ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

カテゴリ: チョコラ君の日々

ネットで犬に豚の骨を与えるとどうなるか検索すると、

アメリカで犬の餌を販売したくて「危険」と書かれたことがあるが・・・と出てくる。

逆に、犬は骨が大好物だから・・・ともある。

そこで実験してみた。
対象はもちろん我が家のチョコラ(ラブラドール オス 5歳)
夕食で食べたスペアリブの骨を、一応水洗いし、極力塩分などを抜いたものを5~6本程度
確かにうれしそうに夢中で噛んで、呑み込んでいた。


夕食に与えた結果は、翌朝、彼のベッドは吐しゃ物で埋まっていました。
便は未消化の細かく砕けた骨が、そのままの形(粉砕骨だけ分離し)で出てきました。

与えて数日間は、便が不純でした。

豚の骨を丸のまま与えたり、ハンマーで割って与えてみたりしましたが、結果は最悪でした。
このことから、犬に動物の骨はおろか、魚の骨も粉状に粉砕しない場合はとても危険です。
また、粉状に粉砕したとしても、そこにビタミンDを混ぜなかった場合、骨格形成などの元とはならず、ただ単に犬を虐待するだけです。

ネットの嘘は目に余るほどあります。

そうかといって、
獣医師に連れて行っても、時には面倒がっておざなりの処置に走る、いわゆるデマもありますので世間に出回る情報には、十分注意してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ジャガーとミーチャが猫風に感染しました。

ジャガーは体重が一気に元の3.00Kgを切るほどに、

ミーチャは鼻水と涎が止まらずai動物病院を諦め、動物医療センターに駆け込みました。
検査の結果、ai動物病院で抗生物質を使われ過ぎていて、耐性菌が蔓延し、28種の抗生物質が使えなくなっていました。
連日、インターフェロンと効用が確認された唯一の抗生物質、点滴、ネブライザー〈吸入〉を午前と午後に行い、約50万円の費用をかけて1か月半休みなく通院し、体重が6.04Kgから4.70Kgに減少しつつも復活させました。
もちろん、自力では食べようとしないから、シリンジ〈注射器〉を使って口腔内に腎不全食を強引に流し込み、綱渡りのようになりながら復活させました。

また、この同じ時期にチョコラも円形脱毛が全身のおよび、おまけに足の裏の水泡様皮膚炎が悪化。
動物医療センターに駆け込んだものの、今度は精査せず抗生物質の乱用、足は指を切り落とす覚悟をと言われ、藤井動物い病院にセカンドとして飛び込み、これも抗生物質の乱用と診断。
ミーチャほどではないにしても、耐性菌がはびこっていて、使える薬品も限られていましたが、無事腫れ物除去の手術と脱毛は根治しました。

そこで思ったこと。
○ 動物にも内科と外科がある。
○ やさしい看護が必要な時と、厳しい探究心が必要な時とある。
○ 人のうわさを自分の目で確かめること。
  チョコラを医大の看護師、竹中さんが紹介してくれた病院、藤井に連れて行った。

やったこと
○ 猫、特にジャガーは完全に腎臓食に切り替えました。ジャガーの腎数値は劇的に改善
○ チョコラはアボダーム・ラム&ライス、ビスケット、牛タンなどからブルーバッファローHF1本に切り替えました。竹中さんの体験談を参考にさせていただきました。

餌代が倍以上かさみますが、治療費がほとんど必要なくなったので、逆に家計的には助かりました。

犬の便で言えば、肉を与えていた頃の便は形が一定せず、ニュルッとしていたものが、今は太くてポンッと出てくる、まるで牛糞のような乾いた雰囲気のもので、量も一定していて多くなっています。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

左の耳を触ると痛がり、盛んに首を振るので耳の中が汚れたかな?とイヤークリーナーを使って様子を観てたんですが、一向に良くならず。
さりとてai動物病院は休館日。(土曜日の話)
なぜか他の病院も休んでるところばかり。
医療センターを思い出して飛び込んだ。
結果は題名の通り左耳はひどいカビで、イヤークリーナーなんか役に立たなかったようです。

足の皮膚炎に既に抗生物質を内服させてるんで、今回は塗布薬で対処。来週土曜日に再度検査して、具合が悪ければ内服になるかもしれません。

原因がダニじゃなくてとりあえずホッとしています。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

みーちゃやジャガー、チョコラが通うai動物クリニックは今年度に入って突然!大盛況になりました。
待合室に入りきれない、当初は路上駐車が当たり前だったことから駐車場も隣の結婚式場の一部を借りて?倍に増やされました。
何故にこれほどまでに人気が高まったのか????

そこまでは良いんですが
いま、病院の便所付近は工事中で外壁から直しにかかっています。
原因は
「ブレーキとアクセルを間違えて?」
車が車輪止めを乗り越えて外壁に激突し、
大穴があき、雨水が中に流れ込むような状態(30cm角ぐらいの穴)のため
しばらく様子を観ておられたようですが(夏に事故)
今冬は気象が厳しく今秋になって修理となったわけ。
ところが、仮設足場とシートで覆う、
便所の出入り口はベニヤ板で囲うところまで行った後は一向に工事は進んでいません。
(工事人を見かけない)
まぁ考えてみれば
お金を頂かなければ修理はできようもなく
恐らく当人が事故の弁償を渋っているか当て逃げかと思われます。

う~ん 確かに混む病院の受付に少しでも早く辿り着きたいと思えば運転も荒くなる
まともに車を操作できない人が凄い運転、、、をよく目撃します。
その気持ちはわかりますが、それで事故を起こして平気というのはどうもね。。。

この話は別です
支払いにクレジットを使われる方が大変多いように感じます
患者が多いことでの儲けは別としてはた目からはうらやましくも見えるが、
良い病院との噂で流れてくる イコール 余ったお金があれば払う?(ブラックも混じる)
回収不可な未払い金も馬鹿にならないと(院長のある方への請求の声から)


ギャラリー美凛の周囲、
元々は一面畑だったところが今は道路べりは全て住宅が建ちました。

のどかな畑だったころ、犬を散歩させる人たちは畑の肥やしとばかりに野良ウンチをさせていて、
いまもその習慣が抜けず、各家の庭先に野良ウンチをさせ、平気で帰っていきます。

病院:通報し、請求すれば噂で集まった顧客は一気に引くから我慢するしかない。
野良ウンチ:通報すれば罪は最終的には犬が被ることになる。

病院に行くたびにこんな状態で犬を飼ってるんですか?と言いたくなるような悲惨な状態を目にします。

失礼な言い方ですが、動物を飼う イコール 裕福(心も豊か)でなければ当然劣悪になる

猫の虐待の裁判で執行猶予判決に怒り心頭のニュースを見ました。
学生の貧困度合いが世界ランキングでは韓国よりはるかに下位だとも。

なんでもかんでも法律で守る(初犯は執行猶予 介護保険法・老人福祉 改正)いうことは
ヤケクソでなにをやっても許される国になり果てた感が

どうせ優雅に暮らす老人の借金は若者にかぶせるつもり云々
心を貧しくする助けを国家が行っている(社会主義)
ということになるようです。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

一昨日の朝、庭に沢山キジバトの羽が散乱していました。
そして今朝、僅かに小鳥の羽が舞い散り、庭先にチョウゲンボウと思われる個体が来て居座っていました。
私が3mぐらいに近づいても逃げようとしませんでした。
随分長い間庭に居座って何かを探してウロウロ。

一昨日は全く鳥たちは庭に近づこうとせず。
昨日は来るには来ましたが、上空に猛禽類が飛来したのか一斉に身を低くして動きを止め、次の瞬間四散してしまいました。

庭に餌を撒くことは小鳥たちにとって格好の餌場になるんですが、同じことがチョウゲンボウにも言えたんですよね。

チョウゲンボウは本来は水鳥公園の鴨たちを山陰放送のラジオアンテナの上から狙っていたものを、捕獲しやすい庭のキジバトや雀に変えたんだと。
大きさも動きもまさに餌箱の餌。
反省しました。
だから毎年冬場~初秋、増えていた小鳥たちが晩秋になると急激に数を減らし、一時来なくなっていたこと、この件で納得しました。

みーちゃやジャガー、チョコラを庭に出すことが出来れば...
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ