Sponsored Link

内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定!「ワクワクしている」

no title
ドイツ2部のウニオン・ベルリンは21日、シャルケからDF内田篤人を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

契約は2018年6月30日までの1年間で、背番号は「2」に決まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631120-soccerk-socc

フランクフルト、K・P・ボアテング獲得を発表…長谷部&鎌田の同僚に

1
ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングがブンデスリーガへと戻ってきた。

30歳の攻撃的MFは、今週初めにラス・パルマスとの契約を「一身上の都合により」解消。そして、18日には、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトに2020年までの契約で加入した。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00629395-soccerk-socc

パウリーニョがバルサ入団発表会のリフティングで凡ミス…古巣「本人は真面目にやってるんだよ」

1
バルセロナ加入が発表されていたMFパウリーニョ(29)が17日、クラブ施設でのメディカルチェックを経て正式契約を結んだ。背番号は『15』に決定。パウリーニョは加入に際し、「僕にとって特別な瞬間だ。深く感謝している。この満足度はとても大きなものだ。僕が求めていた夢が現実になった。最大限の努力をするよ」とコメントした。

同日にはカンプ・ノウで入団発表会が行われ、バルセロナのユニフォームをまとったパウリーニョが登場。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-01643101-gekisaka-socc

バッカのビジャレアル移籍が決定! ミランはカリニッチ獲りへ

1
現地時間8月19日、ビジャレアルはミランからコロンビア代表FWのカルロス・バッカを獲得したことを発表した。

買い取りオプション付きの1年レンタルで、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によるとレンタル料が250万ユーロ(約3億2000万円)、買い取り額が1550万ユーロ(約19億8400万円)に設定されているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00028876-sdigestw-socc

バルセロナ、広州恒大からブラジル代表MFパウリーニョ獲得で合意…移籍金52億円

1
バルセロナは14日、ブラジル代表MFパウリーニョを獲得することで広州恒大と合意に達したとクラブ公式サイトで発表した。17日にメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ予定となっている。

移籍金は4000万ユーロ(約52億円)となり、契約解除金は1億2000万ユーロ(約155億円)に設定されている。スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ、ポルトガル代表DFネルソン・セメドに続いて3人目の補強となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00626664-soccerk-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00010010-sportes-socc

関根貴大、4年契約で独2部インゴルシュタットへ…新クラブは「ヨウコソ!」と歓迎

no title
インゴルシュタットは11日、浦和レッズからMF関根貴大を獲得したことを発表した。新クラブと2021年までの4年契約を結んだ22歳MFには背番号「22」が与えられている。

10日に現地入りした関根は、その翌日に予定されていたメディカルチェックを問題なくパスしたようだ。クラブは11日に同選手の入団を公式ウェブサイトを通じて正式に発表。「ヨウコソ!シャンツァー(インゴルシュタットの愛称)は関根貴大を獲得」と銘打ち、スポーツ・コミュニケーション部門のマネジャーを務めるハラルド・ゲルトナー氏は関根を次のように歓迎した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000035-goal-socc

長友佑都に強力ライバル! インテルがダウベルト獲得を発表

1
現地時間8月8日、インテルはニースからブラジル人DFのダウベルトを獲得したことを発表した。契約は2022年6月までの5年間で、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると移籍金は2000万ユーロ(約25億6000万円)+ボーナスだという。

現在23歳のダウベルトは、母国のフラメンゴやフルミネンセの下部組織に所属した後、2013年にポルトガル2部のアカデミカに移籍。ヴィトーリアを経て昨夏にニースに加入し、左SBの主力としてクラブ史上初のチャンピオンズ・リーグ出場権獲得に貢献した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00028640-sdigestw-socc

レスター、地元出身の20歳新星を獲得…U20ウェールズ代表のトーマス

1
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは8日、コヴェントリー・シティ(イングランド4部)のU-20ウェールズ代表FWジョージ・トーマスを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は3年間。

トーマスは1997年生まれの20歳で、地元レスター出身。前線と中盤でプレー可能なアタッカーだ。コヴェントリー・シティの下部組織出身で、2014年に16歳の若さでトップチームデビューを果たした。年代別のウェールズ代表にも名を連ね、U-17とU-19、そしてU-20でプレーしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00624157-soccerk-socc

スナイデル、仏1部ニースに加入が合意。バロテッリも再会を喜ぶ

1
フランス1部のニースは6日、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルの加入が個人合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

トルコのガラタサライを退団してフリーとなっているスナイデルを獲得するためにクラブ間合意は必要なく、個人合意のみで加入はほぼ確実となる。スナイデルはすでに6日にニースに到着しており、7日に予定されるメディカルチェックで問題がなければ正式にサインを交わす見通しだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170807-00225325-footballc-socc

独2部電撃移籍の関根、原口の後押しがあったことを明かす…将来的な浦和復帰にも含み

1
浦和レッズは6日、MF関根貴大のドイツ2部のインゴルシュタットへの電撃移籍を発表した。公式サイトでは同日のメディア対応の様子が一問一答形式で掲載されている。

関根はこのタイミングでの決断になったことについて、「悩みましたが、挑戦したいと一番に思いました」と素直な気持ちを告白。移籍にあたってOBの日本代表MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)に相談した話すと、「後押しをしてもらいました」と明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-01642593-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ