Sponsored Link

柏がフルミネンセMFドジの獲得で合意と現地報道、年俸約1億円

1
フルミネンセに所属するブラジル人MFドジ(24)が、新シーズンから柏レイソルに加わることで合意したようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。

今年一杯でフルミネンセと契約が満了を迎えるドジは、チームを退団する意向を示しており、2021年からは日本でプレーすることを決めたとのこと。そのチームが柏となるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fae9debfe9565e4d6d715ccf99f0a764c4fdb33c
このエントリーをはてなブックマークに追加

イスコは他リーグ挑戦を希望か…レアル・マドリーで出番減らし1月以降の去就が不透明

1
レアル・マドリーのイスコが国外での挑戦を望んでいるようだ。

2013年からレアル・マドリーでプレーするイスコだが、近年はジネディーヌ・ジダン監督率いるチームで多くのチャンスを得られない状況が続く。今シーズンはここまで公式戦7試合に出場するが、先発出場は3試合のみで、フル出場はなく、バルセロナとの“エル・クラシコ”やチャンピオンズリーグといった重要な試合では出場機会がない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9aa8376026ea158c692699a69a2e451d2ba5dc68
このエントリーをはてなブックマークに追加

メッシが将来的に横浜に入団も!? 海外メディアがマンCの抱く“異例の10年計画”を報道

1
今夏に自らの去就問題で世間を賑わせたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。幾度となく批判に晒されてきたバルセロナの10番は、サッカー専門メディア『Goal.com』のインタビューで「僕は人生のクラブと戦争はしたくない」と21年6月の契約満了時までの残留をひとまず明言したものの、いまだそれ以降の契約に関する答えは出していない。

いまだあらゆる憶測が飛び交っているなかで、メッシの新天地先の筆頭候補とされているのが、マンチェスター・シティだ。

つい先日、英衛星放送『Sky Sports』は「ずばり年齢と財政の観点から、そのドアは完全に閉じている」と“スペイン・サッカーのエキスパート”であるセムラ・ハンター記者への取材で明らかにした。だが、複数メディアによれば、かつてバルサでメッシと共闘し、クラブとの契約を2023年6月まで延長したジョゼップ・グアルディオラ監督を中心に、稀代のクラック獲得をマンチェスター・Cは諦めていないようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2292c68a35e79bc869c76f0c8e057bbebf758bd
このエントリーをはてなブックマークに追加

フッキの次の移籍先はMLS?ベッカム氏がオーナーのインテル・マイアミ移籍か

1
かつてJリーグでもプレーした元ブラジル代表FWフッキは、今シーズン限りで中国スーパーリーグの上海上港を退団することを明言していた。その新天地にアメリカのメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが挙がっているという。スペインメディア「TODOFICHAJES」が報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49a8700815dd2110de2bf37ff58ce66c36c4c017
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラン10番チャルハノールにユーベ行きの可能性浮上 PSGを含めた3クラブの玉突き移籍か

1
セリエAで首位を走る名門ACミランには、「10番」のトルコ代表MFハカン・チャルハノールの契約延長問題が浮上している。冬の移籍市場で王者ユベントスを交えた玉突き移籍が発生する可能性を、イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5be373dc679fbaf0f1fc50408391211397d5907
このエントリーをはてなブックマークに追加

シティが1月にメッシ獲得へ 最大74億円+ガルシアのオファー提示か

1
マンチェスター・シティは来る冬のマーケットでレオ・メッシとの契約を考えており、数週間後にはFCバルセロナにオファーを出す準備を進めていると『The Sun』紙が伝えている。

イギリスの新聞によると、イングランドのクラブは、バルサとアルゼンチンのキャプテンの獲得に向けて5500万~6000万ユーロ(約67億8000万円~約74億円)の移籍金を2021年の初めに提供する予定があるという。

https://news.livedoor.com/article/detail/19252411/
このエントリーをはてなブックマークに追加

フッキが中島翔哉の同僚に? 古巣ポルトが年俸150万ユーロを準備と現地報道。オファーは「コンセイソン監督の決断次第」

1
中国の上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキが、ポルトガルの古巣に復帰する可能性があるようだ。

ポルトガル現地紙『O Jogo』によれば、フッキは契約が切れる12月31日に上海上港を退団する見通し。すでに自身のSNSでも別れを示唆するメッセージを発信しており、中国を去るのはほぼ確実とみられている。

では、次はどこに向かうのか。これまでに母国パウメイラスやMLS、プレミアリーグなどのクラブも関心が報じられているが、古巣のポルトも獲得を検討しているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/077dc2a06284c5c52a7bd513ab1aa57a878ea02e
このエントリーをはてなブックマークに追加

PSGやマンU復帰が候補に挙がるなか、C・ロナウドは“プレミアのポルトガル代表”へ?

1
トリノから遠く離れたクリスティアーノ・ロナウドの将来について、ここ数週間で多くの憶測が飛び交っている。SPORTでも取り上げたように、ユヴェントスは2018年にレアル・マドリーへ支払った1億ユーロの一部を回収しようと、2022年6月に満了する同選手の契約更新を提示せず、来夏での放出を検討している。

ロナウドが受け取るシーズン3100万ユーロの年俸は、セリエA最高給であり、新型コロナウイルスによる危機の時代に、クラブの大きな負担となっている。そして現在、35歳のポルトガル人選手は、パリ・サンジェルマンや古巣にあたるマンチェスター・ユナイテッドと関連付けられている。

https://news.livedoor.com/article/detail/19214442/
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドの次期指揮官は、やはりポチェティーノ!?「代理人と接触した」とマンチェスター地元紙が報じる

1
トッテナムを辞任した後、約1年間フリーだったアルゼンチン人指揮官の新天地が、決まりつつあるのだろうか。

現地時間11月5日、イングランドのマンチェスター地元紙『Manchester Evening News』は、「マンチェスター・Uはマウリシオ・ポチェティーノの代理人に監督就任を打診した」と速報で報じた。同クラブは、前日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ第3節でトルコのバジャクシェヒルに1-2で敗れ、今シーズン9敗目を喫した。

結果はもちろんのこと、国内外のメディアやユナイテッドOBも涙ながらに嘆くほど、試合内容が“悲惨”だったことが決め手となったようだ。同紙は「ユナイテッドのマネジメントは、オレ・グンナー・スールシャール現監督に代えて、ポチェティーノの就任を視野に入れて代理人と接触した」と伝えた。実はこれまでも水面下では接触を繰り返しており、「本格的な交渉にシフトしていくだろう」と見解を綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb2db8fae68c4dde13867425cde7c770e27952d7
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FCの19歳FW斉藤光毅、ベルギー2部ロンメルに完全移籍 将来的な“マンC入り”視野

1
横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)が今冬、ベルギー2部ロンメルに完全移籍することが4日までに分かった。近く正式に発表される見通しで、移籍金は200万ポンド(約2億7000万円)にも上るという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b5f4252b29f19edfbbc9edb8d293ae7e1e047ce
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ