Sponsored Link

AFC年間最優秀各賞の候補者が発表…日本からは香川、熊谷、堀監督ら6名

1
AFC(アジアサッカー連盟)は18日、年間表彰式「AFCアニュアルアウォーズ2017」で授与される各最優秀賞の候補者を発表した。授賞式は29日、タイのバンコクで行われる。

個人賞では「最優秀監督賞」の候補者3名のうち、石井正忠監督(前鹿島アントラーズ、現大宮アルディージャ)と堀孝史監督(浦和レッズ)の2名が日本から選出。もう1人の候補者はオーストラリア代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督が選ばれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00670990-soccerk-socc

ジルーのゴールより衝撃?C・ロナウドとケインがプスカシュ賞に推していたゴールは…

1
23日に行われた「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」で発表されたプスカシュ賞にはアーセナルFWオリヴィエ・ジルーが今年1月のクリスタル・パレス戦で決めたスコーピオンキックが選ばれた。アイディア溢れる絶妙なシュートで、あのゴールはこの1年間大きな話題を呼んだ。

そんな中、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドとトッテナムFWハリー・ケインはジルーのゴールではなくバロカFCのGKオスカリン・マスルケがオーランド・パイレーツ戦の後半ロスタイムに決めたオーバーヘッドゴールの方を支持したと表明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00010017-theworld-socc

C・ロナウドが2年連続で“世界一の選手”に…5回目のFIFA最優秀選手賞受賞でメッシと並ぶ

1
国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンで『ザ・ベストFIFAアワード2017』を開催し、各賞受賞者を発表。年間最優秀選手賞にレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。

各賞は、全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって選出される。最も注目を集める年間最優秀選手賞には、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、パリSGのブラジル代表FWネイマールも最終候補にノミネートされていたが、C・ロナウドが43.16%の得票率で2位メッシ(19.25%)を大きく突き放し、今回の受賞となった。

C・ロナウドは、レアルで5シーズンぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇や史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)連覇を達成。個人記録としても史上初の欧州CL5年連続得点王を獲得した。また、今回で2年連続5度目(FIFAバロンドール時代含む)の受賞となり、メッシと並んで最多受賞者となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-01645451-gekisaka-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000037-goal-socc

スターへの登竜門“ゴールデンボーイ賞”が発表…18歳ムバッペが栄冠に輝く

1
パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、イタリア紙『トゥットスポルト』が主催する、ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に送られる「ゴールデンボーイ賞」を受賞した。

同賞はヨーロッパの大手メディアで活動する記者30名により選考され、最終候補者3名にはムバッペのほか、マンチェスター・Cに所属するブラジル代表FWガブリエル・ジェズス、バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレ(バルセロナ)が残っていた。

現在18歳のムバッペは“大本命”と見られていたが、下馬評通り見事に受賞を果たした。なお、昨年は当時バイエルンでプレーしていたポルトガル代表MFレナト・サンチェス(現スウォンジー)が選ばれていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00659544-soccerk-socc

バロンドール候補30名発表…ベイルやイニエスタら落選、昨年から17名入れ替え

1
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は9日、2017年のバロンドール候補選手30名を発表した。

候補には、昨年4度目の受賞を果たしたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、歴代最多5度の受賞を誇るバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールらが選出された。

また、昨年から17名が入れ替えとなった。レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバらが落選。

代わりに、レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコ、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ブラジル代表DFマルセロや、モナコからパリ・サンジェルマンに移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールとフランス代表MFエンゴロ・カンテなどが名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00653513-soccerk-socc

FIFA、プスカシュ賞の候補10ゴールを発表...ジルーやマティッチのゴールがノミネート

1
国際サッカー連盟(FIFA)は、2017年のFIFAプスカシュ賞の10候補を発表している。

この1年間の最優秀ゴールを挙げた選手に贈られるプスカシュ賞は、地域、年齢、性別問わず選出されるため、無名選手にスポットが当てられる場でもあり、昨年はマレーシアでプレーするモハマド・ファイズ・スブリが受賞した。

今年はスコーピオンキックから得点を奪ったアーセナルのオリヴィエ・ジルーや昨シーズンまでチェルシーでプレーし、強烈なミドルシュートを決めたネマニャ・マティッチなどが同賞にノミネートされている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000003-goal-socc

FIFA最優秀選手賞、候補3名発表…C・ロナ、メッシ、ネイマールが選出

1
FIFA(国際サッカー連盟)は22日、「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」の各賞最終候補者を発表した。

最優秀選手賞、男子部門ではレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、今夏の移籍市場でバルセロナからパリ・サンジェルマンへ加入したブラジル代表FWネイマールがノミネートされた。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』との契約満了で“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)が終了したため、昨年度に設立された「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」。前回はC・ロナウドが栄誉に輝き、バロンドール(世界年間最優秀選手)とのダブル受賞を果たしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00646150-soccerk-socc

「CL決勝史上最高の一撃」 昨季欧州年間ベストゴールにユーベFWのビューティフル弾

1
欧州サッカー連盟(UEFA)が29日に2016-17シーズン「ゴール・オブ・ザ・シーズン」を発表し、ユベントスのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのビューティフル弾が選出された。

栄えある年間最優秀ゴール賞に選ばれたのは、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリード戦で生まれた鮮やかな一撃だ。レアルのFWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を決められたユベントスだったが、前半27分にストライカーが輝きを放った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00010009-soccermzw-socc

FIFA最優秀選手賞候補24名が発表…レアルから最多7名選出、世界最高は誰?

1
国際サッカー連盟(FIFA)は17日、公式サイト『FIFA.com』を通じて、FIFA最優秀選手賞候補の24名を発表した。

この賞は2016-17シーズンで最も素晴らしい成績を残した選手を表彰する賞。2016年11月20日から2017年7月2日までの成績をもとに選ばれる。選出方法は、

1.各国代表キャプテンによる投票
2.各国代表監督による投票
3.ファンによる投票
4.ジャーナリストによる投票

の4つで行われ、それぞれが25パーセントの比重を持つ。9月後半に最終3候補が発表され、受賞式は10月23日にロンドンで行われる予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00628915-soccerk-socc

欧州年間最優秀選手の最終候補にメッシ、ブッフォン、C・ロナが選出

1
UEFA(欧州サッカー連盟)は15日、2016-17シーズンのUEFA男子最優秀選手賞・最終候補3名を公式サイト『UEFA.com』で発表した。

最終候補には、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選ばれた。ブッフォンは昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でユヴェントスの準優勝に貢献し、メッシはベスト8で敗れたが、得点ランク2位の11ゴールを記録。C・ロナウドは12ゴールで得点王に輝き、レアルを史上初のCL連覇に導いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00627555-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ