Sponsored Link

奥川雅也、1部のSVマッタースブルクへ移籍が決定

1
オーストリア2部のFCリーフェリンクは、「FW奥川雅也がSVマッタースブルクに移籍する」と公式発表した。

先日リーフェリンクと奥川の契約は2020年まで延長されていたが、今季はSVマッタースブルクへのローンという形で移籍することとなった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13244884/

堂安律はオランダで成功できるのか?現地記者が証言する熾烈な競争と飛躍へのカギ

1
ガンバ大阪のMF堂安律が23日、オランダのフローニンゲンへ期限付き移籍することが決定した。

ガンバ大阪ユース出身で現在19歳の堂安は、2015年6月3日にクラブ史上最年少となる16歳11カ月18日でJ1デビュー。今季はここまで9試合に出場して、3ゴールを記録していた。さらに、U-20ワールドカップでもイタリア戦でスーパーゴールを挙げるなど世界に「DOAN」の名前を知らしめている。

日本サッカー界にとって次世代のエースとして期待されるホープは初の海外挑戦で成功をつかむことができるのか? オランダで飛躍を遂げるために必要なこととは? 『Goal』では現地オランダで記者を務めるマーティン・スロット氏に話を聞いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000022-goal-socc

鳥栖MF鎌田がフランクフルト移籍、長谷部と同僚に

1
サガン鳥栖は23日、佐賀・鳥栖市内のクラブハウスで竹原稔社長(56)、マッシモ・フィッカデンティ監督(49)出席で会見を開き、MF鎌田大地(20)が、日本代表MF長谷部が所属するドイツ1部フランクフルトへ完全移籍すると発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01844738-nksports-socc

G大阪の堂安が海外挑戦…オランダのフローニンゲンへ来夏まで期限付き移籍

1
ガンバ大阪は23日、MF堂安律が7月1日から2018年の6月30日までフローニンゲン(オランダ)へ期限付き移籍することで合意したと発表した。

現在19歳の堂安はG大阪ユース出身で、2015年6月3日にクラブ史上最年少となる16歳11カ月18日でJ1デビューを果たした。2016年3月にはG大阪U-23の一員としてJ3リーグで初得点を記録。今季は2017年4月21日に行われた大宮アルディージャ戦でJ1初ゴールを含む2得点を挙げるなど、ここまで9試合出場3ゴールを記録していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603798-soccerk-socc

リヴァプール、ローマMFサラーの獲得を発表…移籍金はクラブ最高額

1
リヴァプールは22日、ローマからエジプト代表MFモハメド・サラーを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

クラブは「長期契約」と発表しているが、イギリスメディア『BBC』によると、5年契約を締結した模様。背番号は「11」で、同番号を着けていたブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは「9」に変更となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00603742-soccerk-socc

東京V、ビジャレアルBから30歳スペイン人FW獲得。昨季は20ゴール記録

1
J2の東京ヴェルディは22日、スペインのビジャレアルBに所属していたスペイン人FWカルロス・マルティネスを完全移籍で獲得したことを発表した。

カルロス・マルティネスは1986年6月27日生まれの30歳。これまでのキャリアはスペインの3部および4部リーグで過ごしてきた。東京Vの紹介する経歴によれば、2016/17シーズンにはビジャレアルBでスペイン3部を戦って38試合で20得点。過去4シーズン連続で3部での二桁ゴールを記録している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00218448-footballc-socc

“タイのメッシ”がやってきた!チャナティップに母国の番記者が密着

1
チャナティップが、母国タイと同様の熱気を運んできた。初の海外挑戦。「日本で成功をつかみたい」。その強い思いを後押しするかのように、取り巻く周囲も騒がしくなってきた。

この日、ともに来日したタイ報道陣の中の2人の記者は、チャナティップの契約期間の来年12月31日まで1年半もの間、札幌市内の短期賃貸マンションに在住し、札幌での日々をタイに続ける。

また、クラブも専属通訳の帯同を決めた。2013年のベトナム代表FWレ・コンビンら東南アジアからは過去3人が加入したが、通訳は不在だった。クラブ担当者は「今回は注目度が高く、取材依頼も多いので常時付けることにした」と説明。日本でもより多く露出させる環境を整える。

世界規模で情報発信もする。来日に合わせ、札幌のフェイスブックにタイ版を開設。同時にチャナティップ入団を機に「公式ホームページも多言語化させようとなった」と近日中に英語版も完成する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000152-sph-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01843776-nksports-socc

ユベントス、欧州王者への切り札獲得と電撃合意! ブラジル代表FWと4年契約、移籍金48億円

1
UEFAチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリードに1-4で苦杯を舐めさせられたユベントスは、捲土重来の補強に成功したようだ。バイエルンのブラジル代表FWドウグラス・コスタ獲得で合意に至ったと、フランス地元紙「レキップ」が報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170617-00010017-soccermzw-socc

マンUがリンデロフ獲得を正式発表!「才能あふれる若手」とモウリーニョも期待

1
マンチェスター・ユナイテッドは現地時間6月14日、ベンフィカに所属するスウェーデン代表DFのヴィクトル・リンデロフを獲得したことを正式発表。10日に両クラブが合意し、メディカルチェックなどを経て正式にサインした。2021年までの4年契約で1年延長のオプションが付く。イギリス・メディアの『BBC』によると移籍金は3100万ポンド(約43億4000万円)だという。

現在22歳のリンデロフは2010年に母国のヴェステロースでプロデビューし、2012年1月にベンフィカに移籍した。16-17シーズンは公式戦47試合に出場しベンフィカのポルトガル・リーグ4連覇に貢献。また昨年12月には、UEFA選定のチャンピオンズ・リーグでブレイクした選手によるベストイレブンに入るなど飛躍を遂げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00026843-sdigestw-socc

バイエルン、リヨン司令塔をブンデス史上最高の移籍金で獲得!気になるその値段は…

1
バイエルン・ミュンヘンは14日、リヨンからフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得を発表した。契約期間は2022年までとなっている。

フランス通信社『apf』によると、バイエルンはリヨンに移籍金4150万ユーロ(約50億円)を支払うようだ。この金額は2012年にバイエルンがハビ・マルティネス獲得の際に払った4000万ユーロ(当時:約39億円)を超えブンデスリーガ史上最高額を更新した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00216933-footballc-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ