Sponsored Link

「すっきりした感じではない」心境も長谷部誠は新シーズンへ「自分の真価が問われる」

1
2018 FIFAワールドカップ ロシアを最後に日本代表を引退した長谷部誠が16日、浜松市で自身のサッカースクール「MAKOTO HASEBE SPORTS CLUB」の交流戦を開催。年中から小学校6年生の子どもたちが参加した。長谷部はコーチを務めるとシュート練習を指導するなど、猛暑の中スクール生たちとの交流を楽しんだ。

スクールの最中、メディアの取材に応じた長谷部は「ワールドカップの注目度はやはりすごいなと。子どもたちもよく見ていて、色々な話をしました。『ワールドカップに出たい!』という子どもたちも多くいたので嬉しかったです」と話した。

コロンビア代表にリベンジを果たし、ベルギー代表を追い詰めたロシアW杯。長谷部の地元・静岡県のみならず、大きな感動を日本中に届けた。それでも、一抹の悔しさは拭い切れないようで、「ベスト8に行けなかった悔しさもある。『全てが良かった』とすっきりした感じではないです」と、大会後の心境を話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00794678-soccerk-soccc

長谷部誠、本田圭佑とは言い合うこともあったが…「同じ時代にサッカーができて幸せ」

1
8日放送、TBS「S☆1」では、サッカー日本代表からの引退を表明した長谷部誠にインタビュー。ロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退したキャプテンの責任や重圧を伝えた。

大会前から代表引退を決めていたという長谷部。「心の支えになっていた」代表だけに「喪失感がとてつもない」としつつ、「やりきったという清々しい気持ちもある」という。

主将就任後は「個人よりもチームにフォーカスすることが断然多くなった」が、そのためには「結局自分のパフォーマンスも上げていかなければ、ほかの選手からの信頼とか発言力という部分では、求心力もなくなってくる」「それが自分のプレーにも反映される」と明かした。

http://news.livedoor.com/article/detail/14983911/

長谷部が選ぶW杯名場面…チームが一丸となった「ポーランド戦後のミーティング」

1
ロシアW杯でベスト16に進出したサッカー日本代表の主将を務めたMF長谷部誠(34)=E・フランクフルト=が8日、フジテレビの特番「ベスト4決定!!生放送FIFAワールドカップ」に事前収録で出演。自身が選ぶ今大会での日本代表の名場面に、ポーランド戦(6月28日・ボルゴグラード)後のミーティングを挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000143-dal-socc

長谷部の代表引退に独公式が特集動画を投稿 「ブンデスでさらに素晴らしい瞬間を…」

1
2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)から3大会連続でキャプテンを務めた日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は、18年ロシア大会を最後に代表引退を表明した。

10年以上プレーするブンデスリーガの公式ツイッターも特集動画で、長谷部の幕引きを伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180708-00120222-soccermzw-socc

長谷部誠が“日本代表主将”として最後の仕事「喪失感はすごいです」

1
2018 FIFAワールドカップ ロシアでの戦いを終えた日本代表が5日に帰国し、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、日本代表の西野朗監督、MF長谷部誠の3人が記者会見を行った。

キャプテンとして日本代表をけん引した長谷部は、「本当に日本中の方々、現地に足を運んでくれた方、日本で応援してくれているのも耳に届いていました。今日も空港で出迎えてくれました。選手冥利に尽きると思います。ありがとうござました」と、選手を代表して感謝を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00789437-soccerk-socc

代表引退の“心整っている”長谷部誠へ…長友「キャプテンの概念が変わった」

1
日本代表DF長友佑都が、同代表引退を表明したMF長谷部誠へメッセージを送った。

34歳の長谷部は2006年2月にA代表デビュー。歴代5位の国際Aマッチ114試合に出場し、通算2得点だった。2010年南アフリカW杯の直前にゲームキャプテンを任され、2014年ブラジルW杯、2018年ロシアW杯と3大会連続でキャプテンを務めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655940-gekisaka-socc

長谷部誠、日本代表引退を表明「ひとつの区切り」…主将としてW杯3大会出場

1
日本代表MF長谷部誠が7月3日にインスタグラムを更新し、代表チームからの引退を表明した。

日本は2日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に2-3と逆転負け。史上初のベスト8進出は叶わず、敗退が決まった。

涙の敗退から一夜、長谷部がインスタグラムを更新。自身の写真とともに、以下のように記している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00788705-soccerk-socc

長谷部誠「チーム全員が1つとなった」…MTGに代表スタッフ全員が参加

1
日本代表は29日、ベースキャンプ地のカザンで18時から練習を開始した。公開されたのは冒頭15分のみ。ポーランド戦のスタメン組に加えて、長谷部誠と大迫勇也はピッチに姿を見せなかった。

練習後、長谷部は「試合に出た選手は(室内で)という感じだった。僕はあまり出ていないのですが、ちょっと多めにやりました」と説明。なお、痛みなどはないとのことだ。

約30分間のミーティングには代表チームスタッフ全員が参加したという。長谷部は「同じ方向を向いてやろう」という内容だったと話し、「代表チームとしてはもう次に向かっている感じはありますけどね」と付け加えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000021-goal-socc

長谷部誠、終盤の戦い方を釈明「見ている方にはもどかしいけど、これが勝負の世界」

1
日本代表は28日、ロシア・ワールドカップグループH第3節でポーランド代表と対戦し、0-1で敗れるも2位でグループリーグを突破した。試合後、長谷部誠がフラッシュインタビューに応じた。

セネガル戦から大幅に先発6選手を変更して試合に臨んだ日本は、序盤からポーランドと好勝負を演じる。32分には相手に決定的なシュートを放たれたが、川島がビッグセーブで失点を阻止。0-0で迎えた後半、日本は59分にセットプレーからヤン・ベドレナクに決められて先行を許し、そのまま敗戦。それでも、他会場でコロンビアがセネガルに1-0で勝利。得失点と総得点でも並んだセネガルと2位争いになった結果、フェアプレーポイント(警告数)で上回り、日本が決勝トーナメント進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00010009-goal-socc

長谷部が海外メディア「W杯第2戦ベスト11」に選出! ケイン、モドリッチらと“競演”

1
ロシア・ワールドカップ(W杯)はグループリーグ第3戦に突入するなか、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版が第2戦のベストイレブンを選定。セネガルと2-2で引き分けた日本からは、キャプテンのMF長谷部誠がセントラルMFの一人として名を連ねた。

ロシアW杯は現地時間24日までにグループAからHまでの第2戦が全て終了。強豪アルゼンチンがクロアチア相手に0-3で敗れるなどの波乱も起き、ポーランドやモロッコなど第3戦を待たずにグループリーグ敗退が決まる国も出ている。

そうしたなか、日本は初戦のコロンビア戦で2-1と勝利したの続き、セネガル相手にも2-2で勝ち点1を確保。決勝トーナメント進出に向けて前進している。

その日本から長谷部がベストイレブンに選ばれた。背番号17のキャプテンはセネガル代表FWエムバイェ・ニアングの肘打ちを顔面に食らい鼻から出血する場面がありながらも、攻守に精力的に動き、チームの勝ち点獲得に貢献した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180626-00115648-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ