Sponsored Link

ドルトムントで大活躍の新FWバチュアイ「買い取りオプションなし」…痛恨の理由は?

1
1月の移籍市場にチェルシーからドルトムントに移籍してきたベルギー代表FWミチー・バチュアイは公式戦2試合で2得点1アシストと大活躍している。

アーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの後継者として才能を発揮している若武者だが、今回のレンタル移籍に買い取りオプションがついていない。移籍マーケットで多大な利益を得てきたドルトムントにとっては痛恨の事態とも言えるが、そこには理由があった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00010013-soccermzw-socc

モウリーニョ、デ・ヘアの移籍を完全否定「最高の選手を出すつもりはない」

1
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、GKダビド・デ・ヘアの移籍を否定している。

マンチェスター・Uで不動の地位を築くデ・ヘアには、レアル・マドリーが長年関心を抱いていると言われている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000019-goal-socc

過熱する移籍報道を気にしないプリシッチ「自分の仕事に集中するだけ」

1
ドルトムントに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが『ESPN』のインタビューに応じている。

マンチェスター・ユナイテッドのファンである19歳のアメリカ代表MFは、ビッグクラブからの興味に喜びつつも、現実的な姿勢を見せている。

「僕は子供の頃からユナイテッドのファンだし、彼らが僕を評価してくれるなんて本当に名誉なことだよ。プレミアリーグは世界最高峰のリーグだし、チャンスがあればもちろんプレーしてみたいね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000012-goal-socc

元J得点王のピーター・ウタカ、新天地はデンマーク2部か。トルコ合宿に合流

1
昨年までFC東京でプレーし、契約満了と共にレンタル元のサンフレッチェ広島から退団したピーター・ウタカの新天地はヨーロッパになりそうだ。

デンマークメディア『ボールド』などによれば、ウタカは同国2部のヴァイレBKのトルコ合宿に合流したという。確かに選手本人もトルコのアンタルヤに滞在し、どこかのクラブのプレシーズンマッチを観戦している様子をインスタグラムで公開していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180208-00255282-footballc-socc

レアルFWベンゼマを巡り争奪戦!? マンU&アーセナルが獲得準備へコンタクト開始

1
レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマに対し、プレミアリーグの強豪2クラブが獲得の可能性を探り、すでにコンタクトを取っているという。スペインメディア「ディアリオ・ゴル」が報じている。

ベンゼマはウェールズ代表FWギャレス・ベイル、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとともに、看板3トップ「BBC」の一角として一時代を築いてきた。しかし、近年では決定機でのシュートミスにより、サポーターやメディアから批判の対象とされてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180208-00010013-soccermzw-socc

解任危機のコンテ監督 チェルシーが元バルサ指揮官L・エンリケの招聘を画策か

1
プレミアリーグの昨季王者チェルシーは、現地時間4日の第26節ワトフォード戦で1-4と完敗を喫するなど、本来の調子を取り戻せないままシーズン後半戦を迎えている。

解任危機が叫ばれるアントニオ・コンテ監督の後任候補に注目が集まり始めているが、スペイン紙「スポルト」はバルセロナの前監督であるルイス・エンリケ氏の招聘にクラブが動いていることを報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180208-00010015-soccermzw-socc

ユベントスのディバラ、自宅の賃貸契約を更新せず?バルサ移籍の布石か…

1
ユベントスのサポーターにとっては、やや気になるニュースだ。

イタリアの週刊誌『Chi』の報道として『Corriere dello Sport』紙が伝えたところによると、パウロ・ディバラが今シーズン終了後の移籍に向けて準備を進めているという。

報道の内容は、ディバラがトリノにある自宅の賃貸契約を更新しなかったというもの。もちろん、ただの引っ越しである可能性もあるが、『Chi』誌はディバラが今シーズン限りでの移籍を望んでおり、新天地は以前から強い関心が噂されるバルセロナになるのではないかと報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180208-00035437-sdigestw-socc

コンテ解任間近と予想されるチェルシー。アンチェロッティが7年ぶり復帰も?

1
チェルシーのアントニオ・コンテ監督は解任の時が迫っているとみられており、後任としてはルイス・エンリケ氏やカルロ・アンチェロッティ氏が候補だと予想されている。英紙『ガーディアン』などが伝えた。

就任1年目の昨季はいきなりプレミアリーグ優勝を成し遂げたコンテ監督だが、今季は首位マンチェスター・シティに大差をつけられ、連覇は非常に難しい状況。さらに、選手補強の方針をめぐってクラブと意見が対立し、関係が悪化しているとみられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00254943-footballc-socc

ドルトムント19歳MFプリシッチの争奪戦が過熱…独英3クラブがリードと英紙報道

1
MF香川真司とドルトムントで同僚のアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチは、ビッグクラブから関心を寄せられる次代のスター候補筆頭と言えるタレントだ。冬の移籍シーズンは終わったが、英メディアは独英合わせて3つのビッグクラブが19歳の才能に熱視線を送っていると報じている。

「マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、バイエルン・ミュンヘンがボルシア・ドルトムントのワンダーキッド、クリスティアン・プリシッチ争奪戦をリード」

こう報じたのは英紙「ザ・サン」だ。ドルトムントが発掘した新たなスター候補は、引く手あまたの存在となっているが、移籍先の有力候補はこの3クラブだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00010025-soccermzw-socc

柴崎所属のヘタフェに救世主!? “実業家”の顔を持つ元フランス代表MFが現地入り

1
日本代表MF柴崎岳が所属するスペイン1部ヘタフェが、元フランス代表MFマテュー・フラミニを獲得することが分かった。スペインラジオ局「カデナ・セール」が報じた。前節セビージャ戦で負傷したMFマルケル・ベルガラの代役として期待される。

ヘタフェは1-1で引き分けた現地時間1月28日のセビージャ戦で、ボランチのレギュラーであるベルガラが負傷。スペイン紙「マルカ」によれば、左足中足骨の骨折により3カ月の離脱になるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00010018-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ