Sponsored Link

「フロンターレらしい優勝」引退の中村憲剛が喜び…若手の成長も実感「僕は心置きなく先に」

1
川崎フロンターレに所属するMF中村憲剛が、25日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節ガンバ大阪戦後のフラッシュインタビューに応じた。

川崎Fは終始G大阪を圧倒し、家長昭博のハットトリックなど5得点を奪って完封勝利。すでに今季限りでの現役引退を表明している中村は、86分に大島僚太との交代で途中出場を果たし、ピッチ上で2年ぶり3度目の優勝を味わった。川崎Fにとっては、初の自力優勝。4試合を残しての優勝決定は歴代最速となり、また今季の勝ち点が「75」に到達したことで、歴代最多の勝ち点記録も更新した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c63aa08b578c58db024c6e1e9c7cfd3107ba0596
このエントリーをはてなブックマークに追加

どん底でもイニエスタがACLへ決意表明「トロフィーを神戸に持ち帰る」

1
◇明治安田生命J1第31節 神戸0―1浦和(2020年11月18日 ノエスタ)

どん底のチーム状態でACLの舞台カタールへと旅立つことになり、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)がサポーターに謝罪した。ホーム最終戦となった浦和戦に0―1で敗れ、今季初の5連敗。試合後のセレモニーでマイクの前に立った主将は、神妙な面持ちで語り始めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad110424376dd00fe513e962317d0fad036881c2
このエントリーをはてなブックマークに追加

昇格「2」、降格「4」決定についてJリーグ原博実副理事長、優先したのは「最終節の日程」

1
リーグは17日、理事会後の記者会見を実施。決定事項についての報告を行った。

今回の理事会では、様々なことが決議された中、最も話題を集めたのが2021シーズン終了後の昇降格のクラブ数についてだった。

Jリーグの原博実副理事長は「これまでフットボール検討部会、実行委員会、契約担当者会議で議論してきた」とし、「今シーズンは降格なしに決めたが、その時にこの昇降格を決めたかったというのはある」とシーズン前に決めたかったものの、当時は難しかったとした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8aa0a5f3f823c26cd0e2e273a6b864d5d8617cc
このエントリーをはてなブックマークに追加

J1神戸・山口蛍が問題点指摘「一体感を持たないと」ホーム最終戦へ「結果で示す」

1
4連敗中のJ1神戸は17日、ホーム最終戦となる次節浦和戦(18日、ノエスタ)に向けて神戸市内で非公開の最終調整を行い、オンラインでの取材に応じたMF山口蛍(30)はチームが抱える問題点を指摘しつつ、再浮上への思いを語った。

山口は16日に自身のSNSに「どうして結果がでないのか、勝てないのか、その答えは難しいようで簡単な事だと僕は思います」などと投稿していた。チーム状態について「雰囲気自体は悪くない」としながらも、「味方を助ける動き、攻守両面のサポートが足りない。一人一人がバラバラなことをしてしまっていると感じる」と課題を指摘。「人から言われて改善しても続かない。自分で気付いて、チームのためにどうするのが一番良いのかというのを各々が再確認しないといけない。一体感持ってやるというのが今、欠けている」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fdedafc4297784f2512277fcbd58f4ecbcb046c
このエントリーをはてなブックマークに追加

試合中止のJ1柏、ネルシーニョ監督も新型コロナ陽性 ルヴァン杯決勝指揮とれず

1
選手1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表したJ1柏が3日、オンライン形式で取材応対した。2日の時点で発表したスタッフ2人の発熱者のうち、1人がネルシーニョ監督であることを発表し、PCR検査の結果、陽性判定を受けたと発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/986fd0661fbfa61c42a56c4fc6bc47cf61fba1e7
このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島ザーゴ監督が日本の文化を「惑星一の国」と称賛

1
鹿島アントラーズのザーゴ監督(51)が30日、オンライン取材に応じ、新型コロナウイルス流行下でも各国と比べて平常時に近い生活ができている日本を「惑星一の国」と表現した。

J1リーグは31日に、第25節の7試合を実施予定。これらが行われると、「全試合数の75%を開催」という今季のリーグ戦成立規定を満たす。リーグ戦が成立すると各種賞金が支払われるほか、最優秀選手賞などの個人表彰が行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/367a0430975d12e57112554b3d55367075aa0d92
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸イニエスタ、「素晴らしいチームワーク!!!」と今季初3連勝に歓喜 バルサ盟友も反応

1
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、9月30日に行われたJ1リーグ第29節・名古屋グランパス戦で決勝ゴールを決めて1-0の勝利に貢献。今季初の3連勝となり、暫定10位に浮上している。これを受けてイニエスタは自身の公式インスタグラムを更新。「素晴らしいチームワーク!!!」と綴って勝利を喜ぶと、バルセロナ時代の元同僚も反応している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6b8cc1a23476290b7f8193b3870906bb6aa47b9
このエントリーをはてなブックマークに追加

「タイ人は日本にすごく興味がある」ティーラトンらがJ公式の特集で熱い思いを告白!さらに日本人選手が流暢なタイ語披露も

1
9月26日、日本とタイの国交が始まり133年目を迎えた。それにちなみ、Jリーグ公式ツイッターではタイ人選手が日本について語った特別インタビューを公開している。

今回の映像では、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ(冒頭の挨拶部分のみ)とGKカウィン、清水エスパルスのFWティーラシン・デーンダー、横浜F・マリノスのDFティーラトンの計4選手が登場している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/37d339a1c861e402ff436dd2176d94461bc750ca
このエントリーをはてなブックマークに追加

イニエスタが1得点2アシスト 監督退任の神戸が8戦ぶり勝利、計7得点の撃ち合い制す

1
トルステン・フィンク監督が電撃退任したヴィッセル神戸は、23日のJ1第18節サガン鳥栖戦で4-3と撃ち合いを制した。8月23日の第12節・浦和レッズ戦以来、8試合ぶりの白星を手にしている。

神戸は21日にフィンク監督の退任とコーチ3人の契約解除を発表。鳥栖戦ではマルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮を執ったなか、前半9分に先制ゴールを奪う。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが鋭いドリブルからエリア内に持ち込み、飛び込んだFWドウグラスがこぼれ球を拾ってバックパス。MF山口蛍が左ポストに直撃する正確な一撃を叩き込み、2試合連続ゴールで幸先良くリードした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d8eb8414c0651bd3dd0089622a0e786c6337dba
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ海外助っ人FWが誓う「恩返し」 サポーターに感謝「私の心は日本にある」

1
セレッソ大阪に所属するブラジル人FWブルーノ・メンデスは、サポーターに対して心からの感謝を示し、「私の心はここ日本、そしてセレッソにある」と語っている。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が伝えた。

B・メンデスは母国グアラニでプロ選手としての第一歩を踏み出し、ポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスなどを経て、2019年にC大阪へ加入。Jリーグ1年目はリーグ戦24試合6ゴールの結果を残したなか、今季は18試合を終えて11試合に出場し、チーム最多5ゴールをマークしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f4e54139b8f2ada6d1d1ade06ea0559a31458f7
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ