ワールドサッカー情報

サッカー情報や海外の反応など

最近オーストラリアのスポーツサイトに、ランゲラックの長文インタビュー記事が掲載されていましたのでご紹介します。





サッカー界でユルゲン・クロップより魅力のある人物はほとんどいない。
彼の下でプレーするというのは一体どんな感じなのか。
ミッチェル・ランゲラックが我々の特集記事のため、そのドイツ人の魅力を詳細に語ってくれた。

注:ランゲラックは現在名古屋グランパスに所属するオールトラリア出身GKで、ドルトムント時代にクロップ監督の下で5年ほどプレーした経験があります。


2011年2月2日

ドルトムント対バイエルン、その一戦でブンデスリーガ勝者が決定することは誰もが知っていた。言い換えれば、その一戦は、2002年以来、初めてドルトムントがバイエルンから王冠を奪ってリーグ優勝するグランドファイナルであり、最も重要な試合であった。

アリアンツアレーナ(バイエルンの本拠地)のドレッシングルームで、緊張した選手達を前にクロップはこう言った。

「この試合は200ヵ国で放送されるよ。」

「全世界の人々がこの試合を見るんだ。」

クロップは一拍置き、
「ミッチ、この試合はオーストラリア時間で何時になるんだい?」


ミッチェル・ランゲラック、当時22歳のオーストラリア人ゴールキーパーは人生初の、そしてシーズン初のブンデスリーガの試合にのぞもうとしていた。


ランゲラックは答えた、「午前4時です。」


クロップ「OK、だったら世界中の人と、ミッチのパパとママがこの試合を見るね。」



ランゲラック、オーストラリア代表GKは語った、

「ぼくの最初の試合、デビュー戦でバイエルンとあたった時、ドルトムントは20年間そこ(バイエルンの本拠地)で勝ててなかったんだ。」


「僕はとても緊張していたし、チーム全員がナーバスになってた。僕たちはその試合で勝つとチャンピオンになれることを知ってたからね。」


「僕たちは皆クロップのジョークを聞いて爆笑したよ。そして皆、落ち着きを取り戻したんだ。」

(こういう時、気の利いたジョークを言える人ってうらやましいですよね。それにしても
ランゲラックのブンデスリーガデビュー戦は優勝がかったバイエルン戦、しかも20年間勝ててなかったアリアンツアレーナでの対戦なんて、相当プレッシャーだったでしょうね。


mitchandklopp
(クロップと抱き合うランゲラック そしてそれを見ているグアルディオラ)

ドルトムントはその試合に3-1で勝利し、2010/11, 2011/12の2シーズンにおいてブンデス優勝を果たした。また2012/13シーズンにチャンピオンズリーズ決勝に進出したが、バイエルンに敗れた。


クロップはリヴァプールのボスとして、グラウンドのタッチライン上で、またインタビューや記者会見で、カリスマ性を放ち、人々を魅了し、スポーツ界において地球上もっとも好感度の高い人物になった。

でも本当の彼はどんな人物なのか?






ランゲラックは言った

「皆さんがテレビで見るのと、更衣室にいるときの彼は全く一緒だよ。」

「トレーニンググラウンドでも、クラブハウスでも、食堂でも、一緒にディナーを食べてるときでも、いつもエネルギーに満ち溢れているんだ。」

「彼は高性能のパーソナリティーを持ってて、彼と比べて残りの僕達は10%の脳力しか使ってないような気がする。彼は常に100%。全力。
それが彼の生き方であり、コーチングの仕方、そしてそれがチームにも伝わるんだ。

「僕は当時、それが非常によく機能したと思ってる。その年、僕たちはリーグ優勝したし、選手のほとんどが21・22歳だったから、まとまったいいグループだった。
20代後半と30代前半の選手が多分2~3人いてそれもよかったね。若くてエネルギッシュなグループで、一緒にいてとても楽しかったよ。誰もがお互いのそばに居たかったんだ。」

「半端ない緊張感と、注目度の高い状況の中に皆いたのに、そんなハイレベルな環境にいたなんて全然気が付かなかった。」

「それが彼の手腕だよ。」

ーーーーーー続くーーーーーー





ランゲラック選手が招集された6月のオーストラリア代表の親善試合の日程等です。
CALTEX SOCCEROOS参照)

韓国戦(親善試合)
場所:Busan Asiad Stadium(釜山アジアド主競技場)
日付:Friday, 7 June 2019(6月7日金曜日)
時間:Kick-off: 8.00pm (local)(現地時間午後8時、韓国と日本は時差はなし)

オーストラリア代表の試合は、いつもAリーグの公式youtubeチャンネルが生配信してくれています。
たぶん今回もライブ放送してくれると思うのでチャンネルのリンクを下に貼っときます↓
https://www.youtube.com/user/TheHyundaiALeague

ライブ放送の後はいつも動画をそのまま残してくれるので、試合が終わってからも見れるはずです!

代表に呼ばれたのは嬉しいですが、怪我だけはしないで欲しいですね。

それと昨日のジョーの怪我の具合どうなんでしょう?すごく心配です。。
ランゲラックがきっかけでグランパスの試合を見るようになったのですが、ミッチは勿論、ジョー選手と前田選手が大好きになって、今ではめちゃくちゃグランパス応援してます。ゴール裏の声援もすごいし。
ジョーが軽傷である事を祈ります。

それはそうと、中スポにこんな記事が出てました。
<グラ番記者>うれしい悲鳴だ・・・

練習場に1000人以上のファンって本当ですか!?
すごいなぁ。(露店とかでジュースとかかき氷とか売ったらめっちゃ売れそう)
でもこれだけの人がきたら写真とかサインは無理か。
ミッチのファンはいっそ韓国のオーストラリア代表合宿まで行った方がサインもらいやすそう。
今はLCCいっぱい飛んでるし。
最近のグランパスの勢いを感じる記事でした。

元ドルトムントGKのランゲラック選手がクロップ監督に対する思いをインタビューで語っていました。
もともとはオーストラリアのThe world gameというサイトの記事だったのですが、ドイツのスポーツサイトでも複数紹介されています。

【元記事】https://theworldgame.sbs.com.au/langerak-reveals-rare-insight-into-methods-of-father-figure-klopp
【ドイツのサイト1】https://www.sport.de/news/ne3637135/bvb-ex-keeper-mitchell-langerak-schwaermt-von-juergen-klopp/
【ドイツのサイト2】https://www.ruhr24.de/bvb/mitch-langerak-juergen-klopp-trainer-202563/

クロップ監督は2010年にメルボルンビクトリーからランゲラックをドルトムントに連れてきました。
そして2015年、2人はドルトムントを去りました。ランゲラクはシュトゥットガルトに、クロップ監督はアンフィールドに。

クロップ監督は全ての練習に高い強度を求め、選手同士の衝突もめずらしくなかったそうです。時には監督自身が選手の間にタックルして入り、抜け出せなくなることもあったそうです(笑)

でも、トレーニングから離れると、やさしくハグしてくれ、ジョークを言い、選手にとって父親のような存在でもあったそうです。

 ランゲラク選手とクロップ監督の更衣室での会話の所が面白いので訳します。

「僕は今でも覚えているよ。ブンデスリーガの試合前ロッカールームにいた時、僕の父親がクイーンズランドの炭鉱で30年間働いていたことを彼(クロップ)が知って、小さな田舎町出身の子がドイツまでやって来てプレーしているなんて信じられないと言ったんだ。

僕にとっては普通の事だったし、単なる自分の身の上話しだったんだけど、彼は夢中で、その事について10分ぐらいだったかな?尋ねてきたんだ。試合の直前にだよ。その間僕が考えていた事と言えば、「わかったよ、でも今は、ボクたち2人とも試合の準備をした方がいいんじゃないのかな?そうだよね?」って事だよ。

(ミッチのお父さんは炭鉱で働かれてたのですね。初めて知りました。
ドルトムントがあるルール地方も炭鉱の町なので、何だか縁を感じますね。)

「僕が21歳の時、ドルトムントに行ったんだ。そしてクロップは、選手はみんな私の子供のようなものだと僕に言ったんだ。彼は誰に対しても公平で誠実で、彼の子供のように僕らを守ってくれたんだ。」

「また彼は言ったんだ、100%の強度でトレーニングする限り、ミスを犯しても、上手くプレーできなくても全く問題ないと。」

「すべての選手が監督に望むのは、誠実で公平な人であってほしいということだよ。みんな公平に扱われたい、そしてクロップはまさにそうだったんだ。」
 

-間を飛ばします-

「僕は決勝を見るよ、必ず。」 
「3度目の決勝で彼がトロフィーを獲る事を願ってる、なぜなら彼はそれに値するからね。」

2015その2


-終わり


クロップ監督にとって3度目のCL決勝、絶対にトロフィーを獲って欲しいですね。
ランゲラック選手自身、クロップドルトムント時代にCL決勝でベンチ入りを果たしています。
その時はバイエルンに破れ、準優勝に終わり、ミッチも試合に出る事はなかったのですが、出たかっただろうな。いま日本にいるのが未だに不思議な気がします。

全ての監督がクロップのように公平であったなら、、
“Fair” ランゲラックが今日本に居るのは、この言葉がポイントになっている気がしますね。

長いけどいいインタビュー記事だったので、日本でも是非記事にしてほしいです。
訳したのは、ほんの一部ですが、時間があったらまた翻訳します。

 

↑このページのトップヘ