Sponsored Link

米MLSがレアル戦“レフェリー視点”の動画公開 選手に詰め寄られる場面は迫力満点

1
アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)が新たな試みとして、今月3日に開催されたMLSオールスターチームとレアル・マドリードの試合における「レフェリー視点」のカメラ動画をYouTubeで公開した。

このゲームの主審を務めたアレン・チャップマン氏は小型カメラをつけてレフェリング。生中継を担当した「FOXスポーツ」ではライブ映像の中にも織り交ぜて届けられたという。今回、改めてそのレフェリー視点での動画が3分間に編集されている。

世界最高峰の技術を持つレアルの選手たちのプレーを“特等席”で見られる反面、判定を巡ってドイツ代表MFトニ・クロースに詰め寄られるある意味では迫力満点のシーンもある。選手と進行方向が交錯しそうになって急停止する場面など、非情にリアルな映像となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00010018-soccermzw-socc

MLSで不可解判定 VAR使用も元ブラジル代表カカがまさかの一発退場

1
各国のリーグで本格導入が進むビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)制度だが、アメリカMLSで元ブラジル代表MFカカが不可解な判定で退場処分となった。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

オーランド・シティとニューヨーク・レッドブルズとの一戦で、タッチライン際の攻防で両チームの選手が小競り合いを起こし、主審は何が起こったのかを確認するためにVARの使用を宣告。モニターの映像でチェックを始めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170813-00010019-soccermzw-socc

鮮やかな足さばき! NYシティの35歳元スぺイン代表FWビジャがハット達成

1
MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCに所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、6日に行われたニューヨーク・レッドブルズとの“ハドソン川ダービー”でハットトリックを達成し、3-2の勝利の立役者となった。

現在35歳のビジャは、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードでストライカーとして活躍。その後2014年夏に、2015シーズンからMLSに初参入したニューヨーク・シティFCに同クラブ初のプロ契約選手として加入した。初年度から18ゴールを挙げる活躍を見せると、2年目の2016シーズンには23ゴールを記録してMVPを獲得。今年5月には2018シーズン終了後までの契約延長にサインしている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13442975/

39歳ドログバ、凄っ!「30m超のフリーキック」を突き刺す

1
今年4月、USL(実質北米3部)のフェニックス・ライジングに選手兼共同オーナーとして加入したディディエ・ドログバ。

39歳になったレジェンドはこのほど行われたLAギャラクシーⅡ戦で、今季5得点目となるゴールを決めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13440348/

ジョヴィンコ、MLSで「直接FKゴール記録」をつくる

1
MLSのトロントFCでプレーする元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ(30歳)。

このほど行われたニューヨーク・シティFC戦で2ゴール1アシストの大暴れを見せ、4-0の完勝に貢献した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13409870/

35歳カカ、やっぱりウマイ!美シュートで見事なゴール

1
今年で35歳になった元ブラジル代表MFカカ。

MLSのオーランド・シティでプレーする彼が、アトランタ・ユナイテッド戦で見事なゴールを決めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13405616/

開催国アメリカが北中米王者に!初制覇狙うジャマイカは2大会連続で決勝敗戦

1
27日、北中米カリブ海のサッカー選手権CONCACAFゴールドカップ2017の決勝でアメリカとジャマイカが対戦した。

CONCACAF(コンカカフ)ゴールドカップは、北中米カリブ海サッカー連盟主催の大陸選手権。1963年に始まった本大会は、2年ごとに開催され、北中米を中心に各国の代表チームが参加している。

アメリカはここまでグループリーグから無敗で、5試合で11ゴール3失点と圧倒な成績で決勝に進出。さらにグループリーグ最終節から3試合連続の無失点と抜群の安定感を誇る。対するジャマイカは、悲願の初制覇を目前にして前回大会決勝で敗れた王者メキシコ相手に準決勝でリベンジを果たし、2大会連続での決勝進出を決めた。

【スコア】
アメリカ 2-1 ジャマイカ
【得点者】
1-0 45分 ジェシー・アルティドール(アメリカ)
1-1 50分 ジェボーン・ワトソン(ジャマイカ)
2-1 88分 ジョーダン・モリス(アメリカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00617947-soccerk-socc

ジョヴィンコ無双だ、圧巻だ!2ゴール1アシストの活躍

1
今季も熱い戦いが繰り広げられているアメリカ・メジャーリーグサッカー。

欧州への移籍が一時噂された元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコも、トロントFCに残って活躍中である。

そして先日行われたオーランド・シティとの試合において、彼はまさに異次元のパフォーマンスを見せつけた!

http://news.livedoor.com/article/detail/13301609/

36歳アシュリー・コール、まだまだ元気!“絶妙シュート”で今季初ゴール

1
昨年1月、LAギャラクシーに活躍の場を移したアシュリー・コール。

スティーヴン・ジェラードやフランク・ランパードといった同世代の選手が引退する一方、コールは36歳になった現在も現役バリバリで今季はMLSで14試合に出場している。

そんなアシュリー・コールが、第19節のレアル・ソルトレイク戦で今季初ゴールをあげた!

http://news.livedoor.com/article/detail/13295966/

ブラッドリーのスーパーゴールも…メキシコ対アメリカは痛み分け

1
2018 FIFAワールドカップ ロシア 北中米カリブ海予選の第6節が11日に行われ、メキシコ代表とアメリカ代表が対戦した。

第5節を終えて4勝1分けと無敗で首位を走るメキシコ代表は、ハビエル・エルナンデスやカルロス・ベラ、GKギジェルモ・オチョアらが先発メンバーに名を連ねた。

一方2勝2敗1分けの3位で敵地に乗り込んだアメリカ代表は、前節トリニダード・トバゴ戦で2ゴールを上げたクリスティアン・プリシッチやマイケル・ブラッドリーらがスタメンに選ばれた。

【スコア】
メキシコ代表 1-1 アメリカ代表
【得点者】
0-1 6分 マイケル・ブラッドリー(アメリカ代表)
1-1 23分 カルロス・ベラ(メキシコ代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00599420-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ