ギャラリー美凛

自宅にギャラリーを作ってしまうほどの美術品愛好家で作家さんへの応援が生きる原動力になっています。

カテゴリ: 腎臓病に苦しむ雌猫ジャガーの介護日記

3.44Kg 今日の結果です。
新築で猫専用部屋を用意したんですが、そこに取り付けたエアコンが受け渡し当初から不調で、2週間前に冷風しか出てなくて、急に冷え込んだ深夜 室温15℃以下になりジャガーは体調を崩し腎機能も一気に倍近く悪化(血液検査の結果)しました。
エコーでみると左腎は明らかに空洞ができています。
食欲も半減、2日おきの点滴で繋ぎ止めています。

エアコンは急遽この土曜日に新たに取り付けました。

とんでもないところに落とし穴があるものだと、今は諦めていますが要は生き物に必要な部屋、変な業者に工事依頼するもんじゃないとつくづく反省。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3.54Kg ジャガーが先週火曜日に受診した結果です。
多少増えたことから点滴は無し、オゾンのみで帰宅しました。
これまで国産の缶詰などをロイヤルカナンとともに与えていましたが、この頃はできる限りロイヤルカナンのみ与えるようにしました。塩・薬品害を極力減らすため
食欲が落ちるかとも思いましたが、問題なく良く食べています。


新たな絵画を販売

2018031412430000新美協の元代表 故人
田中重利さん作
ブナ林 F8 キャンバス油彩

生徒さんが号5万円のところを35万円(額付き)にしていただいて購入されたもの。
都合により売却希望との事

希望販売価格 : 40万円
35万円でも可(送料・手数料込)

ご希望の方はページ右のカート、またはメールにてお受けしております。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨夜まで食欲が次第に落ちてきていたジャガーが、今朝は一気に150%胃袋に詰め込み、良い兆候かと思いきや、ものの5分もしないうちに全部ゲロしました。
元々前回の受診で3.60Kgまで下がっていた体重が、今回は3.50Kg。
苦労して長期にわたり点滴を施していたのに、点滴をやめた途端半年間の苦労が水泡に帰しました。
そういうわけで今日は点滴とオゾンを施して帰りましたが、はっきり言って資金が底をついています。
ジャガーを使って実験みたいなことを繰り返し、判明したことと言えば「腎臓疾患は不治の病」という厳しい現実を知ったこと。
つまり、効いていたのは新薬ではなく点滴だったということのようです。
血液検査・エコー検査では悪化の兆候は見られなかったんですが、こうやって現実を突きつけられると現代医学に疑問を感じます。

そりゃそうでしょうね。
腎臓疾患の患者さんが新薬で治るなら透析なんか必要ないでしょうからね。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3.66Kg 前回に比べプラス0.02Kgが今日の結果です。

今日はオゾン療法(腹腔内に肛門からオゾンを注入)だけ済ませ連れ帰りました。
経済的にもこれ以上点滴を毎週続けるのは不可能で、
次回の受診は2週間後、オゾン療法のみの予定です。

投薬は引き続き行いますが、腎臓疾患に苦しむ猫たちの参考にならなくなったこと、心苦しく思います。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

寒い日が続きます。
今朝、路上には長靴が埋まるほど雪が積もっていました。
ニャンズたちを閉じ込めてばかりじゃ可哀想だと
我々のスペースの一部を朝夕開放し走り回らせています。

みーちゃはドアが開くと一目散に二階に駆け上がりますが
ジャガーは慎重派で入り口付近をウロウロ

早く暖かくなるといいですね。暖房費が嵩んで...
食費を削ってニャンズやワンワンに
いつまで続きますやら...
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ