Sponsored Link

オーバメヤン、古巣ミランからの接触認める。レアルへの憧れは「もう夢ない」

1
この夏にボルシア・ドルトムントからの移籍が噂されたFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、仏『RMC』の取材に応じてオファーの存在を認めた。

最も盛んに移籍の可能性を報じられていたのは、古巣でもあるミランだった。中国資本の参入で多額の資金を手にしたイタリアの名門は大型補強を敢行。その最後のピースがオーバメヤンの獲得と見られていた。

しかし、結局オーバメヤンはドルトムントに残留。ミラン復帰は実現しなかった。一連の動きについて同選手は「ミランからのオファーはあった。彼らは僕に様々なことを提案してきた。僕がここで獲得したものとさほど変わりはなかったけど、僕から主張することもできた。そしてプロジェクトにとても興味があった。でも様々な理由から何も起こらなかった」と、交渉決裂の経緯を明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00232366-footballc-socc

伊3クラブが“漁夫の利”狙う!? PSG内紛騒動でのカバーニ放出の可能性に向け準備開始か

1
パリ・サンジェルマン(PSG)でブラジル代表FWネイマールとのPK争奪戦が物議を呼んでいるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだが、関係悪化によってクラブを退団する可能性を見越して、イタリアのビッグクラブが獲得の可能性を探り出したという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

記事では「イタリアのクラブたちは、その可能性にトライする」として、カバーニが退団を決意する可能性に対して動きを始めたと報じた。カバーニはナポリ時代の2012-13シーズンに29得点でリーグ得点を獲得し、イタリアでの実績には申し分ない。そのシーズンを最後にフランスへ渡ったが、今季に加入したネイマールとの間で軋轢が生まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170922-00010012-soccermzw-socc

上海上港のビラス=ボアス監督が来季欧州帰還か…PSGの後任候補筆頭に浮上

1
中国の上海上港を率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督に、ヨーロッパへの帰還が浮上している。フランス紙「レキップ」が報じた。

同紙によると、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)は、ウナイ・エメリ監督との契約が今季限りで満了になるが、後任としてリストのトップにあるのがビラス=ボアス監督だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00010029-soccermzw-socc

レスター移籍不成立のポルトガル代表MFが一時帰国 「彼の心の奥底にはW杯の懸念が…」

1
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、今夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからポルトガル代表MFアドリエン・シウバの獲得で合意していたが、手続き完了がわずか14秒オーバーして、加入が認められない事態に陥った。

クレイグ・シェイクスピア監督は会見で、シウバを一時帰国させたと話したという。英公共放送「BBC」が報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170919-00010018-soccermzw-socc

レヴァンドフスキ、代理人にレアル移籍をリクエスト?ネックは年齢面

1
バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリード移籍に向けて動くよう代理人に指示を出したという。スペイン紙『アス』が16日付で報じた。

レヴァンドフスキは先日、ドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00643494-soccerk-socc

井手口、イングランドのリーズがオファー…ロシアW杯に導いた日本代表MF

1
サッカー日本代表MF井手口陽介(21)=G大阪=の獲得を目指し、イングランド1部(2部相当)リーズ・ユナイテッドがオファーを出していることが10日、分かった。同リーグ関係者によると、G大阪との契約解除に必要な違約金1億円(推定)を払う考えで、井手口も海外移籍に前向きなことから、早ければ今冬の移籍市場で契約が成立する可能性が高い。オーストラリア戦(8月31日・埼玉)で貴重な追加点を挙げ、ハリル・ジャパンをロシアW杯出場に導いた若き主力が海を渡る。

イングランド関係者によると、リーズ・ユナイテッドは今夏の移籍市場でもMF井手口の獲得を目指したが、Jリーグのシーズン中だったことや、移籍可能期限の問題などで契約には至らなかったという。その後も調査を続ける中で、ハリル・ジャパンで中盤の主力として定着しつつある「原石」への評価は高くなる一方。今冬の獲得を見据えてオファーを出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000037-sph-socc

マンUがグリエーズマン獲得に本腰…142億円と“憧れの選手”がつけた背番号を準備か

1
マンチェスター・ユナイテッドは、今もまだアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン(26)獲得を諦めていない。英『デイリー・スター』によると、ユナイテッドは1億ポンド(約142億2000万円)と“ある背番号”を用意しているようだ。

ユナイテッドは今夏グリエーズマン獲得に迫ったが、アトレティコが国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を受けたため、グリエーズマンが残留を決意。今夏の移籍は終息していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-01643948-gekisaka-socc

ジエゴ・コスタのロッカーと駐車場が撤去に…まだトルコ移籍の可能性も

1
『Express』は6日、「チェルシーは、ジエゴ・コスタのロッカーと駐車場のスペースを撤去した」と報じた。

今夏アントニオ・コンテ監督から戦力外通告を受けたジエゴ・コスタ。しかし、彼が求めたアトレティコ・マドリーへの復帰は叶わなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13582233/

チェルシーとアーセナル、今冬にもミュラー獲りへ?バイエルンで出場機会減

1
チェルシーとアーセナルは今冬にバイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーの獲得へ動くようだ。英『ミラー』が報じている。

この2クラブに加え、リバプールも今夏の移籍市場でミュラー獲りへ動いていたが、バイエルンに売却の意思はなく、実現しなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-01643817-gekisaka-socc

レスター、ポルトガル代表MF獲得は「14秒」間に合わず…FIFAの裁定待ちに

1
レスター・シティはポルトガルのスポルティングCPに所属するブラジル代表MFアドリエン・シウバの獲得を試みたが、手続きが移籍市場終了の期限に「14秒」間に合わなかったという。6日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

チェルシーへ移籍したイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターの穴を埋めるため、レスターは移籍市場最終日の8月31日にA・シウバの獲得を試みた。期間中に取引が完了したのかどうかは不確定だったが、翌9月1日にはレスターから同選手の獲得が発表された。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00230312-footballc-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ