Sponsored Link

吉田麻也 新主将が試合後に語った手応えと覚悟

1
サッカー日本代表の主将を務めたDF吉田麻也(30)=サウサンプトン=がウルグアイ戦の激闘から一夜明けた17日、羽田空港発の航空機で渡欧した。

新主将として初の代表戦を終えた。この日空港では多くを語らなかったが、就任初戦を終えた前夜は主将としての思いと4年後に向けての覚悟を口にしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000075-dal-socc

森保監督、主将に吉田麻也を任命!「代表でもトップクラスの経験の持ち主」

1
日本代表の森保一監督が11日、翌日に控えたパナマ代表戦に向けた前日会見に出席。キャプテンに吉田麻也を任命したことを明かした。

9月シリーズは、サンフレッチェ広島時代に指導した青山敏弘を主将に任命していたが、今回はロシアW杯以来の代表選出となった吉田麻也を抜擢。吉田について指揮官は「彼はご存知のとおり、日本代表の中でトップクラスの経験の持ち主。世界でもトップリーグで戦っている」とし、「自分自身が向上心を持ってピッチ内で全力を尽くすこと、チームの中でチームを機能させる中で周りとのコミュニケーションを取りながらやっているというのを見て、決めました」と任命の理由を説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010001-goal-socc

吉田麻也が“名古屋同窓会ショット”公開 「絶賛時差ボケからの朝一投稿」に長友も反応

1
森保一監督率いる日本代表は、8日から新潟合宿をスタートさせ、12日にキリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)に臨む。新体制初招集となったDF吉田麻也(サウサンプトン)がインスタグラムを更新。かつて所属した名古屋グランパスにゆかりのあるレジェンドとの写真を公開し、「豪華ーーーー」と話題を呼んでいる。

イングランド1部サウサンプトンで今季7年目を迎えた吉田だが、そのプロキャリアは名古屋でスタートさせた。下部組織から昇格し、2007年から09年までトップチームでプレー。今回がロシア・ワールドカップ(W杯)後初招集となった吉田だが、名古屋にゆかりのあるレジェンドとの邂逅があったようで、11日に自身の公式インスタグラムに一枚の写真をアップした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00140525-soccermzw-socc

苦しい2カ月を過ごした吉田麻也が意気込み「なぜ代表にいるのかを証明する」

1
日本代表は9日、キリンチャレンジカップのパナマ代表戦に向け、新潟市内で合宿2日目のトレーニングを行った。

この日から合流したDF吉田麻也(サウサンプトン)は、「コーチングスタッフがだいぶ変わって、練習内容も変わりました。若い選手が多く、僕自身は対戦経験のない選手もいるので、なるべく早く特長をつかみたいです。あと、練習を意外と(ハードに)やるなと思って(笑)」と初日の感想を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00845125-soccerk-socc

チェルシー、サウサンプトンに完勝でリーグ3戦ぶり白星。今季プレミア初スタメンの吉田麻也はフル出場

1
プレミアリーグ第8節のサウサンプトン対チェルシーが7日にセント・メリーズ・スタジアムで開催された。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はフル出場した。

ここまで1勝2分け4敗で16位に位置するサウサンプトンと、5勝2分けと好調を維持する4位のチェルシーが対戦。サウサンプトンは、先発の吉田麻也が今季プレミアリーグ初出場。吉田は3バックの中央に入った。

対するチェルシーは、木曜日に行われたヨーロッパリーグのヴィデオトン戦からGKケパとウィリアン以外の9選手を変更。アザール、カンテ、ジョルジーニョらレギュラー組がスタメンに戻った。

■試合結果
サウサンプトン 0-3 チェルシー
■得点者
サウサンプトン:なし
チェルシー:アザール(30分) 、バークリー(57分)、モラタ(90+3分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00010000-goal-socc

英リーグ杯、サウサンプトンがPKで勝ち抜け…キャプテン吉田麻也フル出場

1
サッカーのイングランド・リーグカップは2日、3回戦の1試合を行い、吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でエバートンと対戦し、1─1で迎えたPK戦を制して勝ち上がった。

キャプテンを務めた吉田はフル出場。サウサンプトンは前半終了間際にダニー・イングスが先制点を決めたものの、後半終盤にテオ・ウォルコットに同点ゴールを許した。PK戦では4─3で勝利した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000030-reut-spo

吉田麻也、7戦連続出番なしでも笑顔の真意。クラブと日本代表、同時に追いかける2つの目標

1
サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は、不振にあえぐチームの中で出場機会を与えられずにいる。そんな状況でも余裕すら感じさせるのはなぜだろうか。定位置を取り返すこと、そして日本代表として再びアジアの頂点に立つこと、その2つを同時に追いかけていく。

直近のリーグ戦、ウォルバーハンプトン戦でも、吉田麻也には出場機会が回ってこなかった。プレミアリーグでは、開幕から7戦連続で出番がない。

試合終了後、吉田は、同じく出番のなかった同僚のジェームズ・ウォード=プラウスと2人でウォームダウンをするように指示され、シャトルランを何度も行っていた。

走り終えた吉田は、汗をにじませながらピッチサイドに歩いてきた。こちらの存在に気づき、「中に入る前に話しちゃいましょう」と、ロッカールームに戻る前に足を止めてくれた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010001-footballc-socc

サウサンプトンファンは吉田麻也の出場を熱望…「なぜキャプテンよりフートなんだ?」

1
サウサンプトンサポーターは、日本代表DF吉田麻也の出場を熱望しているようだ。英『ザ・サン』が伝えた。

プレミアリーグ第6節で、リヴァプールと対戦したサウサンプトン。しかし、10分にDFウェズレイ・フートのオウンゴールで失点すると、その後も圧倒されて前半だけでさらに2失点。反撃することもできず、強豪相手に0-3と完敗を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000006-goal-socc

吉田麻也、開幕からいまだリーグ戦出番なし…サウサンプトンは2点リード守りきれず

1
サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、いまだリーグ戦で出場機会を得られず苦しんでいる。

サウサンプトンは17日、プレミアリーグ第5節でブライトンと対戦。吉田は2試合連続のベンチスタートとなった。試合はサウサンプトンが2点リードで進めるも、67分に1点を返されると、アディショナルタイムに同点弾を叩き込まれ、2-2のドローに終わっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000030-goal-socc

サウサンプトンが後半2発で今季プレミア初勝利!吉田はベンチ入りも出番なし

2
[9.1 プレミアリーグ第4節 クリスタル・パレス0-2サウサンプトン]

プレミアリーグは1日、第4節を各地で行った。DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でクリスタル・パレスと対戦し、2-0で勝利した。

吉田は、28日に行われたカラバオ杯2回戦、ブライトン戦で今季公式戦初スタメン。フル出場を果たし、1-0の勝利に大きく貢献した。しかし、中3日で迎えたこの試合はベンチスタート。最後まで出番はなく、今季プレミア初出場はお預けとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01748568-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ