日の出前の中海の湖岸はヌカカ(糠蚊 干拓虫)天国

薄暗い中でもそれとわかるほど眼前に凄い数の飛翔体

それが口や目、耳の中にまで入り込んで閉口します。

あたり一面張り巡らされた蜘蛛の巣と干拓虫に悩まされながら

それでも早朝、チョコラの散歩を続けているんですが(笑)←バカ

そんな薄暗い湖畔にも、既にこの時間(朝4時30分頃)

干拓虫目当てに沢山のツバメが集まって

賑やかに食事の真っ最中!

彼らは僅か1mm程度の飛んでいる虫をキャッチするんですから

鳥目(暗いと苦手)とは言い切れないような気がします。

太陽が地平線から顔を出したら双方の乱舞も終焉を迎えます。


 今、改めてこのヌカカが注目を浴びています。

こんなに沢山(ウンカの如く)飛んでいるヌカカ

それが、

皮膚を露出して歩いていても、露出した場所に食いつくことはありません。

これはある意味助かりますが、

食いつく場所は襟元や袖口の少し服などで隠れた部分

つまり攻撃されると反撃に転じるみたいな・・・

そこらあたりは蚊やブユとちょっと違うみたいですね。


 今回のヌカカに刺されると大変痒い論争、

自然保護を大切に考えて刺されない・治療の対策のみに限定するのか

はたまた害虫として薬剤散布等で退治するのか

果たしてどうなりますやら



 ちなみに・・・

私がヌカカに常に刺される場所は、なぜか襟元と腋、

刺されてから2W程度は痒みが取れず難儀してます。

チョコラも刺されるみたいで一生懸命に身体を掻いています。