Sponsored Link

メッシが終了間際のPK弾含む2発…バルサ、格下相手にあわや引き分けの辛勝

1
リーガ・エスパニョーラ第23節が19日に行われ、バルセロナとレガネスが対戦した。

バルセロナは前節のアラベス戦で6-0の圧勝を収めたが、中2日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグではパリ・サンジェルマンに0-4で完敗した。次節アトレティコ・マドリード戦を前に調子を上げておきたい今節は、3連敗中で降格圏ギリギリの17位に沈むレガネスをホームに迎えた。ハビエル・マスチェラーノやアレイクス・ビダルは負傷欠場で、セルヒオ・ブスケツは出場停止。アンドレス・イニエスタやジェラール・ピケらもベンチスタートとなったが、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの“MSN”トリオは先発出場となった。

【スコア】
バルセロナ 2-1 レガネス
【得点者】
1-0 4分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-1 71分 ウナイ・ロペス(レガネス)
2-1 90分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00553819-soccerk-socc

C・ロナウド「髪の毛3600本ぐらい植えた?」久しぶりに再会した元同僚をイジる

1
レアル・マドリーvsエスパニョールの一戦で、エスパニョールの正GKとして、サンティアゴ・ベルナベウに帰還したディエゴ・ロペス。同選手が元同僚と旧交を温めているシーンについて現地紙『マルカ』が取り上げている。

D・ロペスはピッチに登場する前に、R・マドリーの元同僚と交流。クリスティアーノ・ロナウドはD・ロペスを見かけるとともに、頭上に視線を送ったあとに包容。「髪の毛が増えたね、3600本植えたんじゃないの?」とD・ロペスの薄毛をイジっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010001-goal-socc

アトレティコがヒホン破り3連勝…途中出場ガメイロのハットで接戦を快勝のスコアに変える

1
18日のリーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーは敵地モリノンでのスポルティング・ヒホン戦を4−1で制した。

昨季まで見せていたアグレシッブさを、ようやく取り戻した感のあるアトレティコ。この試合に勝利すれば、3位セビージャとの勝ち点差を暫定ながら1まで縮めることができる。ただこの一戦の舞台は、昨季勝ち点3を落としたモリノン。またスポルティングを指揮するルビ監督は、昨季レバンテを率いてアトレティコから勝ち点3をもぎ取っている人物である。

合計で勝ち点6を落としているコンビを相手取った試合だが、フアンフラン、ゴディン、オブラク、チアゴを負傷で欠くシメオネ監督は、GKモジャ、DFヴルサリコ、サビッチ、ルーカス、フィリペ、MFアンヘル・コレア、ガビ、コケ、カラスコ、FWグリエズマン、フェルナンド・トーレスをスタメンとして起用。普段の4−4−2システムを採用している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000024-goal-socc

乾は出場なし…ここ3戦11発のエイバルは沈黙、セビージャに完封負けで4戦ぶり黒星

1
[2.18 リーガ・エスパニョーラ第23節 セビージャ2-0エイバル]

リーガ・エスパニョーラ第23節2日目が18日に開催され、MF乾貴士が所属する3連勝中のエイバルがセビージャのホームに乗り込み、0-2の完封負けを喫した。2試合ぶりにベンチスタートとなった乾に出場機会は訪れなかった。

【スコア】
セビージャ 2-0 エイバル
【得点者】
1-0 30分 パブロ・サラビア(セビージャ)
2-0 91分 ビトロ(セビージャ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-01637047-gekisaka-socc

ベイル、復帰初戦でゴール…先発起用のモラタも得点 レアルが完封で3連勝

1
リーガ・エスパニョーラ第23節が18日に行われ、レアル・マドリードとエスパニョールが対戦した。

ミッドウィークに開催されたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのナポリ戦に勝利したレアル・マドリード。中2日で迎えたエスパニョール戦では、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやフランス人FWカリム・ベンゼマら主力数名が欠場した中、ケガで戦列を離れていたウェールズ代表FWギャレス・ベイルがベンチ入り。スタメンにはスペイン代表FWアルバロ・モラタやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらが起用された。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 エスパニョール
【得点者】
1-0 33分 アルバロ・モラタ(レアル・マドリード)
2-0 83分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553480-soccerk-socc

降格圏のグラナダがリーガ新記録…スタメンに異なる11カ国の選手を起用

1
17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節で、グラナダが新記録をマークした。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

降格圏の19位に沈むグラナダは、ホームに13位ベティスを迎えた。1部残留に向けて勝ち点を積み上げたい同クラブは、メキシコ代表GKギジェルモ・オチョアを起用し、ディフェンスラインはスペイン、ウルグアイ、フランス、アイスランド、カメルーン人で形成。中盤はナイジェリア人、ガーナ人、モロッコ人のアフリカ勢とブラジル人で構成した。前線には今冬加入したコロンビア代表FWアドリアン・ラモスを起用。これで、スタメンの11名が全て異なる国籍という事態となった。同紙によると、リーガ・エスパニョーラ史上初の出来事であるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00553360-soccerk-socc

乾貴士「もう失望しかない。枠にも入らない」…エイバルはグラナダを圧倒して3連勝

1
<スペインリーグ:エイバル4-0グラナダ>◇13日◇エイバル

エイバルMF乾貴士(28)が、9月20日のマラガ戦以来のフル出場を果たした。

前節バレンシア戦は不出場に終わった乾は、左サイドを主戦場としてプレー。前半7分の超ロングシュートに始まり、後半開始直後のシュート連発などゴールへの強い意思を見せたが、その気持ちとは裏腹にこの試合もゴールを生み出すことが出来なかった。

【スコア】 エイバル 4-0 グラナダ
【得点者】
1-0 11分 アドリアン・ゴンサレス(PK)(エイバル)
2-0 39分 セルジ・エンリク(エイバル)
3-0 52分 イバン・ラミス(エイバル)
4-0 62分 ペドロ・レオン(エイバル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-01778790-nksports-socc

トーレスの華麗な“背面シュート”に絶賛の嵐!「キャリア最高」

1
アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、本拠地ビセンテ・カルデロンで行われたリーガ・エスパニョーラ第22節のセルタ戦で観客の度肝を抜くスーパーゴールを決めた。スペイン地元紙も「キャリア最高のゴール?」「アンビリーバブル」などと絶賛している。

【スコア】
アトレチコ・マドリード 3-2 セルタ・デ・ビーゴ
【得点者】
0-1 6分 グスタボ・カブラル(セルタ・デ・ビーゴ)
1-1 11分 フェルナンド・トーレス(アトレチコ・マドリード)
1-2 78分 ヨン・グイデッティ(セルタ・デ・ビーゴ)
2-2 86分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレチコ・マドリード)
3-2 88分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00010002-soccermzw-socc

ベンゼマの残留で“2番手の男“が欲求不満に?…スペイン紙「彼らにとって良いニュースではない」

1
今季は低調なパフォーマンスにサポーターから批判も飛んでいるが、レアル・マドリードFWカリム・ベンゼマが契約延長に近づいている。スペイン『as』は最大で2022年まで延長する可能性があることを報じており、BBCの一角を務める男はまだまだ最前線に君臨することになりそうだ。

同メディアは「これでベンゼマの移籍に関する話題は終わるだろう」と伝えているが、同時に現在ベンゼマのバックアッパーを務めるアルバロ・モラタ、さらにはマリアーノといった選手たちにとっては良いニュースではないとも伝えている。24歳のモラタとしてはそろそろスタメンを確保したいところだが、ベンゼマが残るのであればポジションを完全に奪い取るのは難しい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00010037-theworld-socc

ビルバオFWアドゥリス、36歳の誕生日を自らのゴールで祝う…デポル戦の決勝点記録

1
11日に36歳の誕生日を迎えたアスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスだが、それを自らのゴールで祝っている。

同日に行われたリーガエスパニョーラ第22節、サン・マメスでのアスレティック対デポルティボ。アスレティックは41分にMFエムレ・チョラクの先制点を許す厳しい展開を強いられたが、後半から反撃を開始する。まず71分、アドゥリスの打点の高いヘディングシュートをGKプシェミスワフ・ティトンが弾き、そのこぼれ球をMFイケル・ムニアインが押し込み同点に追いつくと、89分にはマルケス・スサエタのスルーパスからアドゥリス自身がゴールを決めて逆転した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000027-goal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ