Sponsored Link

レアルがザルツブルク19歳FW獲得に照準か スペイン紙「ロドリゴや久保のように…」

1
レアル・マドリードが未来のスター候補生であるザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドの獲得に乗り出す構えのようだ。スペイン紙「AS」が報じた。

現在19歳のホランドは、日本代表MF南野拓実も所属するザルツブルクでブレーク中だ。今季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でのデビュー戦ハットトリックを含め、公式戦11試合で18得点と大暴れしており、ビッグクラブの注目の的となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00222853-soccermzw-socc

ケパの“失敗”を二度と繰り返さず?レアル・マドリー、1月のエリクセン獲得に本腰

1
レアル・マドリーは、2018年に犯した“失敗”を二度と繰り返さない構えのようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

今季はジネディーヌ・ジダン監督体制で、エデン・アザールやルカ・ヨヴィッチら大型補強を敢行してシーズンをスタートさせたレアル・マドリー。ここまでラ・リーガでは8試合を終えて無敗を継続。勝ち点18で、ライバルのバルセロナ(同16)やアトレティコ・マドリー(同15)を抑えて首位に立っている。

リーグ戦では順調な結果を手にしているが、下位チーム相手に不安定な戦いを見せることも多く、中盤に選手を加える必要性が騒がれている。今夏には、ジダン監督の最優先ターゲットであったポール・ポグバの獲得に失敗。そのため、1月のマーケットで再び中盤強化に動くことが伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00010024-goal-socc

ラキティッチ、バルサ退団も視野に? 「この現状が変わらないのであれば…」

1
バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、自身の去就について言及した。9日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

2014年にセビージャから移籍して以来、レギュラーとしてバルセロナの中盤を支えてきた同選手だが、今シーズンはここまで公式戦187分の出場に留まっている。これは昨シーズンの同時期より631分も少ない数字で、ラキティッチはこの現状について、以下のように語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00988308-soccerk-socc

レアル退団希望ベイル…選択肢少なく年俸の大幅減も

1
8日に欧州チャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦での招集外に不満を持っていること、そしてクラブの信頼を感じていないことにより、来夏のレアル・マドリード退団を希望していると報じられたウェールズ代表ガレス・ベイル(30)について、スペイン紙アスがその移籍先の選択肢が非常に少ないことを9日に伝えている。

移籍の最大の問題点は手取り1450万ユーロ(約17億1000万円)という非常に高額な年俸となっている。ベイルの獲得を希望するクラブは年間で税込約3000万ユーロ(約35億4000万円)の支出が必要になるのである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-10090852-nksports-socc

シティ、今季限りで退団濃厚のシルバ後釜にノルウェーの神童に関心か

1
マンチェスター・シティが、レアル・マドリーからレンタルでソシエダに加入しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)に関心を示しているようだ。スペイン方面の情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2010年夏に加入以降、攻撃のタクトを振るってきた元スペイン代表MFダビド・シルバが今シーズン限りで退団することを明言しているシティ。そこで、シティは長期的な後継者として、ウーデゴールの動向に視線を注いでいるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00362482-usoccer-socc

新米パパとなったイタリア人DFが無所属の現状に焦り「必要としてくれるクラブがあるなら…」

1
昨季限りでメルボルン・ヴィクトリーを去り、現在無所属の本田圭佑は先日、マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにSNSを通してメッセージを送るなど“求職活動”をしていたことが大きな話題になった。だが無所属の状態が続き、新シーズンになって焦りを感じているのは元日本代表MFだけではないようだ。

昨季限りでマインツと契約満了になったイタリア人DFジュリオ・ドナーティも、同じく契約先が見つからずフリーの状態。そんな中でも故郷のイタリア・トスカーナで調整しながら、契約先を探しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00010045-goal-socc

トットナム司令塔エリクセン、来夏に“移籍金ゼロ”で退団か 「簡単に進めば良かったが…」

1
トットナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは今夏にレアル・マドリードへの移籍が噂されたが、実現はしなかった。クラブとの契約が残り1年を切った司令塔は、今季終了後に移籍金のかからないフリートランスファーでチームを去る可能性が高まったようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

「トットナムはクリスティアン・エリクセンが来年1月の売却を拒否し、マウリシオ・ポチェッティーノがさらにフラストレーションを溜めてしまうことを怖れている」

記事では注目されるエリクセンの去就問題についてこのように報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00219987-soccermzw-socc

レアル、PSG戦の完敗を受け新監督にトッテナム指揮官招へいか

1
レアル・マドリードの新指揮官候補にトッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が浮上しているようだ。スペイン紙『アス』が伝えている。

レアル・マドリードは今夏、ベルギー代表MFエデン・アザールやフランス代表DFフェルランド・メンディ、セルビア代表FWルカ・ヨヴィッチらを獲得し、新シーズンが始動。

しかし、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節パリ・サンジェルマン戦で0-3と完敗。プレシーズンの結果も芳しくなかったことから、フロレンティーノ・ペレス会長は、早くもジネディーヌ・ジダン監督を解任し、後任を探していると報じられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00982873-soccerk-socc

レアルの新監督は? ジダンの後任候補3人をスペイン紙が名指し、クラブOBも浮上

1
UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節で主力を欠くパリ・サンジェルマン(PSG)に0-3と完敗し、ジネディーヌ・ジダン監督の周囲が騒がしくなっている。

スペイン紙「マルカ」は、後任候補として3人の名前を報じたが、その中にはジダン監督とともに銀河系軍団の一員として活躍したレアルOBの元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス氏の名前も含まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00218880-soccermzw-socc

ベッカムオーナーのインテル・マイアミ、目玉選手はシティから獲得?

1
2020年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)に参入する予定で、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミの目玉選手が決まったようだ。イギリス『インペンデント』と報じた。

ベッカム氏のクラブの目玉選手として獲得が期待されるのは、今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するスペイン代表MFダビド・シルバ(33)とのこと。来夏の加入する可能性が高いとみられている。

シルバはすでに今シーズン限りでシティを退団することが発表されており、プレミアリーグの他クラブに移籍することはないと主張。現役引退はないとし、新天地が注目されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00361824-usoccer-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ