言葉の花かご

どんな時も あなたとわたし ひとすじの光 求めて

幼き子らに

幼き日会っただけの子どもらに会いたいと言う我も会いたし

池の春

水ぬるみメダカの稚魚ら生まれ出で水面(みなも)を染める桜(はな)降りしきる

夢のない世界へ

夢よりも現のほうが耐えやすく夢見ぬ眠り恋いつつ目覚む

白木蓮

花冷えの空を抱いて白木蓮はらりはらりと花びら落とす

自分のうたを

それぞれの時代(とき)に囚われた我らを巡る言葉の有りや無しや

ミモザ

胃瘻の人 歌くちずさむこともなし ただ庭のミモザ春を手渡す

ここから

手術後に見た夜空漂い友 無事帰り着くお会いしましょう

ARCHIVE
MY LINKS
LINK 2

うたのわに参加しています

うたらば
うたの日
QR
QRコード
COUNTER
  • 累計:

  • ライブドアブログ