Sponsored Link

メッシ、マラドーナ氏死去に追悼「ディエゴは永遠」…C・ロナウド「無類のマジシャン」

1
元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の死去を受け、同代表の現エースでバルセロナに所属するFWリオネル・メッシが25日に自身のInstagramに追悼のメッセージを投稿した。

アルゼンチン紙『クラリン』によると、マラドーナ氏は11月25日にブエノスアイレス郊外の自宅で心肺停止に陥って死去した。10月30日に60歳を迎えたばかりだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fd3b8a835056298673b505001762b3d15a0ca37
このエントリーをはてなブックマークに追加

南米予選の強豪対決はブラジルに軍配…ウルグアイを下して無傷の4連勝

1
2022 FIFAワールドカップ カタール・南米予選が17日に行われ、ブラジル代表とウルグアイ代表が対戦した。

ネイマールやフィリペ・コウチーニョを負傷で欠くブラジル代表は、前節のベネズエラ代表戦に引き続きガブリエル・ジェズス、リチャーリソン、ロベルト・フィルミーノが前線に並んだ。一方、ウルグアイ代表は“エースストライカー”のルイス・スアレスが新型コロナウイルス陽性反応の関係で出場できず。それでも、エディンソン・カバーニ、ロドリゴ・ベンタンクール、ディエゴ・ゴディンら豪華な顔ぶれがスターティングメンバーに名を連ねた。

【スコア】
ウルグアイ代表 0-2 ブラジル代表
【得点者】
0-1 34分 アルトゥール(ブラジル代表)
0-2 45分 リチャーリソン(ブラジル代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7db08063856e64c97e78edf3a1f29cf70188c30
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルが南米予選開幕3連勝…フィルミーノ弾でベネズエラを下す

1
2022 FIFAワールドカップ カタール・南米予選が13日に行われ、ブラジル代表とベネズエラ代表が対戦した。

南米予選の初戦でボリビア代表を5-0で下したブラジル代表は、続くペルー代表戦も4-2で勝利。好調を維持してベネズエラ代表との一戦に臨んだ。エースのネイマールこそ負傷のため欠場となったものの、同試合のスタメンにはマルキーニョス、ガブリエル・ジェズス、リチャーリソン、ロベルト・フィルミーノらが入った。

【スコア】
ブラジル代表 1-0 ベネズエラ代表
【得点者】
1-0 66分 ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc656362f3a820b7ecb4592935d3ef9b75c104de
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチン代表がパラグアイ代表と1-1ドロー…メッシがゴールも直前のファウルで取り消しに

1
2022 FIFA ワールドカップ カタール南米予選第3節が、12日に行われた。

エクアドルとボリビア相手に連勝を飾っていたアルゼンチン代表は、ここまで1勝1分のパラグアイ代表と対戦。アルゼンチンは、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWラウタロ・マルティネス(インテル)、MFレアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン)らをスタメンに揃え、パラグアイはFWアンヘル・ロメロ(サン・ロレンソ)やMFミゲル・アルミロン(ニューカッスル)らが先発に名を連ねた。

【スコア】
アルゼンチン代表 1-1 パラグアイ代表

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5404f67f6867aec2c17a07b3e74f959f7a77a96
このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコ・リーガMXが今季打ち切り…サントス・ラグナの新型コロナ集団感染が決定打に

1
メキシコリーグのリーガMXが、19-20シーズンの後半戦にあたるリーガMXクラウスーラについて、新型コロナウイルス感染防止の観点から、打ち切る運びとなった。

リーガMXは現地時間22日「金曜日にリーグの臨時総会が開催され、リーガMXにかかわるすべての人達の健康のため、重要な決定を下した。2020リーガMXクラウスーラを打ち切ることで合意に至った」との声明を発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00010007-goal-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍、Jリーガーが必需品5.5トン援助 母国注目「日本のアイドル」「感謝のお返し」

1
J1清水エスパルスに所属するブラジル人DFエウシーニョが、5.5トン分の生活必需品を自腹で購入し、困窮している母国の地元コミュニティーに寄付した。ブラジルメディア「FOLHA DO SUL ONLINE」は「日本のアイドルが寄付」と報じている。

現在30歳のエウシーニョは、2015年にアメリカMGから川崎フロンターレへ加入。4シーズンにわたって主力としてプレーしてリーグ連覇(2017、18)に貢献し、自身もJリーグベストイレブンに2年連続で選ばれている。2019年から清水に活躍の場を移すと、昨季はリーグ戦27試合4ゴールの結果を残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c4d3e703d678bcb6e0ac16648c7e1c1b289039b
このエントリーをはてなブックマークに追加

これがダニ・アウヴェスだ!ロッカーでの「魂のスピーチ」

1
かつてバルセロナやユヴェントスなどで活躍したブラジル代表DFダニ・アウヴェス。現在は母国の名門サンパウロでプレーしており、背番号10を着けて攻撃的な役割を任せられている。

サンパウロは1日に州選手権でポンチ・プレタと対戦して2-1と勝利を収めているのだが、その試合前に撮影されたロッカールームでの映像が話題になっている。

https://news.livedoor.com/article/detail/17908275/
このエントリーをはてなブックマークに追加

相手選手にパントキック!? GKによる“キック攻撃”を海外糾弾「接触を受けたように装い…」

1
サッカーにおいてGKのパントキックを妨害する行為はルール上、禁じられている。しかし、メキシコ1部ティグレスの元アルゼンチン代表GKナウエル・グスマンは、それを逆手に取って相手選手を攻撃。海外メディアは「キックによる攻撃を見舞った」と糾弾している。

ティグレスは後期リーグ戦第6節サントス・ラグーナ戦に敵地で臨んだが、前半40分に先制点を奪われると、後半21分にも失点。同32分に元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが1点を返したものの、1-2の敗戦を喫している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00247218-soccermzw-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田所属のボタフォゴ撃破で“寿司写真”投稿!? ライバル公式の「煽り」にファン激論

1
元日本代表MF本田圭佑が加入したボタフォゴは現地時間9日、リオデジャネイロ州選手権のフルミネンセ戦に臨み、0-3の敗戦を喫した。勝利を収めたフルミネンセは試合後、公式SNSに寿司の写真を投稿。ファンから「いい煽り」「小さなことをするクラブだ」と賛否両論が寄せられている。

ボタフォゴは現地時間1月31日、本田の加入を正式発表。今月に入って7日には現地入りし、熱狂的なファン約2000人がリオデジャネイロの国際空港で歓迎していた。すでにユニフォームも3万枚売れたと報じられるなど“本田フィーバー”が起こっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00245950-soccermzw-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加

乱入者に“大外刈り”、同僚の頭にキック直撃 ブラジル1部で大混乱…軍警察介入の事態

1
サッカーの公式戦では時折、観客によるピッチへの乱入が発生するが、多くの場合は選手と接触する前に沈静化が図られる。しかし今回、ブラジル1部で乱入した観客が選手と揉み合いになる事態が発生。選手が柔道技を決めて取り押さえる前代未聞の発展となっている。

事件が発生したのは、サンタカタリーナ州選手権でのフィゲイレンセ対アヴァイーの一戦。試合はアウェーのアヴァイーが2-0で勝利を収めているが、問題となっているのは後半38分、すでに2点差が付いた状態での出来事だ。フィゲイレンセのファンがフェンスを突破してピッチレベルに降り立ち、アヴァイーのベンチ前に侵入。直前に挑発行為を働いたとして、アヴァイーMFブルーノ・シウバからの謝罪を求めたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200204-00244650-soccermzw-socc
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ