ミーチャは発情期が始まって間もなく、オス同士の喧嘩が元でエイズ感染しました。

発症はしておりませんが、去年の夏の猫風邪羅漢以降、インターフェロンを続けています。

偶然の一致とは恐ろしいものです。

風邪で生死の境を彷徨った猫へのインターフェロンが、まさかのエイズにまで効力発揮とは。

連続5日注射して2週間開け、再び5日注射して2ヶ月開けるを繰り返すと、高齢になりそろそろエイズの抗体ができるのに合わせ撃退できる可能性が高いそうです。

拾って育てた猫に、それほどお金はと思うかもしれません。

でもね、下手に終末期に医療費をかけるより安上がりで、猫への負担は少ないんです。

その他の抵抗力も、かなりアップしました。

肝心の何型のインターフェロンかは聞いても応えていただけませんでした。

今度の日曜日から再び注射を繰り返します。

結果が分かったら、ここに書き込みます。