2017年01月23日

コイケヤのスコーン濃厚カルボナーラ味濃厚クリーミーはどこかで食った味なのだが思い出せない

ビッグエーで79円。
シールが貼ってあるので値引きされていると判断したんだが、よく考えるとそれほど安くはないな。
ジェーソンなら59円ぐらいになりそうだ(笑)。

P1120056_1




謎のキャラクター。

P1120059_1




裏に紹介が出てた。
ザリガニワークスのしわざか。

P1120067_1




濃厚でくせになる。

P1120066_1




原材料とか。
粉末だけど卵黄、チーズ、ポークエキスにベーコンフレーク……いちおう、味のキモはおさえてるか。

P1120065_1



出してみる。
ピンセットでつまんでいるのは、指が粉で汚れるからだ(これを箸代わりにして食う)。

P1120071_1




食った。
ぱくー。

うー……なんか違うような気がする。
でも、食ってる間に「ああ、カルボナーラかもしれない」と思うようにはなった。

といいつつ、やっぱなんか違うような……。
どこがどうとはいえないけれども、この味、食ったことがあるような気がするんだ。
チーズ風味のクリームシチュー味というかなんというか……思い出せない。

ってことは、なにかの勘違いだろうか。
カップラの味と混同してるんだろうか。
湖池屋じゃなく、明治のカールのクラムチャウダー味とごっちゃになってるのかなぁ。

よくわからないけれども、味そのものはいい。
しょっぱいけれどもおいしい。
ちょっとスパイシーで唇がひりひりするけど、うまいのはうまい。

コーンのスナックなんだけど、そのスナック本体に味がついてるだけじゃなくて、なんか味がするパウダーみたいのがまぶさってるんだ。
それがくちびるとかにまとわりつくから、それでひりひりする(胡椒入りだから)。

チーズははっきりわかるがベーコンはわからない。
なんとなく、「ああ、いるかもしれない」という感じだなぁ。
といっても、カルボナーラに入ってるベーコンってのは、こんなもんか。


何千年も前の人も同じような空を見上げていたのかと思うと不思議な気持ちになる

でも、さすがに1億年とかいう話になると、これはまたそのころの気象というか気候というかが違うから、できる雲のようすとかも違っていたのだろうか。
それとも、同じだったんだろうか。

PA140007_4




ひつじ雲とかうろこ雲とかいわし雲とかいうけど、いつごろからそーいわれるようになったんだろうか。
山のほうに住んでる人はいわしなんか知らないんだから、その人たちは言わないよな。
ひつじだって、もともと日本にはいなかったし、飼育が試みられたのは江戸時代も末期、本格的には明治に入ってからだ。
そんな状況でひつじ雲とかいう発想ができるわけない。

入道雲というのがあるけど、この入道というのは「道に入る」と書く。
これは(簡単にいうと)仏門に入ることだ。
ということは、日本に仏教が伝来する前には、この言葉はなかった。
すなわち入道雲というのもなかったのだ。
じゃあ、なんと呼んでたんだアレ。
同じの見てたんだよなぁ。


なんてことを考えると楽しい。

いや、楽しくはないか。
楽しくはないけど、なんか不思議な気持ちになる。


この写真、古いコンデジのRAWから、ずいぶんと無理やり出してる。
縮小してるからなんとか見られるけど、暗いところはノイズでガジガジだ。

動体がないときは、プラマイ1でいいからブラケット撮影したほうがいいな。
それを合成したほうが、1枚RAWよりダイナミックレンジが広い。




JAMES BROWN の I Don't Want Nobody To Give Me Nothing という曲。
カコイイなぁ。
ケツがむずむずする(笑)。
69年の曲だコレ。
マンズマンズワールドっていうシングルのB面だったんだよな。
この曲でシャウトするJBを初めて知ったんだ……リアルタイムじゃないけど。







画像の処理:
RawTherapee 4.1.1 / Photoshop CS2( Lucis Art , Perspective Transformation , Toycamera342 )


2017年01月22日

はちみつレモンに似ているけれどもやはり大人の味だといえるサントリーのハニーレモンジーナ

ドンキで50円。

P1070524_1




商品説明から原材料名まで、いわゆる手書きフォントなんだが、凹凸のあるボトルとあいまって正直読みにくい。

P1070527_1




レモンだけじゃなく、グレープフルーツとオレンジ、それとレモンピール(皮)が入ってる。

P1070535_1




冷やしたのを風呂上りに飲んだ。

ああ、これはおいしい。
微炭酸のレモネードにはちみつ、それにレモンピールの風味がある。
グレープフルーツとオレンジの果汁も入っているけど、これは隠し味に近い。

よくできてる。
はちみつも、風味は充分に感じるけど、そんなに強くはない。
もちろん、酸味もほどほどであってバランスがよい。

大人の味だ。
子どもは飲めないだろうということではないのだが、大人向けのジュース。

レモンとはちみつといえば、大流行したはちみつレモンだが、あの当時に、もっと大人の味に仕上げようという考えがあればなぁ。
それに似ているけど、ブレンドされているのでまったく違うものになっている(どっちかというと、レモンスライスのはちみつ漬けに近いよね、皮の風味も味わうという点で)。

おいしい。
文句ない。


ン十年ぶりに食ったヤマパンの和生菓子きんつばはあんこモノにしてはけっこうあっさりしてておいしい

マックスバリュで84円のところ39円引きという中途半端な値引きで45円(税込み)。

P1110001_1




これじゃあわからないので、シールを剥がしてみた。

P1110008_1




裏面。
原材料はシンプルで、カタカナの物質とかはいっさい入ってない。

P1110004_1




出してみる。

P1110014_1




食った……ぱくー。

P1110017_1




うん……きんつばを食うのはン十年ぶりだ。
覚えている限りでは、中学生になってから以降は食ってない、と思う。

私がそのていたらくだから、最近のスナック菓子しか食わない若い人は、きんつばというのがどんな菓子なのか知らないだろう。

ものすごく簡単にいえば、ようかんみたいなものに溶いた小麦粉をつけて鉄板で焼いたもの、だ。
でも、「ようかんみたいなもの」であって、ようかんそのものじゃない。
どっちかというと、水ようかんに近いだろうか。

よーするにあんこ(つぶあん)なんだけども、茹で小豆に近い。
それをなんらかの形にするために、寒天みたいなので固めたもの(これは寒天使ってないけど)。

それに小麦粉の皮がついてるという……まあ、そーゆーものだ。


こーゆー和菓子が、スーパーにもあるし、コンビニのレジのところにあったりするだろう。
大福とかどら焼きとかさぁ。
こんなの誰が買うんだろうって思わないかい?

そーです。
私のよーな人間が買うのです。(^_^;)


見てると、なんだかんだでけっこう売れてるだろう?
好きな人がいるんだよ。

私がよく買うのは豆大福だけど(このきんつばも、豆大福といっしょに買った)。


味のほうは、あんこモノにしてはあっさりしておいしい。
この量でべっとりと甘いのでは、それこそ虫歯にしみてしょーがないだろう。
これの4分の1ぐらいの量なら、強烈な甘さでもいいかもしれないけどね。

この塊すべてがあんこだと思うと、ちょっと躊躇してしまうかもしれないけど、充分に食える。
途中で飽きたりしないで、最後まで一気呵成に食ってしまった。

渋いお茶がほしい……と思うぎりぎりのところかな。
これ以上甘いと、やっぱ飲み物は必須とまではいかなくても、なにかほしくなる。
でも、これはそこまではいかない。

仕事に疲れたサラリーマンがコンビニのレジで思い出したように買って、営業まわりの途中に公園のベンチでかじってほっこりとなごむ……というのができる。
別に乾燥してパサついているということもないし、飲み物必須ではない(公園の水飲み場の水でいい)。

大福のように、粉がぼろぼろ落ちるということがないのもいい。
団子のように串が残る(ので捨てなくてはいけない)ということもない。
皮で包まれているから、持つ手がべとつくこともない。

今後は大福だけじゃなく、きんつばもたまには買おうっと♪


きんつばの作り方。




いつまで「古さ」が通用するんだろうか

とゆーのも、こーゆー加工をしないと古くならないわけだ、デジタルは(まあ、これはそれほど古めかしくは感じないだろうが)。

PA140001ce1ae2




でも、これを「古い」と判断できるってのは、ホンモノの古いものを知ってるからだ。

生まれたときからデジタルモノに囲まれて育ってきた世代は、基本的に古くなったものというのを知らずに育つ。
経年変化で古くなるということがない、データは。
単に壊れて読めなくなるだけだ(あるいは、対応するソフトがなくなるとか)。

もしもそーゆー世代というのがホントにあるのであれば、その人たちにこーゆー加工をしたものを見せても、古いという印象を受けないのではないだろうか……という懸念がある。

まあ、もちろんのこと、いくらデジタルだとはいえ、紙焼きプリントをすれば、その時点から時間がたてばたつほど古くなっていく。
退色したり、キズがついたり汚れたりもするだろう。
だから、そーゆーのを知っていれば、そっち方面の感覚も養われるだろうけど、私のように、基本的にプリントしないとなると……うーむ。

とはいうものの、「紙」として手に取るのは写真だけじゃないか。
ノートとか本とかも、その表紙はこすれて汚れたりする。
なので、そのあたりから類推して、レトロ加工をしたデジタル画像も、なんとなく古く感じるだろうか。


などとゆーことをよく考えてしまう。




MANHATTAN TRANSFER の SNOWFALL という曲。
クロードソーンヒルの曲のカバーだ。






画像の処理:
RawTherapee 4.1.1 / Color Efex Pro 4 / Analog Efex Pro 2 / Photoshop CS2( Photo Effects - Old Photo )