ブログネタ
☆北海道☆ に参加中!
しばらく、お休みしていましたが、仕事でのプロジェクトが収束し、ブログ再開です。
リフレッシュのため、本当はモルディブに行きたかったんですが、今回は休暇まで2週間を切っていたため、予約が取れず、登別へ温泉&スキーへ行ってきました。




ちょっとリッチに「往路カシオペア、復路は北斗星」で行ってきました。
まずは、カシオペアと北斗星の話。
JRカシオペアは、なかなか予約が取れないと思っていたが、季節外れで札幌雪祭り前だったので、あっさりと取れました。
2階席だったので、さらに得した気分。部屋は、思っていたより狭かったが、まぁ快適ですな。
しかし、各個室にトイレは必要ないと思う。臭いしぃ...そもそも意味ないっす。

モニタも設置されており、BSも見られるようだが、ノイズで画像も音もとても見られないので使わなかったが、
カーナビ画面のチャンネルがあったのが面白い。

入室後、早速ビールを飲んで、ゆったりくつろいでしたが、しばらくすると客室乗務員がウェルカムドリンクを持ってきた。(が、ちょっとタイミング遅いです。だいぶ経ってから来ました。)

本当は、食堂車でゆったり夕食を食べるべきなのだろうが、なんか7800円のフランス料理とか食べたくないので、上野駅で弁当を買いました!
食べたのは、網焼き牛たん弁当(1,100円)帆立ごはん弁当(1,000円)です。

牛タン弁当

ちなみに、帰りは、すし処えぞ賞味(920円)ジンギスカンあったか弁当(1,000円)でした。
このジンギスカンあったか弁当は、うまかったぁ〜。




すし弁当

その後は、ぼぉ〜と車窓を眺めてしたが、出発が1620発上野なので、あっという間に真っ暗。うぅぅもう少し早い時間にして欲しいな。夏はこの時間でいいかもしれないが...
ラウンジ車両もあるが、何も見えない。
ウトウトとしていると青森に到着。機関車の付け替えが終わり逆方向に発車。そして、青函トンネルの中へ...

しかし、寝台車というものに初めて乗ったのだが、結構揺れて、2階の部屋というものあるかも知れないが、1〜2時間に1回程目が覚めた。
あと、神経質な人は、耳栓を持っていった方がいいです。結構うるさいです。

帰りの北斗星との比較をすると、北斗星の方が、部屋もこじんまりとしており、(1階部屋のため?)揺れも少なく、寝台(ベッド)もやわらかかった。
カシオペア(ツイン)は、イス(シート)を倒してベッドに変形させるので、いまいちクッションが悪い。

個人的には、カシオペアよりも北斗星の方がいいかなと思う。

総合的に言えば、やはりゆったりした「旅は船がイイ!」です。

<リンク>
登別市・登別観光協会 ホームページ
寝台特急 カシオペア
寝台特急 北斗星
駅弁資料館