ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

2017年05月

201705301059000020170530110000001、ギャラリー美凛及び猫部屋と専用の庭

201705301103000020170530110300012、猫専用の台所スペース

201705301101000020170530110100013、猫部屋

201705301102000020170530110200014、窓辺で遊ぶ「みーちゃ」

1、猫の専用庭、猫は外に出すとエイズや猫白血病という不治の病に侵されますので外部と接触を避けるため2重(内庭・外庭間に50cm幅の空間を設けてある)に囲いをした庭を作りました。
外寸法は縦:3m50cm 横:2m90cm、芝(高麗芝)を植えていたため元々は青空天井(漁網で塞ぐ)でしたが、荒天の日は出せない、降雪時にネットに積もった雪降ろしが大変危険であることから後に自作の屋根(透明トタン)を密閉型で取り付けました。

2、台所は全て猫(一部犬も)専用で、世話が終わった時に体に付いた毛を洗い流すとか猫や犬の手入れ用にシャワールームが、また、流し台は横幅120cmのステンレス製、冷蔵庫・エアコン(三菱霧ヶ峰)などなど完備です。
部屋の規格 縦:3m80cm 横:1m70cm  天井高:2m30cm
シャワールーム 縦:85cm 横:80cm


MR-C37EX三菱冷蔵庫 MR-C37EX - 人間用と同規格
3、猫部屋には廊下側と庭側の壁にキャットウォークが最初から取り付けてあり、廊下側の小窓の向かいは私たちの台所となっており、常にアイコンタクトが取れるようにこの小窓ひとつをとれば作られていますし、庭側のキャットウォークの上段は庭に立てかけてある木に飛び移ることが出来る位置に窓をしつらえ、下窓は必要により2重囲いの外側(向かって左を開ける)、或いは内側(向かって右を開ける)に猫を出すための役割も果たすなど猫の気持ちになって設計がなされています。
炬燵は寒い時や体調に合わせて隠れる場所として、空調機は猫の毛(埃・蚤・ダニ・湿度 対策)に重宝しています。
今の時期は写真には写りませんが、遠赤外線ヒーターを寒くなると入れ、エアコンと同時使用し、寒暖差がおきないようにしています。
猫の部屋だけは足元が滑らない、体に優しい、爪とぎ対策で全面ダンボールを敷き詰めています。
部屋の規格 縦:3m80cm 横:1m90cm  天井高:2m30cm

kc-m450-w空気清浄器 シャープKC-M450
4、私たちが窓辺に近い場所で作業をし始めると近寄ってきて甘えるんですが、普段キャットウォークを使うのは「みーちゃ」、私たちを呼び寄せるために廊下側のキャットウォークから人間用の台所を小窓越しに睨むために使っているようです(笑)

これらは全て猫のストレスを軽減し、快適な生活をエンジョイさせるために新築の段階から最優先課題として検討し取り入れました。
いつもコメントを頂くまぐろさんやアリスさんのご参考になればうれしいです。

ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

その画家はIvan Ivanovich Shishkin
ロシアの画家です。

20170528


forest_ivan_ivanovich_shishkin
ふたつの絵 色合いに強弱はありますが、どちらもナチュラルです。
私はかつてCG画を描いていたこともあり「輝く」を強調し
この絵とは正反対に目立たせていました。(水草アヌビアス・ナナ参照)
aquarium

油彩を志してみて特に緑の使い方がGCとは
全く異質だということに気が付きました。

CG → キラキラとした照り返しを強調
油彩 → 自然と融合するようにぼかす

ビリジャン(原色)をそのまま使うと「取ってつけたような雰囲気」になり
優しさや温もりを失わせるんじゃないかと思うようになりましたし
現実と違う色合いで形だけ「似通った」ものを描くと違和感となる。
そのように思うようになりました。

木々の葉は表面は産毛があったあり埃で汚れたりしていて
太陽の光を鏡のように反射しません。
彼らは光合成を得るために光を体内に吸収しているのであって
緑っぽい光は彼らが発するものではありません。
それをあたかも輝く新緑とばかりに
キラキラの状態で描くとぺらっぺらの絵になります。
描く対象物を正確に模写するということは辛いことです。
それは思ったところに思ったような影を作らず
思った形を成していないからです。
それを避けて通ろうとすると漫画のような絵になります。
こういったことを面倒とか大差ないと軽視されるなら
最初から抽象(想像の世界)を目指されたほうが有利だと思います。
ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

光陽会京都準本展が7月4日(火)~9日(日)までの間
京都市美術館「別館2階」で開催されます。

65hiroshima_kouyou

今年度の光陽会展は京都をもって最終となります。
20190514_fukuma
この写真は新日本海新聞で取り上げられた福間祐未さん、
ご自宅での制作の様子です。
彼女の作品はパリ国際サロンのミニ個展部門に推薦されたほどの腕前
今回(光陽展)の作品により特選で会員に推挙されています。
この機会にお出かけになり直に作品を鑑賞されてはいかがでしょうか?
ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

20170526112600002017052611260001201705261127000020170526112900002017052611360000

1、大根島から中海を見る 平成27年制作   F4号 キャンバス 油彩
2、孫・智くん      平成20年制作   F4号 キャンバス 油彩
3、初夏の堤       平成28年5月制作 F4号 キャンバス 油彩
4、春うらら       平成21年制作   F6号 キャンバス 油彩
5、市営東山球場     平成28年制作   F8号 キャンバス 油彩

西村博行さん(昭和19年生まれ ‐73歳 米子市福市在住)は
定年退職されたころから絵を描き始められ、
今年度から光陽会に小作品を出展(初)されました。
ここに掲載した絵のうちお孫さんの絵を除くすべての作品を
カートにて販売することになりました。
ギャラリー美凛の相互リンク
登録の際 相互リンクしていただけたら幸いです。
miri
リンクの際のバナーはこれを使ってください。
アダルトはレンタル会社から禁止されています
故意に登録されたとしても発見し次第削除しますが
管理会社に見つかれば使用許可自体を取り消されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 Johnson
私は絵の構図に困ると、よく彼の絵を参考にします。
あまり大胆なポーズをとられるとモデルの雰囲気とマッチしませんが
それでも大層参考になります。

彼の詳しい画歴など全くネットには掲載されていませんが
絵だけは賑やかに取り上げられていますので
機会があれば検索してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ