Sponsored Link

W杯王者フランス代表の「私服ブランドチェック」

1
フランスサッカー連盟(FFF)は4日、国際親善試合とUEFAネーションズリーグ2018-19に臨む同国代表メンバー23名を発表した。

フランス代表は2018 FIFAワールドカップ ロシアで20年ぶり2度目の優勝。UEFAネーションズリーグ2018-19ではリーグA・グループ1に所属。ドイツ代表、オランダ代表と同組で、2試合を終えて1勝1分けとなっている。

9月の2試合では負傷により招集外となったGKウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)、GKスティーヴ・マンダンダ(マルセイユ)が復帰したほか、21歳のMFタンギ・エンドンベレ(リヨン)が初招集を果たしている。さらに、MFポール・ポグバ(マンチェスター・U/イングランド)やFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)らが順当に選出されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00842716-soccerk-socc
http://news.livedoor.com/article/detail/15421563/

「こんなPK見たことあるか!?」 ロシアで生まれた衝撃のバク宙PKに騒然

1
ロシアで衝撃的なPKが誕生した。ルビン・カザンのリザーブチームでプレーする選手がチェボクサル戦でバク宙をしながらPKを決める圧巻のパフォーマンスを披露した。ロシアサッカー協会が動画で公開し、大きな話題を呼んでいる。

ルビン・カザンが1-0のリードで迎えた後半9分、PKの場面でキッカーを務めたのはMFノリック・アブダルヤンだった。ゆっくりとモーションに入り右足でシュートを放った瞬間、アブダルヤンはまさかのバク宙を披露。相手GKは思いもよらぬ動作に一歩も動けず、ボールはゴール右に突き刺さった。試合も4-0で勝利を収めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140045-soccermzw-socc

ハリル新監督 初采配0―3完敗…独裁オーナーと確執必至で古巣再建へ前途多難

1
◇フランス1部 ナント0―3ボルドー(2018年10月7日)

元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)にとって前途多難な船出となった。2日にフランス1部ナントの監督に20年6月までの契約で就任。初采配となった7日のアウェー・ボルドー戦は0―3で完敗した。8度のリーグ優勝を誇る名門は降格圏の19位に低迷。解任と現場介入が大好きな“独裁オーナー”の下で、頑固な老将が古巣を復活に導けるか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000076-spnannex-socc

ムバッペ、圧巻4発も謙虚な姿勢「多くのチャンスを台無しにした」

1
リーグ・アン第9節が7日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)はリヨンと対戦し、5-0で快勝した。この試合で4得点を挙げたフランス代表FWキリアン・ムバッペは試合後、クラブ公式のインタビューに応じた。

61分にチームに2点目をもたらしたムバッペは、そこからわずか8分でハットトリックを達成した。さらに74分にも得点を挙げ、4得点を記録。PSGの開幕9連勝に大きく貢献した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844480-soccerk-socc

指揮官と“不仲報道”のJ・アルバは再び落選…スペインが代表メンバー23人を発表

3
スペインサッカー連盟(RFEF)は4日、UEFAネーションズリーグに臨むスペイン代表メンバー23人を発表した。

前回に続いてGKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)、DFセルヒオ・ラモス(R・マドリー)、MFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)らが選ばれた一方、指揮官との確執が報じられているDFジョルディ・アルバ(バルセロナ)が再びメンバー外となっている。

また、負傷明けのDFダニエル・カルバハル(R・マドリー)、虫垂炎で離脱中のMFイスコ(R・マドリー)、3日の欧州CLで負傷交代したFWジエゴ・コスタ(A・マドリー)らも今回は招集を見送られた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-02379618-gekisaka-socc

PSG監督トゥヘル、ネイマールやカバーニらのグループに満足げ…開幕7連勝

1
パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督はネイマールとエディンソン・カバーニの関係に満足しているようだ。

PSGは26日、リーグ・アン第7節でスタッド・ランスと対戦。試合はカバーニ、ネイマールがそろってゴールを挙げ、4-1と快勝を収めた。トゥヘル監督は試合後、2人について「素晴らしい選手たちは一緒にプレーしなければならない。それは重要なことだ」と話す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000019-goal-socc

史上最悪!? オランダ代表FWの“やり過ぎな転倒”に非難殺到「1年出場停止が妥当」

1
海外サッカーで悪質なダイブかと思われる衝撃プレーが問題となっている。後頭部に軽く触れられただけで、頭を抱えて転倒。あまりに派手に痛がるシーンを英紙記者が動画で公開。英メディアは「史上最悪のダイブか?」と報道。ファンからも、スポーツマンシップに反する振る舞いにブーイングが噴出している。

衝撃のプレーが起きたのは現地時間23日のオランダ1部エールディビジ第6節の、フェイエノールトとユトレヒトの一戦だった。ブーイングを浴びているのは、フェイエノールトのオランダ代表FWステフェン・ベルハイスだ。相手チームの選手がベルハイスの近くを通る際に、後頭部付近を軽くタッチするような素振りを見せた。すると次の瞬間、信じられないような光景が広がった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00038095-theanswer-socc

PSGトゥヘル監督がクラブ初の快挙 ネイマール&ムバッペ欠場も就任1年目で開幕5連勝

1
王者パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間14日に行なわれたリーグ・アン第5節でサンテティエンヌに4-0で圧勝し、開幕5連勝を飾った。今季就任のトーマス・トゥヘル監督は就任1年目に開幕5連勝というクラブ史上初の快挙を成し遂げた。

PSGは前節に退場処分で3試合出場停止を受けているフランス代表FWキリアン・ムバッペが欠場。ブラジル代表FWネイマールもメンバーに入らず、二人の主力が不在だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00135607-soccermzw-socc

“あのクラブ”の選手がいない…イタリア、ポルトガル戦で20年ぶりの珍事

1
イタリア代表に20年ぶりの珍事が起きた。

10日、イタリアはUEFAネーションズリーグ(UNL)でポルトガル代表と対戦。後半9分に先制点を許して0-1で敗れ、今大会1分1敗と未勝利となっている。

この試合のスターティングメンバーにユベントスの選手が1人も入っていなかったが、『フットボール・イタリア』によると、これは公式戦で1998年6月17日に行われたフランスW杯カメルーン戦以来、約20年ぶりのことだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-01826404-gekisaka-socc

イニエスタやピケら代表引退組のナンバー継承者は…新生スペインが背番号を発表

1
スペインサッカー連盟(RFEF)は5日、UEFAネーションズリーグに臨むスペイン代表メンバーの背番号を発表した。

ロシア・ワールドカップでベスト16敗退に終わり、新指揮官にルイス・エンリケ氏を迎えたスペイン。W杯後に代表引退を表明したDFジェラール・ピケ(バルセロナ)の『3』はDFラウール・アルビオル(ナポリ)、MFアンドレス・イニエスタ(神戸)の『6』はDFイニゴ・マルティネス(ビルバオ)(ビルバオ)、MFダビド・シルバ(マンチェスター・C)の『21』はMFダニ・セバジョス(R・マドリー)が着けることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01780793-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ