Sponsored Link

日本代表、次なる「新しい景色」は2連勝。吉田麻也「新たに道を切り開いている実感を」

1
サッカー日本代表は27日、カタールワールドカップのグループステージ第2節でコスタリカ代表と対戦する。

「新しい景色を」という合言葉のもと、初のベスト8進出を目指している日本代表はグループステージ第1戦でドイツ代表に2-1の逆転勝利を収めた。世界的強豪相手の歴史的な初勝利は、ある意味で「新しい景色」と言えよう。

ただ、喜んでばかりはいられない。決勝トーナメント進出を確定させるための戦いは続くため、キャプテンのDF吉田麻也は「ここで浮足立たずにしっかりといい準備をして、プラン通りにコスタリカ代表戦で勝ち点を取ることに集中しなければいけない」と気を引き締めていた。

グループステージ初戦からの2連勝も、また別の意味で「新しい景色」になる。

これまで日本代表はワールドカップのグループステージ初戦と第2戦で連勝を飾ったことがない。そもそも初戦に勝利したのは、史上3度目の快挙である。

過去の2回は初戦の勝ち点3を生かし切ることができなかった。2010年の南アフリカ大会ではカメルーン代表との初戦に勝利したが、第2戦のオランダ代表戦は敗れた。2018年のロシア大会では初戦でコロンビア代表を破ったものの、第2戦のセネガル代表戦に引き分けてしまった。

もしコスタリカ代表を退けて2連勝を飾ることができれば、同じ日に他会場で行われるスペイン代表対ドイツ代表の結果しだいで決勝トーナメント進出が決まる可能性がある。

ロシアワールドカップを経験している吉田は4ポイントでは、やっぱり安心できないなというのがあるんですよね。だからやっぱり(初戦からの連勝で)6ポイント取れれば」と語る。もし27日のコスタリカ代表戦に勝利すれば、日本代表は新たな扉を開くことになるだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86030bd1a8db63664537cac7134e5cf95236ea16
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ撃破の舞台裏、吉田麻也が試合前に飛ばした猛檄が話題「俺らに負けるなんて…」

1
サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、日本がグループリーグ第2戦でコスタリカと対戦する。ドイツとの初戦では2-1の逆転勝ちを収めて驚かせたが、試合前のロッカールームでDF吉田麻也がイレブンに語っていた熱い檄の音声を日本代表公式SNSが公開。「勝つべくして勝つた。そう思える映像」「グッとくる」などとファンの感動を誘っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de496fe2735405dd8b26434ab6ccf34b4ec01a11
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也「監督、確認しましょう」“W杯初キャプテン”が決戦2カ月前に提案していた“システムの変更”

1
日本代表主将・吉田麻也としてW杯初陣のドイツ戦は、森保ジャパンにとっても、日本サッカー界にとっても大きな価値ある勝利となった。主将として迎えた初のW杯と初勝利を挙げて、どのような心持ちだったかと尋ねられた吉田は小首を傾げながらこうこたえた。

「いや、最高のはずなんですけどなんか落ち着いてますね、なぜか」

そんな自分の状態は想定外、と言いたげである。

「まあ試合前から落ち着いてて、必要以上に高ぶらないし。なんか、いつもの試合なわけではないけれど、やっぱり3回目のW杯だからやるべきことに集中できてたということで、(宿舎からスタジアムに向かう)バスに乗ってるときからこれはいけるなーって感覚があったので、自信というか良い心理状態でした」

主将としての自分に気負うこともなく、いち選手としてのメンタルも申し分ない状態で試合に向かうことができた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41179b832540c690bd5f6d40beccfa6d547263d5
このエントリーをはてなブックマークに追加

「サプライズを起こしたい」吉田麻也が前日会見でドイツ戦に決意表明。最後はジョークで締め笑いを取る

1
カタールW杯のメインメディアセンターで現地時間11月22日、日本代表キャプテンの吉田麻也が森保一監督とともに翌日のドイツ戦に向けた前日会見に出席した。

個人としては3大会のW杯出場となる吉田は冒頭、「いよいよ始まるなという気持ちです。選手も全員が揃っていますし、ドイツ戦に向けてチーム一丸となって頑張りたい」と意気込みを語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae733348ddfca8f15b990241c12158c68f6e6c84
このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯初戦へ警戒強める日本代表…主将・吉田麻也「ドイツもFWは決めかねていると思う」

no title
日本代表DF吉田麻也が19日、オンライン会見でカタール・ワールドカップ(W杯)初戦に向けての調整について語った。

カタールW杯のグループステージでドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と同居している日本。17日には国際親善試合のカナダ代表戦も終え、23日にはドイツとの本大会初戦を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e623ce0bf9ef8a67141126f641e702785c2a321
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也主将2失点敗戦も冷静「すごく課題がたくさん出た、修正しがいがある」

1
<国際親善試合:日本1-2カナダ>◇17日◇ドバイ

【ドバイ(UAE)=岡崎悠利、栗田尚樹】途中出場し、日本代表の国際Aマッチ通算試合数で歴代3位タイの122試合とした主将の吉田麻也(34=シャルケ)は、敗戦にも冷静だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45c4cfdb6b1daa988bf49ca50e612048f1ad11b2
このエントリーをはてなブックマークに追加

板倉滉「麻也コラーゲン」で復活!リハビリ中の吉田麻也差し入れに感謝

1
9月の練習中に右膝内側側副靱帯(じんたい)を部分断裂した日本代表DF板倉滉(25=ボルシアMG)が、14日に代表に合流。W杯を諦めかけていたリハビリ中、DF吉田麻也(34=シャルケ)からテキーラショットならぬ、コラーゲンショットの差し入れがあったことを明かした。17日はW杯前、最後の実戦となる親善試合カナダ戦(UAE)。本番の23日ドイツ戦へ向けて、試合勘をチャージする。

https://news.yahoo.co.jp/articles/405d5ff1ab268986b4cc039c42414783ed0eed3c
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也「さあ行こう」インスタに浅野、板倉、伊藤とカタールへ向かう機中写真を投稿

1
ドイツ1部シャルケの日本代表DF吉田麻也(34)が13日、自身のインスタグラムのストーリーズ機能を更新。ボーフムのFW浅野拓磨(28)、ボルシアMGのDF板倉滉(25)、シュツットガルトのDF伊藤洋輝(23)とともにW杯の開催地であるカタールに向かう機中の写真をアップした。

「さあ行こう」という意味の「Off we go」という英文が添えられ、ドイツ1部でプレーする4人はリラックスした表情を浮かべた。

吉田は12日に行われたリーグ第15節のバイエルン・ミュンヘン戦に先発フル出場。0-2で敗れ、チームは15試合を終えて2勝3分け10敗の勝ち点9で、最下位に沈んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a454ddff9afb76772c665cef6b778543aa6b88b9
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田麻也、ドイツ代表との“前哨戦”敗戦も一定の評価「強固な守備を形成した」

1
シャルケに所属する日本代表DF吉田麻也はドイツ代表との前哨戦で一定の評価を得ている。

シャルケは12日、ブンデスリーガ第15節で首位バイエルンと対戦。吉田は先発出場し、セルジュ・ニャブリ、ヨシュア・キミッヒ、ジャマル・ムシアラ、レオン・ゴレツカ、リロイ・サネといったドイツ代表選手と対峙した。試合はニャブリ、エリック・マキシム・シュポ=モティンのゴールで0-2と敗れ、年内最後の試合を落としている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c199d389de93aef104ac216dfc892be4cec52861
このエントリーをはてなブックマークに追加

2か月ぶり勝利のシャルケ、吉田麻也は復調傾向か…現地メディア「目に見えて調子を上げてきた」

1
シャルケの日本代表DF吉田麻也がマインツ戦で一定の評価を受けている。

リーグ戦7連敗中のシャルケは9日、ブンデスリーガ第14節でマインツと対戦。10分にシモン・テロッデがゴールを挙げると、これが決勝点に。9月以来となる今季2勝目を手にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8f60837008da5de6e0f025583e0a03c9717dd14
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ