ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

2014年11月

 昨日はチョコラの経過診察と耳掃除をお願いしにai動物病院に行きました。

チョコラはまだ少し軟便であることと、あれだけ大変な容態になったこととで

もう少し様子見に粉薬を当面処方され、耳掃除も終えて帰ってきました。

 
 昨夜のチョコラの食欲は完全に元気な時に近い程度に復活していて

餌入れにアボダームと粉薬を混ぜて入れても全て舐めきってくれました。

 
 定時(以前の散歩・おやつの時間)になると必ず吼えて私を呼ぶ習性も完全復活!

来週の好天の日には隣接の駐車場あたりで歩く姿をご披露できそうですよ~
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 この模様替えは神野先生の絵を借りたこと、また

志野茶碗を新たに入手したことでの模様替えです。


 今回の模様替えの特徴は

1、鳩時計の両脇全てに神野先生の風景の絵を飾ったこと

2、それまで鳩時計脇に掲げていた鉛筆画を上段の壁の浜野先生の絵の上部等に移動したこと

3、箱入りは全て出して小窓の前のテーブルに一括して個展形式に並べたこと

4、三角棚の中段に主に法勝焼きと布志名焼き・舩木窯を主体に並べました


 絵の点数は未だ上記の2名様だけで、残念ながら少し壁に空間があります。

そのかわり陶器については窯元まで出向いて求めた以下の作品等が所狭しと展示してあります。

松花窯、陶風舎、工房のつ、山雲窯、方円窯、久古窯、三国窯等


 ギャラリーの作品鑑賞は無料でお茶等の接待も行っています。

気に入った作家さんがおられましたら紹介は無料にて行いますが、

展示中の作品はほとんどが作家さんの紹介用(個人所持品)で不売品です。

 ※神野先生の作品につきましては先生にご連絡・ご許可をとれば販売可能だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

25日は6時半、10時半、14時半と18時半のそれぞれ4時間毎に

片手1杯のアボダームと水を与え糞便の処理をした。

糞便は徐々に下痢状から軟便(共に血液交じりだが)へと移行しはじめ順調な回復を思わせる。


16時半の食事・歯磨きには薬を混ぜて全て内服させた。

殊にカプセルをアボダームに混ぜて与えても、一瞬躊躇う仕草を見せるものの

元気な時と同じように全て完食し、最後に食器を綺麗に舐める仕草も戻ってきた。

19時半、サークル内に便・嘔吐物が無いことを確認し消灯 就寝へ



26日、つまり今朝7時の段階ではサークル内に完全に形の整った軟便(親指大×2)が見受けられた。

その他小指大のものが4箇所に点々とあり

一部 全ての食べ物が出きった後に出たと思われる

少量の血液交じりの下痢便(2箇所に別れ、各チョコ1杯づつ)があったものの

チョコラはいたって元気で食欲もあり、常日頃使っているチョコラの食器を見せると

凄い勢いで餌を要求してきた。

マグカップ1杯のアボダームをアッというまに完食し

粉末薬も歯磨きに混ぜ、イヤイヤながら全て舐めきらせることが出来た。


今日の食事は12時頃に少量のおやつ程度に水分補給と

17時頃にアボダームをマグカップ1杯に薬を混ぜて与え、水分補給をさせるつもりでいる。


今朝は食後、一瞬の隙を突いてそこらじゅうのスリッパを咥えて振りまくって悦に入っていたし

私の服の左袖を噛みまくるヤンチャぶりも完全に復活していた。


この時期に早合点するのもなんだが、今日は病院に行かず、このまま様子を見ることにし

明日、森田先生が出勤された折に改めて経過を診てもらい

良好なら耳の消毒もついでにお願いしてみたいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

チョコラが突然嘔吐し始めたのが20日の深夜


21日には下痢が始まり、血便が混じりはじめ小刻みに身体を震わせるようになった。

ai動物病院に行き、その日は血液検査を受け体温も測ったが、別段異常値は出なかった。

体温37.8℃ 血小板が多少低い程度で腎機能は正常値

注射を2本され、薬(トランザミン)を処方され帰ったが、結局飲めず。

すっかり食欲は失せ、僅かに水を口にする程度になってしまっていて、

それでも嘔吐と血便(下痢)が治まりきらず、痙攣が酷くなったため夕刻に再び病院に向かった。

注射を2本打ってもらって帰宅。

このまま回復しないなら 翌 早朝から胃腸の透視を丸1日かけて行うので絶食をと言われた。


22日、朝から透視とエコー、血液検査を受ける。

結果、食道と胃は別段異常はないが十二指腸の通りが悪く、小腸は内壁が荒れているのか

異物があるのか非常に通りが悪くなっているし、大腸は宿便以外ガスが充満しているとの診断

血液検査にO-157系の感染を疑う数値は出なかった。

内服薬を変えて粉薬とリカバリンを処方される。

病院に迎えに行くと、比較的元気な様子も見せる。

病院では水等を多少口にしたと説明を受ける。

その夜に食事とともにリカバリン・カプセルを与えるも 何度か吐き出すが苦労して飲み込ませる。

粉薬を食事に混ぜると食事自体を見向きもしなくなったので、歯磨きに混ぜて半量程度を苦労して舐めさせる。

深夜~早朝間 およそチョコラの胃腸内は何も無い状態なのに、それでも嘔吐と血便(下痢)は止まらない。


23日は土曜日で、担当の森田先生が25日までお休みになられるため

まさかに備え点滴を1時間かけて行い、注射も受けて帰宅。

帰宅後に食事を与えてみるが進まず薬のカプセルは不可で粉だけ半量舐める。


24日、朝は比較的元気な様子を見せ、食欲も多少戻ったためアボダームを片手1杯与えて様子を見る。

昼頃までは別段変わった様子を見せなかったが、16時頃再び血液混じりの胃液を吐くので病院へ

注射をしてもらい帰宅。

その夜は全く食べようとせず、夜から与えるために処方されたアモキシシリンも飲ませることが出来なかった。


25日、早朝に餌を与えてみると食欲は旺盛だったが、念のため病院へ行き注射を受けて帰宅。

院長から4~5時間毎に少量の食事を食べるようなら与えなさいと指示を受けたので10時半頃与えてみた。

食欲は旺盛だったため再び片手1杯のアボダームを与える。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私がこの件で相談にのっていただき、お世話になっていたのはトレンドマイクロでした。

結論から言うと削除は出来ず、パソコンの作動に影響しない防護策を施すのが精一杯でした。

以下が最終的なトレンドマイクロとの交信記録です。



<手順>

1. 本メールの手順をすべて範囲指定し、右クリックから「コピー」を選択します。
 2. [スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [メモ帳] の順に
   選択し、メモ帳を起動します。
 3. メモ帳上で右クリックし「貼り付け」を選択します。
 4. メモ帳の左上にある [ファイル] より [名前をつけて保存] を選択します。
 5. 保存場所をデスクトップに、ファイル名を「手順」などわかりやすい名前をつけて
   保存します。

※参考※

・コンピュータの動作や設定を変更する可能性がある操作を実行した際に、
「ユーザ アカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。

 メッセージが表示された場合は、[続行] または [OK] をクリックしてください。
*パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。

「ユーザ アカウント制御」の詳細につきましては、Microsoft社、
 またはお使いのコンピュータの製造元へご確認いただきますよう
 お願いいたします。

-----------------------------------------------------------
【1】セーフモードでの起動
-----------------------------------------------------------

 ※※ セーフモードでの起動時の注意点 ※※

 セーフモードでの起動は、必ず現象が発生しているアカウント
 (通常お使いのアカウント) にて行ってください。

起動方法の詳細につきましては、下記 URL にてご案内しておりますので、
ご参照ください。

 【Windows を Safe Mode(セーフモード)で起動する方法】

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1305911.aspx

コンピュータがセーフモードにて起動しましたら、下記手順へお進みください。

-----------------------------------------------------------
【2】すべてのファイル/拡張子の表示方法
-----------------------------------------------------------


(1) [スタート] より [コンピュータ] を開き、続いて
  [ツール]* → [フォルダーオプション] をクリックします。

  * コンピュータの画面上部に [ツール] が表示されていない場合は
   キーボードの キー を押してツールバーを表示してください。

※[スタート] より [コンピュータ] という項目が表示されておらず
   開けない場合、[プログラムとファイルの検索] 欄に"explorer.exe" と
   入力して「Enter」キーを押してください。

   表示された画面上部にある [ツール] → [フォルダーオプション] を
   クリックします。

(2) [表示] タブを開き、詳細設定の項目にて以下の項目の
  チェックボックスをオフにします。

 ・「登録されている拡張子は表示しない」
 ・「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」

(3) 同じく詳細設定の項目にて以下の項目を選択します。

 ・「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」

(4) [適用] → [OK] にて設定画面を閉じます。

 ※上記手順で変更いただいた拡張子とファイル表示の設定につきましては、
  作業完了後に、設定を元の状態に戻していただきますようお願いいたします。

-----------------------------------------------------------
【3】関連ファイルの削除
-----------------------------------------------------------

(1) [スタート] ボタンを右クリックし [エクスプローラ] を開き
  以下の順番でフォルダを展開します。

  [Cドライブ] → [Windows] → [System32]

(2) [System32] フォルダ内の下記ファイルを確認し、ファイルの上で
  右クリックし、[削除] をクリックします。

 roboot.exe

-----------------------------------------------------------

上記操作後、通常モードで再起動します。



また、該当常駐プログラムは、別プログラムの関連項目と考えられる。

更に、念のため、msconfigにて Uniblue の情報を無効にしてしばらく様子を見ますようお願いいたします。
と結んでありました。



関連項目(過去のメール抜粋)

トレンドマイクロ・ウイルスバスタークラブセンターです。
弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
 
お忙しいところご連絡いただき、誠にありがとうございます。
 
ご提供いただいた画像から、現象の関連プログラムは確認できておりません。
今回、ご連絡いただいた現象につきましては弊社担当部署にて
一度詳細な調査を行わせあていただきたく存じます。

度々お手数ですが、下記手順をご参照いただき、
調査用IDを採取いただき、ご提供くださいますようお願いいたします。

-----------------------------------------------------------
■■ はじめに ■■
 -----------------------------------------------------------

・調査に必要な情報  

 1.スマートプロテクションネットワークID

・コンピュータの動作や
設定を変更する可能性がある操作を実行した際に、
「ユーザ アカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。  

メッセージが表示された場合は、[続行] または [OK] をクリックしてください。

 *パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。

「ユーザ アカウント制御」の詳細につきましては、Microsoft社、  
またはお使いのコンピュータの製造元へご確認いただきますよう  
お願いいたします。

 ・お客さまから収集する個人情報取り扱いにつきまして、 
よろしければ下記をご参照ください。  

【お客さまから収集する個人情報の取り扱いについて】  

 http://www.trendmicro.co.jp/jp/terms-of-use/privacy-policy/handling/index.html 

 【Trend Micro Smart Protection Network プライバシーポリシー】 

 http://www.trendmicro.co.jp/jp/terms-of-use/privacy-policy/spn/index.html 

-----------------------------------------------------------
【1】サポートツールよりスマートプロテクションネットワークIDの取得
 -----------------------------------------------------------

※注意※

・お問い合わせの現象が発生している状態で、下記手順を行ってください。 

※現象を再現することができない場合は、そのまま行って問題ございません。

 (1) [スタート] → [すべてのプログラム] → [ウイルスバスター クラウド] →  
 [トレンドマイクロ サポートツール] の順に選択します。   

※Windows Vista/Windows 7 の場合は、[トレンドマイクロ サポートツール] 上で  
 右クリックして [管理者として実行] を選択します。

 (2) サポートツール画面起動後 [(B)脅威情報] タブを開き  
[1.ログ収集開始(S)] をクリックします。   

※データの収集には時間がかかる場合があります。

(3) 画面内に「ログ情報が収集されました。」と表示されましたら完了です。  
 [1.ログ収集開始(S)] の下に記載されている「スマートプロテクション  
ネットワークID」を弊社に教えてください。   

スマートプロテクションネットワークID:  

※スマートプロテクションネットワークIDの有効期限が7日間のため 
 取得後、早めに弊社までご連絡ください。

 ※ログ情報の収集中に何らかのエラーが発生した場合は、  
下記手順「【2】スマートプロテクションネットワークID 抽出ツールの  
ダウンロード」を実施してください。

 -----------------------------------------------------------
【2】スマートプロテクションネットワークID 抽出ツールのダウンロード
 -----------------------------------------------------------

 ※注意※ 上記手順

【1】実施中にエラーが発生した場合のみ、本手順を行ってください。

 ※参考※ ・ご利用のブラウザによって、ダウンロード方法が異なります。 

下記Webページに、
Internet Explorerでのダウンロード方法を掲載して おりますので、
よろしければご覧ください。

 【Internet Explorerでプログラムをダウンロードする方法】

  http://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1312006.aspx 

 (1) 下記URLをクリックします。   
 https://spnsupport.trendmicro.com/ 
(2) 「Trend Micro Anti-Threat Toolkit」の項目内の  

「To collect suspicious files and relevant information」下部にある
 [Quick Collector (32bit)]* をクリックします。

※64bit版Windowsをご利用の場合は
 [Quick Collector (64bit)] をクリックします。

 (3) 「ウイルス対策ツールキット 使用許諾契約書」画面が表示されます。    

使用許諾契約書に同意する場合は [同意] ボタンをクリックします。

 (4) 画面下部に「***から***を実行または保存しますか」メッセージが  
表示されますので [保存] の右にある [▼] をクリックし、  
[名前を付けて保存] をクリックします。

(5) [名前を付けて保存] 画面が表示されますので、
[デスクトップ] を指定し、  ファイル名を変更せずに [保存] をクリックします。  

 ※[デスクトップ] 以外の場所が表示されている場合は、ウインドウ左下の   
 [「▼」フォルダの参照(B)] をクリックし、新たに表示された画面左側の    
一覧から [デスクトップ] をクリックします。

(6) ダウンロードが完了しますと、[attk_collector_cli_x86.exe]* という名称の  
アイコンが作成されます。  

 ※64bit版用をダウンロードされた場合は、[attk_collector_cli_x64.exe] という   
名称のアイコンが作成されます。   

※Windowsの設定により、拡張子(.exe)が表示されていない場合があります。

※注意※

・お問い合わせの現象が発生している状態で、下記手順を行ってください。 

※現象を再現することができない場合は、そのまま行って問題ございません。

(7) デスクトップに保存した [attk_collector_cli_x86.exe]* をダブルクリックします。   

※64bit版用をダウンロードされた場合は、[attk_collector_cli_x64.exe] を   
ダブルクリックします。

(8) コマンドプロンプト (黒い画面) が表示され情報の収集が開始されます。   

※環境によっては、お時間がかかる事がございますが、中断せずに完了をお待ちください。

 (9) 自動的に「Smart Protection NetWork ID」という画面が表示されますので  
表示されている [Temporary ID number] を、弊社に教えてください。   

Temporary ID number:  

※「Temporary ID number」は「スマートプロテクションネットワークID」です。 

※「Temporary ID number」の有効期限が7日間のため、取得後  
早めに弊社までご返信ください。 

上記操作実行後に、
デスクトップに作成された下記プログラムやフォルダは削除していただいて問題ございません。

 ・attk_collector_cli_x86.exe または attk_collector_cli_x64.exe  

・TrendMicro AntiThreat Toolkit(フォルダ)

 ----------------------------------------------------------------
「サポートツールよりスマートプロテクションネットワークIDの取得」
手順中エラーが発生した場合は、下記の情報をご提供いただければ幸いです。
 ----------------------------------------------------------------

◆ 詳細確認 (収集中にエラーが発生した場合のみご回答ください)
----------------------------------------------------------------  
Q エラーメッセージの詳細をお知らせください。

   【     】  Q お使いのプロパイダ様をお知らせください。

  【     】  Q パソコンのインターネット接続方法をお答えください。  

 【 有線 / 無線 / 不明 】  Q スマートプロテクションネットワークは有効に設定されていますか。  

 【 はい / いいえ / その他 】  

※その他の場合は詳細をお知らせください。 

 -----------------------------------------------------------
抽出いただきました情報を元に、弊社にて調査をいたしますが、
詳細が判明するまで多少お時間をいただく場合もございます。

なお、お客さまよりご提供いただく情報等は、
本現象の調査以外の目的に使用することはございません。

 またそれらの情報を第三者へ開示することもございませんので、ご安心ください。

以上です。


※ギャラリー美凛からのアドバイス※

削除に至る初歩的なミスでパソコンを「回復」させる
「初期化」させる等を行っても当該プログラムは決して消えないことを
報告して今回の件は終わりにさせていただきます。

なお、今回の件に関し10回を超えるメール交信を通じて
親切丁寧な対応をして頂きましたことをこの場をお借りして
お礼を申し上げます。

ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ