ブログネタ
なんだ、日本酒ってウマイじゃん。 に参加中!
銀千樹


秋田清酒(株)(秋田県)



09.2月
刈穂「銀千ん樹」を飲みました。








【冷(常温)】
09.2/28
とろけるような味わいです!キレイ過ぎます。
口当たりは静かで美しい。
それだけにアフターの辛味が際立つ、キレのあるお酒です。

【冷酒】
09.3/10
口当たりが非常に優し過ぎます!
そして口の中で旨みが膨らんで行くのですが、膨らみすぎないのです!
この膨らみ具合がギリギリで焦らされている感じがするのです。
そして・・・飲み込んだ瞬間に破裂して香りが口から鼻から漂うのです!
これすげーわ!!
抜詮後、10日経っていますが、経たりなんて全くないです。
むしろかなり柔らかくなっていて美味しいです。
素晴らしいです!


【ロック】 
09.2/28
辛さが無くなって、甘みが際立って旨いです。
スッキリスッキリ甘さが残る

【美味しかったアテ】
すき焼き

【酒プロフィール】
原材料名:米・米麹
精米歩合:40%
アルコール分:16度

【裏面ラベル(化粧箱)より】

「山家の富貴銀千樹」とは、山里には、これといって格別誇れるものもないが、雪をかぶって白銀のように光る山々の樹林の風情こそ、素晴らしい宝物であるという意味である。
「刈穂」の蔵元周辺の出羽陵の杉の樹林の雪景色はまさにこの風情であることから「銀千樹」とした。
「漁夫の風流玉一藁」とは、寒々とした川面のにひとり釣り糸を垂れる漁夫の藁につもる玉のような雪もまた風流のきわみであるという意であり、「刈穂」の蔵の裏を流れる雄物川の冬の一点景である。


【一本飲み終えての感想】 

最初冷(常温)で呑んだときには大吟醸ってこんなものなのかな?
って期待しすぎていただけに、ちょっとしたショックもあったのですが、
冷酒にしたときに本当の姿をみました.
フリーザの第3段階目の変身を目の当たりにした時の衝撃です。
いやーやっぱ凄いですね!秋田清酒さんのお酒はやっぱり面白いですね!
一癖も二癖もある感じで、呑んでいてA型心をくすぐられます。いろんな呑み方で楽しみたくなるんです!!

この酒美味いっすよ!!!!

購入日:頂き物
購入場所:頂き物
購入金額:頂き物
製造年月日: