Sponsored Link

香川フル出場、ドルトムントがヴィレムIIとのテストマッチで勝利

1
明日の土曜日にスペイン・マルベリャでの冬季キャンプを打ち上げるボルシア・ドルトムントは、その前日に2津のテストマッチを実施。前半戦では選手たちへ実戦経験を積む場としても活用し、その最初のテストマッチであるウィレムII戦では前回デュッセルドルフ戦で欠場していたトーマス・デラニーアブドゥ・ディアロが前半のみ出場。

また香川真司ら前半戦であまり出場機会を得られていなかった選手がフル出場しており、ジェレミー・トルヤンは後半からCBとして投入。若手CBピーパーをボランチにあげて、ラシュルとの若手コンビを形成するなどの対応を行なっている。

ドルトムント: ヒッツ - ヴォルフ, ピーパー, ディアロ (46.トルヤン), ハキミ - ラシュル, デラニー (46.ブルニッチ) - サンチョ, 香川真司, ブルーン・ラーセン (61.ゴメス) - イサク

http://news.livedoor.com/article/detail/15861537/

長谷部所属フランクフルト、サンパウロにテストマッチで勝利

1
現在アメリカにて冬季キャンプを行なっているアイントラハト・フランクフルトは、現地時間の木曜日にフロリダカップ初戦サンパウロFCと、セントピーターズバーグにあるアル・ラング・スタジアムで対戦。試合には2000人の観衆が訪れた。

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は3-5-2システムを採用。そこのボランチにはフェルナンデスが入り、負傷から回復した長谷部誠とダヴィド・アブラームは、そろって3バックの一角として先発出場している。

フランクフルト前半:
トラップ - アブラーム, 長谷部誠, ヌディカ - ダ・コスタ, フェルナンデス, コスティッチ - デ・グズマン, ウィレムス - ホルゴタ, レビッチ

フランクフルト後半:
レノウ - ルス, サルセド, ファレット - ホルゴタ, ローデ, タワサ - ファビアン, シュテンデラ - ハーラー, ジョヴィッチ

http://news.livedoor.com/article/detail/15860577/

コパ・アメリカの試金石に!? アジア杯参戦中の森保ジャパン、3月の親善試合でボリビアと対戦か

1
現在、UAE(アラブ首長国連邦)で開催されているアジアカップに参戦中の日本代表だが、森保一監督率いるチームにとって次の公式大会となるのが、6月14日~7月7日にブラジルで開かれるコパ・アメリカ(南米選手権)だ。その準備の一環として、3月に南米のボリビアとの対戦が浮上している。

南米サッカー連盟(CONMEBOL)公式サイトは9日、「(ボリビア)代表は3月の国際マッチデーで日本と対戦する」というボリビアサッカー連盟のフレディー・テジェス事務局長のコメントを伝えた。同国のコチャバンバにある同連盟の理事会後、メディアに語ったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00052553-sdigestw-socc

バルセロナが7月に日本で神戸、チェルシーと親善試合 スペイン紙が報じる

1
サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが2019年7月に日本でJ1神戸、イングランド・プレミアリーグのチェルシーと親善試合を行うと31日までにバルセロナ拠点のスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボが報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000083-dal-socc

J1神戸、米国プレシーズンツアーを発表。Jクラブでは「史上初」

1
J1のヴィッセル神戸は29日、来季開幕前の1月から2月にかけてアメリカでのプレシーズンツアーを行うことを発表した。Jクラブによるアメリカでのプレシーズンツアーは史上初となる。

2018シーズンには、前年から在籍していた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに加えて元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入したことで大きく注目を高めた神戸だが、J1では苦戦を強いられて終盤にようやく残留を決めた。改めて上位進出を目指す来季は、米国でのプレシーズンツアーを通してチーム強化を図る。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00302991-footballc-socc

PSGに暗雲…親善試合でネイマールとムバッペが負傷交代、CLリヴァプール戦に間に合うか

1
パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールとFWキリアン・ムバッペが、それぞれ親善試合で負傷交代となった。

20日、ブラジル代表としてカメルーン代表との親善試合に臨んだネイマール。主将として先発したが、開始8分でシュートを打った際にそけい部を負傷。ブラジル『TV Globo』によると、歩いてピッチを去ったものの、代表の医師は経過を見守る必要があると語ったようだ。

「彼は右のそけい部に違和感を感じた。早々の決定に不満を言っていたが、すでに治療は開始している。初見では深刻なものとは思えないが、今後の経過を待つ必要がある」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000045-goal-socc

日本×キルギス 採点と寸評…MOMは格の違いを見せた中島。ゴールを決めた山中、原口らはアピールに成功したとまでは言えず

1
サッカー・キリンチャレンジ杯 日本―キルギス(20日・豊田ス)――世界ランキング50位の日本が4得点のゴールラッシュで世界90位のキルギスを圧倒した。

開始直後に山中の代表初得点で先制するなど前半に2点をリード、攻撃陣の主力が出た後半にも着実に加点した。森保監督が就任して4勝1分けの無敗で年内の強化試合を終え、来年1月開幕のアジア杯アラブ首長国連邦(UAE)大会で2大会ぶりの優勝に挑む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00050106-yom-socc

どこよりも早い採点…キルギス戦、“サブ組”個々のアピールはあったが…やっぱりNMDという試合

1
<サッカー国際親善試合:日本-キルギス>◇20日◇豊田ス

FIFAランク50位の日本代表は、16日のベネズエラ戦からスタメン11人全員を入れ替えて臨み、同90位のキルギスに4-0で快勝した。これで、森保一監督は就任から5勝1分けと「負けなし」で、今年最後の国際親善試合を終えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00398094-nksports-socc

森保ジャパン、キルギスに4発圧勝で発足後無敗のままアジア杯へ

1
キリンチャレンジカップが20日に行われ、日本代表はキルギス代表と対戦した。

来年1月に控えるアジアカップへ向け、強化を進める森保ジャパン。大会前最後となる2018年内最終戦では、指揮官が明かしていたとおり、大幅にメンバーを入れ替え。前回のベネズエラ戦から11人を変更した。

先発メンバーでは、海外組は原口元気ただ1人。山中亮輔が日本代表デビューを果たし、北川航也と守田英正が初先発。国内リーグでプレーする選手を中心に、FIFAランキング90位のキルギス戦に臨んだ。激化するポジション争いの中で、大会前にアピールする最後の舞台となる。

■試合結果
日本 4-0 キルギス
■得点者
日本:山中(2分)、原口(19分)、大迫(72分)、中島(73分)
キルギス:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010015-goal-socc

日本代表がFIFAランク90位キルギスを圧倒!山中の最速弾などでリードし後半へ

1
キリンチャレンジカップが20日に行われ、日本代表はキルギス代表と対戦した。

来年1月に控えるアジアカップへ向け、強化を進める森保ジャパン。大会前最後となる2018年内最終戦では、指揮官が明かしていたとおり、大幅にメンバーを入れ替え。前回のベネズエラ戦から11人を変更した。

ーでは、海外組は原口元気ただ1人。山中亮輔が日本代表デビューを果たし、北川航也と守田英正が初先発。国内リーグでプレーする選手を中心に、FIFAランキング90位のキルギス戦に臨んだ。激化するポジション争いの中で、大会前にアピールする最後の舞台となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010012-goal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ