Sponsored Link

首位C大阪が浦和を4発粉砕!杉本健勇は2ゴールで今季10得点目に

1
2017明治安田生命J1リーグ第22節が22日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。

8月15日に開催される「スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA」に浦和が出場する関係で、他カードに先立って行われたこの試合。C大阪は山村和也や柿谷曜一朗、杉本健勇らが先発メンバーに名を連ねた。対する浦和は遠藤航が出場停止から復帰。前線にはズラタン、ラファエル・シルバ、興梠慎三が入っている。

【スコア】
セレッソ大阪 4-2 浦和レッズ
【得点者】
1-0 6分 杉本健勇(セレッソ大阪)
2-0 8分 杉本健勇(セレッソ大阪)
2-1 18分 ズラタン(浦和レッズ)
3-1 27分 山口蛍(セレッソ大阪)
4-1 35分 丸橋祐介(セレッソ大阪)
4-2 46+1分 ラファエル・シルバ(浦和レッズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00616307-soccerk-socc

神戸のポドルスキが来日初アシスト!左足のスルーパスで渡邉のゴールを演出

1
ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキが22日、プレシーズンマッチのベガルタ仙台戦で加入後初の実戦に挑み、前半34分に初アシストをマークした。

敵地ユアテックススタジアム仙台で行われた一戦に、ポドルスキはFW渡邉千真との2トップで先発出場。チームは前半6分に渡邉のゴールで幸先良く先制すると、1-0で迎えた前半34分に瞬間を迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170722-00010016-soccermzw-socc

クラブ規模ランキングは浦和が66億円でトップ、J全体では1000億円の大台突破目前

1
Jリーグは20日、16年度のクラブ経営情報を開示した。5月にも50クラブの情報を開示していたが、3月決算の3クラブを加えた全53クラブの情報が発表になった。

クラブ規模を示す営業収入(売上高)の53クラブの合計値は、6年連続増加となり、約994億円を計上した。15年度と比較して約57億円増加。17年度は初の1000億円の大台を超えることが期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641949-gekisaka-socc

ミシャ監督、進退発言から一転…自身を名将に重ね「ベンゲルは21年、私は10年戦いたい」

1
異例の“進退マッチ”となった。6日の第13節川崎F戦(1-4)後、ペトロヴィッチ監督は浦和レッズサポーターの前で、新潟戦で自身の進退を懸けることを明言。最下位新潟を相手に苦しみながらも2ー1で逆転勝利し、“ミッション”をクリア。試合後、監督会見に姿を見せた指揮官は「勝利しなければいけないという我々の目的は達成されたと思う」と静かに話した。

サポーターから抗議を受けた自分自身を名将に重ねた。「ベンゲルは21年アーセナルで戦っている」と自ら切り出し、「私は少なくとも10年戦いたいという強い気持ちを持っている」と表明した。アーセン・ベンゲル氏は1996年にアーセナルの監督に就任後、16-17シーズンで初めてトップ4入りを逃し、解任論が加速。サポーターは容赦なくベンゲルに「NO」を突きつけていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01641596-gekisaka-socc

阿部が叫んだ!! 浦和、意地の逆転勝利!! ミシャ進退言及後の一戦で勝ち点3獲得

2
[7.9 J1第18節 浦和2-1新潟 埼玉]

J1リーグは9日に第18節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとアルビレックス新潟が対戦。前半35分にMF小泉慶のゴールで新潟が先制したが、後半29分にMF阿部勇樹のゴールで同点に追い付くと、同34分にFWラファエル・シルバが決勝ゴールを奪い、浦和が2-1の逆転勝利を収めた。

6日の第13節川崎F戦(●1-4)後、ペトロヴィッチ監督が自身の進退について言及した浦和は、川崎F戦から先発2人を入れ替えてMF武藤雄樹、DF那須大亮らを先発起用。一方、クラブワースト5連敗中のアウェー新潟は1日の磐田戦(●0-2)から先発1人を入れ替え、FW鈴木武蔵らがスターティングメンバーに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01641587-gekisaka-socc

進退問われる浦和ミシャ監督ピリピリイライラ…「メディアの方は話し合いを笑って見ていた」

1
浦和レッズは9日にホームでアルビレックス新潟と対戦する。公式サイトによると、ペトロヴィッチ監督の前日会見はピリピリムードの中で行われたようだ。

5日に行った川崎F戦は1-4で大敗。優勝争いが期待される中で、前半戦を8位で折り返す不甲斐ない戦いぶりに試合後にはサポーターがバスを止めて抗議。ペトロヴィッチ監督がサポーターと話し合いを行うなど、異例の事態となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-01641560-gekisaka-socc

川崎が鮮やかな逆転劇で3位浮上!車屋が2アシスト、主将・小林が決勝点

1
2017明治安田生命J1リーグ第18節が8日に行われ、サガン鳥栖と川崎フロンターレが対戦した。

鳥栖は前節からメンバーを1名変更。富山貴光が3試合ぶりにスタメンに名を連ねた。中2日で敵地での一戦に臨む川崎は中村憲剛と登里享平に代わり、三好康児と家長昭博が起用された。

【スコア】
サガン鳥栖 2-3 川崎フロンターレ
【得点者】
1-0 39分 原川力(鳥栖)
2-0 42分 趙東建(鳥栖)
2-1 56分 谷口彰悟(川崎)
2-2 59分 エウシーニョ(川崎)
2-3 62分 小林悠(川崎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00610172-soccerk-socc

鹿島、ドローで首位陥落…FC東京は橋本2ゴールも鹿島相手に“ダブル”ならず

1
2017明治安田生命J1リーグ第18節が7月8日に行われ、FC東京と鹿島アントラーズが対戦した。

3連敗中のFC東京は太田宏介、ピーター・ウタカ、永井謙佑らが先発に。対する首位鹿島は昌子源、レオ・シルバ、遠藤康らがスタメンに入った。

【スコア】
FC東京 2-2 鹿島アントラーズ
【得点者】
0-1 16分 ペドロ・ジュニオール(鹿島アントラーズ) 
1-1 44分 橋本拳人(FC東京)
2-1 47分 橋本拳人(FC東京)
2-2 76分 ペドロ・ジュニオール(鹿島アントラーズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00610195-soccerk-socc

連敗を抜け出したのは神戸…ポドルスキ御前試合で3発快勝、仙台を下す

1
2017明治安田生命J1リーグ第18節が8日に行われ、ヴィッセル神戸とベガルタ仙台が対戦した。

3連敗中の神戸はメンバーを大幅にテコ入れ。最終ラインにはケガ明けの岩波拓也、2トップは渡邉千真と大槻周平という組み合わせとなった。一方の仙台は永戸勝也が全治6カ月の負傷で離脱。蜂須賀孝治が3試合ぶりにスタメンで起用された。

【スコア】
ヴィッセル神戸 3-0 ベガルタ仙台
【得点者】
1-0 29分 三原雅俊(神戸)
2-0 31分 渡邉千真(神戸)
3-0 65分 ニウトン(神戸)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00610170-soccerk-socc

広島、A・ロペスのロスタイム弾で土壇場ドロー…横浜FMの連勝は5でストップ

1
2017明治安田生命J1リーグ第18節が8日に行われ、横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島が対戦した。

5連勝中の横浜FMはマルティノスに代わり、ダビド・バブンスキーが7試合ぶりにスタメンに名を連ねた。横内昭展ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る広島は前節から2名を変更。高橋壮也とアンデルソン・ロペスが起用された。

【スコア】 横浜F・マリノス 1-1 サンフレッチェ広島
【得点者】
1-0 81分 前田直輝(横浜FM)
1-1 90分 アンデルソン・ロペス(広島)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00610158-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ