チョコラ(ラブラドール・レトリーバー 牡6歳)が2018.10.25 無事、6歳の誕生日を迎えました。

訓練の甲斐あって、ノーリードで1時間コースの全域を散歩可能になりました。

リードを着けると落ち着きがなくなり、逆に着けないと懸命に脇に従って歩きます。

そう、

子犬のうちは、とかく可愛がり、誰でも倶楽部に加入したりして訓練します。

成犬になると、見向きもしないのが普通のスタイル。

見向きもしないとは、特別可愛がったり訓練したりと、手間暇かけるの意味。

苦節6年と言いますが、今になってみれば、とても短い6年でした。

ハウジングランドで売っていた、いわば見捨てられた犬のチョコラ。

「生後すぐにブリーダーによって訓練された犬じゃないと・・・」と言われ続けました。

散歩をしてると、近所の人の中には恫喝して蹴飛ばす人も。

そう、よくある、「超!!」 が付くほどの引っ張り犬でした。

男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ。

もしも出会うことがあったら、括目してご覧ください (笑)