Sponsored Link

問題行動で大乱闘を招いたオスカル 8試合出場停止と65万円の罰金処分が決定

1
中国1部の上海上港でプレーするブラジル代表MFオスカルは、18日に行われた広州富力との一戦で相手選手に至近距離からボールをぶつけ、両軍入り乱れる大乱闘を結果的に招く形となった。

その問題行為に対して試合では警告が出なかったものの、中国サッカー協会から8試合の出場停止と罰金処分が下されたことが分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00010019-soccermzw-socc

中国の“爆買い”に歯止めか…外国人枠制限で多くの有名選手に影響が出る可能性も

1
中国サッカー協会(CFA)は20日、今夏の移籍市場において“爆買い”に関する新たな規定を設けたことを発表した。利益をあげていないサッカークラブに対し、新しく選手を獲得するのに2倍の金額を支払わなければならないという、過去に例を見ないほど厳しいルールが科されたことが明らかになった。

米経済誌『ブルームバーグ』によると、4500万元(約7億3000万円)以上を外国人選手に費やしているクラブ、もしくは国内選手に対し2000万元(約3億3000万円)を費やしているクラブは、全国サッカー育成基金に相当額を払わなければいけないという規定が設けられた。先月、CFAは規制を加えることを公表していたが、今回は罰則が数値化された形だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-01641077-gekisaka-socc

世界最高給のテベス、期待外れの成績で中国ファンの怒りが頂点に

1
サッカー元アルゼンチン代表のカルロス・テベスが、所属する上海申花でファンの怒りを買い、解任の危機にさらされているグスタボ・ポジェ監督とともに退団を求める声が高まっている。

世界最高の年俸3800万ユーロ(約47億円)で、アルゼンチン1部リーグのボカ・ジュニアーズから中国スーパーリーグ(1部)の上海申花に移籍したテベスだが、世界最高給の選手に対してファンはすでに我慢の限界に達している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000032-jij_afp-socc

中国リーグで両軍入り乱れて大乱闘勃発、ピッチ一時騒然! オスカルの暴挙が騒動の発端に

1
上海上港に所属するブラジル代表MFオスカルが、中国超級スーパーリーグの試合で大乱闘の発端となった。

オスカルが大暴れしたのは現地時間18日に行われた広州富力との一戦でのこと。前半アディショナルタイムに2人の相手選手に対して至近距離から強烈なインステップキックでボールを蹴って当てるまさかの行為に出た。これに激怒した広州富力の選手が後ろを向いたオスカルを押し倒すと、その後は両軍入り乱れての大乱闘が勃発。ピッチ上は一時騒然となった。

この騒動について、中国超級リーグが放映されているサッカーの母国イングランドの記者も驚いている。トットナムの特派員を務めるアラスディアー・ゴールド氏は自身のツイッターに乱闘シーンをアップ。「元チェルシーのプレーヤーであるオスカルは相手選手に向けてボールを蹴り込んだ……二度もだ」と驚きを隠さず表現した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010020-soccermzw-socc

テベス、中国サッカーは「50年かかっても欧州と渡り合えない」「意味もなく蹴ってダメージを与えてくる」

1

カルロス・テベスは中国のサッカーブームの恩恵を受けてはいるものの、その新たな国での基準は、自身の輝かしいキャリアで慣れ親しんだレベルにはほど遠いと考えている。

マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、ユベントスでプレーした経験を持つテベスは、今年1月に世界最高の年俸3800万ユーロ(約47億円)で中国スーパーリーグ(1部)の上海申花に加入した。

中国をサッカー強豪国にするという習近平国家主席の方針の下、サッカー界に大金が注がれてはいるものの、テベスは自らが目にしているサッカーの質に好印象は抱いていない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13120101/

「日本料理店がお気に入り」。オスカルはピッチ内外でのびのび

1

昨年末にオスカルの上海上港移籍が発表された当初、中国サッカー史上最高額(当時)だった契約金6000万ユーロ(約72億円)や年俸2400万ユーロ(約29億円)といった金銭面ばかりが話題となった。

もちろん、それも大きな要因ではあった。だが、彼にとって移籍の最大の動機はもっとシンプルで純粋なところにあった。

「チェルシーは僕に多くの機会と、他ではできない経験を与えてくれた。そして僕は、チェルシーにブラジル人の才能をもたらし、すべての試合で最善を尽くしていた。だけど、この移籍は家族や代理人、クラブと話し合った上でベストな決断だった。僕は選手。もっとプレーしたかったんだ」

――欧州のトップリーグで輝かしい実績を残した名優たちが、新たな挑戦の場として欧州以外の地域へと旅立つケースが増えている。しかし、そのチャレンジの様子はなかなか伝わってこない。そんな彼らの、新天地での近況にスポットライトを当てる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010000-fballista-socc

ラベッシがクラブのオフィシャル写真で釣り目…中国サポーターが人種差別だと非難

1

2月にパリ・サンジェルマンから中国スーパーリーグ(CSL)の河北華夏に加入したアルゼンチン代表のFWエセキエル・ラベッシが取ったポーズが人種差別的であると、非難が集中している。14日、『Goal』の取材により明らかになった。

「ポチョ」ことラベッシは今冬の移籍市場で話題となった「爆買い」で、2016年に河北華夏へ加入した。年俸は計2600万ポンド(約37億円)と推定されており、世界最高給選手だ。しかし、クラブによるオフィシャル写真の撮影において、ラベッシが取ったポーズが物議を醸している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00010000-goal-socc

テベスは「世界最高年俸」ではなかった? 1位の60億円を稼ぎ出す選手とは

1

上海申花に所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、昨年末の移籍決定以来言われてきたような「世界最高年俸のサッカー選手」ではなかったのかもしれない。「フットボール・リークス」により明らかになった情報を、12日付の英紙『ザ・サン』などが伝えている。

テベスは昨年12月にアルゼンチンのボカ・ジュニオルスから上海申花へ移籍することが決定。その年俸額はサッカー界最高額に達するとも言われていた。だが本人は1月の入団会見で、それを否定する発言もしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170513-00010014-footballc-socc

元インテルMFグアリン、中国で4戦連発!ドッカンFKでGKがポロリ

1
昨年から中国の上海申花でプレーしているコロンビア代表MFフレディ・グアリン。

今季は開幕7試合で4ゴールと好調だ。しかも、ここ4試合連続得点と爆発中!直近の広州恒大では、強烈なフリーキックからゴールをもぎとってみせた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13043873/

フッキ、中国で無慈悲ゴール!強烈な一撃にGKは対応しきれず

1
中国での2シーズン目を迎えた元ブラジル代表FWフッキ。

今季は開幕からすでに通算8ゴールをマークしている。直近の1部リーグ第8節貴州智誠戦でもすごいゴールを決めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13029811/
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ