Sponsored Link

パリSGがフランスカップ3連覇!アンジェ奮闘も終了間際に力尽きる

1

クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)決勝が27日に行われ、アンジェとパリ・サンジェルマンが対戦した。

今シーズンのリーグ・アンで12位のアンジェと2位のパリ・サンジェルマンによる一戦。アンジェはこれが実に60シーズンぶりの決勝進出に。一方、パリ・サンジェルマンはこの大会を制すればクープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ)に続いて今シーズン2つ目のタイトル獲得となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00593526-soccerk-socc

7度目のFA杯制覇で意地のベンゲル…来季去就は「水曜日か木曜日に明らかになる」

1

アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は現地時間27日に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を2-1で制して2季ぶりの優勝を果たした。クラブとして史上最多13度目、そして個人としても最多となる7度目の王座に就いたフランス人指揮官は今季限りで契約満了となるが、試合後に注目の去就について「水曜日か木曜日に明らかになる」と語った。英紙「ザ・サン」が報じている。

【スコア】
アーセナル 2-1 チェルシー
【得点者】
1-0 4分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
1-1 76分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
2-1 79分 アーロン・ラムジー(アーセナル)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00010002-soccermzw-socc

バルサが国王杯3連覇!…最多29回目の優勝でエンリケ監督の有終の美を飾る

1

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝が27日に行われ、バルセロナとアラベスが対戦した。

3連覇を狙うバルセロナとクラブ史上初の決勝進出を果たしたアラベスが激突。リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグのタイトルを逃したバルセロナは、今シーズン限りでルイス・エンリケ監督の退任が決まっているため、カップ制覇で有終の美を飾りたいところ。

【スコア】
バルセロナ 3-1 アラベス
【得点者】
1-0 30分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
1-1 33分 テオ・エルナンデス(アラベス)
2-1 45分 ネイマール(バルセロナ)
3-1 45+3分 パコ・アルカセル(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00593416-soccerk-socc

香川真司、一部独紙はポカール決勝でのプレーを高く評価「とても目立った」

1

27日、ボルシア・ドルトムントはフランクフルトを2-1で下し、DFBポカールを制した。このラストマッチでフル出場を果たした日本代表MF香川真司を地元紙『WAZ』が高く評価している。

香川はこの一戦では主に中盤の深い位置でプレー。16分にはフランクフルトが仕掛けるカウンター攻撃をタックルで阻止するなど守備の面でも貢献している。後半には前線に現れ、ゴールに近づく場面も見られたが、この日は決定的なプレーは多く見られず、守備と攻撃をつなげるボランチに近い役割に専念していたようだ。

【スコア】
フランクフルト 1-2 ドルトムント
【得点者】
0-1 8分 ウスマン・デンベレ(ドルトムント)
1-1 29分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-2 67分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000000-goal-socc

ユーヴェが史上初のコッパ・イタリア3連覇!ラツィオ撃破で12回目の優勝達成

1

コッパ・イタリア決勝が17日に行われ、ユヴェントスとラツィオが対戦した。

史上初の3連覇を目指すユヴェントスと、2012-13シーズン以来の優勝を狙うラツィオの一戦。ユヴェントスはGKジャンルイジ・ブッフォンがベンチに座り、大会を通じてゴールマウスを守ってきたGKネトが先発。そのほかFWパウロ・ディバラやFWゴンサロ・イグアインが起用された。対するラツィオはMFルーカス・ビリアやFWケイタ・バルデ・ディアオ、FWチーロ・インモービレらが先発に名を連ねた。

【スコア】
ユヴェントス 2-0 ラツィオ
【得点者】
1-0 12分 ダニエウ・アウヴェス(ユヴェントス)
2-0 25分 レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00588742-soccerk-socc

C大阪DF丸橋が驚き65メートル入っちゃった弾

1
<ルヴァン杯:C大阪1-0新潟>◇1次リーグ◇10日◇金鳥スタ

セレッソ大阪がDF丸橋祐介(26)の推定65メートル弾で勝ち点3をもぎ取った。

0-0の後半34分。GKからボールを自陣左サイドで受けた丸橋は、一気に前線へロングフィード。FWリカルド・サントス(30)が必死に伸ばした右足をわずかに越える。しかし、相手GKの前でワンバウンドしたボールが、そのままゴールに吸い込まれた。

 「(こういうゴールは)今までないですね。ちょっと大きいかなと。喜んでいいのかも分からなかったけど、みんな来てくれたので喜びました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-01821336-nksports-socc

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出

1
26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。

リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000031-goal-socc

南野拓実が2ゴールの活躍、ザルツブルクは5発快勝で国内杯決勝へ

1
オーストリアカップの準決勝が26日に行われ、FW南野拓実の所属するザルツブルクはアドミラに5-0で快勝した。先発した南野は2得点を挙げる活躍。6月1日の決勝進出へ貢献した。

先発した南野が仕事を果たした。まずは開始7分、味方のスルーパスからPA内右へ抜け出すと、GKとの1対1から右足でネットを揺らした。

さらに4-0で迎えた後半42分にはダメ押しの5点目を記録。味方からの浮き球でPA左へ抜けると頭で落とし、最後は左足でシュートを決めた。チームは5-0で勝利。決勝行きを勝ち取った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01639149-gekisaka-socc

出番なしの香川、独杯決勝進出は「素直に嬉しい」…タイトル獲得誓う

1
DFBポカール準決勝が26日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司所属のドルトムントが対戦。ドルトムントが3-2と競り勝ち、4年連続の決勝進出を決めた。

 ベンチスタートの香川には出場機会が訪れなかったが、同選手は試合後に「素直に嬉しいです」と決勝進出の喜びを語っている。

【スコア】
バイエルン 2-3 ドルトムント
【得点者】
0-1 19分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 28分 ハビ・マルティネス(バイエルン)
2-1 41分 マッツ・フンメルス(バイエルン)
2-2 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-3 74分 ウスマン・デンベレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00580765-soccerk-socc

プロ初ゴールから一気にハット達成!東京五輪世代のエース、磐田FW小川「3点取れたことは自信につながる」

1
[4.26 ルヴァン杯GL第3節 磐田 3-1 FC東京 ヤマハ]

東京五輪世代のエースがプロ初ゴールから一気にハットトリックを達成し、その勝負強さを見せつけた。

26日、ジュビロ磐田はルヴァン杯グループリーグ第3節でホームにFC東京を迎えた。先発出場したFW小川航基は前半11分、MFアダイウトンのヘディングシュートのこぼれ球を左足で押し込み、先制点。「グラウンドもスリッピーだった。こぼれてくるところを狙うというのがフォワードの仕事だと思っているので、いい形だった」。19歳FWがプロ2年目で待望のプロ初ゴールを決め、渾身のガッツポーズを披露した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-01639135-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ