2013年07月

2013年07月31日

最近会う人会う人に「痩せたんちゃう?」と言われます。
やはり夏になると汗をかく量も増えますのでおのずと体重も減ってきます。
もともと僕の悩みは体重が増えないことなので夏になると体重が減って困ります。
別に少食ではないですし一日3食きっちり食べているのですがそれでも痩せます。
おそらく消費カロリーに摂取カロリーが追いついていないんでしょうね。

痩せるともちろん疲れやすくなります。
疲れている体でさらに頑張ろうとするのでよりエネルギーを使いますね。
それによってさらに痩せていく気がします。
ここ2週間くらい体重が減ってきてやばい感じになってきたので頑張って食べてます。
それによって…
image

59kg台に戻すことができました。
この調子で体重を落とさないように自己管理していかなくては。

世の中の大半の人はダイエットに努力しておられますが僕は痩せない努力をしています。
ダイエットにお悩みの方、僕とこの夏生活を共にしませんか?笑
確実に痩せられます。

(23:19)

2013年07月30日

ここ最近ジュニアのトーナメントクラスのレッスンではラリー練習をメインにしています。
球出しによる練習はフォームを作ったりするような反復練習にはとても効果的ですが反面、同じようなボールを打つばかりになって単調な練習になってしまうこともあります。
試合の中では同じボールはほとんどありません。
相手が打ってくるボールは1球1球違います。
そういう意味でもラリー練習で生きたボールを打ち返すことによってより試合に近い状況で練習することができると思います。
ましてや試合が近いこの状況だからこそなおさらだと思いますね。

ラリー練習では深いボールを打つ練習やクロスとストレートにコースを打ち分ける練習などいろんなパターンで練習します。
もちろんネットプレーの練習もやります。
しかもある一定のゾーンに50球入れたら終わりとか2対1のラリーで2人を相手に20ポイント取ったら終わりとか。
妥協はしません。
選手たちははじめは「えっ?まじで50球も?」みたいな顔してましたが最近は50球を何セットもこなせるようになってきました。
そういう意味では少しずつですが成長を感じています。
でも大切なことはただ50球入れるためだけの練習にならないようにすることです。
どんなボールでもとりあえず入ってたら良いんじゃなくて試合の中で実際に打つしっかりとしたボールで50球入れないと意味がありません。
そこは選手個人個人が妥協せずやっているかということを洞察するコーチの眼が必要になってきますね。

苦しい時もあるでしょうが試合の中でこういう練習が必ず役に立つと信じてやっていこうと思います。

(16:22)

2013年07月26日

13-7-26

知っている人も多いとは思いますがフェデラーがついにラケットを変えようとしているようです。
フェデラーはずーっとウィルソンのプロスタッフでフェイスサイズが90インチという激ムズラケットでしたがここ最近は98インチのラケットを使用しています。
まだ試している段階ではあると思いますが本人の中ではテニスのスピード化や男子テニス界のレベルがどんどん上がってきていることに対応するためのラケット変更なのではないかと思います。
しかしここ2週連続で1回戦敗退など調子がかみ合っていないようでこのラケット変更が吉と出るか凶と出るか・・・。
プロテニスプレイヤーにとってラケットを変えるという決断はそう簡単にできるものじゃありません。
テニス人生を左右する決断だと思います。
フェデラーファンの僕にとっても今後のフェデラーの動向はかなり気になるところです。

しかしこんな時でもフェデラー自身は超前向き。
初戦で負けた後の会見でも「今日のウォーミングアップの後に試合をするか決めた。ハンブルグでもすでに腰を痛めていたけど、今日はこうして試合が出来た事には満足しているよ。そして、試合中に悪化する事もなかった。常に前向きに考えているし、ここ数日で少し良くなっていたからね。負けてしまったけど、今週ここグシュタードに来れて良かった。こうしてこの大会へ帰って来た事は最高だったし、観客も歓迎してくれたんだ。」
こうやって常に前を向いているからこそ負けてもまた一歩前進できるし立ち止まらずに強くなっていけるんですね。


技術は真似できませんがこういう考え方は真似したいところですね。


(12:40)
今日は灼熱の太陽の中、ジュニア強化練習会を13時から2時間半おこないました。
もうすぐ始まる香川県ジュニアに向けて戦術的な観点から見た練習と試合をメインにしました。
しかし今日は暑かった…

ところで子供達は夏休みに突入しています。
この時期に大切なのはこの時期にしかできない質より量に特化した練習です。
普段は学校がありますから授業が終わってからレッスンなのでどうしても限られた時間での短い時間で質を求めた練習になります。
個々の課題に対しても長い時間をかけて完成度を上げるところまでいけるかとなると…
しかし夏休みは朝から晩まで時間はたっぷりあります。
朝早く起きてクラブにくればコートは使い放題。
しかもうちのクラブは1時間800円のレンタル料。
1人で黙々とサーブ練習をするもよし、仲間を誘ってゲーム練習をして試合慣れするもよし。
まぁ宿題はやらないといけませんし塾の夏期講習もあるでしょう。
部活もあります。
この夏休みをどう使うかでこの夏大きく成長できるかなにも変わらないまま夏が終わるかが決まってくるでしょう。
やるのは自分。

いつやるの?
今でしょ!



(00:20)

2013年07月24日

昨日行われた国体少年の部女子、フォーレストの長野瑞季の試合結果は3位で惜しくも代表にはなることはできませんでした。
ここ最近勝っていた相手に負けたということもあって本人は少しショックはあったと思います。
誰でも負けた時には落ち込みます。
大切なのはそこから何を学び次に生かしていけるか。
今の自分の状態を確認し、何が良くて何が足りないのか。
ただがむしゃらに練習するだけでは時間の無駄になってしまいます。
頭の中をクリアにし前を見て進んで行く前向きな気持ちを持って練習していくことが大切ですね。
ライバルたちは強くなろうとどんどん前に進もうとしています。
焦りは禁物ですが立ち止まらず前を見て今やるべきことに集中して日々を過ごして行くことが大切です。




(23:01)

2013年07月22日

昨日おこなわれた国体成年の部四国大会の結果です。
全国大会出場をかけた徳島県との一戦は1−2で惜しくも敗退し残念ながら全国出場は果たせませんでした。
詳細はシングルス1の切詰が勝利しシングルス2の福井が敗退。
そしてダブルス勝負で敗退したようです。
これで今年の国体は出場できませんがまた来年出場できるように強くなって欲しいですね。
あっ・・・僕もか。笑

ちなみに国体少年の部男女の香川県予選が今日おこなわれ女子の長野瑞季がベスト4に残り、明日代表の座をかけて戦います。
少年の部は県予選で1位と2位になれば全国へ出場できます。
この猛暑の中コートに立って試合をするだけでも大変なことですが気持ちを強く持って戦ってほしいと思います。


(16:35)

2013年07月20日

今日から2日間、徳島県で国体成年の部の四国予選がおこなわれています。
この大会は四国4県対抗で総当たりのリーグ戦を行い上位2県が本大会に出場できます。
男子香川県代表で切詰魁と福井亮介のチームフォーレストが出場しています。
対戦方式は2人のシングルスと2人で組むダブルスの3本勝負です。

そして先ほど切詰から初日の結果の連絡がありました。

まずは愛媛県と対戦し0−3で敗退。
次戦は高知県と対戦し3−0で勝利。
そして明日全国への切符をかけて徳島県との戦いとなったようです。

気温も高く暑い中での戦いですが明日は違う意味でアツい戦いになると思います。
最後は気持ちの強さが勝敗を分けるでしょう。
内容よりも結果にこだわって泥臭く1ポイントを取るテニスをしてほしいと思います。
皆さま、応援よろしくお願いします。

頑張れ香川!

頑張れ魁!亮介!

(19:27)

2013年07月19日

先日、ハワイから日本人の高校生が1日だけレッスンを受けに来てくれました。
なんだかおばあちゃんが入院したから御見舞いか何かで4日間だけ日本にステイするか何かで週明けに大会があるから少しでもテニスはしておきたいとかで色々と検索してみたらジュニアクラスに力を入れているようなのでご指名頂いたようでした。
(あまり定かではありませんがこんな感じだったと思います)

2時間のグループレッスンに入りましたが17歳の彼はなかなかの腕前でした。
でもハワイにはオムニコートが無いらしくすぐ控えている大会もハードコートの大会だったので調整には向いていないということで銀星テニスクラブを紹介しました。

そして翌日は銀星テニスクラブで臼井コーチとヒッティングをして満足して帰っていただいたようでした。
そして後日、一緒に来ていたお父様からお手紙を頂きました。
「先日は大変お世話になりました。急なお願いにもかかわらずこちらのご無理を聞いていただき銀星テニスクラブも紹介していただき感謝しております。またハワイに来られることがございましたら是非ご連絡ください」
と言う感じの内容でした。
そして同封されていたお父様の名刺を拝見させていただくと・・・
ムムム?!?!
某高級ホテルのなんとかかんとか!!
役職も・・・なんとかかんとかで超ビックリ。

ハワイに行く時には絶対にこのホテルに宿泊しようと思います。

実はその1週前にもハワイから5歳と9歳の男の子が1ヵ月ほど僕のプライベートレッスンを受けに来てくれていました。
そして昨年来ていた双子のソフィアとポーラ。
短期間でしたがすごく上達して満足したようでまた来年も来てくれると言ってくれました。

なんかここ最近海外からの訪問者が多いように感じます。
いっそのことフォーレストインターナショナルテニスクラブに改名しようかな。

(16:43)
しばらく更新が滞ってまして申し訳ありませんでした。
更新していないにもかかわらず毎日130名あまりの方が僕のブログに訪問してくださって嬉しい限りです。
少しバタバタしていましたが正直サボっていました。
これからはまた真面目にできるだけ更新していこうと思っていますのでまたお付き合いくださいませ。

毎日暑い日が続いていますがジュニア達は試合シーズン真っ只中です。
先日は徳島で全日本ジュニアの四国大会が行われました。
16歳以下女子では長野瑞季がシングルスで準優勝し全国への切符を手にしました。
そして息つく暇もなく香川県ジュニア、RSK13歳以下全国選抜、中牟田杯15歳以下全国選抜、国体予選とどんどん試合が続きます。
そんな目の前に大会が控えている選手たちに今日はレッスンである話をしました。
それは今の自分を知り、今できることに全力を尽くそうということ。
試合を目の前にしている今、急に新しい技術が身に付いたりパワーアップしたりと劇的に成長することは望めません。
3ヶ月後の大会に向けてであれば何か新しいことにトライする事は大切ですがもう試合はすぐ目の前。
そういう時期の練習では今の自分の実力の範囲内でできるプレーの精度を上げることが先決です。
1球1球試合を想定して緊張感を持ってプレーする。
そして『よし、これならいける』という自信を持って試合に挑む準備をすることが大切だと思います。
よく、プロのスポーツ選手が試合の直前に「調整する」という言葉を使いますがそれは今自分ができることを確認するという意味合いだと思います。

試合前は練習で自分の実力を確認し、試合が始まったら相手が誰であろうが今自分ができるプレーに集中する。
それが勝つために全力を尽くすということなのではないかと思います。



(02:36)

2013年07月04日

nighter-d

昨日の記事のSUNDAYナイターダブルスのお知らせを訂正します。
7月は2週目のみの開催になります。
お申し込みお待ちしております。

(13:41)