Sponsored Link

元レスターのラニエリ監督、伊代表指揮官就任を希望「もし話があれば…」

1
2015-16シーズンにレスターをプレミアリーグ制覇へ導き、現在はナント(フランス)を率いているクラウディオ・ラニエリ監督が、イタリア代表の指揮官に就任することを望んでいると明かした。

イギリスメディア『スカイスポーツ』が21日に報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00718925-soccerk-socc

ファーディナンド氏が明かしたデ・ヘア加入当時の反応「皆は実力を疑っていた」

1
マンチェスター・ユナイテッドOBリオ・ファーディナンド氏が、GKダビド・デ・ヘアが加入してきた当時は、選手の間ですら実力に疑いを向けられていたことを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010021-goal-socc

モウリーニョがポグバ先発落ちの理由を説明「ポールの状態が万全とは言い難かった」

1
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がセビージャ戦でMFポール・ポグバを先発起用しなかった理由を述べた。英『メトロ』が伝えている。

ポグバは17日に行われたFA杯5回戦のハダースフィールド戦(2-0)を病気のため欠場していたが、その後は練習に復帰。しかし、21日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦のセビージャ戦(0-0)ではベンチスタートとなり、負傷したMFアンデル・エレーラに代わって前半17分からの途中出場となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-01650802-gekisaka-socc

デンベレ CLチェルシー戦出番なしの理由とは

1
ウスマン・デンベレは現在非常に困難なシチュエーションに直面している。フランス代表FWは鳴り物入りでバルサに加入し、ネイマールの後任として活躍を期待されていた。しかし度重なる負傷がデンベレの体とメンタルにダメージを与え、加入後まだその才能を一度も披露できていない。

また現在シーズンの最も重要な時期に差し掛かかっており、バルサの中で確固たる立ち位置をつかめないデンベレの出場のチャンスが減少している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010003-sportes-socc

アーセナルOBが古巣に助言「ヨーロッパリーグを優先しろ」

1
かつてアーセナルで活躍した元フランス代表MFのロベール・ピレス氏は、古巣が来季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)に出場するチャンスは、ヨーロッパリーグ(EL)制覇しかないと考えている。英『サン』が報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-01650762-gekisaka-socc

ポドルスキ、神戸ヘッドコーチに就任のエンゲルスに期待「僕たちの助けになることを願う」

1
ヴィッセル神戸でプレーする元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキは、今年1月にヘッドコーチに就任したゲルト・エンゲルス氏を歓迎しているようだ。ドイツ『SID通信』が伝えている。

新シーズンに向けて主将に就任したポドルスキだが、1月に同じくケルンやデュッセルドルフを中心とするラインランド地方が故郷のエンゲルス氏が神戸に入団。これまでの印象から、チームを前進させる存在になれると感じた様子で次のように期待の言葉を口にした。

「指導は良いと思うよ。日本人は少し控え目だったりするが、クラブとしてタイトルを狙うのなら、それでは足りないところもある。今シーズン、(タイトル獲得を)トライして見せるので、ゲルトが僕たちの助けになってくれることを願っている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00010022-goal-socc

ロッベン、圧勝も先発外れて不満?「もし頭の中にあることを話したら…」

1
20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、トルコの強豪ベシクタシュをホームに迎えて5-0で完勝したバイエルン。ブンデスリーガで上位を争うライプツィヒを押しのけてベスト16入りした難敵を相手に、圧倒的な力の差を見せつけた。ドイツメディアの『DPA』や『SID』が伝えた。

ユップ・ハインケス監督は、「序盤はナーバスだったし、コンビネーションもうまく回らなかった。勝負を決めたのは、相手の退場と前半終了の先制点だ。ベシクタシュは、数的な状況でたくさん走らないといけなくなったからね。後半はテンポも上がって上手くボールも回るようになって、相手にとっては難しい試合になったと思う」と試合を総括した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00718916-soccerk-socc

「新FWの加入で将来は闇に包まれた」ジルーがアーセナル退団の理由を説明

1
チェルシーのFWオリヴィエ・ジルーは、ピエール=エメリク・オーバメヤンがアーセナルに加入したために退団を余儀なくされたと明かした。

今シーズンの序盤はカップ戦中心の出場にとどまるなどプレー時間を確保できなかったジルーは、今冬にアーセナルを離れ、ライバルのチェルシーに入団。そして、移籍の最大の原因となったのはドルトムントから移籍したオーバメヤンの存在で、これ以上ベンチを温められないとの理由で退団を決意したと『フランス・フットボール』に語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00010012-goal-socc

「ベイルが出場すれば1億5000万円」…中国がウェールズを招待した契約が明らかに

1
今年3月に中国で行われるミニトーナメントに招待されているウェールズ代表は、FWガレス・ベイルを出場させれば約1億5000万円の謝礼を受け取ることになるという。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00257250-footballc-socc

W杯で“世紀の誤審”がなくなる? ビデオ判定の導入可否が3月3日に決定へ

1
日本代表が出場する6月のロシア・ワールドカップ(W杯)本大会で、ビデオ・アシスタントレフェリー制度(VAR)が正式に導入されるか否かは、3月3日に決まるという。イタリア国営放送「RAI」で、リーグのVAR推進委員会の責任者を務めるロベルト・ロゼッティ氏が明らかにした。

ロゼッティ氏はイタリアでも屈指の名レフェリーとして知られ、2010年南アフリカ大会では主審を務めた。しかし、アルゼンチン対メキシコの一戦で、明らかなオフサイドだったアルゼンチンのゴールを認めてしまったものは、大会後に明らかな誤審として批判を浴びた。結局、その試合がロゼッティ氏の最後のピッチになっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00010014-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ