Sponsored Link

本田圭佑が元同僚ムンタリとウガンダで再会!「誘ったら本当に来てくれて」と喜ぶ

1
日本代表MFの本田圭佑は6月13日のイラク戦(ワールドカップ予選)を終えて、そのままシーズンオフに入った。30日でミランとの契約が満了するため新天地探しと同時進行で、様々なイベントに参加する多忙な毎日を送っている。

UAEにはじまり、上海、日本を渡り歩き、20日に離日してUAE経由で23日にはウガンダ入り。公式サイトで公開されているスケジュールによると、実質2日の滞在で大統領夫人や国連財団との面会、孤児院や難民キャンプの訪問、地元小学校でのサッカークリニックなど様々な予定が組まれている。

そんな中、日本時間24日に自身のツイッターを更新。会見時の写真と共に、こう綴った。

「人種差別と戦い続けてるムンタリ。ミラン時代から人として尊敬できる人格者。ウガンダの子供達に会いに行こう!って誘ったら本当に来てくれて。ほんま珍しいアフリカ人やな」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170624-00027134-sdigestw-socc
http://news.livedoor.com/article/detail/13248379/

イブラにぺぺ、本田圭佑! “夏に獲得すべき10人”に登場「彼は3年前、とてつもないサメだった」

1
今夏のマーケットにおいて主役となりうる人気者10名をスウェーデンメディアが特集している。彼らの共通点は、サインする上で“莫大な費用”を必要としないことだ。

ズラタン・イブラヒモビッチにヘスス・ナバス、マリオ・バロテッリ、そして本田圭佑。スウェーデンの『Expressen』は“狂乱の夏がいよいよやってきた”とマーケットの到来を煽ると、「完全にタダで購入できる選手」として上記のスタープレイヤーを含む“オススメ選手トップ10”を発表している。同紙はまず母国の英雄イブラヒモビッチをトップに置き、同選手について「深刻な膝の負傷を考えれば、マンチェスター・ユナイテッドは契約を延長しないだろう」と推察。しかしながら「クリスマスまで離脱する可能性もあるが、イブラも諦めるつもりはない」とし、ベテランの再起に期待している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00010011-theworld-socc

本田がぶっちゃけトーク 岡崎、吉田との“関係”暴露

1
日本代表MF本田圭佑(31=ACミラン)がぶっちゃけトークを展開した。19日にFW岡崎慎司(31=レスター)、DF吉田麻也(29=サウサンプトン)、MF阿部勇樹(35=浦和)、FW武藤雄樹(28=浦和)、FW金崎夢生(28=鹿島)とともにミズノ社のトークイベントに出演。

日本代表で同僚の岡崎、吉田との関係について「仲が良いと思われているかもしれないけど、プライベートではまったく絡みがない」と暴露した。即座に2人から「変わったなー。(昔を)忘れたかー」と突っ込まれたが、苦笑いでスルー。

初対面の武藤が同じボケを何度も繰り返して笑いを取る“てんどん”ですべると、本田は「(浦和)レッズ(所属の選手)はそういうのあるよね。槙野感出てるわ~」とDF槙野智章(浦和=30)の名前を出して合いの手を入れた。

司会を務めた吉田は本田について「よくしゃべって(話を)つないでくれたので助かりました」と感謝。その上で「控え室が別だったのはふに落ちない。特別感を出してきましたね」と舞台裏を明かしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000146-spnannex-socc

本田圭佑、移籍先選び「最後まで粘る」 ラスパルマス報道も…「メディア見て初めて知る」

1
サッカー日本代表の本田圭佑が18日、千葉市内で自身が実質的なオーナーを務めるカンボジアの2部のクラブ「ソルティーロ・アンコールFC」と練習を行った。終了後に取材に応じ、自身の移籍について「慌てず。最後まで粘ってみようと思います」と語った。

スペイン1部のラスパルマスが興味を示しているなど、本田についての移籍報道は数多くなされているが、「移籍情報はメディアを見て初めて見ることが多い」と語り、「多くのクラブが興味を示してくれている」と現状を表現した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000073-dal-socc

本田圭佑が金沢大学学生に熱血講演「サッカー選手だけで終わらせたくない」

1
日本代表FW本田圭佑が16日、「スーパーグローバル大学創成支援事業」の取り組みの一環として金沢大学を訪れ、学生に向けて特別講演を実施した。

金沢の星稜高校で3年を過ごした本田はゆかりのある地で、イベントを実施。16時30分から30分間と限られた時間ながら、印象的な言葉を用いつつ、学生に熱弁を振るった。

本田は最も伝えたいこととして「時間は限りあるもの」と話し、常に後悔しないよう生きていることを語る。さらに「サッカー選手だけで終わらせたくないという思いが強い」と明かし、サッカー以外のことを全部やりたいと今後の活動に意欲を燃やした。

http://news.livedoor.com/article/detail/13212324/

本田、中国訪問で日本人の誇りを実感…「犠牲心や誇り、真心がある」「道徳は世界一」

1
日本代表の本田圭佑は、中国を訪問した際に日本人としての誇りを改めて実感したようだ。

13日にイランで行われたロシアW杯アジア最終予選のイラク戦でフル出場を果たした本田は、その後中国でサッカー教室を開いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170616-00217259-footballc-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000110-spnannex-socc

本田にラス・パルマス移籍浮上!スペインメディア「前線の主軸の一人となれる」

1
今季限りでのACミラン退団が決定的となっている日本代表FW本田圭佑は、来季の移籍先について注目が集まっているが、スペインのサッカー専門メディア「Fichajes」によると、リーガ1部所属のラス・パルマスが新たに興味を示していると報じている。

同サイトの記事では「カナリア諸島のチームは31歳の日本人フットボーラーに視線を向けている。彼はACミランとの関係を終えた後、フリー移籍でスペインへ上陸し、キャリアを続ける可能性がある」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170616-00010002-soccermzw-socc

本田圭佑「誘われたら」中国移籍も選択肢の1つ

1
ACミランを退団する日本代表FW本田圭佑(31)が15日、中国・上海で自身のサッカー教室を行い、中国リーグ移籍の可能性を現地メディアに問われ「(オファーが)来たら考えます。誘われたら、その時に考えたいなと思います」と発言した。

破格の条件で世界中のタレントを集める注目リーグも、選択肢の1つとなるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-01840751-nksports-socc

本田、英2部で恩師と再会か…来季チャンピオンシップで戦うことになるハル・シティが関心

1
遂にイングランドへの上陸を果たすことになるかもしれない。ミランからの退団が確実視される日本代表MF本田圭佑に対し、来季チャンピオンシップで戦うことになるハル・シティが関心を示している。

今季のプレミアリーグを勝ち点34の18位で終え、チャンピオンシップ(プレミアリーグ2部)降格が決まっているハル。冬にも本田への興味を報じられていた同クラブだが、主にチャンピオンシップクラブのニュースを扱う英『the 72』は、「一度は諦めかけた本田圭佑の獲得が、レオニド・スルツキのおかげで再燃?」と題し、今月末にミランとの契約が満了する10番を「2部行きのハルには高嶺の花」とも綴っている。言わずもがな、スルツキといえば本田が最も輝きを放っていたCSKAモスクワ時代の恩師だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00010006-theworld-socc

高評価だった本田圭佑はまた右サイド…日本は対イラク想定のシリア戦を活かせていたか?

1
日本代表は13日に2018ロシアワールドカップアジア最終予選でイラク代表と対戦したが、この試合でサプライズだったのは代表監督ヴァイッド・ハリルホジッチの選んだシステムだ。スターティングメンバーを見た段階では先日のシリア代表との親善試合と同じく右のウイングに久保裕也、左に原口元気、最前線に大迫勇也が入り、そして本田圭佑がシリア戦で好印象を残したインサイドハーフに入ると思われた。ところが始まってみると久保は左、本田は右に、そしてトップ下の位置に原口が入っていた。ダブルボランチは井手口陽介と遠藤航の2人が務めており、シリア戦とはまるで異なる配置だった。

やはり疑問なのは本田と原口の位置だろう。本田はミランでほとんどの時間を右サイドハーフとして過ごしてきたが、中央でこそ強みを発揮できる選手だ。先日のシリア戦でも本田のインサイドハーフ起用は高評価で、再びサイドで起用する必要があったのかは疑問が残る。日本代表では昨年10月に行われたオーストラリア代表との試合でも1トップを務めて原口のゴールをアシストするなど、中央で好プレイを見せていた。しかもトップ下はザッケローニJAPANで本田が務めてきたポジションでもあり、サイド起用にこだわる必要性はあまり感じられない。

先日のシリア戦では試合途中からインサイドハーフに入ったが、チームメイトからも評判はよかった。本田と長く代表で戦ってきた長友佑都、さらに最前線に張る大迫も本田と同じく途中出場した乾貴士も「中盤でタメを作ってくれたことは大きかった」と振り返っている。これだけインサイドハーフが高い評価を受けながら、また本田を右サイドで起用したことは驚きだ。シリア戦のインサイドハーフ起用が想定外だったとしても、大きな収穫にはなったはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00010017-theworld-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ