Sponsored Link

UAEで「髪形」に関する驚きのルール…奇抜なのはダメ、でもあの人は例外

1
サッカー選手にとって、ヘアスタイルは個性を表現する一つの手段だ。特徴的な髪形にすることで愛着が増したり、自身の存在をより印象付けることができる。

そんな髪形に関する少し変わったニュースを『FOX』が伝えていた。

記事によれば、UAEサッカー協会がこのほど新しいレギュレーションを発表したのだが、その内容は「倫理的に相応しくない髪形を禁止する」というもの。なんとも時代錯誤的なルールである…。

http://news.livedoor.com/article/detail/12678920/

37歳シャビ、ゴール量産中でキャリアハイに並ぶ!

1
カタールのアル・サッドでプレーしている元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス。

今年1月で37歳になった彼だが、好調を続けているようだ。先日のアル・ワクラフ戦では2ゴールの活躍を見せ、3-1の勝利に貢献している。

今季の彼はリーグ戦20試合で9ゴールを記録。リーグでの得点数では、キャリアハイだったバルセロナでの2011-12シーズンに並んだ形だ。自身初のシーズン二桁得点も十分にありえそう。ジェズアウド・フェレイラ監督も「シャビの動きと攻撃のなかで上がっていく能力がゴールにつながった」と讃えていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12673693/

あのテベスが…中国でお笑い芸人のような「イジり方」をされる

1
この冬、ボカから中国の上海申花に移籍した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス。

彼は2月5日が33歳の誕生日。ということで、チームメイトたちからお祝いをされたのだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/12639056/

「日本キラー」ケイヒル、試合に出てないのに一発退場!

1
Aリーグ第18節、メルボルン・ヴィクトリー対メルボルン・シティのダービーマッチが行われた。

試合は後半25分にオウンゴールでシティが先制。その後、後半39分にヴィクトリーが同点に追いつく。さらにその直後、今度はヴィクトリーが相手のオウンゴールで逆転!すると…。

http://news.livedoor.com/article/detail/12633676/

AFC、全北現代から今季のACL出場権剥奪を決定。4年前の審判買収が引き金に

1
アジアサッカー連盟(AFC)は18日、韓国の全北現代モータースから今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を剥奪すると発表した。

昨季のACLを制した全北現代だったが、2013年にスカウトが審判に金銭を渡して有利な判定を要求していたことが判明。首位を独走していたKリーグクラシックでも勝ち点9の没収処分を受け、1試合を残してFCソウルに並ばれると、最終節の直接対決に敗れてしまい2位に終わった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00010026-footballc-socc

小野伸二を豪州メディアが再評価…Aリーグ史に残る「傑出したアジア人選手」と称賛

1
オーストラリアサッカー連盟(FFA)は16日、公式サイトでAリーグの外国人枠を2018-19シーズンから現行の「3+1」から「4+1」に拡大する意向であることを明かした。これを受け、オーストラリアの地元メディアはAリーグのレベルアップ向上につながると歓喜の声を上げている。豪公共放送「SBS」は過去の成功例から元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)の名前を挙げ、「傑出していた」と絶賛している。

Aリーグは2015年まで外国籍選手は5人まで所属が許可されていたが、15年以降はアジア・チャンピオンズリーグと同様に外国籍選手3人と、アジア枠1人の「3+1」枠に削減されていた。FFAのデイビッド・ギャロップCEOはこれらを見直し、外国籍選手枠の拡大を宣言。18-19シーズンからは「4+1」へ拡大することになりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00010012-soccermzw-socc

親善試合に”11-0″で大勝。ベルギークラブ監督が中国のレベルに疑問

1
ベルギー1部リーグのヘントを率いるハイン・ヴァンハーゼブルック監督は、中国スーパーリーグのクラブに親善試合で"11-0"の大勝を収めたあと、移籍市場を騒がせる中国クラブのレベルに疑問を呈している。11日付のベルギーメディア『HLN』が伝えた。

ベルギー1部で現在7位のヘントは、現地時間10日に行われた親善試合で中国の延辺富徳と対戦。昨季の中国スーパーリーグを9位で終えたチームに対し、11-0のスコアで勝利を収めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12533737/

セビージャが『NEXTコシェルニ』を獲得、ユーヴェとの競争を制する

1
リーガ・エスパニョーラのセビージャは「ナンシーからフランスU-21代表DFクレモン・ラングレを獲得した」と公式発表した。

クレモン・ラングレは1995年生まれの21歳。ナンシーの下部組織で育成された左利きのセンターバックで、186cmという身長を持ちながらも万能性の高さとクレバーさで知られる。

http://news.livedoor.com/article/detail/12520560/

「世界最高年俸」テベスは本当に沖縄へ来るのか?

1
現在日本の沖縄県でキャンプを行っている上海申花。グスタボ・ポジェ監督を迎えたチームは、先日カルロス・テベスを獲得して大きな話題になった。

しかし、そのテベスは現在メキシコのリゾート地カンクンを訪れており、妻とともに休暇を過ごしている。その合流時期についてはまだ決まっておらず、いつ彼が上海申花の練習に入ってくるのかはまだ分からない。

上海申花は2月8日にAFCチャンピオンズリーグ予選を戦わなければならないため、それに出場できるようにテベスを調整したい構えであるのだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/12520668/

オスカル、新天地でのデビュー戦でいきなりゴール「中国の選手が助けになってくれた」

1
現地時間9日、今冬にチェルシー(イングランド)から上海上港(中国)に移籍したMFオスカル(25)が、新天地でのデビュー戦でさっそくゴールを決めた。英『BBC』が報じている。

推定6000万ポンド(約86億5000万円)という破格の移籍金で、中国へと旅立ったオスカル。ドーハで行なわれたアル・バティン(サウジアラビア)との親善試合で、後半途中から出場した同選手は、ゴールで自らのデビューに華を添えると、終盤には決勝点につながるFKを獲得。2対1の勝利に貢献した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000013-ism-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ