2016年05月30日

ひんやりと涼しそうな渓流に見えるかもしれないが公園であるという感じのHDR

ICE2による2枚パノラマ。
それぞれ適正(マイナス2補正)とプラマイ1~3、それにプラス4の8枚のHDR。
HDR合成はPhotomatix Proで、トーンマッピングはLuminance HDRのmantiuk08とfattal使用(それらを混ぜてる)。

IMG_5547And7more_m08_2_stitch_6



前に出した、どこの深山幽谷だよという感じの薄暗い公園なんだけど、これは三脚使った。
といっても、ホントは一脚だ、
私が使ってる一脚は2本の短い足がついていて、メインの足を縮めると、小さなテーブル三脚みたいになるのだ。
それを使った。
まともな三脚は持っていってないので、これを使うしかない。

それでもけっこう高い位置から撮ってるように思うだろうが……ここ、橋の上ね。
橋の上で、よっこらしょと座り込んで撮ってる。

プラス4のカットは、シャッタスピードが0.8秒だぞ。
昼間なのに。
こんなの手持ちじゃ撮れない。


つーわけで、日が当たってるところもあるけど、全体的に暗くしてみた。
これだけ暗くすると、真っ黒ベタにつぶれるところがあるのはしょーがないね。
どーせ目で見たって見えやしないんだから、自然といえば自然なHDRだ(笑)。


右のほうに植わってる葉っぱのでかいやつはハラン(葉蘭)っていうんだけど……まあ、庭園なんかによくあると思う。
お弁当とかに入ってるプラスチックの緑色のやつ、バランっていうよね。
もともとは、このハラン使ってたんだってさ。


画像の処理:
View NX2 / Photomatix Pro 5.1.2 / Luminance HDR 2.4.0 / Photoshop LE5.0( Lucis Art , Contrast Mask , AlphaWorks , Perspective Transformation , Ximagic Denoiser , Toycamera342 )/ ImageCompositeEditor 2.0.3.0


なんかオーソドックスというかトラディショナルな味でわるくないCOOP(生協)のビーフカレー中辛

生協の店で88円。
昨日出した辛口が、「2種類のカレー粉と香辛料で香り豊か」なんだそうだが、これは「フルーツとココアでコクのあるカレー」だそうだ。
さあ、どう違うだろうか。

P5031843_1



これも製造はヤマモリ。

P5031849_1



ハンバーグとミックスベジタブルを添えて食った。

P5031851_1



なんかふつーにうまい。
ただの「ふつー」じゃなく、「ふつーにうまい」だ。
オリジナルのボンカレーみたいな感じだろうか。
オーソドックスというかトラディショナルというか、わりと昔ながらのカレーに近いような雰囲気(「近い」ってことで、そのものじゃない)。

旨みは足りないけれども、バランスいいし、わるくない。
いや、けっこういい。
これは当たりだ。

無難という意味ではおもしろくないけれども、コストパフォーマンス重視のPBにおもしろいもなにもない。
エスニックカレーとか、そーゆーものでもないし。
フルーツとか出ているんで、甘酸っぱいかなと思ったんだが、気にならなかった。

これはこれでいい。
充分にいいような気がする。
もちろん、これは私の好みにあってるということであって、あなたの好みに合うかどうかは知らないが。

まあ、辛さはちょっと足りないような雰囲気なんで、ガラムマサラを少しふりかけて食った。
肉は小指の爪サイズのがいくつか入ってたような気がするけど、添え物したので気にならなかった。


2016年05月29日

四国にでも行かないとないかと思ったら意外と身近にあった沈下橋という感じのHDR

ICE2による2枚パノラマ。
それぞれ適正とプラマイ1~2の5枚のHDR。
HDR合成はPhotomatix Proで、トーンマッピングはLuminance HDRのmantiuk08とfattalで、それらを混ぜた。
なお、適正といっても、オートじゃなくてF5.6で400分の1にマニュアルで固定した(CHDK入れてるから、マニュアル撮影でもオートブラケットができるのだ)。

IMG_6981_2_3_4_5_m08_2_stitch_6



沈下橋ってのは、川が増水したときには、水面下に沈む橋のことだ。
沈むだけじゃなくて、破壊されて流れちゃうこともあるらしいが、できるだけそーゆーことのないよう、手すりとかの障害物がないように作るらしい。

有名なのは四国の四万十川とかにかかるものだけど、調べてみると各地にある。
でも、そんなの知らなかった(橋マニアじゃないし)。

んでまあ、このあたりをうろついてたら、こんなふーに川を渡る小さな橋がある。
最初はふーんと思ってたんだが、これって増水したときは沈むよなと思った。
だって、ここは土手(実際には石垣になってるけど、昔は違った)に挟まれた河川敷だもん。
ああ、これも沈下橋なのか、って気づいた。

こんなもんも橋なのか、そこらへんの公園の池にかかってるのと同じじゃないかという問題はあるけど、いちおうこの川は一級河川だ。
こんなもんでも(笑)。

いや、もっと下流になると、大きくなるぞ、川幅が。
流れ込むのはほとんど下水だけどな(笑)。
それでも、カワセミとかが来るらしい。
写真撮ってたら、通りすがりの人とちょっとした立ち話になって、自分はここで釣りするんだけど、見たよって言ってた。


つーわけで、意外と身近にあったのである。
名まえすらない人道橋だけどね(これだけじゃなく、いくつかある)。


見てのとおり、雑草がぼうぼうだ。
イネ科の花粉症の人には地獄だろうと思う。
私はガキのころからこーゆーところ(ここじゃないが)で遊んでたからか、イネ科はへーきである。


さて、これもビフォー&アフターということで、覆い焼きとか焼き込みとか、部分ごとの明るさ調整をする前のものを出しておこう。

IMG_6981_2_3_4_5_m08_2_stitch_3_00



このままでは、いちばん明るいのはぼうぼうの草であって、主題である橋に目が行かないのだな。
やっぱ全体的にフラットだし。


空に若干のムラがあるのは見逃してほしい。
できてから気づいたんだけど、めんどくてやり直したくない。(^_^;)


画像の処理:
View NX2 / Photomatix Pro 5.1.2 / Luminance HDR 2.4.0 / Photoshop LE5.0( Lucis Art , Contrast Mask , AlphaWorks , Perspective Transformation , Ximagic Denoiser , Toycamera342 )/ ImageCompositeEditor 2.0.3.0

たまにあるのだがCOOP(生協)のビーフカレー辛口も安物のくせにマジ辛いタイプであった

生協の店で88円。
なお、正確には「CO・OP」という表記だが、わかっていて書いてるのだから文句つけないように。

P4251663_1



製造はヤマモリ。

P4251667_1



ミックスベジタブルを添えて食った。

P4251671_1



うーむ、けっこう辛い。
辛いの苦手な私にとって、マジ辛口といっていい。
これ以上辛いと、ご飯を多く口に入れないと食えないみたいな感じになると思う(もっと辛いと、辛くて食えないということになる)。
その意味で充分に辛口だ。

こーゆーの、たまにある。
たいがいの安物カレーは、たしかに中辛よりは辛いという程度なのだが、なんかマジで辛いじゃん、というやつ。
たとえば、くらしモア(製造はたぶんハウスだと思う)とか、西友のみなさまのお墨付き(製造元は不明)とか。
そーゆー系統だ。

そこはいいのだけれども、旨みが薄っぺらい。
味がないという印象(いや、なくはない)。
この値段だから、旨みもコクもないのは当たり前であって、うまいほうがおどろくが。

肉は親指の爪サイズのスライスがひとつと小指の爪サイズのがひとつ、合計2個。
こんな肉が入ってたってうれしくもなんともない。

その他の具は、けっこうとろけてるんで、入ってるかどうかわからない感じ。
目で見れば入ってるのはわかるけど。

まあ、そこそこバランスはいいと思う。
腹をふくらませるための実用のカレーとして充分だろう。

これ、ナベで煮て、そこにビーフコンソメをちょっと入れて旨みを補強してやるといいかもしれないと思った。
素質はあるような気がする。


こんな小さい流しそうめん器なんてでかいどんぶりの中でぐるぐる回ってるも同然じゃん

私は、流しそうめんというやつのどこがいいのかさっぱりわからないのだが、こんな小さいものを見るにつけ……なんか頭おかしいんじゃないだろうかと思うようになった。

DSCN1688_1



コレ、なんの意味があるんだ?
私にはわからない。


まあ、これの右にあるよーな、ある程度でかいものなら、小さな子どもは楽しく思うかもしれない。
取れたとか逃がしたとか、わーきゃー言いながら家族で食事ができるかもしれない(2回で飽きるよーな気がするけど)。

だけどさ……これ、ラーメンどんぶりと同じよーなもんだよね、サイズが。
これの中でぐるぐる回してどーするの?
なんか、回ってるそうめん見てると、悲しくなってくるよーな気がする(笑)。
せいぜい3回ぐらいたぐったら、補給しないといけないんでしょ?
それ、そのまま食ったらどうよ。

そんなふーに考えてはいけないのだろうか。
まあ、つまらないヤツってことになるんだろうけど……こんな小さいの……ああ、これ、なんかの薬品溶かすのにいいかもしれないな。
写真の現像液とか。
粉入れて水入れてスイッチ押せば、水がぐるぐる攪拌されるんでしょ?
きれいに溶けるよね、たぶん。
ミクロファインとかD76とかさ。
容量が足りないかな。