ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

芸術家のプロ・又はプロになりたい方の応援サイト、宣伝を無料で行っています。
投稿はメールにて画像添付・説明文付きの上お願いします。

“犬蹴り上げ動画”広がる波紋 飼い主は「しつけ」主張

今日のニュース・ソースです。

京都の女性だそうですが、私もチョコラの幼少期~、ず~っと同じことをしていました。

治したいからと随分酷いこともしました。

近所のマロンというラブを飼う方から言われたこと。

「蹴とばしたくなかったら、最初から常に後ろに従う大人しい犬を選ぶべき」と。

生まれついて引っ張り癖のあるラブは、例えば少しでも引っ張ったら散歩をやめ引き返したとしても引っ張り癖は治りません。

最近これについて思ったこと、それは・・・

引っ張る。それこそが彼の、相手(飼い主)を思いやる(守ろうとする)主張じゃないかと。

自身がご主人様を安全な方向に導いてあげようとする、ひとつの癖でもあるからと思うようになりました。

引っ張る理由さえ理解していれば、引っ張られても別段苦になりません。

極寒のそりを引っ張る犬のごとく引っ張らせればよいだけ。

チョコラの場合マーキングとワンツー(糞)もこれに加わるんですが・・・

試してみたところ、

蹴とばす、特に下半身への行為は全く伝わりませんでした。

終いには恐ろしくて委縮し、意味不明な行動に転じてしまいました。

リードを引っ張るという行為に対しても逆効果につながるようです。

チェーン・チョーカーであってもハーネスであっても結果は変わりありません。

彼は疲れ切ると引っ張りませんが、これは根本が解決したことにはなりません。



私はこうやりました。

もし急に引っ張られた時、

散歩の最初に首輪などをつける、あの時の位置に立ち、首筋を掌を使って顔を逆方向に向け(右向け右)、意思(マーキングしたい)が治まるまで待ちます。

もし、それでも再度マーキングしようとするならば、子供を叱るときのように頭を叩きます。

ついでにダウンさせる。

それもしつこくやらないこと。

一瞬後には遺恨を残さぬよう、何事もなかったかのように普段通りに歩き出します。

付き従ったとき、間髪入れずに褒めてやりました。



その訓練中に気が付いたこと。

訓練途上の愛犬は常に歩道側を歩かせること、車道側だと突き進んでくる車が怖くて委縮します。

車道側を主人が歩き、歩道側を犬を歩かせる。

誰かとすれ違う時も、同じ方法を用います。

庇うことは主人の主張、これを自覚させます。

このことで引っ張り癖が一瞬治まるときもあります。

飼い主が常に守ってやってるんだと愛犬に教えてやることも主従関係を自覚させるコツです。




何年人間である自身の自己主張(隔たった考え方)を抑制し、愛犬に優しさを伝え続けるかに調教はかかっています。

よくよく考えると、人間のほうが間違ってることは多々あります。

散歩を終えると人間は忘れたつもりでいますが、今やられたことを犬は延々考え込むようです。

可哀そうだと思いませんか?

ラブは人間の6倍の速さで、その生涯を終えます。

そう思うとき、引っ張ることもその犬を選んだ理由だと思い当たります。

逆に、引っ張れなくなった時こそ、恐ろしく思えるこの頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ミーチャは発情期が始まって間もなく、オス同士の喧嘩が元でエイズ感染しました。

発症はしておりませんが、去年の夏の猫風邪羅漢以降、インターフェロンを続けています。

偶然の一致とは恐ろしいものです。

風邪で生死の境を彷徨った猫へのインターフェロンが、まさかのエイズにまで効力発揮とは。

連続5日注射して2週間開け、再び5日注射して2ヶ月開けるを繰り返すと、高齢になりそろそろエイズの抗体ができるのに合わせ撃退できる可能性が高いそうです。

拾って育てた猫に、それほどお金はと思うかもしれません。

でもね、下手に終末期に医療費をかけるより安上がりで、猫への負担は少ないんです。

その他の抵抗力も、かなりアップしました。

肝心の何型のインターフェロンかは聞いても応えていただけませんでした。

今度の日曜日から再び注射を繰り返します。

結果が分かったら、ここに書き込みます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

来る2月末の提出を前にして、今頃になって気づいたことがあります。

1、色の重ね方

2、濃淡色の不思議

細密画とは鉛筆画様の段階で、ほぼ完成させておくことでしょうか?

最初から色付きの明暗で描こうと思っても、素人には簡単に描けません。

そこで、単色濃淡の段階でほぼ完成とし、一旦乾燥させ、後にうっすらと色を付けていく。

このことが分からず、もう1年半同じことを繰り返していました。

表面が乾かないうちに色を足していくことは無謀です。

色を間違うと汚れになって残ってしまいます。


もうひとつ、肌色の段階で色を濃くしようとすると、何故か濃い色のほうが明るく感じることがありますが、これは乾くと色が変色して暗くなるような気がしました。

焦りは禁物、細密画は普通の絵と違って手間暇かかります。

雑魚のたわごとでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ