Sponsored Link

パチューカは下位相手にスコアレスドロー…本田が先発フル出場も不発

1
リーガMX後期第16節が21日に行われ、8位につけているパチューカは敵地で勝ち点で並ぶ16位のケレタロと対戦した。日本代表MF本田圭佑はスタメン出場を果たしている。

【スコア】
ネカクサ 0-0 パチューカ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746789-soccerk-socc

本田の去就報道に現地メディアが反応…「パチューカを去ると日本では確信されている」

1
リーガMX(メキシコリーグ)後期リーグは残り2試合となった。優勝決定プレーオフ「リギージャ」は上位8チームで争われるため、その出場権を巡る戦いが佳境を迎えている。

現在8位のパチューカはボーダーラインにいるが、出場権争いと同様に現地メディアで注目を集めているのが本田の去就だ。日本での報道を受け、「リーガMXでのサイクルが終わりに近づいているようだ」と伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010011-soccermzw-socc

「本田圭佑が再び日本代表の中心になるかも」…W杯同組ポーランドが警戒強める

1
ロシアワールドカップで日本と同組のポーランドのメディアは、本田圭佑に対する警戒を強めているようだ。『Przeglad Sportowy』が伝えている。

記事はメキシコのパチューカで活躍する本田を取り上げ、「再び日本代表の中心になる可能性がある」と記している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00266103-footballc-socc

本田圭佑、パチューカ退団へ!Jからオファーも

1
メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、今季限りでクラブを退団することが決定的となった。18日、複数の関係者への取材で分かった。クラブ側の残留要請を断り、退団の意向を伝えたという。本田には欧州やJリーグのクラブからオファーが届いているとみられ、6月開幕のW杯ロシア大会後の去就に注目が集まる。

日本代表の“金狼”がいよいよ動き出した。中心選手として活躍するパチューカを今シーズン限りで退団し、現状に甘えることなく、新天地を求めるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000025-sanspo-socc

本田は「リーガMX最高の選手の一人」…弾丸ミドルが現地メディアの“週間ゴラッソ”選出

1
パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間14日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献した。相手二人を翻弄した豪快ミドル弾は「天下一品のゴール」「皇帝に敬服」など海外メディアで反響を呼んだが、地元テレビ局の週間ベストゴール候補に挙げられ、「リーガMX最高の選手の一人」と改めて称賛されている。

ラグーナ戦の前半24分、右サイドのペナルティーエリア手前で縦パスを受けた本田は、 対峙したマーカーとの間合いを見極め、ドリブルで中央にカットイン。相手もブロックしようと追いすがり、もう一人も素早くシュートコースを消しにかかる。その刹那に本田が左足を一閃し、強烈な一撃が二人の間をすり抜けてゴール左上に突き刺さった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010004-soccermzw-socc

本田圭佑が1ゴール1アシスト!パチューカを勝利に導く…後期7点目

1
14日、リーガMX後期第15節が行われ、パチューカはホームでサントス・ラグーナと対戦した。パチューカの日本代表MF本田圭佑は先発フル出場を果たしている。

【スコア】
パチューカ 3-1 サントス・ラグーナ
【得点者】
1-0 25分 本田圭佑(パチューカ)
2-0 31分 エリック・アギーレ(パチューカ)
2-1 39分 ジョルジ・ジャニニー・タバレス・セメド(サントス・ラグーナ)
3-1 86分 セバスティアン・パラシオス(パチューカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00743225-soccerk-socc

ハリル監督解任への思い!? パチューカ本田、英語で持論ツイート「It’s never too late」

1
日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任と西野朗技術委員長の監督就任を発表した。日本サッカー界のみならず世界中に衝撃が走るニュースとなったが、パチューカの日本代表FW本田圭佑がツイッターを更新。「It’s never too late」(決して遅すぎることはない)と綴った。

ハリルジャパンは昨年11月の欧州遠征でブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)に敗れ、同12月のE-1選手権でも宿敵の韓国に1-4で完敗。3月のベルギー遠征でも仮想セネガルのマリ(1-1)、仮想ポーランドのウクライナ(1-2)に勝利できず、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて暗雲が漂っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010004-soccermzw-socc

本田圭佑が2得点。技あり先制弾と強烈ミドルで大活躍。パチューカ6得点大勝

1
【プエブラ 2-6 パチューカ メキシコ1部後期第14節】

現地時間6日に行われたリーガMX後期第14節でパチューカは敵地でプエブラと対戦し、6-2と大勝した。本田圭佑はフル出場で、2ゴールを挙げている。

【得点者】
23分 0-1 本田圭佑(パチューカ)
38分 0-2 パラシオス(パチューカ)
47分 0-3 パラシオス(パチューカ)
50分 0-4 本田圭佑(パチューカ)
64分 1-4 チュマセロ(プエブラ)
66分 1-5 パラシオス(パチューカ)
72分 2-5 カバリーニ(プエブラ)
90+2分 2-6 パラシオス(パチューカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180407-00264309-footballc-socc

本田が先制弾!…後半にも追加点を決めて2ゴールの活躍

1
パチューカの日本代表MF本田圭佑が2試合ぶりに先発出場し、今季公式戦11得点目を決めた。

リーガMX後期第14節が4月6日に行われ、パチューカはプエブラと対戦。0-0で迎えた23分、本田が試合を動かした。

自陣で相手ボールを奪ったカウンターからMFエリック・アギーレが左サイドをドリブルで駆け上がりクロスを供給。これに本田が走り込み、左足でトラップしすぐさま左足でシュートを放ちニアに突き刺し、先制ゴールを奪った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00739258-soccerk-socc

本田圭佑、途中出場で同点弾に貢献…パチューカはリーグ戦4試合勝ち星なし

1
リーガMX後期第13節が4月1日に行われ、本田圭佑が所属するパチューカがホームでモンテレイと対戦した。本田はベンチスタートとなっている。

【スコア】
パチューカ 1-2 モンテレイ
【得点者】
0-1 34分 ニコラス・セガル(モンテレイ)
1-1 53分 アルベルト・パラシオス(パチューカ)
1-2 79分 カルロス・サンチェス(モンテレイ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00736477-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ