Sponsored Link

内田篤人が劇的決勝弾!初のACL決勝進出を目指す鹿島、序盤に2失点も逆転勝ち

1
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝ファーストレグが3日に行われ、鹿島アントラーズと水原三星が対戦した。

【スコア】
鹿島アントラーズ 3-2 水原三星
【得点者】
0-1 2分 オウンゴール/内田篤人(水原三星)
0-2 6分 デヤン・ダムヤノビッチ(水原三星)
1-2 21分 オウンゴール/チャン・ホイク(鹿島)
2-2 84分 セルジーニョ(鹿島)
3-2 90+4分 内田篤人(鹿島)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00842111-soccerk-socc

「獲れるタイトルはすべて狙っていく」内田篤人が明かす、ACL初制覇へのビジョン

2
鹿島アントラーズは現在、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝で中国のクラブ、天津権健と争っている。

8月28日にホームで行なわれた第1戦は2-0で勝利を収めており、9月18日に第2戦が行われる。勝利すれば準決勝進出。鹿島としてはACL初のベスト4に駒を進めることになる。

準々決勝第2戦を控え、アジア・サッカー連盟(AFC)が内田にインタビューを敢行。ACLに賭ける思いを明かす様子をHPに掲載している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00047390-sdigestw-socc

内田篤人「そこまで落ち込んでいないよ」W杯落選も復調支えたスタッフに感謝

1
W杯南アフリカ、ブラジル大会でメンバー入りしたDF内田篤人(30)=鹿島=は、ロシアW杯を想定したガーナ戦(30日)の選考から漏れた。

W杯3大会連続出場を視野に入れ、今季ドイツ2部ウニオン・ベルリンから古巣・鹿島に復帰。過密日程の中で5試合連続先発出場するなど復調した姿を見せ、日本代表のコンディショニングコーチらも視察を重ねていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000256-sph-socc

ノイアーから内田篤人へ日本語でエール…「ウシダサン、ガンバッテ」

1
アディダスは8日、ブンデスリーガ王者バイエルンの新ホームユニフォームを発表した。バイエルンの象徴である菱形が全体に散りばめられており、12日に行われるホームで行われるシュツットガルトとの最終節でお披露目する。

同日、ミュンヘン市内でクラブ主催のイベントも開催され、新ホームユニフォームに身を包んだバイエルンの8選手が登場した。フィールドプレーヤーとは異なり、グレーのユニフォームを着用するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は「今年も赤に身を包んだ頼もしい仲間にパスをつなげることが嬉しい」と、カラーデザインが気に入ったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-01653632-gekisaka-socc

「できるとは思っていたけど…」内田篤人、J復帰後初アシスト以上の“収穫”

1
その表情には充実感とともに確かな手応えもにじんだ。鹿島アントラーズのDF内田篤人が今季リーグ戦初のフル出場。Jリーグ復帰後初アシストも記録し、チームの4試合ぶり白星に貢献した。

電光石火の先制点だった。前半4分、左サイドからFW金崎夢生、FW鈴木優磨とつないで右サイドのMF遠藤康がボールをキープ。その背後を駆け上がってきた内田は遠藤の縦パスをワンタッチで折り返し、鈴木がヘディングでゴール左のサイドネットに流し込んだ。

「(鈴木)優磨と(金崎)夢生は点が取れるところにいるし、2人ともヘディングがうまい選手。ゴロか、頭か。速いボールを意識した」。鈴木はジャンプすることなく、上体を伸ばした状態でヘディング。「もうちょっと低くても良かったけど」と振り返った内田の絶妙なクロスが先制点をアシストした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-01653332-gekisaka-socc

内田篤人がJ復帰後初アシスト…鹿島は4戦ぶり白星

1
[5.2 J1第12節 鹿島2-1長崎 カシマ]

J1リーグは2日、各地で第12節を行い、鹿島アントラーズはホームでV・ファーレン長崎と対戦し、2-1で競り勝った。鹿島は4月14日の名古屋戦(2-0)以来、4試合ぶりの白星。長崎は4連勝後、2連敗となった。

鹿島は前節の横浜FM戦(0-3)から先発4人を変更。GK曽ヶ端準が今季リーグ戦初先発となったほか、DF昌子源、MF小笠原満男、MF中村充孝が3試合ぶりに先発した。

前節の広島戦(0-2)で連勝が4で止まった長崎は先発5人を入れ替えた。順天堂大から今季入団し、広島戦に途中出場してJ1デビューを果たしたMF新里涼がリーグ戦初先発。同じく順天堂大から入団したルーキーのMF米田隼也も6試合ぶり2度目の先発となった。そのほか、FW鈴木武蔵が5試合ぶり、FW中村慶太とDF高杉亮太が2試合ぶりに先発した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-01653324-gekisaka-socc

勝てない鹿島、内田篤人はどう見るか?日本代表には「入れてくれたら協会、選手と上手くやる」

1
「試合数が多いというのは、言い訳にならない」

鹿島アントラーズDF内田篤人が、チームの勝てない現状に厳しい意見を投じた。

鹿島は28日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節で、横浜F・マリノスに0-3と完封負け。3戦未勝利で降格圏間際の15位に転落した。

開始7分に先制点を許すと、21分にも立て続けに失点。後半にも追加点を浴びて完敗。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではJリーグ勢唯一のグループステージ突破を決めたが、リーグでは連戦続きで厳しい状況に陥っている。しかし、内田は「連戦」という言葉は「言い訳にならない」と一蹴。戦力がある鹿島でその言い訳は通用しないと一石を投じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000000-goal-socc

「俺が諦めてないんだから諦めるな」清武の復活弾を喜ぶ内田が“盟友”に送った言葉

1
“盟友”の復活弾を喜んだ。鹿島アントラーズのDF内田篤人は試合後、同時刻キックオフの試合でセレッソ大阪のMF清武弘嗣が今季初先発で2ゴールを決めたことを報道陣から聞かされ、「そうなんですか?」とうれしそうに笑顔を見せた。

同じようにケガに泣かされてきた。15年6月に右膝を手術し、長期離脱を強いられた内田は同時期にJISS(国立スポーツ科学センター)で清武とリハビリに励んだこともあった。プライベートでも親交は深く、「ドイツにいるころから連絡を取り合っていた」という仲。ともに故障から復帰し、ロシアW杯へ最後のアピールを続ける現状も重なる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-01653116-gekisaka-socc

中3日で連続先発の内田篤人が同点弾演出、鹿島は神戸とドロー

1
[4.25 J1第10節 鹿島1-1神戸 カシマ]

鹿島アントラーズはホームでヴィッセル神戸と対戦し、1-1で引き分けた。連敗は免れたが、最近6試合で1勝2分3敗。一方の神戸は連勝が2で止まった。

鹿島は21日の川崎F戦(1-4)から先発3人を変更。出場停止のDF昌子源に代わってDF犬飼智也が3試合ぶりに先発したほか、負傷明けのMFレオ・シルバが3月31日の札幌戦(0-0)以来5試合ぶり、同じくMF遠藤康が3月3日のG大阪戦(1-0)以来8試合ぶりに先発復帰した。

神戸も21日の名古屋戦(3-0)から先発3人を入れ替えた。DF那須大亮が開幕戦以来9試合ぶりに先発したほか、FW郷家友太が3試合ぶりに先発。プロ2年目のMF安井拓也がリーグ戦初先発となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-01653085-gekisaka-socc

久しぶりの出場となった内田篤人、代表復帰の可能性は「試合に出ないと話にならない」

1
明治安田生命J1リーグ第8節が14日に行われ、鹿島アントラーズは名古屋グランパスと対戦。鹿島に所属する内田篤人が試合後インタビューに応じた。

2連敗で今節を迎えた鹿島は、金崎夢生の2ゴールでリーグ戦4試合ぶりの白星を挙げた。開幕以来のスタメン復帰となった内田は自身のパフォーマンスを振り返り「そんなよくはなかったけど、勝ってディフェンスは評価される」とチームの勝利が重要だと語った。

続けて、試合感覚については「練習でもやれてるし、紅白戦も出れてる」と問題がないことを強調。さらに、77分で途中交代した内田だが、交代は試合前から決まってたわけではなく、自ら要求していたことを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00743070-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ