Sponsored Link

ミラン、2点差を追いつきトリノとドロー…本田は公式戦4試合出番なし

1
セリエA第20節が16日に行われ、トリノと日本代表FW本田圭佑が所属するミランが対戦した。

第19節終了時点で勝ち点「36」の5位につけているミラン。先発にはコロンビア代表FWカルロス・バッカ、スペイン人FWスソ、イタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラらが入った。公式戦3試合連続で出番のない本田はベンチスタートとなった。

【スコア】
トリノ 2-2 ミラン
【得点者】
1-0 21分 アンドレア・ベロッティ(トリノ)
2-0 26分 マルコ・ベナッシ(トリノ)
2-1 55分 アンドレア・ベルトラッチ(ミラン)
2-2 60分 カルロス・バッカ(PK)(ミラン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00542419-soccerk-socc

ミラン、トリノに逆転勝利でコッパ・イタリア8強進出…本田は4戦連続出番なし

1
ACミランの日本代表FW本田圭佑は12日のコッパ・イタリアのトリノ戦で公式戦10試合連続の先発落ちとなった。4試合連続で出番なしとなったなか、チームは2-1で逆転勝利を飾り、8強進出を決めた。

【スコア】
ミラン 2-1 トリノ
【得点者】
27分 0-1 ベロッティ(トリノ)
61分 1-1 クツカ(ミラン)
64分 2-1 ボナベントゥーラ(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170113-00010004-soccermzw-socc

ミラン監督、イタリア杯で「できるだけ多くの選手を起用したい」…本田にもチャンス到来か

1
ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、12日のイタリア杯ベスト16のトリノ戦で各ポジションで1人ずつ入れ替えるターンオーバーの実施を宣言。ベンチ要員となっている日本代表FW本田圭佑に、公式戦10試合ぶりとなる今季2度目の先発のチャンスがやってくるかもしれない。

ミランは昨年8月21日のセリエA開幕戦で、トリノと本拠地で対戦。守護神ドンナルンマが後半アディショナルタイムのPKのピンチで相手FWベロッティのシュートを止める活躍を見せ、3-2と勝利を飾っていた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170111-00010020-soccermzw-socc

ミランCEO、本田の残留を事実上表明…「トッププレーヤーの獲得は予定がない」

1
ACミランの日本代表FW本田圭佑は、8日の本拠地カリアリ戦で9試合連続先発落ちという苦境に立たされている。チームは終了間際、FWカルロス・バッカの決勝弾で1-0と勝利した一方、3試合連続で出番なしに終わった本田は1月の移籍市場で放出も取り沙汰されている。

そんななか、ミランのアドリアーノ・ガリアーニCEOは6月に契約満了となる本田について、事実上の残留を明言している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010020-soccermzw-socc

ミラン、苦しみながらも終盤のバッカ弾で新年白星スタート…本田は出番なし

1
セリエA第19節が8日に行われ、日本代表MF本田圭佑所属のミランとカリアリが対戦した。

ミランは2016年最終戦となったスーペルコッパ・イタリア2016でPK戦の末にユヴェントスを破り、いい形で1年を締めくくった。2017年初戦も白星を挙げて、好スタートを切りたいところだ。本田はベンチスタートとなり、FWエムバイェ・ニアンやFWスソ、FWカルロス・バッカらが先発起用された。

【スコア】
ミラン 1-0 カリアリ
【得点者】
1-0 88分 カルロス・バッカ(ミラン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00538932-soccerk-socc

ミラン監督「本田はチームに必要」試合前日会見で出場の可能性認める

1
サッカー日本代表FW本田圭佑が所属するイタリア1部(セリエA)ACミランのモンテッラ監督が7日、ミラノ郊外の練習場ミラネロで試合前日の定例会見を行い、本田がチームに有益だ、などと話した。ミランニュース.itが報じた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000089-dal-socc

本田にプレミアのワトフォード移籍が急浮上!マッツァーリ氏が今季後半戦の半年契約を希望

1
ACミランの日本代表FW本田圭佑は、知日家の指揮官の率いるプレミアリーグ14位ワトフォード移籍の可能性が急浮上している。イタリアテレビ番組「スポルトイタリア」が報じた。

2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロで加入した本田は6月にミランとの契約満了を迎えるなか、いまだ契約延長の話は進展しておらず、依然として1月の移籍市場で放出されるとの声も根強い。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010004-soccermzw-socc

MLS公式サイトが本田を「移籍ターゲット11人」に選出 「トップクラスの左足FK」との評価も

1
ACミランの日本代表FW本田圭佑は6月に契約満了となるなか、去就問題に注目が集まるが、米MLS公式サイトは「MLSクラブが狙う欧州でプレーする11人の移籍ターゲット」という特集で本田の名前を挙げている。

今回の特集では、1月と6月に契約満了となる欧州クラブでプレーしている選手のなかからアメリカ行きの可能性のあるイレブンを選出している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170104-00010003-soccermzw-socc

ハリル、本田を“No.1パサー”と語るも「日本代表は皆のもの、彼の個人的なチームではない」

1
彼は決して日本のエースに無理難題を突きつけているわけではない。継続的なプレイ時間の確保こそ、ヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督が、ミランの本田圭佑に求める唯一にして最大の指令である。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる2016-17シーズンのミランにおいて、金髪の10番が出場したセリエAでの試合数はたったの5試合だ。この悲惨なデータが示す通り、本田は現在のロッソネーリでお世辞にも戦力として計算されているとは言いがたい状況下にあり、それは彼の母国においても十分に起こり得ることである。少なくとも、“日本のボス”ハリルホジッチが口にした最後通告にはそのようなメッセージが含まれていた。ジャカルタに本拠地を構えるスポーツメディア『Liga Olahraga』が日本代表監督のコメントを伝えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00010008-theworld-socc

ミラン本田にフェネルバフチェ行きの可能性が再燃…インテル10番とともに獲得候補に浮上

1
ACミランの日本代表FW本田圭佑は1月に放出される可能性が浮上しているが、移籍先候補に2016年11月にも噂に上がったトルコの強豪フェネルバフチェ行きの可能性が再燃している。トルコメディア「フォトスポル」が報じている。

フェネルバフチェは1月の移籍市場で司令塔候補の補強を進めているが、インテルの背番号10を付けるモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨベティッチとともに、本田の名前が獲得候補に浮上しているという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170101-00010007-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ