Sponsored Link

安田理大が2季ぶりにJ復帰!新潟へ完全移籍で加入…昨季は韓国で21試合に出場

1
アルビレックス新潟は20日、韓国の釜山アイパークよりDF安田理大が完全移籍で加入することを発表した。安田は2016シーズン以来2年ぶりのJリーグ復帰となる。

現在30歳の安田は、ガンバ大阪の育成組織出身で、2006年にトップチームに昇格。翌年には、Jリーグヤマザキナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)の決勝でプロ入り後初ゴールとなる決勝点を挙げ、田中達也(現新潟)に次ぐ2人目となるニューヒーロー賞と大会最優秀選手賞のダブル受賞を達成した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000005-goal-socc

松井大輔、ポーランド2部から横浜FC移籍!カズと18年ぶり同僚に

1
J2横浜FCが新戦力としてポーランド2部オドラ・オポーレの元日本代表MF松井大輔(36)を獲得することが19日、分かった。

複数の関係者によれば既に条件面などで合意し、週明けにも正式発表の見込み。チームは現在、ベトナム合宿中だが、横浜市内で練習を再開する24日から合流予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000004-spnannex-socc

ドイツの超逸材ゴレツカ、「0円」でバイエルン移籍が決定。来季から正式加入

1
ドイツ・ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンは19日、シャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカの完全移籍加入を発表した。

まもなく23歳になるゴレツカは、バイエルンと2018年7月1日から2022年6月30日までの4年契約に合意した。すでにメディカルチェックも済ませて正式契約にサインしているが、チームへの合流は来季からとなる。

今季限りで満了を迎えるシャルケとの契約を全うしてからバイエルンに加入することになったゴレツカは、ドイツサッカーの将来を担うとされる逸材中の逸材。バルセロナやリバプールなど欧州中の強豪クラブが現行契約の満了が近づく22歳に関心を示している中、国内最強クラブへの移籍を選んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00252065-footballc-socc

鹿島、豊川雄太のベルギー移籍を発表…リーズは経由せず

1
鹿島アントラーズは19日、FW豊川雄太がベルギー1部のKASオイペンへ完全移籍することを発表した。

豊川のベルギー移籍は今月5日、オイペンからの発表で明らかになっていた。しかし、同クラブはその発表の中で、イングランド2部のリーズへ完全移籍したあとにレンタルで加入するとしていたがリーズからは発表がなく、混乱が生じていた様子だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00252013-footballc-socc

12年在籍したアーセナルに別れ…ウォルコットが約30億円でエバートンに移籍

1
エバートンは17日、アーセナルからFWセオ・ウォルコット(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月まで。背番号は『11』に決まった。また、英『BBC』によると、移籍金は2000万ポンド(約30億5000万円)とみられている。

サウサンプトン下部組織育ちのウォルコットは、2004年9月にトップチームデビュー。06年1月にアーセナルに移籍し、スピードとドリブルテクニックを武器に在籍12年で公式戦396試合で108ゴールを記録した。しかし、今季はプレミアリーグ6試合に出場も、先発出場はなく、出場機会が減少していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-01649605-gekisaka-socc

ドルトムント、守備ラインを補強…バーゼルからスイス代表DFアカンジを獲得

1
ボルシア・ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFのマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年までとなる。

決定的となっていたアカンジのドルトムント移籍が完了した。187 センチの長身を誇るセンターバックは、14日にドルトムントのメディカルチェックをパスして、契約を交わした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000029-goal-socc

サプライズ発表の名古屋GKランゲラック「すべてを出し切る」

1
名古屋グランパスは14日、2018シーズン体制発表会を実施した。この日サプライズで加入が発表されたオーストラリア代表GKランゲラックは繰り返し「ワクワクしています」と興奮を語った。

突然の発表だった。壇上のスクリーンにランゲラックのプロフィールが映し出され、小西工己社長が加入を発表。会場はこの日一番とも言える盛り上がりを見せた。その後に新加入選手として元ブラジル代表FWジョーとともに会場後方から姿を現し、集まったサポーターとハイタッチを交わしながら壇上に登った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00701872-soccerk-socc

バルサ、MFトゥランのレンタル移籍合意を発表…2季半で55試合に出場

1
バルセロナは13日、トルコ代表MFアルダ・トゥランのレンタル移籍に関してトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルと合意した。移籍期間は2020年までと発表されている。クラブの公式ホームページが掲載した。

バルセロナはトゥランの活躍に応じてボーナスを受け取ることも発表されている。一方で、バシャクシェヒルはレンタルでの獲得となったが、買い取りオプションも条件の中に組み込んだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00701588-soccerk-socc

主将で10番…横浜FM齋藤学、川崎Fへ完全移籍「恩を仇で返してしまうことに…」

1
川崎フロンターレは12日、横浜F・マリノスのMF齋藤学(27)を完全移籍で獲得したと発表した。同選手は川崎Fのホームタウンである神奈川県川崎市出身。待ちに待った初タイトルに沸くJリーグ王者が、地元生まれの元日本代表ドリブラーとともに連覇を目指す。

小学校時代から横浜FMのアカデミーで育った齋藤は2009年、トップチームに昇格。11年。愛媛への期限付き移籍を機に頭角を現し、J2リーグ戦で14得点を挙げた。12年から横浜FMへ復帰すると、ロンドン五輪の日本代表に選出。13年にはフル代表デビューも果たした。

昨季はMF中村俊輔(磐田)の移籍で空いた背番号10を背負い、チームのキャプテンに就任した。しかし、序盤からなかなかゴールを挙げられず、9月中旬のJ1第26節でようやく初得点。同23日に行われた第27節の甲府戦で右膝前十字靭帯を損傷し、全治8か月と診断されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-01649368-gekisaka-socc

マリノス斎藤学、川崎移籍へ 俊輔に続き「10番」流出

no title
サッカーの元日本代表でJ1横浜MのMF斎藤学(27)が、昨季J1を初制覇した川崎に完全移籍することが11日、決定的となった。近日中にも両クラブから正式発表される見通し。

横浜Mにとって、J1磐田に移籍したMF中村俊輔(39)に続き、2年連続で背番号10の主将が他クラブへと流出する異例の事態となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00023128-kana-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ