2006年08月15日

靖国

ネットがここ2週間ほど調子が悪く更新できなかった。

小泉首相が靖国参拝した。
公約を果たすための参拝だが、結果としては昨今では珍しく堂々とした参拝となる。
ここ最近は私的参拝だなんだかんだと微妙な態度が論争になっていたが…。
こうも堂々と参拝されると、どういう論争になるのか。
(それでも神道式ではなく一礼ですませてしまったが。
 公的参拝ではないという逃げ道か?        )

特定アジアは例に漏れず猛反発になるようだが…。
あと、多数のマスメディアも。

それにしてもなんでこうも大騒ぎになる?
アジアアジアっていうが、アジアは4ヵ国ではないというのに。
3ヵ国以外に公式批判している国はいないってのに。

政治家も公式参拝やら私的参拝やら。公約に参拝するだ、しないだ。
分祀すれば大丈夫だとか。無宗教なら大丈夫だとか。
政治家の行動にすら重大に影響するまでに至っている。
だが、それによって得られる具体的なメリットを上げる人間はすくない。
3ヵ国に配慮うんぬんというのは分かり切っているんだが。

だが、結局のところ、靖国をもてあそんでるだけにしか見えん。
「3ヵ国に配慮しよう。配慮しよう。配慮しよう。」
配慮云々といったところで終わって、そこから先が見えてこない。
3ヵ国をおだてることが出来て、譲歩や国益でも引き出せるといえればいいんだが。
政治に関わらず、経済的、国際的になにを得られるか。
やるならば、そこまで考えてやってくれ。

もし、なんらかの国益を引き出せるのならば、自分は参拝しなくても良いと思う。
一番やっていけないのは、ただ盲目的に一方的に配慮する態度だと思う。
その辺の日本の良いところというか、愚直というか。
そういう状況から脱しないと行けない。最低でも他国を相手にする政治家は。
いままでの中韓をみていても、参拝するしないで態度を変えているとは思えんのだ。
ただ、自己満足だけのために参拝しないのが一番考えたらずだと気づいて欲しい。

靖国に祀られている神々は、国のために死んだ人間たちだ。
言い方が乱暴かもしれんが、国の未来のために利用されず、
ただ他国の意向でもてあそばれるのが、彼らに対する一番の裏切りだと考える。

Posted by forester2 at 11:26│Comments(0)TrackBack(1)世界 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/forester2/50544732
この記事へのトラックバック
といってもわれらがタイガースの日本一ではありません。 現役の首相による8月15日
#1355 21年ぶりの【続「とっつあん通信」】at 2006年08月15日 12:12

コメントする

名前
URL
 
  絵文字