ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

2016年10月

 かつての鳥取西部地震のように波長が短く、しかも上下左右に揺れるタイプと違って比較的ゆったりとした横揺れで、備えも多少良かったためか震源地から僅か50Kmしか離れていない米子近辺は殆ど被害が出ませんでした。
被害と言えるかどうか、本町通商店街アーケードの屋根の一部が老巧化も重なり落ちた程度でした。 
当ギャラリーの展示物、特に棚に展示してあった陶器類はすべて無事だったことからも震度6弱から想定する被害状況とはかけ離れていることがお分かりと思います。

揺れは14時07 分以降断続的に続いています。
毎度のことながら地震の被災地の様子を見ると重量がある割には支えの乏しい屋根が落ちた映像が多いことがわかります。
次に多く目にするのが老巧化した物件。
ギャラリーはそれを想定して軽量なガルバリウム鋼鈑で覆っていて、しかも簡易建物ではなくてよかったと今更ながら思いました。 

日本はどうあがいても地震被害から逃れることは出来ません。
生命財産を守るため、日頃から対策を心がけることも必要ですね。 
ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 地元鳥取県に天皇皇后両陛下がお越しになり、ご一行が大山に向かわれる道すがらを大阪府警が警護に当たっていた。
本来ならば鳥取県警が総力を挙げて警護に当たるべき筋合いのもの。
その理由は、大阪府警が不適切な言動を行った罰とみた。

今回、沖縄で警護に当たっていた大阪府警機動隊員の「土人」発言が取りざたされ、益々大阪府警への風当たりが強くなると思われるが、そもそも今の世の中全般的に彼らをそれほどまでに貶めるほど立派なものなんだろうか?

沖縄の基地問題は、中国が尖閣諸島周辺海域の領海侵犯を繰り返すことに端を発した軍事行動が発端となっている。
それでは中国に対して、その軍事費をせっせと貢いでいるのは誰?
それは、
安ければ大歓迎とメイドインチャイナの粗悪品を買い漁る思考程度の低い日本国民です。

事あるごとに「大阪府警は」と
他県の警護に当たらせるのは筋違いである!!
寝ても覚めても「ろくでなし」と好き放題にこき使われる身にもなって見ろ!
心の中までどれほど冷たい風が吹くことか・・・
このままでは国内に反乱分子を産み育てているのと同じである。
なぜこれほどまでに警察でも軍でもトップと言うのはバカぞろいなんだろうか? 
ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 油彩ならではの考え方?
鉛筆画なら塗り重ねなどという思考はないから一発勝負なんですが、油彩は重ね塗りが出来るし、それが深味にも通じるから濃くなり過ぎないように注意しながらもひたすら塗り重ねて薄っぺらさをなくす努力をしています。

こう言うとかっこよく聞こえますが、要するに緻密な作業に疲れたから大雑把な作業で誤魔化そうとしているだけ。
それでも色を重ねないよりは重ねた方が良い絵に見えるんですから不思議ですよね~ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 その方の名前は「kururu」
屋久島にお住いの主婦の方だそうです。
描かれた作品がこれです。
kururu

画像掲載許可を得ていませんので
この画像はgoogle画像検索にて「@kururusachi」と入力して拾いました。
トラの右隣までがその方の作品だと思います。

屋久島以外で個展をされることはないということで、「わが町にも巡回していただけないものでしょうか?全国のファンはきっと実物を拝見したいと思いますよ。」と言葉をかけ
「コメント有難うございます。そう言って頂けるだけで幸せ者です。田舎の一主婦には夢ですね(*´ω`pq」と回答を頂きました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 思ったように前進しない、さりとて退却も出来ない中途半端な状態に、ついにやる気が失せて来て休養宣言しました。
金曜日から今日いっぱい休んで週明けから再開と計画。
ところが、昨日の午後あたりからやたらイラついて、だからって何をやったらいいのかさっぱりわかりません。 
外は快晴の秋日和なのに心はどんより曇り空。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ