私の用具の扱い間違いで起こったことのようです。
1、 絵の具を扱ってる途中で用事をしたりするときに筆をテレピンで洗ってたこと。
   洗浄液では筆を傷めると思っていた。
2、 夜、使い終わった筆を洗浄液で洗い、更に石鹼で洗っていたにもかかわらず翌日も早朝から使っていたこと。

1の件 : 劣化した(腐った)テレピンは時間が経過しても固まらないそうです。
2の件 : 面相の根元(丈筒の中)に滲み込んだ水が穂を伝って出て来ていた。

以上、一方又は双方が合わさって画面に絵の具が付着しなかったようです。

筆はちゃんとした洗浄液で洗えばそれ以降石鹸で洗う必要はないそうで、穂先がまとまらないのは根本付近に残ってしまった絵の具が固まってしまったことによるものなので、洗浄後パレットの綺麗な場所に擦り付けるようにして付着物がないか確かめ、付着物が残っている場合は一度拭き取り、何度も洗浄を繰り返して保管すれば穂先が割れることはないそうです。
また、一度腐食したテレピン(揮発し過ぎたとか不純物が混じってしまったなどが原因で腐食が起こることも)は絶対に元には戻らないそうですので描き進めていく時に多用しないことが肝心なようです。




人気ブログランキング続きを読む