2012年02月

2012年02月27日

12-2-27-1

26日(日)にフォーレストでおこなわれたB級男子シングルスの結果です。

12-2-27-2

優勝:柏木 昇一(フォーレスト)
コメント:イメージを大切にしてテニスをする事が出来ました。
また頑張ります。


12-2-27-3

準優勝:宮川 勇人(香川大学)
コメント:強い方々と戦えてとても勉強になりました。
また挑戦します。


12-2-27-4

そして1位リーグを勝ち上がったもう1人!
小林 徳大さん。
めちゃめちゃ走りまくりだったようで。
敢闘賞ということでUPします。


選手の皆さんお疲れ様でした。

(17:00)
昨日は全国都市対抗テニス大会のシングルス香川県予選がおこなわれ、僕も第1シードとして出場していました。
結果は決勝で岡崎選手と対戦し4−8で敗退し、準優勝という結果に終わりました。
準決勝のファーストゲームで左足がケイレンしだましだましやっていましたが決勝では怖くて走れず力を出し切ることが出来ませんでした。
相手の岡崎君にも全力でぶつかっていくことが出来ず申し訳ない気持ちです。

でもここ2ヶ月間の筋トレのおかげかテニス自体の調子はかなり良くなってきているのでこれを維持していけるよう引き続きトレーニングしていきたいと思います。
応援に来て下さった方にも不甲斐ない試合をしてしまいガッカリさせてしまったと思います。
このリベンジは必ず晴らしたいと思いますのでまた応援よろしくお願いします。



(16:32)

2012年02月25日

昨日の続きになりますが強くなりたいという純粋な気持ちはどのようにして生まれるのか。
それは本人が自分自身で目標を作ってそこを目指す事によって生まれると思います。
僕自身もジュニアの時には大した目標もなくなんとなく練習をしていたような感じだったのでどちらかと言うと「親にやらされている」感じでした。
それでは厳しい練習もこなせるわけがありませんよね。
今となってはなぜもっと自分自身で明確な目標を作っていかなかったのか後悔しています。
だからこそ、今僕の周りにいるジュニア達には自分自身で目標を作ってそこを目指してほしい。
その目標は1回戦突破だろうが全国ベスト8だろうがプロになることだろうが選手によって違ってもいい。
ただ一番いけないのは両親やコーチが決めた目標をなんとなく目指すのはダメ。
他人が決めた事だと「やらされる」になってしまいます。
自分で決める事が一番なんです。
そのためになら色んな事を犠牲にして厳しい練習も乗り越えていけるに違いない。
僕はそう信じています。



(13:11)

2012年02月24日

某テニス雑誌にジョコビッチを幼いころに指導したゲンチッチさんの話が載っていた。
そこにはジョコビッチが幼い時にどういう子供だったとかどういう練習をしたとか少し練習を見てすぐに彼の才能に気付き両親に「この子は将来必ず世界のトップに立てる」と言ったことが掲載されていた。
ゲンチッチがなぜジョコビッチを将来のトップ選手になれる選手だと見抜けたのか。
もちろん運動能力やテニスの才能は周りの同年代の子供よりも秀でていたようだったが一番大切なのはコーチの話しを真っ直ぐに目を見て聞いていたこと、黙々とボールを拾ったり練習も自分から率先しておこなっていたこと。
どんな才能のある選手でもこういうことが当たり前にできるかどうか一番大事なんだと思う。
強くなりたいという純粋な気持ちが感じられたんだろう。

僕がレッスンしていても僕がアドバイスや話をしていても姿勢を正して真っ直ぐに目を見て聞く選手とうつむいたりきょろきょろしたりしながら聞いているのかどうか分からない選手まで色々。
前者にはもっとアドバイスしてあげようと思うが後者の様な選手にはどうせ聞いていても頭の中には入ってないんだろうなと思ってしまう。

後者の様な選手は今どんなに上手くてもこういう姿勢が今後のテニスにどのように影響していくかは言うまでもないことだと思う。

大きい声で挨拶をし、返事ははっきりと、話しを聞くときは話をしている人の目を見て聞く。
人としての純粋さを持つこと。
そういう選手はテニスに対しての純粋さも持っています。
強くなるにはどうすればいいのか?
こういう当り前の事ができるかどうかなんですよね。

(16:57)

2012年02月23日

12-2-23

2月26日(日)におこなわれるB級男子シングルスのドローです。
たくさん試合が出来るようリーグ戦方式にしました。
日頃の練習の成果を発揮できるよう頑張ってください!

(15:05)

2012年02月21日

本日県営生島コートで香川県女子テニス連盟のシングルス大会がおこなわれました。
その大会で僕のレッスン生の方がB級C級で共に優勝されました。
お二人とも昨年は準優勝で悔しい思いをされてからこの一年シングルスクラスで腕を磨き今日ついに悲願の優勝を勝ち取りました。
僕自身も昨年からの思いもあったので喜びも大きいです。
本当にお二人ともおめでとうございました。

僕もこのお二人の勢いをお借りして今週の都市対抗シングルスで頑張りたいと思います!

(22:38)

2012年02月17日

日曜日に全国都市対抗テニス香川県予選のシングルスがおこなわれます。
この大会は国体を開催する県が前年にリハーサルをおこなう意味で開催される大会。
僕も何度か全国大会に行きましたが一般男女シングルス・ダブルス、ベテラン男女ダブルス、グランドベテラン男子ダブルスの計7本勝負でおこなわれる団体戦です。
日曜日にはその一般男女シングルスの香川県代表を決める大会がおこなわれます。

今回も僕は第1シードとして挑みます。
昨年からの連覇もかかり、プレッシャーもありますが一戦一戦しっかりプレーしてその結果が優勝となれば最高ですね。

今シーズン最初の大会。
良いスタートを切れるように頑張りたいです。
応援よろしくお願いします。


(15:24)

2012年02月14日

12-2-14

2月26日(日)にB級男子シングルス大会をおこないます。
たくさんのお申し込みお待ちしております。

(18:37)

2012年02月13日

12-2-13

昨日はお休みだったので謙仁を連れて初のスキー場へ。
場所は徳島県の井川スキー場。
徳島県と思ってなめてましたが予想以上の降雪でスキー場までの道のりは凍結していて危険な状態でした。
四駆+スタッドレスタイヤだったので大丈夫でしたが普通車ならちょっと危なかったかも。

ゲレンデへ到着し、謙仁のウェアもレンタル。そしてそりを持ってちびっこ広場へ。
初めての雪、初めてのそりに最初はビビっていましたが慣れてくるととても楽しそうでした。

僕自身もリフト券を買って4〜5年ぶりのスノーボーディング。
少し不安でしたが体が覚えていますね。
しょっぱなから良い感じで滑れました。
謙仁がもう少し大きくなって一緒に滑れる日が待ち遠しくなりました。

テニスにおいてもそうですがこうやって親子で一緒に何かを楽しめる事は人生の中でとても大切な時間だと思いました。


(12:56)

2012年02月10日

12-2-10

スクールボールを新しくしました。
今までのボールよりもフェルトの製法にこだわって耐久性を重視したボールです。
打球感は今までのボールよりも個人的には少し柔らかい感じがします。
柔らかいと肘への負担も軽減されますので肘に故障をお持ちの方にもこちらのボールのほうが良いと思います。
なんと言っても耐久性の向上が期待できるボールなので僕たちにとっては嬉しいボールが誕生してくれました。
さて、どのくらいもつのやら…。

(16:39)