともに冬に加入したアダム・ウナスと サムエル・ディ・カルミネが2トップを組む。

【スコア】
ユヴェントス 3ー0 クロトーネ
【得点者】
38分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
45+1分 2-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
66分 3-0 ウェストン・マケニー(ユヴェントス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dbab808208fa95593b1f93f3e16cdffbf4673ed1
このエントリーをはてなブックマークに追加

1年で3敗だったチームが2か月弱で5敗…。ミラノダービーでも屈したミランに「もう優勝の望みなし」との声

1
宿敵との大一番という難しい試合を落としたとはいえ、それだけでタイトルレースの行方が決定的になるとは言えない。それでも、懸念すべき点があるのも確かなようだ。

現地時間2月21日に行なわれたセリエA第23節で、インテルとのミラノダービーに臨んだミランは0-3と手痛い黒星を喫した。前節のスペツィア戦を落とし、首位の座を同じ街のライバルに明け渡していた“赤い悪魔”は、勝点差を4に広げられてしまった格好だ。

立ち上がりに失点したミランは、後半序盤に何度もインテルのゴールに迫ったがネットを揺らすことができず……。逆にラウタロ・マルティネスにドッピエッタ(2得点)を許すと、最後はロメル・ルカクの決定的な3点目に屈した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1bec17625527b298faead3bcc52bf42ca6389b74
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也は「何度も困難に陥った」 ハーフタイム交代の“屈辱”に伊メディア低評価

1
イタリア・セリエAのサンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、現地時間20日に行われたリーグ第23節の強豪ラツィオ戦(0-1)にスタメン出場したが前半のみで交代なった。イタリアメディアからは「吉田は悪かった」と厳しい評価を下されている。

スタメン出場した吉田は右のセンターバックを務めたがラツィオの攻撃に苦戦。前半24分にMFルイス・アルベルトにゴールを許したシーンでは、左右に反転させられた末にシュートブロックに入ったものの、失点を免れられなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af11cd395b194a7ae8a1b199ff9296c016fdd3d3
このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安健洋、今節も高評価。10人でドロー、勝ち点1獲得に貢献「右でも左でも問題なし」

1
ボローニャは現地時間20日、セリエA第23節のサッスオーロ戦を敵地で戦い、1-1で引き分けた。イタリアメディアがボローニャのDF冨安健洋の選手採点を行っている。

冨安が右サイドバックで出場したボローニャは、17分に高い位置からのプレスでボールを奪うと、ソリアーノが決めて先制する。しかし30分、ヒッキーが危険なプレーで一発退場。残り時間を数的不利で戦うことになった。この退場に伴ってボローニャは選手交代を行い、冨安は左サイドに移っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3b3f68583d47eaeb8367a45f2bc5c8dae89b563
このエントリーをはてなブックマークに追加

インテル加入から一年…セリエAに順応したエリクセンをコンテ監督も評価「一歩踏み出してくれた」

1
[2.14 セリエA第22節 インテル 3-1 ラツィオ]

インテルは14日のセリエA第22節でラツィオを3ー1で破り、宿敵ミランを押しのけて首位浮上。21日の“ミラノダービー”に向けて最高の舞台が整った。

FWロメル・ルカクが2ゴール1アシストを挙げ、難敵ラツィオを下したインテル。アントニオ・コンテ監督は「首位到達がスタート地点に過ぎないとはいえ、1位はひとつの目標だった」と喜びを語る。そして昨年加入から一年を経てチームにフィットしてきたMFクリスティアン・エリクセンの成長に言及。『スカイスポーツ』では、「とても良い試合をしてくれた。彼は一歩踏み出してくれた」と指揮官の言葉を伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19df422bbafec295b9846cd89229aef9c57332f0
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也フル出場のサンプドリアが3試合ぶり白星! フィオレンティーナとの接戦制す

1
セリエA第22節が14日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアはフィオレンティーナとホームで対戦した。吉田は2試合ぶりの先発復帰を果たし、センターバックとしてフル出場した。

【スコア】
サンプドリア 2-1 フィオレンティーナ
【得点者】
1-0 31分 ケイタ・バルデ・ディアオ(サンプドリア)
1-1 37分 ドゥシャン・ヴラホヴィッチ(フィオレンティーナ)
2-1 71分 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5842c3ff06a7180c192128c77165630d5f576eb6
このエントリーをはてなブックマークに追加

首位ミラン、昇格組スペツィアに2発完敗…ゴール決めきれず連勝ストップ

1
セリエA第22節が13日に行われ、スペツィアとミランが対戦した。

アウェイのミランは現在リーグ戦2連勝中。ここまで15勝4分2敗で勝ち点「49」を獲得して首位に位置しており、2位インテルとの勝ち点差は「2」となっている。スタメンにはズラタン・イブラヒモヴィッチ、テオ・エルナンデスといった主力メンバーが名を連ねた。一方ホームの昇格組スペツィアは勝ち点「21」で16位となっており、前節はサッスオーロに勝利して連敗をストップしている。

【スコア】
スペツィア 2-0 ミラン
【得点者】
57分 1-0 ジュリオ・マジョーレ(スペツィア)
67分 2-0 シモーネ・バストニ(スペツィア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba8cea556dea6362556a91a50a8051f2f0d95ddb
このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安健洋に高評価。ベネヴェント戦は「守備面で非の打ち所なし」。「絶対的な確実性」と称賛

1
ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、また評価を高めている。現地時間12日に行われたベネヴェント戦でのパフォーマンスをイタリアメディアが採点した。

同勝ち点で並ぶベネヴェントをホームに迎えたボローニャは、1-1の引き分けで試合を終えた。右サイドバックでフル出場した冨安は、好印象を与えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f52c9d7cc363e173aa18371be6f79e38e894c9eb
このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安健洋はフル出場、惜しいミドルシュートも。ボローニャはベネヴェントと引き分け

1
【ボローニャ 1-1 ベネヴェント セリエA第22節】

セリエA第22節のボローニャ対ベネヴェントが現地時間12日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

【得点者】
2分 1-0 サンソーネ(ボローニャ)
60分 1-1 ヴィオラ(ベネヴェント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fb0e88601e89d0c9b1fa9032cebfd82b81b2107
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ