Sponsored Link

イブラもサラーのプスカシュ賞受賞に疑問。ただ、「オレがいないから興味ない」

1
ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、プスカシュ賞の選考がおかしかったと感じている。ただ、どうでも良いことだと笑い飛ばした。クラブの公式ツイッターが、同選手のインタビューを紹介している。

FIFAプスカシュ賞はFIFAが決定する年間ベストゴールに贈られる賞。今年の受賞者となったのはリバプールのFWモハメド・サラーだが、そのほかの候補となったゴールよりもインパクトがないと批判されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00291089-footballc-socc

メッシの心境に変化?年間MVPで初めてC・ロナウドに票を投じる

1
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、初めてユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに初めて票を入れた。スペイン『マルカ』が報じている。

国際サッカー連盟(FIFA)は24日、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアワード2018』をロンドンで開催。年間最優秀選手賞にレアルのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが選出された。この賞はFIFAバロンドール時代を含めて過去10年間、メッシとC・ロナウドが独占。2人以外の受賞は2007年のカカ氏以来、11年ぶりのこととなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-02078686-gekisaka-socc

年間最優秀選手に輝いたモドリッチ、仲間へ感謝「僕だけのトロフィーじゃないよ」

1
レアル・マドリーMFルカ・モドリッチは、FIFA(国際サッカー連盟)のザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018で年間最優秀選手に輝いたことを喜んでいる。

今年度の「ザ・ベスト」の最終候補に残っていたのは、モドリッチ、クリスティアーノ・ロナウド、モハメド・サラーの3名。昨シーズンは多くの栄誉を獲得した選手たちだが、ロシア・ワールドカップでの躍進、そしてチャンピオンズリーグ3連覇を評価される形で、モドリッチが初の受賞となった。C・ロナウド、リオネル・メッシ以外がこの賞を獲得するのは2007年のカカー氏以来11年ぶりとなる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000026-goal-socc

「まさにワールドクラス」イニエスタのJ初鮮烈弾が8月の月間ベストゴールに選出

1
Jリーグは12日、8月の月間ベストゴールを発表し、ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが8月11日に行われたJ1第21節磐田戦(2-1)の前半15分に決めたゴラッソが選出された。

前半15分、イニエスタはFWルーカス・ポドルスキの鋭い縦パスを受けると、ターンしながら絶妙なボールコントロールでDFを置き去りにし、エリア内に進入。GKカミンスキーとの1対1を制し、冷静にゴールに流し込んだ。イニエスタにとっては出場3試合目で決めたJ初ゴールとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-01840005-gekisaka-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000069-jij-spo

FIFAがプスカシュ賞の10候補を発表…ベイル&C・ロナウドのオーバーヘッドやパヴァールのボレーが選出

1
国際サッカー連盟(FIFA)は3日、2018年のFIFAプスカシュ賞の10候補を発表した。

この1年間の最優秀ゴールを挙げた選手に贈られるプスカシュ賞は、地域、年齢、性別問わず選出されるため、無名選手にスポットが当てられる場でもある。なお、前年は当時アーセナルに所属していたオリヴィエ・ジルーが受賞した。

チャンピオンズリーグ決勝の大舞台で生まれたレアル・マドリーのギャレス・ベイルのオーバーヘッドシュート、レアル・マドリー時代に現所属先のユヴェントス相手に叩き込んだクリスティアーノ・ロナウドのオーバヘッドシュート、ワールドカップのベストゴールにも選出されたバンジャマン・パヴァールのボレーシュートなどが候補に挙がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000030-goal-socc

FIFA年間最優秀選手賞、最終候補3名はC・ロナウド、モドリッチ、サラー

1
FIFA(国際サッカー連盟)は3日、2018年のザ・ベスト各賞の候補者を発表した。年間最優選手賞の最終候補には、大方の予想通りあの3名が選出されている。

2018年の年間最優秀選手賞の最終候補3名は、先に発表されたUEFA(欧州サッカー連盟)最優秀選手賞の候補と同じだった。昨季までレアル・マドリーに在籍し、今夏にユヴェントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選ばれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00010007-goal-socc

世界一のMFとなったモドリッチ「キャリアでベストの年だった」

1
レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、『24sata』でインタビューに応じた。

UEFA(欧州サッカー連盟)が発表した昨シーズンのポジション別の最優秀選手賞では、見事MF部門で受賞したモドリッチ。レアル・マドリー、そしてクロアチア代表として手にした栄誉をこのように語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000021-goal-socc

FIFA年間最優秀選手候補10名発表。モドリッチ、ムバッペ、C・ロナウドなど

1
国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2018年「ザ・ベスト」賞の男子最優秀選手部門の候補者10名を発表した。

「ザ・ベスト」賞はFIFA主催による新たな賞として2016年に創設。男子と女子それぞれの最優秀選手、最優秀選手など各賞が選出されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00282805-footballc-socc

W杯優勝のデシャンが年間最優秀監督候補に CL三連覇ジダンやペップもノミネート

1
国際サッカー連盟(FIFA)は24日、「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」の最優秀監督賞ノミネート11人を発表した。

レアル・マドリードで前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇を成し遂げたジネディーヌ・ジダン監督やロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランス代表のディディエ・デシャン監督らが名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00124219-soccermzw-socc

CL優勝ならサラーがバロンドール受賞?オーウェン氏「十分にチャンスがある」

1
かつてリヴァプールなどで活躍した元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、古巣で圧巻のパフォーマンスを見せるエジプト代表FWモハメド・サラーについて語った。

サラーは今シーズン、プレミアリーグでシーズン最多得点記録を更新する32ゴールを挙げ、得点王に輝いた。また、イングランドサッカー選手協会(PFA)主催のPFA年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞、さらにEAスポーツ年間最優秀選手賞も獲得し、個人4冠を達成した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00762992-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ