Sponsored Link

シュトゥットの細貝萌、柏への移籍合意…7季ぶりJ復帰「全てを捧げたい」

1
柏レイソルは24日、シュトゥットガルトに所属するMF細貝萌について、移籍加入が合意に達したと発表した。

細貝は1986年生まれの30歳。2010年12月に浦和レッズからレヴァークーゼンへ移籍し、加入直後からアウクスブルクへ1年半のレンタル移籍を経験した。2013年夏に4年契約でヘルタ・ベルリンに移籍したが、昨シーズンはレンタル移籍で加入したブルサスポル(トルコ)でプレーして公式戦22試合に出場。ヘルタ・ベルリンに戻ってトレーニングを積んだ後、昨年7月25日にシュトゥットガルト加入が発表された。今シーズンは同クラブでブンデスリーガ2部10試合に出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566684-soccerk-socc

マンU、シュバインシュタイガーのシカゴ移籍合意を発表!メディカルチェックなどが済み次第正式契約へ

1
マンチェスター・ユナイテッドは21日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、MLSのシカゴ・ファイアーへ移籍することで合意に達したことをクラブの公式サイトで発表した。

米メデイアや英メディアなどが報じていたシュバインシュタイガーのMLS電撃参戦。同サイトによると、メディカルチェックとビザの取得が済み次第、正式契約を結ぶとのこと。そして、シカゴ側も迅速に移籍を確定させたい考えでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00010028-theworld-socc

マジメながらも自信を漂わせたコロンビア代表FWイバルボ…恩師率いる鳥栖で「勝ち取る挑戦を」

1
16日、サガン鳥栖は前日に発表したビクトル・イバルボの新加入記者会見をクラブハウスにて行った。

会見の冒頭でイバルボは「自分の実力を信頼してサガン鳥栖でプレーする機会を与えてくださった、ここにもいる竹原(稔)社長とマッシモ・フィッカデンティ監督に感謝をしています。それと同時にできることすべてやってチームに貢献できたらと考えています」とあいさつ。人間的なマジメさがにじみ出た言葉に、鳥栖らしい選手を獲得をしたと感じた。

「まず竹原社長が強く私の獲得を希望してくださったということと、フィッカデンティ監督のことをよく知っていましたので、監督の下でプレーするならどこの国というのは問題になりませんでした」

母国コロンビアのアトレチコ・ナシオナルを皮切りに、カリアリ(イタリア)、ローマ(イタリア)、パナシナイコス(ギリシャ)などでプレーしたコロンビア代表選手にとって、どこでプレーするかは問題ではなかった。所属するクラブの熱意と自身にとって初のヨーロッパクラブで指揮を執っていた監督の下でプレーすることが鳥栖に加入した大きな理由だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00563580-soccerk-socc

「Jリーグに来れてとても嬉しい」鳥栖がFWイバルボ獲得を発表

1
3月15日、J1のサガン鳥栖はコロンビア代表FWのヴィクトール・イバルボを、セリエAのカリアリから買い取りオプション付きの期限付き移籍で獲得したことを発表した。

鳥栖の公式サイト上の発表によれば、契約期間は2017年3月13日から2017年12月31日まで。ただし、複数のイタリア・メディアの報道によると、イバルボが一定条件を満たせば、買い取り義務が発生し、2020年までの契約にサインするという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00023471-sdigestw-socc

「エッシェンとチームメイトになった…」インドネシアの日本人選手が驚きの報告

1
インドネシア・スーパーリーグのプルシブ・バリクパパンは14日、元ガーナ代表のMFマイケル・エッシェン(34)の加入をクラブ公式サイトで発表した。プルシブには、かつてシャルケや愛媛などでプレーした日本人のFW松永祥兵(28)も在籍。同選手は自身のツイッター(@showhei10fms)で「え!いきなさエッシェンとチームメイトになった…serius???」(いきなさ=いきなりの間違い?)とエッシェンのユニフォーム姿の写真とともに報告している。

2005年に加入したチェルシーで多くの栄光を手にしたエッシェンは、2012-13シーズンのレアル・マドリーへのレンタルを経て、2014-15シーズンにミランへ移籍。2015年夏には2年契約でギリシャのパナシナイコスに加入したが、1年後の2016年夏に契約を解消した後はフリーとなっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-01637741-gekisaka-socc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00562750-soccerk-socc

鳥栖、コロンビア代表FWイバルボを獲得 メディカルチェック後に正式契約へ

1
鳥栖が、セリエAのカリアリから14年W杯ブラジル大会・コロンビア代表FWイバルボ(26)を獲得したことが10日、分かった。イタリアの複数の関係者によれば、既に仮契約を交わしており、メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ見通しという。

イバルボは母国コロンビアのアトレティコ・ナショナルでプロのキャリアをスタート。1メートル88センチと大柄ながら抜群の身体能力とスピード誇り、かつてパルマなどで活躍した同国元代表FWファウスティーノ・アスピリージャ(47)の再来と言われ、11年に20歳の若さでイタリア屈指のスカウト網を誇るウディネーゼとの争奪戦を制したイタリアの古豪カリアリに移籍した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000110-spnannex-socc

セレッソ大阪退団の田代有三、豪州2部へ移籍…鹿島などでプレーの34歳

1
オーストラリア2部相当のナショナル・プレミアリーグ・ニューサウスウェールズ州地区に所属するウーロンゴン・ウルブスは6日、元日本代表FW田代有三が加入することが決まったと発表した。

ウーロンゴン・ウルブスはクラブ公式フェイスブックにて、田代の加入を発表。同選手が2017シーズンのリーグ戦に出場すると伝え、国際Aマッチ3試合の出場経験を持っていること、Jリーグで約200試合出場の実績があることなどを紹介している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00559826-soccerk-socc

ポドルスキ、日本語で神戸移籍を報告「新しい挑戦をするための決断」

1
ヨーロッパの今季終了後にヴィッセル神戸へ移籍することが発表されたガラタサライのFWルーカス・ポドルスキが、ツイッターに日本語のメッセージを掲載した。

「日本と神戸のみなさん、こんにちは」という挨拶で始まり、「今季終了後、ヴィッセル神戸へ移籍することを決めました」と移籍を報告したポドルスキ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00010029-footballc-socc

神戸がポドルスキ獲得を発表! 三木谷氏は「世界的なストライカーが加わることを大変嬉しく思う」と喜び

1
ヴィッセル神戸は3月2日、トルコのガラタサライから元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキを完全移籍で獲得したと発表した。移籍金や加入の時期などの詳細は現時点で明らかにされていない。

ポドルスキはドイツ代表として通算129試合・48得点の成績を残し、ワールドカップには3大会連続(06年、10年、14年)出場。14年のブラジル大会では優勝を経験し、昨年のEURO後に代表から引退した。

クラブでは、ケルンやバイエルン・ミュンヘン(ともにドイツ)、アーセナル(イングランド)、インテル(イタリア)を渡り歩き、15年からガラタサライ(トルコ)に所属していたが、トルコ国内の情勢不安などが原因で海外移籍を希望してたとされている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170302-00023019-sdigestw-socc

大型補強のFC東京、昨季J1得点王のFWウタカが加入…豪華攻撃陣形成へ

1
清水エスパルスからサンフレッチェ広島へ期限付き移籍で加入していた元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカが、広島へ完全移籍で加入したうえで、今季はFC東京に期限付き移籍で加入することが決まった。3月1日に3クラブが発表した。

ウタカは1984年生まれの33歳。2003年にベルギー3部リーグのマースメヘレンでキャリアをスタートさせ、翌年には同1部リーグのKVCウェステルローに加入した。以降、ロイヤル・アントワープFCで2部リーグ得点王を獲得すると、デンマークのオーデンセBKで4シーズンプレーし、2年目には同リーグの得点王にも輝く。また、2009年にはナイジェリア代表として南アフリカ・ワールドカップ予選にも参加した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00556602-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ