ダイエット(7)

82歳男性。ダイエットで糖尿病が「完治」へ。(-1.9kg/30days

 大柄の男性でアルツハイマー型認知症である。改訂長谷川式は10点で語義失語の傾向あり。糖尿病に前医から継続してメトホルミン2000mg、グラクテイブ100mg処方しており、食後血糖が201だった。

 体重は72kgBMI24.05である。脂肪肝もあるのでケトンダイエットを指示。ただし低血糖になるといけないので、メトホルミン朝3昼1を朝1昼3にかえた。ココナッツオイルは嫌がるため隔日。朝は絶食、昼はデイサービス週3回、その日の夕食は主食抜きにしてくれた。

その結果、体重は1.9kg減り、見た目はもっとスリムになった印象。食後血糖は107HbA1c5.3となり、メトホルミンは1000mg、グラクテイブ50mgに半減。低血糖症状は、おきなかった。

 このまま体重が減れば、糖尿病完治の予定である。糖尿病とアルツハイマー型認知症を同時に改善できるロシア製のサプリメントは、小早川医院さん(20例担当)で半分終了し、よい成績が出た。来週から高橋ファミリークリニックさん(20例担当)で治験がはじまる。

48歳男性。ダイエットで脳挫傷後遺症のめまいが治った。(-5.4kg/1month

 会社に勤めている48歳男性。32歳のときに歩行者として事故に出会い、脳挫傷で2日間絶対安静の意識消失。その後両手と右足のしびれが残った。眼振が強いため不審者と思われるとこぼした。低髄液症候群はない。

 リボトリール、セレスタミン、セファドールを処方すると同時に、ケトンダイエットを指示した。体重は80kgBMI 25.82だった。

 28日後、体重は5.4kg減り私が予想したとおり、めまいが減った。いままではセファドールを飲まないと運転できなかったという。次回までに72kgにするように助言した。男性は簡単に体重が減るので指導のしがいがあるし、成功者の笑顔は楽しいものである。

86歳女性。ダイエット成功で降圧剤5mg2.5mgにできた(-3.2kg/53days

  1年半通っている謎の患者さん。改訂長谷川式は272828と推移。現在の診断名は軽度認知障害である。レミニールとドパコールを処方している。友達はいるが、独居が好きだという。

 チアプリドで転んだ方なので、体重を削ったほうがよいと説明。3.2kg減ったことにより、浮遊感がなくなり、薄味にも慣れておいしいと思うようになったという。アムロジピンは5mg2.5mgへらすことができたという。現在血圧は128mmHgである。(H30.10.12)ちなみに、私も12年続いたミカルデイスを0にしつつある。朝の血圧は100にいかない。

82歳女性。文句を言わずダイエット成功。(-2.5kg/7 weeks)

 3年通院しているDNTCであり、改訂長谷川式スケールは、23.514と悪化してきていた。823日、食べ過ぎるとのことでケトンダイエットを指示。炭水化物が好きな方である。

朝は絶食でブラックコーヒーにココナッツオイル。昼はデイサービス先に頼んで白米を除去。夕食は自由、というふうに完璧にやってくれた。その結果、体重は55.3kg52.8kgと明確に低下した。BMI23.46に。

 そもそもコントミン118.75mgを必要とする介護抵抗のキャラクターだったが、素直にダイエットをしてくれた。体重減少によって、徘徊や介護抵抗が増えたという報告があった。体が軽くなったから動いてしまうという点もあるのだろう。今後の課題である。

ただ、介護抵抗が強い方が絶食を嫌がるとは限らないというのは、発見であった。体重が最大時からは6kg減ったことに関しては、家族は非常に評価している(H30.10.11

75歳女性。認知機能低下でダイエット開始。(-1.6kg/7weeks

 ご主人に連れられて1年間通院しているアルツハイマー型認知症の女性です。改訂長谷川式スケールは27.524.5と低下してきたので、糖質制限を指示しました。

 ココナッツオイルは忘れがちで2日に1度飲む程度ですが、朝絶食、昼主食抜きをちゃんと実践し、7週間後には体重が1.6kg減少し、収縮期血圧は12610620mmHg下がりました。

  理知的で元気な女性であり、収集癖傾向があり海馬萎縮が0.5+であるためADHDは完全には否定できないのですが、今後の経過を慎重に見てゆくつもりです。(H30.10.11

船橋屋のくず餅はグルテンフリー。東京みあげの1位に図1

 私の知り合いの従弟が、200年を超す歴史の船橋屋をついだ。東京みあげの人気投票で1位になり、111日に村上龍の番組で取り上げられるという。

 グルテンは、難治性てんかんやADHDの子供の症状を悪化させる。いまや老舗のお菓子まで健康への配慮がされるとは驚きである。
20181014 (1)

 私は毎朝セブンイレブンで昼食を買ってゆく。生野菜、卵、蒸し鶏のセットはちょうどケトンダイエットによい。(図2)スゴイダイズは、PSAが高くなった10年前から飲んでいる。チーズは、肌のケアのためだ。
20181014 (2)

ダイエット()

私は9.1kg減少

 東京旅行で糖負荷試験をおこなって体重が50g下がったあと、翌日仕事を再開し、その日の夕食は、ステーキ弁当を思いっきり食べました。体重はついに58.6kgに落ち109日間で最大の減少、9.1kgダウンに達しました。(図1
20181010 (1)

 5月のころと比較すると、やはり腹が出ていましたね。ダイエットで顔も小さくなったようです(図2
20181010 (2)
ちょっと脱線します。先日、エスカ地下街の大きなVANショップでM1タイプのジャケットを購入したのですが、残念ながらMサイズまでは落ちておらず、余裕を計算してLサイズになりました。(図3

20181010 (3)
大学時代に、医学部のエンブレムをデザインしてインドネシアに発注しました(図4)。ラグビー部を中心に学年を超えて60人の学生に買っていただきました。113000円でしたので、払ってもらえた分だけ梅田のショップへ商品の取りに行くのを繰りかえした思い出があります。同学年にスーツ会社の社長の娘Mさんがいて、この水色はすごくきれい、ととても評価してくれました。何より私にトラッドを教えてくれたK君と梅田のブルックスブラザーズへ行って、コードバン(馬)のローファーを買って宝にしていました。コートバンは使いこなすと紫色に変色して味わいの深いものです。

20181010 (4)
青山のブルックス本店では、いまは製造していないと聞きましたが、どうも復活の兆しがあるようで伊勢丹で国内10足だけ作ったという話を松屋銀座のスタッフから聞きました。実はMさんもK君も30歳の時に逝ってしまいました。私は、もうその2倍生きさせてもらっています。来年2月16日に初の同期会がスイスホテル南海大阪であるのですが、紺ブレにエンブレムをつけて参加することはできないかと妄想しています。家族には痛いからやめてくれと強く止められています。

図5にあるカルチエタンクは、JFケネデイがヨットに乗るときに愛用していたモデルです。ケネデイはトラッドでしたよね。彼と娘さん(前日本大使)のサインをもっています。脱線してしまってごめんなさい。いつも痛い話ですね。
20181010 (5)
ダイエットを始めて便秘になり、4日に一度は腹が痛くなって最後はオイリーな下痢になるようになってきました。ですから毎日漢方で排便して腸内にココナッツオイルがたまらないようにしようと思っています。

 患者さんの中には、便秘になったと言ったのはレビー小体病の50代の男性だけで、ほかは聞きません。下痢になったという話は時々聞きますが、それはケトンダイエットが始まってすぐにココナッツオイルに反応している方々です。その場合は、オイルの1回投与量を減らせばいいと思います。また、先日便通がよくなったという女性がいました。

 私が飲んでいるココナッツオイルは13mlです。白澤卓二先生が行った一卵性双生児の臨床試験では100ml飲ませているので、このような大量でも下痢にならない人がいるのですね。個人差があります。

ケトンダイエットで認知症圏から脱出!(-3.5kg/1 months

 半年前からいつも1人で通院してきた78歳男性です。本人はさかんにもの忘れを気にしますが改訂長谷川式スケールは23と悪くはないのです。著者は側頭葉てんかんを視野に入れて、イーケプラ、バルプロ酸、レミニールを処方してきました。彼は、ノーブレーキでの追突事故を起こしていたのです。

 ケトンダイエットを指導したところ、52.7kgから49.2kgになりました。ココナッツオイルは飲んでいるけれど、空腹感があって困るとのこと。トマトジュースとミックスナッツを食べるように助言しました。

 驚いたのは改訂長谷川式スケールです。29.5になってしまったのです。もう認知症外来ではありませんね。初診時口を開けていた方がひきしまった表情です。写真をお見せできなくて本当に残念です。

 白澤卓二:アルツハイマー病が革命的に改善する33の方法、飛鳥新社、2018を読むと、食事で予防できるという機運がものすごく高まります。

68歳のADHDがダイエット成功(-2.1kg/1 month

 奥さんの介護で気分が落ち込み、いらいらしていた大人の発達障害の方です。正確にはADHD+ASです。コンサータ36mg、コントミン37.5mgを処方していましたが、セルトラリン12.5mg×2を追加し、肥満の奥さんとともにケトンダイエットを推奨。一気に治そうと思いました。

 体重は72.8kgから70.7kgに減少。2.1kgマイナスです。凝りだすとすごい性格で、朝、昼とも絶食にしていたとのこと。

残念ながら下痢になってきたのでここで中止したといいます。そこで今度はMCTオイル7オレンジアロマを推奨。この日から名古屋フォレストクリニックでとりあつかいはじめたものです。気分のほうは、セルトラリンが著効して翌日から明らかに元気になったとのことでした。

セルトラリン25mg2つに割って危険分散する医師がいるでしょうか。もし、うつ状態でなかったら副作用が心配でした。コウノメソッドは用法用量の危なさを感知して、副作用なしの医療をめざしています。(H30.10.9

ケトンダイエットを履行したSD-ATD-5.4kg/19days

 83歳女性。2週間ほど前に7年ぶりに関西から再来した認知症の方です。地元ではメマリーが処方されており、改訂長谷川式スケールは4しかありません。80.7kgだったのでケトンダイエットを絶対にするように指導。19日後に夫が初診するので、いっしょに来られました。

 体重は75.3kgに落ちており、よく短期間で落ちたなと感心しました。ココナッツオイルに朝の絶食はしています。夜中につまみ食いをするそうですが、これだけ落としてくれればOKです。血圧も140125に低下していました。

ケトンダイエットが成功しつつあるSD-1kg/7weeks

 78歳女性、改訂長谷川式スケール7。父親が糖尿病で、本人も耐糖能異常があります。体重は50.5kgでしたのでケトンダイエットを推奨。7週間後体重は49.5kg1kg減っていました。とくに認知機能の改善はみられていませんが笑顔でした。

ココナッツオイルも飲んでおり、朝の絶食はつらくないとのこと。今後が期待されます。髄膜腫の手術既往があり、てんかんのハイリスクなので、ケトジェニックな体にしておくと安全です。難治性てんかんに対するグルテンフリー食と同じことで

ケトンダイエットが奏功したDLB-1.3kg/5 weeks

  78歳女性。改訂長谷川式スケール25のレビー小体病です。杖歩行の肥満尚でダイエットするように助言。

 5週後、体重は63.2kgから61.9kgに減少。1.3kgマイナスである。ココナッツオイルを飲み、白米は意識して減らしたといいます。手足の震えがかるくなったそうです。次の5週間でもう1kg減らすように指示しました。

炭水化物に耽溺した食生活のお年寄りは、ダイエット不可能

 76歳男性。改訂長谷川式スケール19のアルツハイマー型認知症です。アリセプト10mgを処方されて4年たつが効果がないということで初診となった。歩行が遅く、易怒もあるためレミニールに変えて、チアプリド25mg×2を開始。

 初診時の体重62.6kg1か月で64.1kgに上がったので、ここで食い止めないとだめになりますと説明し、ケトン食を推奨したのですが、朝の絶食がよほどつらかったらしく、1週間で断念したといいます。ふらふらになり空腹感に耐えられなかったそうです。

 彼の食事は若いころから朝食は、白米とみそ汁。昼はパンと決まっているそうです。それを長い人生続けてきたので、変更は無理なようでした。結局体重は63.1kgに落ちてはいましたが、それでも初診時より重く、私の中では治す方法が見つからないと思いました。

空腹に耐えられないときは、トマトジュース、くるみ、アーモンドをたくさん食べてもいいのですが、炭水化物でないとだめだと怒り出す状態だと治せないです。(H30.10.9

名古屋フォレストクリニック院長 河野和彦公演日程

平成30年11月3日(土)19時  熊本県立劇場(100席)医療従事者向け

平成3011月4日(日)9時30分 熊本県立劇場(300席)一般向け

平成31年113日(日)和歌山県橋本市   和歌山県薬剤師会主催

平成31114日(祝)和歌山県那智勝浦 和歌山県薬剤師会主催

平成31317日(日)TKPガーデンシテイ品川(400席)第5回認知症治療研究会 予約制

平成316月未定 (日)場所未定 認知症治療研究会関東支部会

平成31825日(日)登壇時刻:午前10:15-12:00 

天王寺クレオ大阪本館ホール(1000) 第3回認知症治療研究会関西支部会
 前半 認知症におけるコウノメソッドと抗酸化治療(50分)休憩10
 後半 認知症予防と治療の食事療法(40分) 質疑(5分)

図6週刊東洋経済に掲載されました

1013日号は、認知症の巻頭特集で49ページまでずっと認知症の話になっています。登場した方々のうち医師は7人でした。私は医療と介護の両輪の話でしたから最後に載っています。新幹線に設置してあるウェッジという本にボリュームが似ていますが、この薄さで710円というのは高いですね。50歳前後のエリートビジネスマンが読む本なのでしょう。彼らの親がちょうど認知症になる時期ということで、特集号になりました。
20181010 (6)

 

ダイエット(5)

2日間の糖質負荷試験にも体重増加なし!

 106、7日の連休に東京旅行にいきました。ダイエット開始の622日から105日までの体重推移は、67.759.3kg8.4kg減少でした。東京で思いっきり炭水化物を食べたらどれだけ太るかという負荷試験をすることになったわけです。

 初日の朝はいつもどおり、絶食でココナッツオイルをコーヒーに入れて飲みました。新幹線で東京へ。昼食は大きな器で有名なうどんのチェーン店。シェフは5人全員バングラデシュ人(推定)でした。明太子うどんを思い切り食べました。昼にうどんを食べたのは、3か月半ぶりです。

 夜は、東京タワーの真下にある豆腐料理店で、ステーキやマツタケご飯、デザートを思いっきり食べました。

 翌日の朝は、日本橋の外資系ホテルでの朝食。最初に対応してくれたスタッフは韓国人でした。食事がおいしいことで有名なホテルなので私は洋食にしました。大きなクロワッサンがとてもおいしくて2つ食べ、さらに別に茶色い麦のパンを食べるという蛮行を行いました。パンを食べたのは3か月半ぶりです。

 昼は、銀座で予約しておいた天ぷらレストランで、野菜天丼を食べました。天丼を運んできたのは中国人でした(推定)。名古屋に帰って、名古屋駅の多国籍料理のレストランでフランスパンを出された1/3にバター2かけら全部乗せて食べました。そしてサツマイモの甘味を抑えたデザートを食べました。(図1)
30.10.9ダイエット(5)

 2日間でダイエット中の私がこれだけの悪行を行って、夜体重計に乗りました。みなさんに、悪行をするとどれだけ体重が増えるかを示したかったのです。結果は、直近の4日間平均59.25kgに対して59.2kgという結果。なんと50g減っていたのです。(図2)
20181009 (2)

 なぜ増えなかったのか。考えられることは一つ。歩いたからでしょう。10月以降の丸一日業務をした4日間の平均は、1.6km2,735歩でした。旅行中の2日間平均は、7.4km12,374歩(日頃の4.5倍)だったのです。

 日頃私がいかに運動していないか。ケトンダイエットは運動しなくてもちゃんとやせることも証明できました。

河野の結論 旅行に行ったら、全部食べちゃえ!熊本、奈良、徳島の講演が予定されていますが、心おきなくいただく予定にしています。

 

↑このページのトップヘ