August 17, 2006

遠征まとめ。。。

 明日の朝に母が帰国するので、今日はグレート・オーシャン・ロードの日帰りツアーに行ってきました
 今日のことを書こうと思ったんだけど、宇都宮配属で寂しい生活をしている後輩から早く試合&遠征の記事をアップしろというクレームが来たので、遠征について書きます
 今日のことは明日に回します

 まず、最終戦の結果から。
・GAME3:vs Vietnam 46-119●
 と、ボロ負けでした
 この日の相手は、BHNの2試合とは違って、とにかくスピードのあるチームでした
 そのため、みんなは今までの試合のイメージのままだったから、相手のスピードについていけず、自分達の力が出し切れないまま終わってしまった感じです
 相手にボールを持たせると早い動きでかき回されてしまっていたので、相手がボールを持つ前にしっかりとプレッシャーをかけて潰すべきでしたね。

 前半(1,2Q)は、相手の動きについていけず、ディフェンスのマンツーマンが乱れてしまって相手のやりたいようにやらせてしまいました。
 でも、後半はマンツーマンの徹底と相手の動きに慣れてきたせいか、後半だけ見ればスコアは五分五分、4Qに限っては勝っていました
 相手の動きが落ちてきたって言うのもあるけど、みんなよく頑張っていたと思います

 まあ、始めから後半みたいな動きをしていれば勝てたんじゃないかって思った人もいると思うけど、その試合開始からモチベーションを最大で試合に望むことは非常に難しいことだし、たとえそれができたとしても一試合それを継続することはまずムリ。
 どんなスポーツでも試合の中で「流れ」というものがあって、防戦一方になる時もある。その時にどれだけ耐えられるかっていうのもある。

 ただ、今回のSAMURAISはもっと試合前から盛り上がってもいいかなって感じました。試合前のストレッチやアップが静かすぎる・・・。もっとお互いが声を掛け合って盛り上げていった方がいい状態で試合に望めるんじゃないかな。
遠征







 遠征全体を見た感想は・・・。
 今回の遠征は参加人数が非常に少なく、低学年中心だったから正直かなり不安だったんだけど、俺が思っていたよりは良かったです(俺の中では相当ヒドイのを想像してたからかも・・・)
 一年生なんかは、キックもそこそこできてるし、とにかくボールに向かう姿勢が良かったかな。デカイ外人相手にしっかりタックルしてたし、ボールにも飛び込んでたし。
 2年後のInternational Cupは今の一年生が中心となって戦うから、今からどんどんチーム作りに参加していってほしいです

 全体としては、さっきも書いたけど、もっと試合への気持ちの持って行き方を考えた方がいいかな。
 試合前日や当日もなんかグダグダ感で満ち溢れてたし、例えばミーティングは一回しかやらなかったり、2試合目の時はグランドのゲートが開かなかったからって座って話してるんじゃなくてストレッチしたりすれば良かったと思うし、練習も俺がやろうって言わなければやらなかったんじゃないかな?
 こういった事をするとしないでは試合が始まってからの動きは大きく違うからね。
 選手一人一人がこういうことをもっと意識しないとSAMURAISは強くなれないと思います

 ま、何がともあれみんな楽しんでくれたかな?
 遠征にいった人は来れなかった人たち(特に一年生)に遠征の素晴らしさをプレーと共に伝えてレベルアップして欲しいです
 わからないことがあれば俺でもミッチーにでも遠慮なく聞いてください
遠征2
footylife_kase at 21:59│Comments(2)footy(試合) 

この記事へのコメント

1. Posted by 宇都宮   August 27, 2006 18:47
更新ありがとうございます!

なんだか去年までを思い出して無性にフットボールがしたくなりました。

僕はまずおじさまチームのモチベーションをぐいぐい上げることを目標に若さをいかしがんばろうと思います。

てか寂しくはないっす!怒!
2. Posted by 裏ボス   August 27, 2006 22:51
おー、寂しくはないか。そりゃ、良かった
ホークスを頼むよ
近々、ミッチーが帰るみたいだから、残りの国内リーグは全勝で

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

加瀬毅

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: