ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

芸術家のプロ・又はプロになりたい方の応援サイト、宣伝を無料で行っています。
投稿はメールにて画像添付・説明文付きの上お願いします。

チョコラはペットショップから引き取って3ヶ月も満たないころから、とかく足の裏の皮膚病に悩まされました。

2018年度の前半には、ほとんど裸足で外を歩けないほど皮膚病が進行し、7月にとうとう一部の切除に踏み切りました。

ある医師からは「断指の覚悟を」と。

そこで、それまで与え続けていたアボダーム・ラム&ライス、及び牛タン・クッキーなどを全て止め、ブルーバッファローHF1本に切り替えました。

与え続けて半年。

現在では肉球付近の腫れはほとんど解消し、およそ1時間連続でアスファルト上を歩けるようになりました。

餌を切り替える前のチョコラは、肉球から常に出血している状態で、もちろんアスファルト上をはだしで歩かせるわけにはいきませんでしたし、下手に靴を履かせると運動後には肉球が溶け、数日後は膿んでいました。

チョコラ自身がそれを気にして舐め続けることも、確かに問題です。

ですが、藤井動物病院曰く、薬を塗ること自体問題だそうです。

水で頻繁に洗い、乾かすためタオルなどで拭き取ってやればそれで十分だそうです。

問題は、体内にそれらを作り出す物質が蓄積され続けているか、そうでないかということです。

アボダーム自体は安価で優秀な餌だと思いますが、残念ながらラブラドールには合わない成分が混じりすぎています。

治療費より餌代が安上がりだということを、個体にかける負担が対策の練られた餌だと極端に減るということを理解すべきでした。

便が緩くなる問題は確かにあります。

ですがそれは、排泄が楽になったからと捉えています。

薬と違って餌で結果を出すには、それ相当の時間が必要だということも忘れないようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

番組開始早々

「米子って何にもないところ、それが良いんですが」と

鶴瓶さんたち、番組が終わるまで、確かに出会う人すべてそういった雰囲気だから、

なおのことそれを連発。

実際その通りになって終わった。

産業都市になりかけてたのを、妙な屁理屈をつけやめて

京都のような観光都市目指してるんですよね。確か・・・

誰がそれを自覚して、そうなったのか知りませんよ。

でも、

鳥取西部は、まるで境港市の

ゲゲゲの鬼太郎だけが取り柄みたいな雰囲気になってしまってます。

空港からしてそう、開山〇〇年の大山寺までゲゲゲ一色で塗りつぶされて、

仏教がひたすら漫画にへりくだり、しがみついてます。

苦情を言ったり、意見を述べたりする人を見かけたことはありません。

上様のご意向に従って

日陰者のように暮らしなさいっていうんでしょうか。

卑屈になって何か面白いことでもあるっていうんでしょうか。

私自身Uターン組だけに

全国向けのNHK番組でああいったことをされると、

事実そうであるだけに、

余計うらぶれたように思えてきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

チョコラ(ラブラドール・レトリーバー 牡6歳)が2018.10.25 無事、6歳の誕生日を迎えました。

訓練の甲斐あって、ノーリードで1時間コースの全域を散歩可能になりました。

リードを着けると落ち着きがなくなり、逆に着けないと懸命に脇に従って歩きます。

そう、

子犬のうちは、とかく可愛がり、誰でも倶楽部に加入したりして訓練します。

成犬になると、見向きもしないのが普通のスタイル。

見向きもしないとは、特別可愛がったり訓練したりと、手間暇かけるの意味。

苦節6年と言いますが、今になってみれば、とても短い6年でした。

ハウジングランドで売っていた、いわば見捨てられた犬のチョコラ。

「生後すぐにブリーダーによって訓練された犬じゃないと・・・」と言われ続けました。

散歩をしてると、近所の人の中には恫喝して蹴飛ばす人も。

そう、よくある、「超!!」 が付くほどの引っ張り犬でした。

男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ。

もしも出会うことがあったら、括目してご覧ください (笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ