Sponsored Link

シャルケ内田、来季の去就は「自分次第」

1
元日本代表DF内田篤人(29)=シャルケ=が16日、故郷の静岡県で自身がプロデュースするコンディショニングラボ(整骨院×トレーニング施設)の『ウチダラボ』の報道向け内覧会を行った。

自らトレーニングメニューの一部を実践した内田は「地元に貢献したかった。『身体の乱れは、心の乱れ』。若い人からお年寄りまで、多くの人の身体づくりを手助けしたい。オフ期間にここにくるので、(会員と)サッカーの話ができれば」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000557-sanspo-socc

「もう1度一緒にプレーしたい」内田がミラン退団の本田との共闘を熱望

1

ドイツ・ブンデスリーガの全日程を終えて帰国したシャルケの内田篤人が5月23日、成田空港で取材に応じ、21日に今季限りでのミラン退団を発表した本田圭佑についての想いを語った。

21日のボローニャ戦(セリエA37節)で直接FKからゴールをマークした本田だが、今季出番は国内リーグで7試合、うち先発出場はわずか1試合とベンチを温め続ける屈辱のシーズンを送っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00026025-sdigestw-socc

内田篤人、シャルケ退団もよぎった「環境を変えるのも…」 年明け出場なし

1

サッカードイツ1部・シャルケのDF内田篤人が23日、帰国した。

右膝の負傷から昨年12月に欧州リーグ・ザルツブルク戦で復帰を果たしたが、それ以後の公式戦出場はなし。10年7月にJ1鹿島から移籍して以来、シャルケに所属し続けている中で、「環境を変えるというのも、どうなのかな」と頭によぎったと心境を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000068-dal-socc

内田篤人の代表復帰を期待するシャルケ幹部。回復後も欠場が続く理由は

1

ドイツ・ブンデスリーガ1部シャルケのアクセル・シュスター(SD)は、同クラブ所属のDF内田篤人の日本代表復帰の可能性に言及している。19日付の地元紙『レヴィア・シュポルト』などがコメントを伝えた。

内田は膝の重傷により2015年3月以来長期間の戦線離脱を強いられ、昨年末にようやく待望の実戦復帰を果たした。かつて不動のレギュラーだった日本代表でも、負傷離脱以来プレーしていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170520-00010004-footballc-socc

内田篤人がシャルケの放出候補に?「十分なオファーが届けば…」と独紙報道

1
シャルケに所属する内田篤人が、来季に向けたチーム作りにおいて放出候補になる可能性があると独紙『ビルト』が報じている。

内田は2010年7月に鹿島アントラーズからシャルケに加入し、今季で7シーズン目を迎えている。しかし、膝の重傷によって2年間以上も実践から遠ざかっており、昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦で一度はピッチに立ったのみ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00010026-footballc-socc

2年ぶりリーグ戦ベンチ入りした内田篤人「みんな俺のことを知らない」

1
内田篤人が16日のダルムシュタット戦でベンチ入りを果たした。リーグ戦でのベンチ入りは実に2015年4月11日のフライブルク戦以来のこととなる。だが残念ながら、ダルムシュタット戦で出場機会は訪れなかった。

試合後のミックスゾーンで「このベンチ入りは前進なのか?」という質問が投げかけられると、内田はこう答えた。「まあ入らないよりはいいですからね。ちょっとずつこう……いつぶりかも覚えてないけど」

少し自嘲的な笑みを浮かべながらも、「前進に決まっているじゃないか」というニュアンスで、やんわりと質問をかわした。

3月にハノーファーとの練習試合で90分間出場を果たしてから1カ月弱。今回はベネディクト・ヘヴェデスの負傷やマティア・ナスタシッチの出場停止などがあってのベンチ入りだった。とはいえリーグ戦でベンチ入りしたということは、当然、出場の可能性があるということ。消化試合だった12月のヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦とは全く意味合いが違う。ようやく戦力として見なされるところまできたというわけだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00010002-sportiva-socc

内田がブンデス2年ぶりのベンチ入り…シャルケは最下位に痛恨の敗戦

1
ブンデスリーガ第29節が16日に行われ、ダルムシュタットとDF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。内田は2015年4月11日以来、2年ぶりにリーグ戦でベンチ入りを果たした。

【スコア】
ダルムシュタット 2-1 シャルケ
【得点者】
1-0 11分 マリオ・ヴランチッチ(ダルムシュタット)
1-1 75分 コケ(シャルケ)
2-0 90+3分 ジェローム・ゴンドルフ(ダルムシュタット)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00576964-soccerk-socc

2カ月ぶり実戦復帰の内田、UAE戦にも言及…自身の代表復帰は「時間かかる」

1
シャルケに所属するDF内田篤人は23日、ブンデスリーガ2部のハノーファーとのチャリティマッチにフル出場。1月に行われたKVオーステンデ(ベルギー1部)とのテストマッチ以来、約2カ月ぶりの実戦復帰を果たした。

内田は昨年12月にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ最終節のザルツブルク(オーストリア)戦に出場し、右ひざ負傷の長期離脱から1年9カ月ぶりに復帰した。シーズン後半戦から完全復帰に期待が高まっていたが、ブンデスリーガ再開直前に内転筋を負傷。個別トレーニングを中心に調整を続け、3月に入ってチーム練習に合流していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566649-soccerk-socc

シャルケ内田、3カ月半ぶり実戦復帰へ 23日のチャリティーマッチ出場と独紙報じる

1
シャルケの元日本代表DF内田篤人が、23日に行われるハノーファーとのチャリティーマッチで実戦復帰を果たすことになりそうだ。ブンデスリーガ復帰に向けて、確実に近づいている。ドイツ紙「キッカー」が報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010021-soccermzw-socc

宇佐美はベンチスタート…アウクスブルク対シャルケ、先発メンバー発表

1
現在ブンデスリーガで13位に沈むシャルケ。リーグ戦ではここ3試合白星がなく、23節のボルシアMG戦では2-4と惨敗を喫した。そのショックを払拭するためにも、ホームにアウクスブルク迎える次節(3月12日)は是が非でも勝点3が欲しいところだ。

ポイントとなるのは、新システムの4-2-3-1が機能するかどうか。守備の要ナウドが内転筋の負傷で離脱した影響もあって、ここ最近は8節から導入した3バックが機能せず、ELベスト16第1レグのボルシアMG戦(3月9日)では4バックに変更。試合は1-1のドローに終わったが、マルクス・ヴァインツィール監督は「良い方向に機能したと思う」と手応えを口にした。ナウドの今シーズン中の復帰が難しい状況を考えれば、今後も4バックを採用する可能性は高い。

となれば待たれるのは、内田篤人の本格復帰だ。昨年12月のレッドブル・ザルツブルク戦(ELグループステージ6節)以降は公式戦の出場がないものの、現在はチーム練習に合流しており、いつベンチ入りしてもおかしくない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00023326-sdigestw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ