ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

2013年02月

今日、午前中は工務店、午後が官庁の完成検査が行われました。

特に午後は建物の不具合箇所の入念なチェックが行われ、それに従って不合格となった場所は月末の引渡しに向けて改修が行われ、引渡し日には万全の状態で施主に渡すよう、官庁及び設計者から工務店に指示指導が行われたのを我々も立ち会って確認しました。

多分、明日の午前中にこれらの箇所が何時改修が行われるのかの工程表が工務店から提出されますが、我々はそれを見ながらチェックのあった場所の改修の進行状況を確認するわけで、これにより施主の不安を解消し検査を速やかに行うことを狙いとするものです。

この建物は注文住宅というだけあって、小さなところ 例えば引き戸の取っ手の位置が人間の自然の摂理に反しているから修正しなさいとか戸棚を開けたときに扉がどこかに当たるから当たる場所に小さなクッションを付けなさいなどなど、普段では気づかない細やかな配慮がなされていました。

次は27日の午後に設計者と我々の検査を経て翌日に晴れて引渡しとなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

好天に恵まれた今日、広い庭に入りきれないほどの業者さんの車が入り込み慌ただしくそれぞれの持ち場が一斉に仕上げの工事にかかっている風に見えましたが・・・。

庭の整地をする業者さんがいれば周囲の植え込みを造る人、玄関や中庭との境界の塀の仕上げをする業者さんなどなど、これまで取り残されていた屋外作業が急ピッチで進んでいましたが逆に、今日に限り屋内作業は中断されていました。

明日になれば天気予報は再び一気に降雪予報でもあり、今日とは打って変わって室内に最後の大工仕事を施し機材、例えば便器とか、例えば建具などが搬入され据えられ電化製品が設置されて後に月曜日から一斉に清掃と床磨き等を経て室内は完了検査に至ります。

室外はこれら全ての業者が去った後、敷地内に一時的に全ての車の入場を禁止して玄関前の整地が行われ全ての工事が完了となります。

私たち施主であっても22日に行われる工務店の完了検査の後でなければ許可を得ないで中に入ることは出来ないようで、この空白期間を使って出来る限り引越し荷物の用意に掛かろうと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ