Sponsored Link

内田篤人の復帰時期は?ウニオン監督「2週間後かもしれないが、4~6週間の可能性も」

1
先月の中旬以来離脱を強いられているウニオン・ベルリンのDF内田篤人だが、未だに復帰時期が明らかになっていないようだ。ドイツ誌『キッカー』がイェンス・ケラー監督のコメントを伝えた。

右SBでレギュラーを務めるDFクリストファー・トリンメルは、累積警告により第14節ハイデンハイム戦を欠場することに。しかし、本来ならその代わりにプレーするはずの内田は先月16日に行われた練習で左足太ももに肉離れを負い、戦列から外れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00010013-goal-socc

「俺には時間がない」…内田篤人が率直に語るベルリンでの近況と代表

1
内田篤人がウニオン・ベルリンに移籍しておよそ2カ月がたった。ここまで9試合を終えて、フル出場1回、途中出場1回、1アシスト。出場機会を求めて、かつてシャルケでともに戦ったイエンス・ケラー監督率いる2部のチームに移籍したことを考えれば、満足とは言い難い数字だ。

そうは言っても、2015年3月からほとんど公式戦に出場していなかった選手に、現実はそれほど甘くない。それは本人だって承知のことだろう。10月15日のレーゲンスブルク戦でも、内田はベンチ入りしながら、出場機会はなかった。それでも、試合後のミックスゾーンでは明るく現在の状況を話してくれた。そのやりとりを、ほぼそのままお伝えすることにしたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00010004-sportiva-socc

内田篤人、日本代表復帰の噂も負傷…クラブの練習中に左足肉離れで戦線離脱へ

1
ドイツ2部ウニオン・ベルリンに所属するDF内田篤人が練習中に負傷。クラブは左足の肉離れと発表した。離脱期間などの詳細は明らかになっていない。

内田は今夏に7シーズンプレーしたシャルケを離れ、ドイツ2部リーグに新天地を求めた。度重なる負傷で過去2年間はほとんどプレーできずにいたが、昨季ヨーロッパリーグで戦線に復帰。ベルリン移籍後も2試合に出場していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00010019-soccermzw-socc

日本代表復帰の可能性に内田篤人「僕はみんなと状況が違いすぎるから」

1
ユニオン・ベルリンのDF内田篤人が、日本代表招集の可能性があるというレターが日本サッカー協会からクラブに届いていることについて、「(怪我により長期に渡り離脱していた)僕はみんなと状況が違いすぎるから」と言及。また、コンディションについて、「(怪我から復帰して)この1年練習を積んできている。キッカケさえ掴めればやれる」とピッチに立つことへの渇望を示した。

日本サッカー協会が、前回に続き11月のベルギー&ブラジル戦で、内田の招集の可能性があるというレターをユニオン・ベルリンに送っていることが判明。今回は貴重な欧州シリーズとあって、来年のワールドカップ本番を見据え、状態などを把握するためメンバー入りすることもあり得る。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171016-00031182-sdigestw-socc

3試合出番なしもチームは3連勝…内田篤人「勝っていれば代えないのが普通」

2
[10.15 ブンデスリーガ2部第10節 レーゲンスブルク0-2ユニオン・ベルリン]

ブンデスリーガ2部は15日、第10節を行い、DF内田篤人の所属するウニオン・ベルリンは敵地でレーゲンスブルクと対戦し、2-0で勝った。内田はベンチ入りしたが、3試合連続で出番がなかった。

今夏にシャルケから2部のユニオン・ベルリンに加入した内田。9月10日のデュッセルドルフ戦(2-3)に途中出場し、新天地デビューを果たすと、同19日のザントハウゼン戦(0-1)では初先発を飾った。しかし、チームは結果を残せず、その後は再びベンチスタートに。この日、チームは3連勝を飾り、内田はベンチを温める時間が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-01645204-gekisaka-socc

内田篤人、ブラジル&ベルギー戦で2年8か月ぶり招集か…崩壊DF陣の救世主に

1
サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が強豪のブラジル、ベルギーに挑む欧州遠征でDF内田篤人(29)=ウニオン・ベルリン=の起用を考えていることが11日、分かった。

関係者によると、招集の可能性がある文書を所属クラブに送ることが確実だという。3―3で終わったハイチ戦(10日・日産ス)は2点リードから3失点。メンバーの大幅入れ替えを示唆した指揮官は約2年8か月ぶりに内田を呼び、18年ロシアW杯に向けて足場を固める。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000293-sph-socc

宇佐美と内田の一撃が選出…ブンデス公式「イニシャル“U”の歴代ベストゴールTOP10」

1
ブンデスリーガのYouTube公式チャンネルでおなじみとなっているイニシャル別のベストゴールランキングトップ10企画の「U」特集で、現在はともにブンデスリーガ2部でプレーするDF内田篤人とFW宇佐美貴史の、二人の日本人選手がランクインを果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171005-00010010-soccermzw-socc

ウニオン内田篤人、出番なく「ちょっと出たかった」

1
<ドイツ2部:ウニオン・ベルリン5-0カイザースラウテルン>◇25日◇ベルリン

ウニオンDF内田篤人(29)はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

試合は開始からウニオンがカイザースラウテルンを圧倒した。前半6分、中盤でボールを奪うと、パスを受けたFWポルターが素早いターンから左足シュートをゴール右上隅に。このゴールで一気に勢いに乗ったウニオンは同11分に追加点。DFシェーンハイムのヘディングシュートが相手DFの足に当たってオウンゴールとなった。同25分にポルターが3点目を挙げると、同32分にはMFスクリツィブスキが加点。後半32分にポルターがハットトリックとなるゴールを決め、5-0で快勝した。6試合ぶりとなる勝利を挙げ、3勝3分け2敗の9位。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00012632-nksports-socc

ウニオン内田フル出場「蹴るんだ、という印象」

1
<ドイツ2部:ザンドハウゼン1-0ウニオン・ベルリン>◇19日◇ザントハウゼン

ウニオン・ベルリンの内田篤人は、アウェーのザントハウゼン戦に移籍後初先発し、フル出場した。

1点を追うウニオンは、71分に内田のクロスからポルターがヘディングシュートをしたくらいしかシュートチャンスを作れずに、そのまま0-1で敗れた。ウニオンは5試合連続勝利なし(3分2敗)。

内田は右サイドバックでフル出場。前半はロングボールが多くなる味方と後ろからつなごうとする内田とで動きが合わないシーンも見られた。

守備では味方SHの位置が中途半端で、内田が孤立する場面もあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00007546-nksports-socc

内田篤人が移籍後初スタメン…ウニオン・ベルリン対ザントハウゼン、先発メンバー発表

1
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ