呉榮子さんのお薦めもあって大阪の雄進堂さんで筆を求めました。
それまでは地元の画材屋さんでありきたりの面相筆を買い求め、根気で描いていましたが、雄進堂さんの筆に変えて正解でした。
使い比べてみますと画材屋さんで購入した松花面相は新品であっても眉毛などを描こうとすると穂先が割れてしまいますが、雄進堂さんの筆は目に見えないような小さな部分でも穂先が割れることなく描き進むことが出来ます。
下手ならばこそ筆を選ぶべきですね。