Sponsored Link

元鹿島MFカイオが“憧れのアイドル”と念願のご対面 笑顔での2ショットに「夢が叶った」

1
かつて鹿島アントラーズで活躍し、現在はシャールジャ(UAE)でプレイするブラジル人MFカイオが、ついに“憧れのアイドル”とのご対面を果たしたようだ。

現在29歳のカイオは、千葉国際高校卒業後の2014年に鹿島へ加入すると、1年目から公式戦37試合に出場。リーグ戦で8ゴール5アシストを記録するなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、同年のJリーグベストヤングプレイヤー賞を受賞した。スピードとテクニックを駆使した彼のドリブルに、当時、多くのファンが魅了されたのではないか。

その後もコンスタントに出場を重ね、結果を残していたカイオ。2016年夏にUAEのアル・アインへ移籍し、2019年にはベンフィカへのステップアップも果たす。ポルトガルの名門では思うように結果を残すことはできなかったが、2020年から再び戦いの場をUAEへ戻しており、今季は公式戦22試合に出場して9ゴール3アシストの活躍を見せている。なお、チームメイトにはかつてローマやユヴェントス、バルセロナなどでプレイしたMFミラレム・ピャニッチがいる。

https://news.livedoor.com/article/detail/25917775/
このエントリーをはてなブックマークに追加

「試合見えてる?」「完全に不審者」カニエ・ウェストがCL観戦も、衝撃の服装にサッカーファン仰天

1
大物アーティストがチャンピオンズリーグ(CL)の試合を生観戦。観戦時のコーディネートが衝撃だ。

20日、ジュゼッペ・メアッツァでCLラウンド16・1stレグ、インテルvsアトレティコ・マドリーが開催。ホームのインテルが1-0で先勝した。

この一戦を観戦していたのが、ラッパーのイェ。長年カニエ・ウェストの名で活動していたイェだが、2021年8月にロサンゼルスの裁判所に改名を申請。2018年からステージネームとして使用している「Ye(イェ)」に改名していた。

これまでにも度々サッカーを観戦する姿やサッカー関連のアイテムを着用してきていたイェだが、今回の観戦スタイルがサッカーファンの度肝を抜いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/445bd11b3889c559f89ceab1a884ca7956a41ee9
このエントリーをはてなブックマークに追加

シティ主力DFのピアノが「うますぎる」 優しい音色の演奏にファン感涙「泣きそう」

1
イングランド1部マンチェスター・シティが公式SNSを更新。2月18日に誕生日を迎えたオランダ代表DFネイサン・アケが、ピアノを演奏する様子を公開すると、ファンからは「泣きそうになった」「めっちゃうまい」と話題を呼んでいる。

29歳のアケは、チェルシーでプロキャリアをスタートさせると、レディング、ワトフォード、ボーンマスを経て、2020年にシティに加入。厳しい競争に晒され在籍1、2年目こそ出場時間を伸ばせない時期が続いたが、昨季はセンターバックや左サイドバックとして出番を掴み、リーグ戦26試合1ゴールを記録。そしてシーズン開幕前の昨年7月29日、クラブはアケと新たに4年契約を結んだことを公表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8137fa59ad2f96a96467ae5d3cbe3bba05521af9
このエントリーをはてなブックマークに追加

アザールが自らの“ぽっちゃり体型”に口を開く「毎夏5キロ太った」「ビールが大好きだから……」

1
チェルシーやレアル・マドリードで活躍し、昨年の10月に引退を表明した元ベルギー代表FWエデン・アザール氏。低い姿勢から突破していく俊敏なドリブルは圧巻で、チェルシー時代にはPFA年間最優秀選手賞など数々の個人賞も受賞。14-15シーズンのリーグ優勝にも大きく貢献している。

しかしレアルへ移籍したキャリア晩年には、プレシーズンにややぽっちゃりした体型で現れることもあり、体重の管理不足が指摘された。自身の体型について、アザール氏はチェルシー時代の同僚でもあったジョン・オビ・ミケル氏のポッドキャスト『OBI ONE』で口を開いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d82f4ca0314418073548be75cd68f51884293bb
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロップ監督、自身の“後継者候補”であるシャビ・アロンソ監督を「次世代でも傑出した監督」と絶賛

1
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、現在ブンデスリーガで旋風を巻き起こしているレヴァークーゼンのシャビ・アロンソ監督を称賛した。 2月16日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

今季のブンデスリーガでは、レヴァークーゼンが圧倒的な強さを見せつけている。21試合を消化して17勝4分といまだ無敗を維持しており、2位のバイエルンに勝ち点『5』差をつけて首位に君臨している。2月10日に行われたブンデスリーガ第21節では、そのバイエルンに3-0と完勝。“絶対王者”に付け入る隙を与えず、白星をもぎ取った。

現在42歳のX・アロンソ監督は、2022年10月にレヴァークーゼンの監督に就任。当時チームは降格圏内に沈んでおり、X・アロンソ監督にとってもトップチームを率いるのは初めての経験だったものの、チームは最終的にリーグ戦6位、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ではベスト4に進出した。昨年8月、X・アロンソ監督はクラブとの契約を2026年夏まで延長。若手指揮官の中でも、卓越した采配やチーム運用の手腕が高く評価されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3112c2488bdc0622025194318f10b419a3c0bc4e
このエントリーをはてなブックマークに追加

「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」

1
鹿島アントラーズやシャルケで活躍した内田篤人氏が、MCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、日本代表時代のエピソードを明かした。

2月15日に配信された最新回では、お笑い芸人の宮川大輔さんをゲストに招き、内田氏がJリーグの魅力を語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c77662e48f3f0091cc5d939f4a5f8725ae94cd8f
このエントリーをはてなブックマークに追加

「衝撃的な言い訳だ!」クリンスマン監督がアジア杯敗因は“選手間の不和にあり”とまさかの主張→韓国メディアの怒りが爆発

1
もはや韓国国内では四面楚歌の状況だ。代表チームを率いるユルゲン・クリンスマン監督の解任がいよいよカウントダウンに入った。

現地2月15日、ソウル市内で大韓サッカー協会(KFA)の戦力強化委員会が開催され、強化委員長であるミヒャエル・ミュラー氏や技術部長のファン・ボガン氏、さらにはKリーグクラブの現役監督ら7名が出席。ベスト4敗退に終わったアジアカップ2023における代表チームの戦いぶりについて論議が交わされ、クリンスマン監督も米西海岸の自宅からリモートで参加した。

その会合ののちに記者会見に臨んだファン・ボガン氏は「委員会はクリンスマン監督がさまざまな理由でリーダーシップを発揮できなくなったと判断し、後任が必要だという意見で一致した」と解任の決議を発表。戦術面での準備不足や選手選考の不平等さ、韓国の滞在期間の短さ、さらにはチーム内の規律を管理できなかった点なども理由に挙げられた。「多くの約束を守らず、国民の信頼を失った。挽回は不可能だ」と断言している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7990f41c63a1317a225d2d64eb02db9e9d3f8db8
このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也を「また代表で見たい」 違いを見せた圧巻“ポストプレー”話題「パスも上手い」

1
Jリーグが公式SNSを更新。「屈強!華麗!ポストプレー10連発」と綴り、ポストプレーを複数公開すると、ヴィッセル神戸FW大迫勇也のプレーにファンからは「また代表で見たい」「半端ない」と話題を呼んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/937db55cea1ad27e72d02673582160508bba53e1
このエントリーをはてなブックマークに追加

イニエスタが元日本代表DFに“いたずら”「まさかのトリックプレー」「お茶目」「可愛すぎ」

1
ヴィッセル神戸OBの元日本代表DF槙野智章氏が元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタから受けた“いたずら”が反響を呼んでいる。

神戸は7日、FWリオネル・メッシらを擁するインテル・マイアミと国立競技場でプレシーズンマッチを行い、0-0で突入したPK戦の末に勝利。この一戦には、元神戸で現在エミレーツ・クラブ(UAE)でプレーするイニエスタも来場した。

同じく会場を訪れていた槙野氏は、10日に自身のインスタグラムを更新。「取材中に驚かしてきたのは… TOMODACHIのAndrés Iniesta アンドレスがサプライズ登場!!! #サプライズ好き #バラエティー向き」と綴り、BGM付きの動画をアップした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd4390e99e770d6a8ef7b7a761936d4ab0766191
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の文化を発見」 海外女子選手が「東京探訪」…浅草・雷門での美技披露に反響

1
女子フリースタイル世界王者4回のアグスカ・ムニックさんが、自身の公式インスタグラムを更新。浅草・雷門の前で華麗なテクニックを披露し、反響を呼んでいる。

ポーランド出身のムニックさんは、ヨーロッパ王者のほか、2018、19、21、22年に世界チャンピオンにも輝いている女子フリースタイル界の有名選手。そんな彼女が、インスタグラムに「東京探訪。日本の文化を発見できて嬉しい」と綴り、一本の動画を公開した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/22db1b41fe34d39c8a219e68ee522c6b9fa70605
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ