ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

2017年03月

昨日岩田宰子さんや野津明美さんが頑張っていらっしゃる催事場に行ってきました。
この催事、突然依頼が舞い込んだので大急ぎで作品を作られたみたいなんですが、当然外商の一時の思いつきで、要するに「何か儲け話はないもんか」みたいなノリで開いたもんだから運営母体自体お客様への案内状配布すらやっていない、作品を出したものが勝手にやれ・・・で = お客様はたまたま通りかかったら何かやってたので見学に来たみたいな?
でも、出されている作品はどれも高尚なものばかりだから通りかかったおじいちゃんやおばあちゃんたちが簡単に買うわきゃないよねぇ~

それでも製作者さんたちは笑顔で一生懸命にお客様対応をなさっていました。
○ 岩田宰子さんはボタニカル(botanical)といえば岩田と言われるほど有名
○ 野津明美さんは白磁に絵をひとつひとつ手で描くスタイルで有名な陶芸家 
そんな方たちでも山陰では集客、ましてや売るとなると・・・ひたすら忍の一字 

これは余談ですが、
会場に野津さんから頂いた案内状を持参し、野津さんの作品を観る間だけちょっと彼女の作品が置かれているテーブル上に置いていたら、外商がそれを他のお客様に渡してケロッとしているんです。
普通ならそういったものはカウンターなりで別個に人の手がつかないものを用意して渡すもんじゃないでしょうか?
案内状には宛名や住所はもちろん、野津さんのお名前と一言が添えられていました。
一日経過した今になっても何の音沙汰もありません。 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨夜確認したら光陽会オフィシャルページに今回の結果が発表されていました。
 一般作品の受賞者一覧はこちら
数日後には画像も確認できると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

光陽会展の会場 上野東京都美術館において
4月2日(土曜日)11:00~
ギャラリートークが行われるんですが、その時間に合わせて今回初めて
モデルの美奈が大阪から出向く予定にしております。
季節がら浴衣姿とはいかないので本人とは気付きにくいと思いますが、
もし絵との関連性を含め本人に関心がおありの方は
ギャラリートークの時間に合わせて「憂つろい」の絵の近くにお集まりください。
今後のことも含め、美奈に何がしかの励ましの声をかけていただけると嬉しく思います。 
よろしくお願いいたします 。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先月から今日で計3羽の水鳥が粟島神社周辺で死んでいて、
例年このような現象は無く少々違和感をおぼえ、
おまけに26日早朝、私たちが大切にしていた雉(赤蕪くん)が亡くなったこともあり、
一時は首を突っ込むのを躊躇いましたが、まさか鳥インフル!?ということもありますので、
西部総合事務所福祉保健局(旧保健所)に今朝発見した水鳥を含め調査をお願いしておきました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今朝、6時半頃 屋根に何かが激突するような音がして、
暫くすると庭に集まっていた小鳥たちが全ていなくなったので、
作業のため外に出てみると庭先で赤蕪くんが倒れていました。
抱き上げてみるとかすかに体温が伝わってきたんですが、
既に生体反応は・・・
指先が僅か数ミリ千切れていたいた他は外傷が無かったことから
先ほどの激突音は赤蕪くんが宙高くから落下したものと思われ。
猛禽類に狙われたのかな?と
もがき苦しんだのち、我が家の庭に必死で逃げ延びて、そこで絶命したんでしょう。
そういえば激突音がする数分前に何度か赤蕪くんの鳴き声が聞こえていて、
今日は珍しいなと思ってはいたんですが、
まさか襲われ必死でもがき苦しんでいたとは思わず
次第に明るくなる庭を見ながら赤蕪くんが入ってくるのを待ちわびていたからなお、
救えなかったことが残念でなりません。

赤蕪くんが好んで遊んでいた庭に埋葬しました。 
赤蕪日記をつけながら見守ってきた日常にぽかんと穴があき、
明日からの目標が見当たりません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ