Sponsored Link

長谷部誠が代表離脱でUAE戦回避 左膝治療を優先

1
日本協会は20日、左膝手術の可能性が浮上していた日本代表MF長谷部誠(33=フランクフルト)が、W杯ロシア大会アジア最終予選でUAE遠征中のチームから離脱すると発表した。

11日のBミュンヘン戦で痛めた左膝について、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)やメディカルスタッフに報告するため、19日(日本時間20日)にドイツから代表宿舎へ到着。自力で歩きながら「話し合うために来た」と説明していたが、その後の診察の結果、23日UAE戦の強行出場は断念し、治療を最優先する方針を固めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-01795232-nksports-socc

長谷部欠場のフランク、HSVとドローで連敗ストップ…酒井高はボランチでフル出場

1
ブンデスリーガ第25節が18日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトと同代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVが対戦した。長谷部は同日に左足負傷による離脱が発表されており、同試合を欠場。酒井は守備的MFで先発出場した。

【スコア】
フランクフルト 0-0 ハンブルガーSV

※長谷部は即手術ではなく内視鏡検査のため離脱http://qq1q.biz/Cnqx
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00564442-soccerk-socc

フランクフルト長谷部誠が不調のチームを分析…目標達成まで残り「勝ち点5」

1
フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はブンデスリーガ公式サイトのインタビューに応じ、今シーズンの目標などについて語っている。

2015-16シーズン、降格争いの末になんとか降格を免れたフランクフルトだが、2016-17シーズンは上位に食い込み欧州カップ戦への出場権獲得を争っている。しかし、現在はブンデスリーガ5連敗と調子を落とし、不調の真っ只中だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000003-goal-socc

コヴァチ監督、長谷部誠の復帰は「水曜か、遅くとも木曜」

1
週末には重要なハンブルク戦を迎えるアイントラハト・フランクフルト。ニコ・コヴァチ監督は、試合について「ハンブルクはとても精力的だし、対人戦に積極的に臨んでくるチームだ。それに素晴らしい雰囲気が後押しすることだろう。タフな試合となるよ」と予想した。

また最近ではバイエルン戦での前半をはじめ、フランクフルトはなかなか得点チャンスを活かせない場面がしばしば見受けられているところだが、指揮官は「恐らくは最後の詰めが甘いのだろう。しっかりと決まるまで集中を欠かさないようにしないと」とコメント。

http://news.livedoor.com/article/detail/12803354/

闘志溢れる長谷部のプレーにドイツ王者も感銘…名門バイエルンが「偉大な献身」と異例の賛辞

1
フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は現地時間11日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦(0-3)で相手のドイツ代表FWトーマス・ミュラーのループシュートをクリアした際、ゴールポストに激突するアクシデントで負傷交代となった。

バイエルンは公式ツイッターで闘志溢れる長谷部のプレーを「偉大な献身」と異例の賛辞を送っている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00010009-soccermzw-socc

長谷部、執念のクリアも負傷交代…チームもバイエルンに3失点完敗でリーグ戦5連敗

1
現在リーグ戦4連敗と苦戦しているフランクフルトは、11日に首位バイエルンとアウェイで対戦。フランクフルト所属の日本代表MF長谷部誠はこの試合も3バックの真ん中で先発している。

【スコア】
バイエルン 3-0 フランクフルト
【得点者】
1-0 38分 レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-0 41分 ドウグラス・コスタ(バイエルン)
3-0 55分 レヴァンドフスキ(バイエルン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00010001-theworld-socc

香川、原口、長谷部はスタメン、武藤はベンチスタート…ブンデスリーガ第24節、先発メンバー発表

1
ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は11日に行われるブンデスリーガ第24節ヘルタ・ベルリン戦で、ローテーションを採用する意向であると明かした。公式戦9試合連続ベンチスタートの日本代表MF香川真司に出番は訪れるのだろうか。

トゥへル監督は試合の前日記者会見に出席。ヘルタとの上位直接対決は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のベンフィカとの本拠地第2戦(4-0)から中2日でのゲームとなる。「フレッシュさをもたらし、チームのレベルを維持するためにこれまでスタメン入り間近だった選手たちが先発するだろう」と選手の入れ替えを示唆している。

ヘルタ戦後の来週14日には、延期となっていたDFBポカール準々決勝の3部シュポルトフロインデ・ロッテ戦、17日にリーガ25節のインゴルシュタット戦が控える。さらに直後には2週間の代表ウィークに突入するなど、主力選手の大半は休みなく戦うことになるため、その辺りの事情を考慮した選手起用となりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00010006-soccermzw-socc

長谷部誠が“手本選手”を明かす「彼はどこでもプレイできます、多分GKは無理だと思いますが」

1
日本代表のシンボルともいうべき男の憧れは、やはりリーダーシップに優れたオールラウンダーだった。ドイツのフランクフルトでプレイする重鎮長谷部誠が、自身のアイドルについて言及している。

2014年より在籍する現チームでニコ・コバッチ監督の下、絶大な信頼を寄せられている長谷部は、怪我人や離脱者といったチーム事情に合わせ、柔軟に複数ポジションも難なくこなすなど、その高いユーティリティー性を披露。とりわけリベロの位置ではその優れた戦術眼を遺憾無く発揮する日本のキャプテンが、独紙『Bild』のインタビューに応じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00010028-theworld-socc

ブンデス新記録…そもそも、なぜ長谷部誠は常に試合に出ているのか

1
ブンデスリーガ第23節。ホームでのフライブルク戦で先発に名を連ねたフランクフルトの長谷部誠は、これで通算出場試合数を235試合とし、奥寺康彦氏の持つブンデスリーガ日本人選手最多出場記録を更新した。1-2で敗れたということもあり、試合後の長谷部はいつも通りだった。

「特にいつもと変わらず、ですね。今まで記録自体、それほど意識したことがなかったので。ただ、今日もこの前もそうですけど、チームの結果がすべてなので、そういう意味では嬉しさというのは全くないです」

先週は多くのドイツメディアが長谷部の記録について報じたが、新記録達成はそれほど話題になっていない。ブンデスリーガとクラブの公式メディアが長谷部の記録更新を報じたぐらいだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00010008-sportiva-socc

長谷部が日本人最多出場記録更新も…フランクフルトは逆転負けでリーグ4連敗

1
ブンデスリーガ第23節が5日に行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトとフライブルクが対戦した。長谷部は16試合連続で先発に名を連ね、日本人選手のブンデスリーガ最多記録となる235試合目の出場を果たした。

【スコア】
フランクフルト 1-2 フライブルク
【得点者】
1-0 11分 ブラニミル・フルゴタ(フランクフルト)
1-1 25分 フローリアン・ニーダーレヒナー(フライブルク)
2-1 59分 フローリアン・ニーダーレヒナー(フライブルク)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00559374-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ